【子ども・大人も】20インチ自転車の選び方とおすすめモデルをご紹介

20インチの自転車を、大人向け・子ども向けそれぞれ紹介します。漕ぎだしが軽く、乗り落りしやすい20インチ自転車。大人用には、折りたたみもできるコンパクトなタイプや、スポーティーな「ミニベロロード」など。子ども用には、20インチが奨励される年齢や身長のほか、男の子・女の子別におすすめのモデルをまとめました。

目次

  • 小さめのタイヤがポイント!20インチ自転車
  • どれにする?大人用20インチ自転車の選び方
  • 【大人向け】20インチ自転車のおすすめモデル
  • 子ども用の20インチ自転車の選び方
  • 【男の子向け】20インチ自転車のおすすめモデル
  • 【女の子向け】20インチ自転車のおすすめモデル
  • 買うなら、店舗?オンライン?
  • 自分にぴったりの、20インチの自転車をみつけよう!
アイキャッチ出典:Flickr/MIKI Yoshihito

小さめのタイヤがポイント!20インチ自転車

小さめのタイヤがポイント!20インチ自転車

出典:楽天市場

見た目がかわいらしい、小さいタイヤの自転車。特に20インチ(サイズの単位)以下のタイヤは、「ミニベロ」とも呼ばれていて、買い物など街を走るのにもぴったりですよ。

 

子ども向けの20インチの自転車もあるので、それぞれ選び方や、おすすめのモデルを紹介します。

小さいと収納・保管がしやすい

小さいと収納・保管がしやすい

出典:Flickr/midnightcomm

タイヤが小さい自転車は、軽量なモデルが多いです。そのため、車庫など狭いスペースでも駐輪しやすく、折りたためるタイプなら、よりコンパクトで室内保管にも向いています。

 

盗難対策や雨よけになって、一石二鳥ですね。

 

漕ぎだしが軽く、街乗りに◎

タイヤが小さいほど、漕ぎだしは軽くなります。信号で停車することが多い街中でも、スムーズに走れますよ。買い物や通勤通学にもぴったりです。

 

変速があれば、坂道もスイスイ!

変速があれば、坂道もスイスイ!

出典:楽天市場

タイヤが小さくても変速があれば、坂道もラクに走れ、スピードも出しやすいでしょう。変速ギアの数が多いほど、様々な道に対応できます。

 

 

どれにする?大人用20インチ自転車の選び方

大人用なら、どんな使い方をするかで、選びましょう。見た目はもちろん、機能や装備も大事ですよね。

 

お買い物・普段使いには「カゴ付き」

お買い物・普段使いには「カゴ付き」

出典:楽天市場

シティサイクル(ママチャリ)にはカゴ付きのモデルが多いですが、20インチのミニベロなどには、ついていないことも。オプションでつけられることもあるので、かごをつけたい場合などは、購入時に確認しましょう。

 

▼▼▼カゴつきミニベロの関連記事はこちら▼▼▼

 


持ち運びやすさなら「折りたたみ式」

持ち運びやすさなら「折りたたみ式」

出典:楽天市場

タイヤが小さい自転車は、折りたたみできるモデルも多くあります。コンパクトになるので、「車や電車で運んで、目的地で乗る」なんてこともできますよ。

 

▼▼▼折りたたみ自転車の関連記事はこちら▼▼▼

 


スポーティーに乗るなら「ミニベロロード」

スポーティーに乗るなら「ミニベロロード」

出典:楽天市場

速く走りたいなら、20インチ自転車のなかでも「ミニベロロード」と呼ばれるタイプがおすすめ。手前に曲がった「ドロップハンドル」など、自転車のなかでも特に速い、ロードバイクに似た仕様になっています。

 

休日にサイクリングに出かけるのにもぴったりですよ。

 

▼▼▼ミニベロロードの関連記事はこちら▼▼▼

 

 

【大人向け】20インチ自転車のおすすめモデル

機能やデザインの種類も多い20インチ自転車。乗るシーンに合わせたおすすめの自転車を紹介します。

ブリヂストン(Bridgestone)/VEGAS

通勤通学向けの自転車でもおなじみの「ブリヂストン」。買い物に便利な機能が揃った、カゴつきのモデルです。

 

フレームが低くてまたぎやすく、乗り降りがしやすいでしょう。

 

ITEM
ブリヂストン/VEGAS
カラー:6色
変速:シングル/内装3段

 


あさひ/Cream Mini

「Creamシリーズ」は、大手自転車販売店「サイクルベースあさひ」のオリジナルブランド。落ち着いたクリーム色と、すっきりしたデザインがポイントです。

 

標準装備はカゴやライトがついていませんが、オプションで取り付けられます。変速がないタイプと、6段階変速のタイプがあるので、自分にあったモデルを選びましょう。

 

ITEM
あさひ/Cream Mini
カラー:1色
変速:なし/6段

 


ダホン(DAHON)/Route

ダホンは、世界的に有名な折りたたみ自転車のブランド。

 

