オフロードを楽しむ!650bホイールの選び方とおすすめ5選をご紹介

650bのホイールの魅力を紹介します。ロードバイクで「もう少し荒れた道を走れないかな」と思ったことはありませんか?「少し脇道に入りたい」や「河川敷を走りたい」けどロードバイクでは諦めてしまうシーンも多々あります。650bホイールはら、そんな道でも走れる可能性があります。今話題の650bホイールの選び方や、おすすめ製品もまとめましたので、ぜひ参考にしてください、

目次

  • ロードバイクの幅を広げる「650bホイール」
  • 650bホイールの選び方はココをチェック!
  • 定番メーカーで選ぶなら「WTB」
  • 650bホイールのおすすめ5選
  • 650bホイールで、もっと楽しもう!
アイキャッチ画像出典:flickr/Michael Topp

ロードバイクの幅を広げる「650bホイール」

650b ホイール

出典:Flickr /www.velo-radsport.de

細いタイヤのロードバイクでは走れなかった道も走れる650bのホイール。ロードバイクやグラベルロードの楽しみ方を広げてくれる650bホイールは、近年とても注目のアイテムですよ。

 

太いタイヤで、オフロードも快適に!

太いタイヤで、オフロードも快適に!

出典:Facebook/WTB

650bのホイールは、700cのホイールでは履けなかった太さのタイヤを履くことができます。

 

太いタイヤは、乗り心地が良く、地面との接地面が大きくなるので、グリップ力も高くなります。

 

この乗り心地とグリップ力があることで、オフロードや砂利道でも楽しめるようになるでしょう。また太いタイヤはパンクにも強いので、街乗りの段差なども、気にならなくなりますよ。

 

ホイールが小さくなって、走りは遅くなってしまう?

ホイールが小さくなって、走りは遅くなってしまう?

650bホイールでロードバイクやグラベルロードに乗る時、45c前後のタイヤを装着するのが一般的です。

 

650b×47cの外径は700cの30cと、ほぼ変わらず、ロードバイクに乗り慣れた人でも、今までと近い感覚で乗ることができるでしょう。

 

ただし太くなる分、重量が重くなり、路面抵抗が増えるので、700cほどの軽快さはないでしょう。軽快さは失いますが、快適性と走破性を得ることができます。

 

650bホイールの選び方はココをチェック!

そんな気になる650bホイールの選び方を確認していきましょう。

 

リムブレーキかディスクブレーキか

リムブレーキかディスクブレーキか

出典:Flickr/BTR Fabrications

ホイール選びのポイントは、自分のバイクのブレーキ仕様を確認から始めましょう。

 

ロードバイクのブレーキは、以前はリムブレーキと呼ばれるタイプが主流でしたが、近年は、ディスクブレーキのモデルが多くなっています。それに伴ってホイールの固定方式も、従来のクイックリリースが減り、スルーアクスル方式が主流になってきています。

 

「リムブレーキかディスクブレーキか」、「クイックリリースかスルーアクスルか」で、ホイールの選択肢が変わるので、まずはブレーキ仕様をチェックしましょう。

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

 

対応するタイヤのタイプも確認

対応するタイヤタイプも確認

出典:Flickr/Portail du Vélo

ホイールによって適応するタイヤも、「中にチューブを入れて使うタイプ」、「チューブが必要のないチューブレスタイプ」など、様々です。

 

チューブレスタイプは、リム打ちパンクなど、パンクのリスクが減り、チューブを使わないため、軽量になりやすいメリットがあります。タイヤを購入する際はチューブレスに対応しているかも、確認しましょう。

 

また、ホイールのリム幅も気をつけたいポイント。リムの幅によって、適応するタイヤのサイズが変わりますので、確認しましょう。47cの太さで推奨リム幅は外幅で28mm前後です。

 

フレームのクリアランスもチェック

フレームのクリアランスや、リムの幅もチェック

出典:Flickr/American Cyclery Official

そして、太いタイヤを履く時に注意したいのが、クリアランス。タイヤが太くなることで、フレームやフォークと干渉する可能性があります。十分なスペース(クリアランス)があるか確認しましょう。外径は大丈夫でも、横幅で入らない場合もあるので、注意が必要です。

 

定番メーカーで選ぶなら「WTB」

定番メーカーで選ぶなら「WTB」

出典:WTB

WTBは、マウンテンバイクやグラベルバイクのタイヤやホイールを販売する、アメリカのメーカーです。ロードバイクで、650bのホイールを使い、ゆったり楽しむ「ロードプラス」を提唱したのがWTBで、同社の650b×47cのタイヤ「Horizon」は、グラベルバイクなどに、とても人気があります。

 

チューブレスレディ対応のリムも充実しているのでタイヤとホイールをWTBで合わせるのもいいでしょう。基本的にオフロードやグラベルが得意なメーカーなので、耐久性は信頼ができます。

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

 

650bホイールのおすすめ5選

それでは、おすすめの650bホイール5選を紹介します。

GRX 650B/SHIMANO

SHIMANOが発売しているグラベル専用650bホイール。激しいコーナーにも対応するワイドなチューブレスのリムです。MTBホイールの技術を継承した泥などが付きにくい非対称リム形状。スルーアクスル対応です。

