【見た目も乗り心地も変わるよ】クロスバイクのペダルおすすめ5選と選び方

クロスバイクにおすすめのペダルをご紹介します!購入時、ペダルがない事もよくあるクロスバイク。「どんなペダルが良いのだろう?」「選び方の基準は?」など、ペダル選びの基準も難しいですよね。そんなクロスバイクのペダル選びを解説します。ペダルを変えるだけでも見た目も乗り心地もよくなりますよ!

目次

  • どれにしよう?クロスバイクのペダル
  • ペダルは大きくわけて、2種類
  • ペダルを選ぶ際のチェックポイント
  • クロスバイクのおすすめペダル5選
  • 「走り」にこだわるなら、ビンディングペダルも!
  • ペダル交換を自分でやってみよう

どれにしよう?クロスバイクのペダル

どれにしよう?クロスバイクのペダル

出典:flickr/yoppy

クロスバイクに付属されていないことも多いのが「ペダル」です。

 

ペダルの選び方がわからない人も、ペダルの種類や特徴を理解しておけば、自分にあったペダルを見つけることができますよ。

 

ペダルは大きくわけて、2種類

クロスバイクのペダルには大きく分けて「フラットペダル」と「ビンディングペダル」の2種類があります。

 

街乗りならフラットペダルがおすすめ

シティサイクルなどでも使われている、おなじみのフラットペダル。街乗りや通勤がメインであれば、フラットペダルがおすすめです。

 

価格帯も安い製品からあり、誰でも使いやすいペダルと言えるでしょう。

 

ビンディングペダルは、どう?

ビンディングペダルは、どう?

撮影:編集部

ロードバイクなどにも多い、もう一種のペダル、ビンディングペダル。靴の底とペダルをロックして乗るペダルです。

 

靴とペダルが固定されると、効率よくペダルが回せ、速く走ることができるので、長い距離を走るロングライドなどに、向いていると言えるでしょう。

 

一方、停車時にロックを外す手間があるので、ストップ&ゴーが多い、街乗りには向いていない一面もあります。

 

ペダルを選ぶ際のチェックポイント

ペダルにも様々な種類があるので選ぶ際のチェックポイントを確認していきましょう。

踏面は大きいほど安定

撮影:編集部

ペダルを踏む面が大きいほど安定してペダリングができます。立ち漕ぎする場面など、踏面が大きい方が力強くペダルを踏めますよ。

 

大きさや形などのデザインは、自分のクロスバイクに合った見た目を選ぶのも大切なポイントです。

 

雨の日も乗るなら、滑りにくさもチェック

雨の日も乗るなら、滑りにくさもチェック

雨の日などに、ペダルが滑ったことがある人もいるのではないでしょうか?ペダルの踏面の溝がなかったり浅かったりすると、グリップ力が低く、滑りやすくなります。

 

フラットペダルにはスパイクのようなピンがペダルに付いているモデルがあり、ピンが靴底に食い込み、グリップ力があがり、安定して踏めるのでおすすめです。

 

「クロスバイク用のペダル」で探すと、みつけにくいかも

クロスバイクのペダルを探す時に、クロスバイク専用ペダルというモデルはあまり無いので、ロードバイク用やMTB用など幅広いジャンルで探すのがおすすめ。

 

注意点としては、自転車用ペダルのネジ径は大きく分けて「9/16インチ」と「1/2インチ」がありますが、多くのクロスバイクは「9/16インチ」が主流です。「1/2インチ」は主にBMXやビーチクルーザーに採用されています。

 

クロスバイクのおすすめペダル5選

クロスバイクにおすすめペダル5選を紹介します。

MKSペダル /ラムダ

日本のメーカーで数多くのペダルをラインナップしています。ラムダは大きい踏面に程よいピン、反射板も付属でオールランドに使えるペダルです。

ITEM
MKSペダル ラムダ
原産国:日本
素材:アルミ・スチール
踏面:48×119mm
ペダル軸:9/16
重量:420g(ペア)

WELLGO/M194

WELLGOのM194は薄型で軽量のペダルです。ピン付きなので雨の日でも安心して使え、踏面は縦に長く踏みやすくなっています。

ITEM
WELLGO M194
カラー:ブラック
素材:アルミ
重量:243g(ペア)

SHIMANO/PD-GR500

SHIMANO製品のPD-GR500はMTBダウンヒル用の上位グレード「SAINT・PD-MX80」のボディを採用しながら内部構造を変更し、より安価で使いやすいペダルになっています。

ITEM
SHIMANO PD-GR500
モデル番号:PD-GR500
カラー:ブラック・シルバー
重量:533g

 

TIOGA/シュアーフットスリム

樹脂製の安価で軽いTIOGAのフラットペダル。ピンも付属していますが金属ではなく樹脂製なので、靴底を傷つけることも少ないでしょう。

ITEM
TIOGA シュアーフットスリム
素材:エンジニアリングプラスチックボディ
シャフト:クロモリ9/16"アクスル
重量:330g(ペア)

 

Bontrager/Line Elite MTB Pedal Set

クロスバイクのおすすめペダル5選

出典:TREK

TREKの自転車パーツブランド「Bontrager」。Line EliteはMTB用に作られていて強度は抜群。カラーバリエーションは5色あり、自分に合ったカラーを選べます。

 

  • ●カートリッジタイプ:9/16
  • ●ペダルタイプ:プラットホーム
  • ●ベアリングタイプ:シールド
  • ●重量:354.6g(ペア)

 

「走り」にこだわるなら、ビンディングペダルも!

「走り」にこだわるなら、ビンディングペダルも!

サイクリングやツーリングなど、長い距離を走る人などは、ビンディングペダルがおすすめです。

 

靴とペダルがロックされるので、ペダルを踏む足がズレることがなく、ペダリングロスが減ります。また、片面がSPDで片面がフラットのペダルもあるのでチェックしてみましょう。

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

 

ペダル交換を自分でやってみよう

ペダル交換を自分でやってみよう

クロスバイクのペダル交換は比較的、簡単な作業です。自分でペダル交換にチャレンジしても良いでしょう。用意する基本的な工具はアーレンキー(六角レンチ)やスパナのみ。ペダル交換のポイントは左側のペダルが逆ネジになっています。気づかずに回してしまうと締め込み過ぎてしまうので、気をつけましょう。

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

あわせて読みたい

【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
ORTLIEB(オルトリーブ)の丈夫な防水サドルバッグを紹介します。全ラインナップのほか、最新のオルトリーブ2と、Lの取り付け方法などの違いもまとめ…
二ノ宮 空
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
Takugo
Takugo

マウンテンバイクをメインにアウトドアをしながら野山を駆け回っています。 また子どもと一緒にバイクパッキングで自転車キャンプをしたりと、子どもと一緒に楽しめる自転車遊びを発信していきます。