「Route」は定番のモデルで、3ステップで簡単に折りたたむことができます。コンパクトなので、室内で保管しやすく、車に載せて持ち運びもしやすいでしょう。

 

ITEM
ダホン/Route
カラー:6色
変速:7段

 


キャプテンスタッグ/オリクル

アウトドア用品メーカーの「キャプテンスタッグ」は、キャンプにもぴったりな折りたたみ自転車もつくっています。

 

6段変速で、平地はもちろん、坂道もスイスイ走れますよ。カゴ、ライト、泥よけなどが標準装備。

 

ITEM
キャプテンスタッグ/オリクル
カラー:10色
変速:6段

 


ラレー(Raleigh)/RSPスペシャル

クラシカルな自転車なら、イギリスの老舗ブランド「ラレー」もおすすめ。

 

こちらはブラウンのタイヤやサドルが、アクセントになったミニベロです。ドロップハンドルに、ロードバイク用の16段変速がついていて、スポーティーに走れますよ。

 

ITEM
ラレー/RSPスペシャル
カラー:2種類
変速:16段

 

 

子ども用の20インチ自転車の選び方

子どもの20インチ自転車は、サイズのほか、より安全に乗れるかどうかもチェックしましょう。

 

5~9歳、身長110~135cmが目安

5~9歳、身長110~135cmが目安

20インチ自転車は、年齢5〜9歳、身長110〜135cmくらいの子どもが適正とされます。あくまで目安なので、乗ったときに足が地面につくかなど、試乗してチェックできると安心ですね。

 

「BBAマーク」つきだと、安心

「BBAマーク」つきだと、安心

自転車の安全性を確かめる基準に、自転車協会が定める「BAA」があります。有名メーカーを中心に、BAAマークが付いた自転車が販売されているので、安全性の参考にしてみてくださいね。

 

「どれが好き?」も聞いてみよう

サイズなどの条件が揃ったら、子ども本人に、好きなデザインで選んでもらうのも手。楽しく、大切に使ってもらえるよう、子どもと一緒にお気に入りの1台を見つけましょう。

 

【男の子向け】20インチ自転車のおすすめモデル

大人顔負け?!スポーティーな見た目で男の子におすすめの自転車を選んでみました。

あさひ/ドライドBeat 206-L

「ドライド」は、大手自転車販売店「サイクルベースあさひ」のオリジナルシリーズ。

 

こちらは、ちょっとした段差があっても、走りやすいモデル。太めのタイヤ、おしりが痛くなりにくい幅広のサドルなど、思い切り走っても快適な仕様になっていますよ。カラーが5色あるので、好きな色が見つかりそうですね。

 

ITEM
あさひ/ドライド BEAT 206-L
カラー:5色
変速:6段
BAA:-

 


ブリヂストン(Bridgestone)/クロスファイヤージュニア

太めのタイヤにインパクトのあるフェンダー(泥よけ)がついた、マウンテンバイク仕様のモデル。コックピットのような「ギアインジケーター」など、「男の子ごころ」をくすぐるパーツが揃っています。安心のBAAマークつき。

ITEM
ブリヂストン/クロスファイヤージュニア
カラー:5色
変速:6段
BAA:◯

 


ミヤタ(Miyata)/スパイキー

日本の老舗ブランド「ミヤタ」。子ども向けには2シリーズを展開していて、男の子にはこちらの「スパイキー」がおすすめ。

 

クロスバイクのようなスポーティーなデザインで、スピードが表示される大きなメーターがついています。大きなカゴには、遊び道具もたっぷり入るでしょう。BAAマークつきで、安全面もバッチリ。

 

ITEM
ミヤタ/スパイキー
カラー:3色
変速:6段
BAA:◯

 


ヨツバサイクル/ヨツバ ゼロ 20

子ども向けスポーツバイクブランドとして2016年に生まれた「ヨツバサイクル」。

 

カラフルなフレームに、マウンテンバイクのような太めのタイヤが印象的です。フレームはアルミで、全体の重量も9kg以下と、子どもの力でも持ち運びやすくなっています。

ITEM
ヨツバサイクル/ヨツバ ゼロ 20
カラー:6色
変速:-
BAA:-

 

 

【女の子向け】20インチ自転車のおすすめモデル

パステルカラーを中心に、女の子におすすめの20インチ自転車も紹介します。

ブリヂストン(Bridgestone)/ワイルドベリー

スカートでも乗りやすい、低めのフレームの自転車。星型のアクセサリーがついているので、カゴやホイールを好みにデコレーションできます。5種類のバイカラーがラインナップ。

ITEM
ブリヂストン/ワイルドベリー
カラー:5色
変速:なし
BAA:◯

 


ルイガノ(LOUIS GARNEAU)/J20 プラス

シンプルなデザインで、「おしゃれブランド」として知られるルイガノ。

 

「J20 プラス」は、スポーティーな雰囲気ですが、やさしいカラーリングにまとまったモデル。前方には、そのまま荷物を固定したり、オプションでカゴをつけたりできます。6段変速なので、坂道も快適に走れるでしょう。