ITEM
SHIMANO GRX 650B チューブレスホイール
・モデル番号:WH-RX570-TL-R12-650B
・平均重量:920g
・アクスル_固定方法:E-スルー
・O.L.D. (mm):142mm
・リアスピード:Road 11/10-speed
・リム_幅 (mm):21.6mm
・タイヤ_タイプ:チューブレス

 


G1800 Spline/DT Swiss 

DT SWISSのグラベル用650bホイール「G1800 Spline」。エントリーモデルでコストパフォーマンスが良く、快適性や耐久性が高いモデルです。初めてのグラベルホイールに最適ですよ。

ITEM
DT SWISS G1800 Spline
・重量:971g
・フリーホイール:Shimano HG フリーハブボディ (ASS)/SRAM XDR フリーハブボディ
・外側リム幅:28mm
・アクスル規格:12 mmスルーアクスル
・チューブレスシステム:チューブレスレディ
・ブレーキシステム:ディスク、センターロック(IS 6-ボルト)

RAPID RED 5 DB 650B/Fulcrum

グラベルやアドベンチャーライド、バイクパッキングに最適化されたチューブレス・レディ対応の650bホイール「RAPID RED 5 DB 650B」。ロード用ホイールに対しよりワイドでエアボリュームを稼ぐことが可能なタイヤをアッセンブルすることで、乗り心地と走破性を向上させます。

ITEM
RAPID RED 5 DB 650B
・ブレーキタイプ:ディスクブレーキ
・フロントアクスル:HH12/15-100
・リアアクスル:HH12-142
・リム幅:28mm
・適合タイヤ幅:32mm~46mm
・重量:1,650g

MASON X HUNT 650B ADVENTURE SPORT DISC WHEELSET/HUNT

650bホイール

イギリスのハンドビルド・ホイールメーカーのHUNT。各社のフリーハブに対応してい、ディスクローターはセンターロック。リム幅もスーパーワイドなので太いタイヤも、問題なく装着できるでしょう。

 

 タイプ  チューブレスレディ
 重量  ペア1594g
 リム幅  外幅29mm 内幅25mm

 

製品公式ページはこちら

 


KOM Light TCS 2.0/WTB

お次は完組のホイールで満足できない、手組み派の人におすすめするリム。この650bのリムはWTB製でチューブレスを強化するテクノロジー「TCS」を採用しています。同メーカーのTCSタイヤと互換性もあるので揃えるのもよいでしょう。

ITEM
KOM Light TCS 2.0 i23
・内幅:23mm
・外幅:27mm
・重量:419g
・ホール数:32H

650bホイールで、もっと楽しもう!

出典:Flickr/Glory Cycles

河川敷のダートやちょっとしたトレイルまでこなしてしまう、懐の深さが魅の650bのホイール。650bのホイールをセットして、路面を気にせずストレスフリーなライドを楽しみしょう!

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

 

紹介されたアイテム

SHIMANO GRX 650B チュー…
DT SWISS G1800 Splin…
KOM Light TCS 2.0 i2…

あわせて読みたい

高い質感と変わらない美しさ。スギノのクランクを解説します。
トラック競技や競輪での使用率も高い「スギノのクランク」。スギノのクランクは、クロモリのロードバイクやグラベルロード、ピストバイクなどを、スタイリッシ…
高橋智宏
チェーンチェッカー
チェーンチェッカーでチェーンの伸びを確認!おすすめ製品を使い方も解説。
自転車のチェーンは、脚の力を車輪に伝えるとても重要なパーツです。それだけにチェーンにかかる負担も大きく、いつまでも使えるものではありません。でも「チ…
高橋智宏
サドル沼はまってます?私は、セライタリア「FLITE 1990」で沼を抜けました。
“サドル沼”はまってます?私は、セライタリア「FLITE 1990」で沼を抜けました。
自転車を趣味にしていると「サドル沼」という言葉を耳にすると思います。身体の大部分を預けるサドルは重要なパーツであり、どのサドルを使うかで、快適さが大…
高橋智宏
自転車好きへのプレゼントは何がいい?予算別におすすめアイテムをまとめました。
自転車好きへのプレゼントは何がいい?予算別におすすめアイテムをまとめました。
プレゼント選びって難しいですよね?今回は、大切な自転車好きな方へのプレゼントをまとめました。予算別で、自転車好きな方が喜びそうなアイテムを厳選しまし…
CYCLE HACK編集部
通勤?ロングライド?用途別おすすめフレームバッグ10選と活用術
通勤?ロングライド?用途別おすすめフレームバッグ10選と活用術
自転車に荷物を積むときに便利な「フレームバッグ」のおすすめモデルを、通勤やロングライド、キャンプといった使用シーン別にまとめてみました。どんなものを…
s.kataoka
Takugo

マウンテンバイクをメインにアウトドアをしながら野山を駆け回っています。 また子どもと一緒にバイクパッキングで自転車キャンプをしたりと、子どもと一緒に楽しめる自転車遊びを発信していきます。