【無骨でタフな相棒】スコットのクロスバイク最新モデル7台をご紹介

スコットのクロスバイク最新全ラインナップを紹介します。定番モデルに、日本限定モデル、女性向けモデルなど、無骨なフレームや太いタイヤが迫力あるデザインのスコット。街乗りはもちろん、ちょっとデコボコした未舗装路まで走れちゃうモデルもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

目次

  • スコット(SCOTT)って、どんなブランド?
  • スコットのクロスバイクといえば、ここ!
  • 最新全ラインナップをご紹介!
  • ロードバイク、MTBもおすすめですよ
  • 正規取り扱いショップにも、足を運んでみよう
  • スコットのクロスバイクで、出かけよう!
出典:SCOTT JAPAN

スコット(SCOTT)って、どんなブランド?

スコット(SCOTT)って、どんなブランド?

出典:Flickr/luca skill

スコット(SCOTT)は、1958年創業した、スイスのスポーツ用品メーカーです。主にスキー用品、自転車用品を取り扱っていて、自転車は、ロードバイクからキッズバイクまで、幅広いラインナップがあります。

 

ロードレースでの豊富な実績

スコットが競技自転車の世界に進出したのは、1986年。以降、ツール・ド・フランスで優勝、世界初の超軽量フレーム開発に成功など、ロードバイク業界を牽引するメーカーの一角を担ってきました。

 

プロレースでのノウハウを活かして造られたクロスバイクは、高い品質と走行性能が期待できますね。

 

スコットのクロスバイクといえば、ここ!

そんなスコットのクロスバイクを、3つのポイントから紹介します。選ぶときの参考にしてみてくださいね!

 

無骨で重厚感のあるデザイン

無骨で重厚感のあるデザイン

出典:SCOTT JAPAN

フレームは、トップチューブ、ダウンチューブ共に、太く角ばった形。軽量なアルミ素材ながら、力強く迫力のあるデザインのモデルが多くあります。スポーツバイクらしい、メタリックな車体カラーが映えますね。

 

太いタイヤで、乗り心地が良い!

太いタイヤで、乗り心地が良い!

出典:SCOTT JAPAN

クロスバイクのタイヤは、幅28~32mmが多いですが、スコットの場合は45mmと、太い!シティサイクルのタイヤもおおよそ35mmなので、かなり太く感じるかもしれません。

 

タイヤが太いので、アスファルトはもちろん、デコボコした未舗装路までスムーズに快適に走行できます。自転車キャンプなどとも、相性が良さそうですね。

 

油圧式ディスクブレーキを搭載

油圧式ディスクブレーキを搭載

出典:SCOTT JAPAN

クロスバイクでも主流になってきた「ディスクブレーキ」。スコットのクロスバイクは、油圧式のディスクブレーキが標準装備されています。

 

油圧式のディスクブレーキは、軽いタッチでもブレーキが利くので、手の力が弱い女性でも安心。また、ディスクブレーキは、リムブレーキとは違い、雨の日でもブレーキ力が安定していて、通勤・通学にもおすすめです。

 

 

最新全ラインナップをご紹介!

スコットのクロスバイクは、「SUBCROSS」というネーミングが付けられています。「SUB」とは、SPEED UTILITY BIKE(実用性のあるスピードバイク)の略で、街乗りを快適にするために設計された、高性能なクロスバイクです。

 

今季は通常モデル3種に加え、日本限定モデル、女性用モデルがラインナップ。それぞれどんな車体か、ご紹介していきましょう!

 

日本限定モデル「SUBCROSS J1 LIMITED」

日本ユーザーの意見を取り入れて開発された、完全日本仕様の限定モデル。初心者でも乗りやすい、ゆるやかな前傾姿勢と、悪路の多い日本の街中に対応した45mmのタイヤで、安心安全!カラーは全3色で、どんなファッションにも合うでしょう。

 

アルミフォークの軽快でキレのある走りで、通勤通学から週末のサイクリングまで、フルに楽しめますよ。

 

日本限定モデル「SUBCROSS J1 LIMITED」

出典:SCOTT JAPAN

 

 サイズ  S・M・L・XL
 価格  ¥79,200(税込み)
 フレーム  アルミフレーム
 フロントフォーク  1 1/8″ 700c subcross alloy Rigid fork
 変速パーツ  シマノ Alivio
 タイヤ  Kenda Booster / 700x45C
 変速段数  27段

 

製品公式ページはこちら

 


 

サスペンション付き「SUBCROSS 30 MEN」

仕様の異なる3車種がラインナップする「30 MEN」。フロントフォークにサスペンションを装備して、走行中の振動がおさえられ、ひび割れたアスファルトや、段差の衝撃も少なく、快適に走れますよ。

 

速さよりも、路面状況を気にせず走れる気軽さ、快適性を求めたい人におすすめです。

サスペンション付き「SUBCROSS 30 MEN」

出典:SCOTT JAPAN

 

