ミニベロのおすすめカスタムパーツは?自分だけの1台に仕上げよう!

ミニベロのカスタムにおすすめ!見た目、使い勝手を変えるパーツについて紹介します。工具1本で簡単に交換できるパーツも選んだので、初めての人もぜひチャレンジしてみてください。お出かけの幅をさらに広げるカスタムで、愛車をレベルアップ!

目次

  • ミニベロをカスタムして楽しもう!
  • イメチェンするなら、これ!おすすめのカスタムパーツ
  • 使い勝手が良くなる!便利なカスタムパーツ
  • 【おまけ】速く走るなら、ここをカスタムしよう
  • 自分好みに、愛車をグレードアップさせよう
アイキャッチ画像出典:Flickr/www.velo-radsport.de

ミニベロをカスタムして楽しもう!

ミニベロをカスタムして楽しもう!

出典:Flickr/Paul_the_Seeker

軽くて、見た目以上にスイスイ進むミニベロ。かわいらしいデザインで、とても人気がありますよね。

 

そんなミニベロを、もっとおしゃれに、あるいは便利にカスタムしませんか?愛車でのお出かけが、さらに楽しくなりますよ。

 

どうカスタムする?

どうカスタムする?

出典:Flickr/www.velo-radsport.de

ミニベロには、カスタムできる箇所がたくさんあります!より快適に走れる仕様にしたり、見た目をガラッと変えることもできます。

 

初めての方は、どこか一つをカスタムして、慣れてきたら、様々な場所をチャレンジしてみましょう。

 

イメチェンするなら、これ!おすすめのカスタムパーツ

ミニベロの雰囲気を変えるのに、おすすめのパーツを紹介します。簡単にカスタムできるパーツからまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

素材やカラーが豊富!「グリップ」

素材やカラーが豊富!「グリップ」

出典:楽天市場

多くのカスタム用の製品が発売されている、グリップ。レザー調なら、クラシカルなミニベロにぴったり。長時間走るなら、クッション性があるタイプも重宝しますよ。

 

六角レンチ(アーレンキー)があれば簡単に交換できる製品も多く、初心者にもおすすめです。

 

 

さりげないおしゃれは「キャップ」で楽しもう

長時間走るなら、クッション性があるグリップも重宝しますよ。

ハンドルとステムを繋ぐ「ステムキャップ」、タイヤのリムについている「バルブキャップ」、ブレーキワイヤーの先を保護する「ワイヤーキャップ」なども、カスタムできます。それぞれ小さいパーツですが、質感を変えたり、アクセントになるカラーを選んだりしても印象が変わりますよ。

 

ステムキャップも、六角レンチがあれば、すぐ交換できます。

 

▼▼▼ステムキャップの関連記事はこちら▼▼▼

 

形で印象が変わる!おしりの痛み対策にもなる「サドル」

形で印象が変わる!おしりの痛み対策にもなる「サドル」

出典:楽天市場

簡単に交換できて、雰囲気がガラッと変わるサドル。シートの形状、素材、色など、サドルも様々な製品が発売されています。

 

細身で薄いサドルは、スポーティーなミニベロにお似合い。クッションが良いと、おしりの痛みを緩和してくれるので、機能面で優秀ですね。女性は幅のあるサドルを選ぶと、長時間でも快適にサイクリングできるでしょう。

 

▼▼▼サドルの関連記事はこちら▼▼▼

 

おしゃれは足元から?!「ペダル」

ペダルも比較的交換しやすく、初心者におすすめ。色や素材はもちろん、形状も種類があるので、それぞれ紹介します。

 

●フラットペダル

●フラットペダル

出典:楽天市場

シティサイクル(ママチャリ)にもついている、フラットペダル。黒地に黄色い反射板が定番ですが、カラフルなペダル、個性的な形など、様々です。ミニベロの色に合わせて交換するのもいいですね。

 

 

●折りたたみペダル

●折りたたみペダル

出典:楽天市場

ミニベロを車などに載せて出かけるなら、折りたたみペダルが便利。持ち運ぶときにペダルをたためば、移動中に引っ掛ける心配も少ないでしょう。

 

フラットペダルに比べてやや重く、強度が劣るものの、旅先でちょっと走るにはうってつけのギアですよ。

 

●ビンディングペダル

●ビンディングペダル

出典:楽天市場

走行性能を上げるなら、ビンディングペダルでしょう。靴とペダルを固定できるので、踏み外すことなく、滑らかにペダルを回せます。

 

ビンディングペダルは、専用シューズを準備する必要や、乗車時の脱着にコツがいるなど、どちらかと言うと中〜上級者向け。ただ、片面がフラットペダルの製品もあるので、初心者は参考にしてみてくださいね。

 

▼▼▼ビンディングペダルの関連記事はこちら▼▼▼

 

色を変えてみよう!乗り心地も左右する「タイヤ」

色を変えてみよう!乗り心地も左右する「タイヤ」

出典:楽天市場

乗り心地に大きく影響するタイヤ。太いタイヤほど、ゆったり走るのに向いています。

 

定番の黒のほか、側面がベージュやブラウンのカラーリングもあり、レトロなミニベロに似合うでしょう。

 

タイヤのサイズには3つの規格があるので、愛車に合うか要チェック。こちらの表も参考にしてみてくださいね。

 

 規格の名称  例  見方
 WO(Wired On)  ①27×1 3/8

②700×25C

 ①27→タイヤ外径(インチ)

1 3/8→タイヤ幅(太さ/インチ)

②700→タイヤ外径(ミリメートル)

25→タイヤ幅(太さ/ミリメートル)

C→リムの大きさ

 HE(Hooked Edge)  26×1.50  26→タイヤ外径(インチ)

1.50タイヤ幅(太さ/インチ)

