ガノーのクロスバイク最新全モデルをご紹介。スポーティーに街を駆け抜けろ!

カナダ・ケベック生まれ「ガノー」の、最新クロスバイクを紹介します。ロードレースでも活躍するスポーツバイクを開発するガノーは、街を颯爽と駆け抜ける、クロスバイクを2種類展開しています。かわいらしいデザインが多い「ルイガノ」とはひと味違う、クールでスポーティーな街乗りクロスバイクをチェックしてみませんか?

目次

  • カナダのスポーツバイク専門ブランド「ガノー」
  • ルイガノとの違いって?
  • 最新のクロスバイクは、全2モデル
  • 「AXIS F3」と「URBANIA 3」を比較してみた
  • ロードやグラベル、ファットバイクもあります
  • アパレル、アクセサリも揃えちゃう?!
  • 気になるモデルに、試乗してみよう
  • 街乗りにも!ガノーのクロスバイクで走ろう
アイキャッチ画像出典:楽天

カナダのスポーツバイク専門ブランド「ガノー」

カナダのスポーツバイク専門ブランド「ガノー」
出典:Flickr/Flowizm …

「GARNEAU(ガノー)」は、自転車競技のアスリートとしても有名なルイ・ガノー氏が、2008年に立ち上げた自転車ブランド。

 

アスリートである創立者自身の経験をもとに、エントリーモデルからレースモデルまで、スポーツバイクを幅広く開発しています。

 

プロチームもサポートする実力派!

プロチームもサポートする実力派!

出典:Flickr/James Abbott

なかでもロードバイクは、プロチームにも供給されていて、性能はお墨付き。日本では、最高峰の学生ロードレースのひとつ、「全日本学生選手権」にも出場するチームをサポートしていますよ。

 

ルイガノとの違いって?

ルイガノとの違いって?

出典:楽天市場
ガノーと似た名称の「LOUIS GARNEAU」の自転車。この2つの自転車はどこが違うの?と思う人もいるかも知れません。

 

ルイガノは、街乗り向けのラインナップが豊富。カジュアルなクロスバイクやE-バイク、ミニベロなども展開するブランド。

 

一方、「ガノー」は、よりスポーティーに楽しみたい人に向いた、ロードバイク、クロスバイクを展開するブランドです。

 

最新のクロスバイクは、全2モデル

ガノーは、よりスポーティーなバイクが多いブランド。クロスバイクも、街乗りだけでは物足りなく感じるかもしれない、2種類のモデルがラインナップされています。

 

AXIS F3

シマノのロードバイク用コンポ「Tiagra」がついたモデル。軽量カーボンのフォークが使われていて、街乗りはもちろん、休日のサイクリングも楽しめるスペックです。

 

一方、前傾姿勢になりすぎないポジションなので、スポーツバイク初心者にもおすすめ。油圧ディスクブレーキなので、軽いタッチで、しっかりブレーキが利きますよ。

 

ITEM
AXIS F3(アクシスF3)
●サイズ:450mm、480mm、510mm、540mm
●フレーム素材:6061 ALLOY SMOOTH WELDING
●タイヤサイズ:700×32C
●重量:10.3kg

 


 

URBANIA 3

24段と多くの変速ができる「URBANIA 3」。「AXIS F3」と同じ、油圧ディスクブレーキのアルミフレームですが、通勤通学など、より街乗りに特化した仕様になっています。

 

タイヤは側面にリフレクターがあり、夜間走るときも、車などから認識してもらいやすく安心。カラーは2種類あるので、好みに合わせて選べますね。

 

ITEM
URBANIA 3(アーバニア3)
●サイズ:400mm、435mm、470mm、505mm、540mm
●フレーム素材:6061 ALLOY SMOOTH WELDING
●タイヤサイズ:700×35C
●重量:11.77kg

 

 

「AXIS F3」と「URBANIA 3」を比較してみた

今回ご紹介した2モデルの各スペックを比較してみましょう。

 

   AXIS F3  URBANIA 3
 サイズ  450mm~4種  400mm~5種
 重量  10.30kg  11.77kg
 カラー  1種類  2種類
 ブレーキ  油圧ディスク  油圧ディスク
 タイヤサイズ  700×32C  700×35C
 フロントフォーク  フルカーボン  アルミ

 

買い物や通勤通学など、普段使いが基本なら「URBANIA 3」。街乗りだけでなく、休日のサイクリングも楽しむなら「AXIS F3」がおすすめ。

 

また、「URBANIA 3」はより小さいサイズからあるので、小柄な人に向いているでしょう。

 

 

ロードやグラベル、ファットバイクもあります

ガノーでは、クロスバイクを、街乗り向きの「CONNECT」というカテゴリで展開しています。

 

ほかにも、ロードバイクを中心とした「PERFORM」。グラベルロード(砂利道も走れるロード)やファットバイクを中心とした、走破性の高い「EXPLORE」の2カテゴリがありますよ。それぞれ簡単に紹介しましょう。

 

PERFORM(パフォーム)

初心者から上級者まで、幅広いレベルに合わせたラインナップが揃う、ロードバイク中心のカテゴリ。

 

