クロスバイクとロードバイク、どっちがおすすめ?違いや選び方を解説

自転車ショップで、クロスバイクとロードバイク、どちらにしようか悩む。初めてスポーツバイクを購入する時は良くあるテーマですね。どのように乗るのか、どんな場面で使うのか、自転車に乗り方によって選び方は様々です。クロスバイクとロードバイクの違いや特徴、購入の時のポイントなど、ご紹介します。

目次

  • それぞれの違いを確認!
  • 価格の違い
  • こんな特徴も…
  • 「街乗り」ならクロスバイク、「長距離サイクリング」ならロードバイク
  • その他のスポーツバイク

それぞれの違いを確認!

クロスバイクとロードバイクには、見てわかる違いや、外見ではわからない性能の違いなど、様々な違いがあります。違いが分かれば、自分に合う自転車がわかるはず。それでは、各ポイントをチェックしていきましょう!

 

ハンドルが違う

・クロスバイクは『フラットハンドル』

クロスバイクのハンドル

 

・ロードバイクは『ドロップハンドル』

ロードバイクはドロップハンドル

まず、一番の大きな違いはハンドル。クロスバイクは「フラットハンドル」、ロードバイクは「ドロップハンドル」です。

フラットハンドルは、山道を走るMTB(マウンテンバイク)でも採用されるように、バランスが取りやすく、直感的な自転車なコントロールに向いたハンドルと言えるでしょう。

一方、ドロップハンドルは高速かつロングライドに向いたハンドルと言えます。ハンドルの下部分を握ると、より前傾姿勢でスピードが出しやすく、上部分を握れば、アップライトな姿勢で乗車できます。ロングライドの場合、色々なポジションを変えることが、疲れの軽減にもつながります。

 

 クロスバイク  ロードバイク
 フラットハンドル  ドロップハンドル

 

ブレーキが違う

・クロスバイクの『Vブレーキ』

クロスバイクのVブレーキ

 

・ロードバイクの『キャリパーブレーキ』

ロードバイクのキャリパーブレーキ

「Vブレーキ」と呼ばれるブレーキが多いのがクロスバイク、「キャリパーブレーキ」と呼ばれるブレーキが多いのがロードバイクです。

自転車を止める制動力はVブレーキの方が高いですが、軽量でコンパクトなのは、キャリパーブレーキです。最近はMTB等で主流である「ディスクブレーキ」を装備するロードバイクやクロスバイクも増えてきました。

 

 クロスバイク  ロードバイク
 Vブレーキ  キャリパーブレーキ

 

タイヤが違う

タイヤの太さが、クロスバイクは太め、ロードバイクは細めです。太いタイヤは、低速でもバランスが取りやすく、段差や溝に強いので、街乗りスタイルに合っていると言えます。一方、ロードバイクの細いタイヤは、地面との摩擦抵抗が少なく、高速な走行に向いたタイヤと言えるでしょう。

スポーツバイクのタイヤの太さは、「●●C」と言う表記で表され、ロードバイクだと「23C~25C」、クロスバイクだと「28C~32C」ぐらいの太さが主流です。また、タイヤの大きさ(直径)に大きな違いはなく、両者とも「700」と呼ばれる大きさのタイヤが主流です。

 

 クロスバイク  ロードバイク
 28C~32C(太い)  23C~25C(細い)

 

車体の重さが違う

高価なロードバイクほど、スピード走行重視のフレーム素材やパーツなどを装備している為、車重が軽くなります。ですが、クロスバイクもシティサイクル等と比べたら十分に軽く、初めてスポーツバイクに乗る人であれば、クロスバイクでもその軽い走りに驚くでしょう。

 

 クロスバイク  ロードバイク
 軽い  クロスバイクより更に軽い

 

フレームの形状が違うので、乗車姿勢が違う

●前傾姿勢になるロードバイク

クロスバイク、ロードバイクの乗車姿勢はシティサイクルと比べると、前傾姿勢になります。両者で、より前傾姿勢なのがロードバイクで、向かい風の時などでも空気抵抗を減らして、走行できる設計になっています。

 

 クロスバイク  ロードバイク
 シティサイクルより
前傾姿勢
 クロスバイクより
前傾姿勢

 

価格の違い

ロードバイクは、高速性能を求めた装備やパーツが付く事が多く、それに合わせて価格も高くなっていきます。エントリーモデルであれば、おおよそクロスバイクなら5万~、ロードバイクなら9万~ですが、ロードバイクのメインラインナップは、10万円代後半~30万円になり、高級な車体になると100万円以上するモデルも出てきます。

 

 クロスバイク  ロードバイク
 5万~  9万~

 