ITEM
ルイガノ/J20 プラス
カラー:4色
変速:6段
BAA:-

 


あさひ/ガールズラボ ポップ

個性豊かなカラーリングが、元気いっぱいな女の子にぴったりなモデル。タイヤやペダル、サドルには、差し色のホワイト。カゴもフレームに合わせたカラーになっています。転倒してもサドルが破れにくい、バンパーつき。

ITEM
サイクルベースあさひ/ガールズラボ ポップ
カラー:3色
変速:なし
BAA:-

 


トイザらス/ピカケ

おもちゃで有名な「トイザらス」限定の自転車です。

 

編みカゴや、後ろのキャリアに荷物がたっぷり載せられます。かわいらしいミントカラーのフレームに、ブラウンのサドルの組み合わせがレトロですね。暗くなると自動で点灯するオートライトつき。

ITEM
トイザらス/ピカケ
カラー:1色
変速:なし
BAA:-

 

買うなら、店舗?オンライン?

自転車は、実店舗はもちろん、オンラインでも販売していますよね。それぞれ買うときにメリットとデメリットがあるので、まとめてみました。

 

●店舗で購入

 メリット
  •  ・サイズ感やフィット感を、実物で確かめられる
  •  ・組みたて、最終調整をしてもらえることが多い
  •  ・カゴやライトなど、オプションを買うと、一緒に組み立ててもらえることも
 デメリット
  •  ・その場にある自転車しか見られない
  •  ・ショップまで足を運ぶ必要がある
  •  ・じっくり検討しにくい

 

●オンラインで購入

 メリット
  •  ・いづでも購入できる
  •  ・たくさんの種類から比較できる
  •  ・じっくり検討できる
 デメリット
  •  ・サイズ感などが確かめられない
  •  ・組み立ては自力になることも
  •  ・送料がかかる可能性も

 

サイズやフィット感を確かめるため、一度は実店舗で試乗するのがおすすめですが、購入はオンラインで、じっくり考えてからでも、いいかもしれませんね。

 

実店舗とオンライン、それぞれ活用しながら選んでみましょう。

 

自分にぴったりの、20インチの自転車をみつけよう!

大人にとっては小さくてかわいらしい、20インチの自転車。使い方次第で、カゴやギアなど、必要なパーツが揃ったモデルを見つけましょう。

 

子どもには、サイズはもちろん、最後はお子さん本人が気に入るデザインで決めるのがおすすめ。自転車に乗るのが楽しくなる1台を見つけてださいね。

 

紹介されたアイテム

ブリヂストン/VEGAS
あさひ/Cream Mini
キャプテンスタッグ/オリクル
ラレー/RSPスペシャル
あさひ/ドライド BEAT 206-L
ブリヂストン/クロスファイヤージュニア
ミヤタ/スパイキー
ヨツバサイクル/ヨツバ ゼロ 20
ブリヂストン/ワイルドベリー
ルイガノ/J20 プラス
サイクルベースあさひ/ガールズラボ ポッ…
トイザらス/ピカケ
サイトを見る

あわせて読みたい

輪行 マナー ルール
【輪行のルール・マナーまとめ】そのやり方、間違ってませんか…?
自転車を手荷物として電車に持ち込む「輪行」。マスターするとサイクリングの幅が広がる便利な手段ですが、大切なルールやマナーが存在します。他の乗客の方と…
s.kataoka
グラベルキング タイヤ
人気タイヤ『グラベルキング』を種類ごとに比較!乗り方別のおススメは?
ロードバイクやグラベルロードに高い人気を誇るタイヤ『グラベルキング』。舗装路が得意なものから未舗装路に強いものまで、用途に応じて選べる沢山のラインナ…
s.kataoka
高い質感と変わらない美しさ。スギノのクランクを解説します。
トラック競技や競輪での使用率も高い「スギノのクランク」。スギノのクランクは、クロモリのロードバイクやグラベルロード、ピストバイクなどを、スタイリッシ…
高橋智宏
チェーンチェッカー
チェーンチェッカーでチェーンの伸びを確認!おすすめ製品を使い方も解説。
自転車のチェーンは、脚の力を車輪に伝えるとても重要なパーツです。それだけにチェーンにかかる負担も大きく、いつまでも使えるものではありません。でも「チ…
高橋智宏
サドル沼はまってます?私は、セライタリア「FLITE 1990」で沼を抜けました。
“サドル沼”はまってます?私は、セライタリア「FLITE 1990」で沼を抜けました。
自転車を趣味にしていると「サドル沼」という言葉を耳にすると思います。身体の大部分を預けるサドルは重要なパーツであり、どのサドルを使うかで、快適さが大…
高橋智宏
小竹 綾子

自転車好きな旦那の影響で、MTBやロードバイクに乗り始めて数年。まだまだ若輩者ですが、その分初心者にもわかりやすく、自転車の楽しさを知っていただけるような記事を書いていきたいです。またイタリア在住ということを活かしたイタリアの自転車事情なども発信していきます!