あなたに合う自転車は何インチ?大人と子供の目安サイズをご紹介

自転車は体に合ったサイズに乗る事がとても重要です。そんな自転車のサイズ選びに重要な数値の「インチ」。自転車のインチと適応身長を理解して、失敗しない車体選びと、安全な自転車ライフを手に入れましょう!

目次

  • 体に合った自転車のインチを知ろう!
  • 試乗してみるのがベスト
  • フレームの形も大切なポイント
  • タイヤが小さい自転車は、どう変わる?
  • スポーツバイクはフレームサイズを確認しよう
  • 安全のためにも、適切なインチの自転車を選ぼう

体に合った自転車のインチを知ろう!

自分の体に合ったインチサイズを知ろう

シティサイクルなどの一般的な自転車では、サイズを選ぶ際「インチ」という値でサイズ表記されているのが一般的。

 

インチとは、「タイヤの直径の長さ」の値です

 

タイヤの大きさが変わると、自転車の大きさが変わるので、乗る人の適応身長も変わりますよ。まずは、子供向けのサイズを確認していきましょう。

 

子供向けの目安サイズ

 インチサイズ  適応身長
 14インチ  95〜105cm
 16インチ  100〜120cm
 18インチ  105〜125cm
 20インチ  110〜135cm
 22インチ  115〜145cm
 24インチ  120〜150cm

 

成長していく子供の自転車のサイズは悩みますよね。すぐに買い替えとならないよう、「大きめのサイズの自転車を」と、考える親御さんもいらっしゃるでしょう。ですが、サイズが合わないと、乗りづらいのはもちろん、ケガにつながってしまうなんてことも。

 

成長するからと、無理なサイズを選ぶのではなく、体に合わせて買い替えていくことをおすすめします。

 

大人向けの目安サイズ

 インチサイズ  適応身長
 20インチ  140cm以上
 26インチ  140cm〜170cm
 27インチ  150cm〜180cm
 700C(スポーツ車)  150cm以上

 

シティサイクルでは、ほとんどの車体が、26インチまたは27インチです。

 

26インチのタイヤは直径約66cm、27インチは直径約68.5cmと、その差は2.5cm程と、大きな違いはありません。大人ならどちらのインチでもOKです。身長150cm以下なら26インチ、160cm以上なら27インチを、目安としても良いでしょう。

 

大人向けの自転車は、インチを基準で選ばずとも、使用目的や機能性を重視して選んでも良いですね。

 

試乗してみるのがベスト

試乗してみるのがベスト

店頭で購入する場合、可能であれば、試乗をしてみましょう。

 

身長は同じでも、人によって体格に違いがあります。試乗の時は、サドルに座って、ハンドルを握る姿勢に無理がないかなど、店員さんに確認してもらうのも良いでしょう。実際に乗って走れない時は、車体にまたがってみるだけでも良いですよ。

 

また、試乗の時の確認ポイントを、2つご紹介します。

 

つま先は地面につく?

つま先は地面につく

1つ目は、「サドルに座った状態でつま先が地面につくかどうか」です。

 

つま先がプラプラしたままでは、停止時に車体を支えられず、転びやすくなってしまいますサドルを低くしても、つま先が地面につかないなら、ワンサイズ小さいものを選びましょう。

 

ブレーキはしっかり握れる?

ブレーキはしっかり握れる

2つ目は、「ブレーキはしっかり握れるかどうか」。

 

ブレーキは、自転車を安全に乗るうえで、とても重要です。とっさのタイミングでもしっかりとブレーキができるよう、しっかり握れるポジションかを、確認しましょう。

 

よくあるのは、子供の成長を見越して、ワンサイズ大きな車体を選んだ時です。サドルを下げればつま先は地面につくものの、ブレーキには腕を伸ばしてやっと手が届く状態。このままだと、レバーがしっかり握ることができません。ブレーキレバーを調節して握れるなら問題ありませんが、そうでない場合は、車体サイズを見直しましょう。

 

フレームの形も大切なポイント

自転車はインチが同じでも、フレーム形状によって、「乗りやすさ&降りやすさ」が変わってきます。フレームの形で、何が違うかを知っておくと、自分に合った車体を探しやすいですよ。

 

またぎやすい「U型フレーム」

車体の中央がU字のようにくぼんでいる「U型フレーム」。足を高く上げなくてもフレームをまたぐことができるので、スカートを履いた女性や、小柄な人におすすめです。

 


通勤通学なら「スタッガードフレーム」

 

「スタッガードフレーム」は、2本のまっすぐなフレームで、強度が高く、前傾姿勢もとりやすい形状です。通勤通学など、日常の移動手段として乗る人におすすめです。

 


子供や荷物をのせるなら「Wループ型フレーム」

 

U型より振動吸収性に優れており、乗り心地がいいのが特徴の「Wループ型フレーム」。2本のフレームで支えているので、強度もしっかりしています。毎日、自転車に乗る人や、子供を乗せて走る人におすすめです。

 

タイヤが小さい自転車は、どう変わる?