 ETRTO  28-622  28→タイヤの幅(太さ/ミリメートル)

622→タイヤのビードワイヤーの直径

 

タイヤをカスタムするなら、お持ちのタイヤ側面の表記と同じタイヤを選ぶか、ショップで聞いてみましょう。

 

使い勝手が良くなる!便利なカスタムパーツ

ここからは、便利なスタンド、服を汚さないフェンダーなど、一度使うと手放せない便利なパーツを紹介します。

立て掛ける場所がなくても大丈夫!「スタンド」

立て掛ける場所がなくても大丈夫!「スタンド」

出典:Flickr/MIKI Yoshihito

自転車を自立させるスタンドも、ミニベロの利便性を左右しますよ。

 

車体の中心に取り付ける「センタースタンド」と、後輪付近につける「サイドスタンド」の2種類がありますが、ミニベロには倒れにくいセンタースタンドがおすすめ。さらに2本足のタイプなら、駐輪中もがっちりミニベロを支えてくれるでしょう。

 

車体や取り付け位置の形によっては、取り付けできないこともあるので、互換性が不明な場合はショップで聞いてみてもいいですね。

 

荷物を載せる「キャリア」

荷物を載せる「キャリア」

出典:Flickr/Nicolas Vigier

「もっとたくさん荷物を載せたい!」と思ったことはありませんか?買い物や通勤通学には、かごを取り付けるためにも「キャリア」がおすすめです。大きな荷物を載せるなら「リアキャリア」がおすすめ。

 

それぞれ車体によってはつけられないこともあるので、サイズや取り付け方法を見ておいてくださいね。

 

服の裾汚れを防ぐ「フェンダー」

服の裾汚れを防ぐ「フェンダー」

路面が濡れているときは、フェンダー(泥よけ)があると安心。

 

フェンダーも車体によって取り付けできない場合があるので、仕様を確認してみてくださいね。

 

ナビや時間をすぐ確認できる!「スマホホルダー」

ナビや時間をすぐ確認できる!「スマホホルダー」

出典:楽天市場
知らない道を走る時は、スマホホルダーがあると便利です。地図アプリでナビに使ったり、走りながら時間やメッセージの確認もできたりします。

 

いろんな形状がありますが、一般的なハンドルであれば、取り付けられることが多いでしょう。

 

▼▼▼スマホホルダーの関連記事はこちら▼▼▼

 

サイクリング中の水分補給に「ボトルケージ」

サイクリング中の水分補給に「ボトルケージ」

出典:Flickr/Johann Kuester

サイクリングの時などは、こまめな水分補給が大切です。フレームにボトルケージをつけておくと、サッとボトルを出せますよ。

 

ボトルと同じサイズのケースを用意すれば、上着や工具を入れておくことも。長距離や旅行で活躍するでしょう。

 

背負うより、快適?!「バッグ類」

背負うより、快適?!「バッグ類」

出典:Flickr/YOICHI NAKANISHI

荷物はリュックなどにも入れられますが、背中が汗ばんでしまうことも。そんなときには、サドルバッグなど、車体に取り付けるバッグが活躍します。

 

「ダボ穴」があればフレームにもつけられるので、ちょっとした荷物入れとしても重宝しますよ。

 

▼▼▼バッグの関連記事はこちら▼▼▼

 

【おまけ】速く走るなら、ここをカスタムしよう

走行性能をアップさせるなら、ちょっと難しいカスタムにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?参考までに3パーツ紹介します。

見た目もスポーティーにできる「ホイール」

見た目もスポーティーにできる「ホイール」

出典:楽天市場

ホイールは、走行性能を大きく左右するパーツ。平地には、空気抵抗を抑える「ディープリムホイール」がおすすめ。スポーティーなミニベロにぴったりです。

 

ただしホイールを交換する際は、タイヤとの互換性を確かめる必要も。H/E規格が主流ですが、W/O規格のホイールもあるので、愛車に合うか、ショップで聞いてみるのもいいでしょう。

 

推進力に違いを生む「ギア」

推進力に違いを生む「ギア」

出典:Flickr/yoppy

変速する「ギア」も、カスタムできます。フロントギア(チェーンリング)を大きくするか、リアギア(スプロケット)を小さくすると、ギア比が上がり、速く走れるようになりますよ。

 

どちらのパーツも互換性があるか、確かめてから選ぶようにしましょう。

 

ロードバイクのような「ドロップハンドル」

ロードバイクのような「ドロップハンドル」

出典:楽天

ロードバイクのような「ドロップハンドル」に交換すると、スポーティーな印象になります。カーブしたところなど握る場所が増えるので、長時間のサイクリングにも向いています。

 

ただし、ブレーキや変速機も変える必要も出てくるので、初めての人は最寄りのショップに相談するなどしましょう。

 

自分好みに、愛車をグレードアップさせよう

自分好みに、愛車をグレードアップさせよう

出典:Flickr/yoppy

小さくてかわいらしいミニベロですが、カスタム次第で雰囲気を変えることができます。買い物や通勤通学で乗るなら、スタンドなど便利なパーツを取り付けるのもいいでしょう。選び方や取り付けが難しいときは、ショップで聞いてみてくださいね。

 

カスタムにチャレンジして、愛車とのお出かけの幅をさらに広げましょう。

あわせて読みたい

【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
ORTLIEB(オルトリーブ)の丈夫な防水サドルバッグを紹介します。全ラインナップのほか、最新のオルトリーブ2と、Lの取り付け方法などの違いもまとめ…
二ノ宮 空
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
二ノ宮 空
二ノ宮 空

自転車が好きで、クロスバイクとロードバイクを2台所有しています。ロングライドや自然の中を走るのが大好きです。自転車の魅力や自転車旅についてなど、楽しくてためになる情報を提供していきたいと思っています。