「AXIS 2 TIAGRA DISC ROAD」などアルミフレームの「AXIS」シリーズは、初めてのスポーツバイクにもおすすめですよ。

 

上級者には、カーボンロードの「GENNIX」シリーズ。シマノの最上級コンポ「DURA-ACE」ついたモデルなど、まさにレースにぴったりのバイクが見つかるでしょう。

 

ITEM
GENNIX E1 PERFOMANCE
●サイズ:450mm、480mm、510mm、540mm
●フレーム素材:RTCC1 CARBON
●タイヤサイズ:700×25C
●重量:8.69kg

 


 

EXPLORE(エクスプローア)シリーズ

キャンプやツーリングにぴったりの、スポーツバイクを集めたカテゴリ。グラベルロードは、よりロードに近いモデルから、ダートな道まで走れちゃうモデルまで、4種類がラインナップされています。

 

迫力ある太いタイヤを履いたファットバイクは、大人向けの「GROS LOUIS 2」と、小柄な女性やキッズ向けの「GROS LOUIS 24」の2種類。家族で揃えてお出かけもできそうですね。

 

ITEM
GROS LOUIS 24
●サイズ:305mm
●フレーム素材:ALLOY 6061 TIG WELDED
●タイヤサイズ:BIG DADDY 24"X4.0"
●重量:14.10kg

 

アパレル、アクセサリも揃えちゃう?!

アパレル、アクセサリも揃えちゃう?!

出典:楽天

ガノーはサイクリングウェアや、アクセサリも充実しています。「CONNECT」「PERFORM」「EXPLORE」の、各カテゴリに合わせた機能・デザインの製品もありますよ。

 

クロスバイクとお揃いで、「CONNECT」のおしゃれなアパレルもぜひチェックしてみてくださいね。

 

商品一覧はこちら

 

気になるモデルに、試乗してみよう

ガノーのクロスバイクは、「サイクルベースあさひ」など、全国の自転車ショップで取り扱いがあります。

 

気になるモデルがあったら、ショップで実際に見て確かめてみましょう。試乗ができる場合もあるので、事前にショップに問い合わせておくと確実ですね。

 

販売店一覧はこちら

 

街乗りにも!ガノーのクロスバイクで走ろう

ロードレースでも実績のあるスポーツバイクブランド「ガノー」。クロスバイクも、街を颯爽と走るモデルが見つかりますよ。

 

通勤通学、お買い物はもちろん、休日サイクリングの良きパートナーとしても、チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

Ride for fun, Ride safe!

Ride for fun, Ride safe!

出典:ガノー

ちなみに、創立者のルイ・ガノー氏は、自身の自転車事故の経験をもとに、「Ride for fun, Ride safe!」というスローガンで、さまざまな取り組みを行っています。ヘルメットの重要性を訴えるほか、車が自転車を追い抜くときに、1.5m以上の間隔を守ることを提唱しています。

 

ガノーはもちろん、他ブランドの自転車に乗るときや、車でドライブするときも、ぜひ安全運転を心がけてくださいね。

 

ガノー公式ページはこちら

紹介されたアイテム

AXIS F3(アクシスF3)
URBANIA 3(アーバニア3)
GENNIX E1 PERFOMANCE
GROS LOUIS 24
サイトを見る

あわせて読みたい

フロントフォーク 積載
フロントフォークに荷物を積みたい!万能ケージやダボ穴増設アタッチメントのご紹介
フロントフォーク横への積載は、容量UPだけでなく走行感を向上させることもでき、バイクパッキングでは定番となりつつある積載方法です。その一方で、車種や…
s.kataoka
ロードバイク ライト つけ方
ロードバイクのライトの位置はどこがいいの?使いやすいポジションを紹介!
ロードバイクのライトをどこに付けるのがいいのでしょうか?操作のしやすさ、視認性のよさ、路面を明るく照射できるなどの、の切り口からベストポジションを考…
CYCLE HACK編集部
輪行 マナー ルール
【輪行のルール・マナーまとめ】そのやり方、間違ってませんか…?
自転車を手荷物として電車に持ち込む「輪行」。マスターするとサイクリングの幅が広がる便利な手段ですが、大切なルールやマナーが存在します。他の乗客の方と…
s.kataoka
グラベルキング タイヤ
人気タイヤ『グラベルキング』を種類ごとに比較!乗り方別のおススメは?
ロードバイクやグラベルロードに高い人気を誇るタイヤ『グラベルキング』。舗装路が得意なものから未舗装路に強いものまで、用途に応じて選べる沢山のラインナ…
s.kataoka
高い質感と変わらない美しさ。スギノのクランクを解説します。
トラック競技や競輪での使用率も高い「スギノのクランク」。スギノのクランクは、クロモリのロードバイクやグラベルロード、ピストバイクなどを、スタイリッシ…
高橋智宏
二ノ宮 空

自転車が好きで、クロスバイクとロードバイクを2台所有しています。ロングライドや自然の中を走るのが大好きです。自転車の魅力や自転車旅についてなど、楽しくてためになる情報を提供していきたいと思っています。