タイヤが小さい自転車は、どう変わる?

大人向けの車体でも、20インチ前後の小さいタイヤの車種があります。上記画像のような「ミニベロ」や「小径車」と呼ばれるジャンルの自転車です。

 

タイヤが小さい自転車と大きい自転車の違いを、以下まとめました。

 

大きいタイヤのメリット

 ・安定感がある
 ・段差に強い
 ・スピードが維持しやすい
 ・ひとこぎでよく進む

 

大きいタイヤのデメリット

 ・こぎだしにくい
 ・場所をとる
 ・重たい
 ・身長が低いと乗れない

 


小さいタイヤのメリット

 ・発進・停止がしやすい
 ・小回りが利く
 ・場所を取らない
 ・身長が低くても乗れる

 

小さいタイヤのデメリット

 ・ガタガタしやすく、乗り心地良くない
 ・段差に弱い
 ・スピード維持には体力がいる
 ・ハンドル操作でふらつきやすい

 

小さなタイヤだから速く走れないと思われがちですが、速く走れるかどうかは、搭載しているギアによって変わってきますよ。

 

スポーツバイクはフレームサイズを確認しよう

スポーツバイクはフレームサイズを確認しよう

スポーツバイクはインチ(タイヤのサイズ)で選ぶのではなく、フレームサイズで選ぶのが一般的です。

 

スポーツバイクは走ることに特化した自転車です。フレームの形、パーツなど、緻密に設計された性能を発揮するために、自分の体にぴったりのサイズを見つけましょう。

 

 フレームサイズ  適応身長
 470mm  150cm~160cm
 480mm  150cm~165cm
 500mm  155cm~170cm
 520mm  160cm~175cm
 540mm  165cm~180cm
 560mm  175cm~190cm
 580mm  180cm~195cm
 600mm  185cm~200cm

※あくまで目安の数字です。メーカーにより異なります。

 

メーカーによってサイズ感はまったく異なるため、ショップでよく相談しながら選びましょう。

 

ちなみに、クロスバイクとロードバイクは一般的に「700C」という規格のタイヤが装備されています。大きさをインチで例えるなら、だいたい27インチと同じになります。

 

安全のためにも、適切なインチの自転車を選ぼう

安全のためにも適切なインチの自転車を選ぼう

自転車を安全に乗るうえで、サイズ選びは非常に重要です。わからない事は、どんどん店員さんに相談してみましょう。もちろん、実際に試乗するのがおすすめです。

 

自転車のインチと適応身長を知り、安全&安心な自転車ライフを楽しみましょう!

あわせて読みたい

【速くて美しい】ウィリエールのロードバイクのおすすめモデルを紹介
イタリアらしい美しいデザインと、レースで磨かれた速さが魅力の、Wilier(ウィリエール)ロードバイクのおすすめモデルをご紹介します。最新モデルのF…
おかちん
【大人顔負けの走り】子供用マウンテンバイクのおすすめ7台!パパ・ママ必見。
【大人顔負けの走り】子供用マウンテンバイクのおすすめ7台!パパ・ママ必見。
子供向けのおすすめのマウンテンバイクを紹介します!子供用自転車にも、様々な自転車がありますよね、今回は子供用自転車の中でも人気のマウンテンバイクの選…
Takugo
【0.01mmを手で調整!?】驚きの三ヶ島ペタル・本社工場に潜入してきました。
【0.01mmを手で調整!?】驚きの三ヶ島ペタル・本社工場に潜入してきました。
日本のペダルメーカー「三ケ島ペタル」。シンプルなデザインと機能性で愛用者も多い三ヶ島製作所の工場見学に行ってきました。競輪選手にもペダルを供給する品…
高橋智宏
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
Mikio
Mikio

通勤はクロスバイク、休日はロードバイクで1人サイクリングをしている独身。趣味が高じて、自転車ショップで働いた経験あり。ガチで乗るより、ゆるく楽しみたい派です。