自転車は歩道を通行したらダメ?ルールやマナーなどをまとめました

自転車は、歩道を通行していいの?道路交通法で定められた自転車の交通ルールを確認してみましょう。自転車は、車道の左側を通行するのが基本。ただ、クルマとは違う例外もあるので、勘違いしていなかったか振り返ってみてくださいね。正しい交通ルールやマナーを知って、安全に走りましょう!

目次

  • 自転車は原則、車道の左側を走ろう!
  • こんな場合は、歩道を通行してもOK
  • 自分は大丈夫?勘違いしやすいルールがあります
  • 安全のためにも、ルールやマナーを守って走ろう

自転車は原則、車道の左側を走ろう!

自転車は原則、車道の左側を走ろう!

あなたは普段、自転車に乗るとき、どんなことに気をつけていますか?クルマと違い、免許がなくても乗れるからこそ、ルールが曖昧になることもあるでしょう。

 

自転車は、道路交通法では「軽車両」の一種。原動機を持たない車の総称で、リヤカー、人力車、馬車も軽車両です。どれも「車両」の扱いなので、クルマと同じく、「車道を左側通行する」のが基本です。

 

それなら、歩道を自転車で走るのはダメなのでしょうか?

 

歩道を通行すると、違反の対象になることも

実際、歩道を走る自転車を見たことがある人も多いでしょう。

 

しかし、歩道はそもそも「歩行者のための通路」であり、自転車は走行できません。もし、歩道を通行すると、通行区分違反として「3ケ月以下の懲役または5万円以下の罰金」が課せられるので、「ほかの人が通ったし、いいか!」なんて歩道を走らないでくださいね。

 

 

こんな場合は、歩道を通行してもOK

こんな場合は、歩道を通行してもOK

ということで、自転車は歩道を通行できませんが、こんなときは例外です。

 

  • ●「自転車通行可」の標識がある歩道
  • ●自転車に乗る人が、13歳未満または70歳以上のとき、もしくは身体が不自由な人のとき
  • ●車道を通行するのが危険なとき

 

走っていると、たまに車道が極端に狭かったり、交通量が多かったりすることもありますよね。そんなときは、クルマと接触事故を起こす前に、歩道に入ることも考えて行動しましょう。

 

歩行者を優先しよう

歩道に入るときは、あくまで歩行者が優先。歩行者の通行を妨げてはいけません。

 

万が一、歩行者を立ち止まらせて通行すると、2万円以下の罰金または科料の対象になってしまいます。無理に通行せず、一時停止をして、歩行者が安全に通行できるようにしましょう。

 

 

自分は大丈夫?勘違いしやすいルールがあります

自転車は基本、車道を左側通行する、ということがわかりましたが、ほかにも細かいルールがあります。

 

とくに間違えられやすいルールをまとめたので、あらためて確認してみてくださいね。

 

歩道を通行するときは、「道路側」

歩道を通行するときは、「道路側」

歩道を通行するときは、すぐに停止できる速度で、歩道の「道路側」を走ります。もし自転車とすれ違うなら、左側通行で相手とすれ違うようにしましょう。

 

 

ベルを鳴らして、道を空けさせるのはNG

歩道を歩いている人の近くでは、一時停止するか、自転車から降りて押して歩くのが基本。「道を空けてください」と、歩行者に向けてベルを鳴らすのは、使い方としてNGです。通常走行時に、自転車に乗っている側の都合でベルを鳴らすのはやめましょう。

 

ですが、安全走行を意識していても、自分や相手がケガをしてしまいそうな瞬間が、あるかもしれません。命に関わるような危険を感じたら、ベルを鳴らしてでも回避するようにしましょう。

 

 

右折は「2段階右折」が基本

自転車のルールの多くは、クルマと同じ。しかし、一部異なることもあります。

 

たとえば、信号のある十字路の交差点を右折するなら、自転車は「2段階右折」になります。クルマと同じように、一回で右折するのはそもそも危険なのでやめましょう。

 

T字路も、2段階右折がルールなのでお間違いなく。

 

安全のためにも、ルールやマナーを守って走ろう

安全のためにも、ルールやマナーを守って走ろう

自転車の交通ルールは、基本的にはクルマと同じですが、歩道を通行してもいい例外や、2段階右折など、自転車ならではのルールもあります。

 

交通事故に巻き込まれたり、巻き込んでしまわないよう、あらためてルールを確認してみてくださいね。

あわせて読みたい

【速くて美しい】ウィリエールのロードバイクのおすすめモデルを紹介
イタリアらしい美しいデザインと、レースで磨かれた速さが魅力の、Wilier(ウィリエール)ロードバイクのおすすめモデルをご紹介します。最新モデルのF…
おかちん
【大人顔負けの走り】子供用マウンテンバイクのおすすめ7台!パパ・ママ必見。
【大人顔負けの走り】子供用マウンテンバイクのおすすめ7台!パパ・ママ必見。
子供向けのおすすめのマウンテンバイクを紹介します!子供用自転車にも、様々な自転車がありますよね、今回は子供用自転車の中でも人気のマウンテンバイクの選…
Takugo
【0.01mmを手で調整!?】驚きの三ヶ島ペタル・本社工場に潜入してきました。
【0.01mmを手で調整!?】驚きの三ヶ島ペタル・本社工場に潜入してきました。
日本のペダルメーカー「三ケ島ペタル」。シンプルなデザインと機能性で愛用者も多い三ヶ島製作所の工場見学に行ってきました。競輪選手にもペダルを供給する品…
高橋智宏
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
Mikio
Mikio

通勤はクロスバイク、休日はロードバイクで1人サイクリングをしている独身。趣味が高じて、自転車ショップで働いた経験あり。ガチで乗るより、ゆるく楽しみたい派です。