 サイズ  S・M・L
 価格  ¥86,900(税込み)
 フレーム  アルミフレーム
 フロントフォーク  Suntour NEX HLO / Hyd. Lockout / 63mm travel
 変速パーツ  シマノ Alivio RD-M3100
 タイヤ  Kenda Booster / 700x45C
 変速段数  27段

 

製品公式ページはこちら

 


 

サスペンション付き「SUBCROSS 40 MEN」

「SUBCROSS 30 MEN」と同じく、フロントサスペンションタイプ。走行性能に大きな差はありませんが、装備されているパーツのグレードが違うため、価格が異なります。

サスペンション付き「SUBCROSS 40 MEN」

出典:SCOTT JAPAN

 

 サイズ  S・M・L・XL
 価格  ¥75,900(税込み)
 フレーム  アルミフレーム
 フロントフォーク  Zoom 187 D 63mm travel
 変速パーツ  シマノ Altus RD-M2000
 タイヤ  Kenda Booster / 700x45C
 変速段数  27段

 

製品公式ページはこちら

 


 

スタンダードモデル「SUBCROSS 50 MEN」

フロントにサスペンションがついていない、日本限定モデルと似たデザインのスタンダードモデル。通勤通学、街乗りなら、十分な走行性能のクロスバイクと言えるでしょう。

スタンダードモデル「SUBCROSS 50 MEN」

出典:SCOTT JAPAN

 

 サイズ  S・M・L・XL
 価格  ¥64,900(税抜き)
 フレーム  アルミフレーム
 フロントフォーク  Sub Cross Steel Rigid Fork
 変速パーツ  シマノ Tourney RD-TX800
 タイヤ  Kenda Booster / 700x45C
 変速段数  24段

 

製品公式ページはこちら

 


 

女性向けモデル「SUBCROSS 50 LADY」

トップチューブの傾斜が強い、女性向けモデル。車体スペックは、「SUBCROSS 50 MEN」と同じです。小柄な人でも足つきがよく、無理な体勢にならずに乗れる、女性にやさしいデザインですよ。

女性向けモデル「SUBCROSS 50 LADY」

出典:SCOTT JAPAN

 

 サイズ  Sサイズのみ
 価格  ¥64,900(税抜き)
 フレーム  アルミフレーム
 フロントフォーク  Sub Cross Steel Rigid Fork
 変速パーツ  シマノ Tourney RD-TX800
 タイヤ  Kenda Booster / 700x45C
 変速段数  24段

 

製品公式ページはこちら

 

ロードバイク、MTBもおすすめですよ

ロードバイク、MTBもおすすめですよ

出典:Flickr/Trysil

多少のデコボコ道も走れるSUBシリーズですが、もっと荒れたダートな道を走りたい場合は、MTBもチェックしてみてください。スコットのMTBは、6モデルがラインナップされています。

 

また、もっと速く走るなら、ロードバイクですね。エアロロードからエンデュランスまで、こちらも幅広い展開。気になったら、ぜひご覧ください。

 

▼▼▼スコットのロードバイクの関連記事はこちら▼▼▼

 

 

正規取り扱いショップにも、足を運んでみよう

メーカー直営店は残念ながらありませんが、スコットを取り扱っているショップは、全国にあります。都内なら、Y’sロードやセオサイクルなど、41店舗!

 

正規取り扱い店なら、気になるモデルが置いてあることもあるでしょう。店舗によっては、試乗車を用意している場合もあるので、実際に乗れるチャンスがあるかも。迷っている人も、足を運んでみてくださいね!

 

取り扱いショップ一覧はこちら

 

スコットのクロスバイクで、出かけよう!

無骨なフレームに太いタイヤ。スコットのクロスバイクはら、迫力あるデザインで、快適な走行ができますよ。ぜひ相棒にして、街乗りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

スコット公式サイトはこちら

あわせて読みたい

【速くて美しい】ウィリエールのロードバイクのおすすめモデルを紹介
イタリアらしい美しいデザインと、レースで磨かれた速さが魅力の、Wilier(ウィリエール)ロードバイクのおすすめモデルをご紹介します。最新モデルのF…
おかちん
【大人顔負けの走り】子供用マウンテンバイクのおすすめ7台!パパ・ママ必見。
【大人顔負けの走り】子供用マウンテンバイクのおすすめ7台!パパ・ママ必見。
子供向けのおすすめのマウンテンバイクを紹介します!子供用自転車にも、様々な自転車がありますよね、今回は子供用自転車の中でも人気のマウンテンバイクの選…
Takugo
【0.01mmを手で調整!?】驚きの三ヶ島ペタル・本社工場に潜入してきました。
【0.01mmを手で調整!?】驚きの三ヶ島ペタル・本社工場に潜入してきました。
日本のペダルメーカー「三ケ島ペタル」。シンプルなデザインと機能性で愛用者も多い三ヶ島製作所の工場見学に行ってきました。競輪選手にもペダルを供給する品…
高橋智宏
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
Mikio
Mikio

通勤はクロスバイク、休日はロードバイクで1人サイクリングをしている独身。趣味が高じて、自転車ショップで働いた経験あり。ガチで乗るより、ゆるく楽しみたい派です。