こんな特徴も…

自立するスタンド

走行性能ではありませんが、使い勝手に大きな影響があるのが、自転車を停める時の「キックスタンド」。シティサイクル等を乗っている人からすると、信じられないと思う人も多いかもしれませんが、ロードバイクは、ほぼスタンドは付いていません。クロスバイクもつかないことが多く、購入時には、事前に確認しましょう。また、携帯して持ち運びできるコンパクトなスタンドも販売されています。

ITEM
アップスタンドセット 26インチ、700C用 携帯用カーボンサイドスタンド
小型携帯自転車用スタンド。軽量でコンパクトなので使う時に取り出して取り付けも簡単。

 

盗難のリスク

盗難のリスク

ロードバイクの場合、相対的に高価な自転車になる為、盗難のリスクや盗難に合った時の被害額が大きくなります。よって、より頑丈な鍵や複数の鍵をかけたり、自宅の保管も、屋外でなく家の中で保管するなど、入念な盗難対策を行うユーザーが多くなるのも、ロードバイクの特徴です。

ITEM
ABUS ブレードロック U GRIP BORDO 5700 ブラック チェーン
●セキュリティーレベル:LEVEL7
●施錠種類:カギ式
●LENGTH :80cm
●THICKNESS:5mm
●重量:830g

 

「街乗り」ならクロスバイク、「長距離サイクリング」ならロードバイク

クロスバイクにおすすめなのはこんな人!

クロスバイクがおすすめ

通勤や通学、休日の買い物など、普段の生活圏での使用がメインの場合は、クロスバイクがおすすめです。「自転車ライフを快適にしたい」「スポーツバイクでお洒落に、街乗りしたい」と言う人は、クロスバイクが良いでしょう。もちろんシティサイクルに比べると格段に走行性能は高いので、数十キロぐらいのサイクリングであれば、十分に活躍するのではないでしょうか。

 

ロードバイクにおすすめなのはこんな人!

ロードバイクがおすすめ

長い距離を速いスピードで快適に走りたい人は、ロードバイクがおすすめです。休日にサイクリングロードや峠などを走ったり、長距離を走るイベントに参加したい人などは、ロードバイクが良いでしょう。自転車に乗る時間を作って、自転車の走りを楽しみたい人はロードバイクで、サイクリングを楽しみましょう。

その他のスポーツバイク

グラベルロードバイク

近年、急速にモデルが増えているグラベルロードバイク。砂利を意味する「グラベル」を走る為にオンロード、オフロード問わず長い距離を快適に走る為に設計されたスポーツバイクです。アウトドアが好きだったり、速さを求めないけど、長い距離を走るスタイルであれば、グラベルロードバイクも良いでしょう。

ITEM
GIOS(ジオス) グラベルロードバイク MITO GIOS-BLUE 520mm 2019年モデル
フロントトリプルギアで勾配の急な上り坂にも対応。雨天時でも制動力の高いディスクブレーキ。安心の35Cタイヤなど、あらゆる条件でも走破性の高さが魅力のグラベルバイクです。

 

フラットバーロード

クロスバイクにロードバイクのパーツ等を組み入れた「フラットバーロード」。フラットバーロードは、「フラットなハンドルのロードバイク」と形容できるほど、走行性能が高いクロスバイクです。街乗りだけど、より高性能を求める人は「フラットバーロード」も良いでしょう。

ITEM
Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル VIABRERA ヴィアブレラ

あわせて読みたい

クロモリのマウンテンバイクおすすめ5選。細い!渋い!美しい!
クロモリのおすすめマウンテンバイクをご紹介!頑丈なクロモリフレームならではの魅力と、おすすめの使い方、おすすめモデルなどを紹介します。…
小西純矢
パニアバッグで自転車旅を快適に!おすすめモデル5選
クロスバイクやロードバイクを愛する人であれば、自転車で遠くへ旅をしたいと思う方も多いのではないでしょうか。旅の道中最も負担になる荷物。自転車旅の荷物…
二ノ宮 空
ロードバイクとは
ロードバイクの楽しみ方を徹底紹介!スピードが魅力のスポーツバイク
「クロスバイクと何が違うの?ロードバイクの楽しみ方は?」など、ロードバイクに興味が出てきた時は、多くの疑問が出てくるもの。ショップの店員さんに聞くと…
CYCLE HACK編集部
”クロスバイク購入に合わせて揃えたい”必要なもの14選
クロスバイクを買ったら一緒に揃えよう!必要なアイテム14選
クロスバイクを買ったら、一緒に購入するべきアイテムがあります。必ず準備すべきもの、乗るシーンによって準備したいものなど様々。今回は必要なアイテムと、…
CYCLE HACK編集部
クロスバイクとロードバイク
クロスバイクとロードバイク、どっちがおすすめ?違いや選び方を解説
自転車ショップで、クロスバイクとロードバイク、どちらにしようか悩む。初めてスポーツバイクを購入する時は良くあるテーマですね。どのように乗るのか、どん…
CYCLE HACK編集部