大島の絶景でサイクリングしよう!「伊豆大島御神火ライド2019」が開催

東京から一番近いサイクリングアイランド、伊豆大島を一周するイベント「伊豆大島御神火(ごじんか)ライド2019」が9月8日(日)に開催されます。自然豊かな伊豆大島を走る人気イベントをご紹介します!

目次

  • 豊かな自然を走る2コース
  • 名物グルメや前夜祭も
記事内画像提供:産経新聞社

豊かな自然を走る2コース

伊豆大島は適度にアップダウンがあり、走り応えは充分

コースは島一周を満喫できる『ぐるっと大島一周コース』(全長46.8km)と、島一周にヒルクライムを組み合わせた『御神火チャレンジコース』(全長73km)の2コース。コースは適度なアップダウンで走り応えは充分です。『御神火』と敬われてきた三原山や「バウムクーヘン」とも呼ばれる地層の断面、海岸線などの自然が生み出す風景も見所です。

御神火チャレンジコースに登場する約6kmで平均勾配9%という『御神火スカイライン』を駆け上がると、展望台から三原山の絶景を堪能できます。道路がきれいに整備されていて信号が少ないなど走りやすさも魅力で、2016年には全日本選手権ロードレース競技の舞台になっています。

名物グルメや前夜祭も

前夜祭

サイクリング以外の楽しみも盛りだくさん。エイドステーションでは伊豆大島の名産・名物グルメを存分に楽しめます。ゲストに自転車ロードレース解説者の栗村修さん、“坂バカ俳優”の猪野学さん、アドベンチャーサイクリスト・山下晃和さん、人気女性ピン芸人の牧野ステテコさんが登場。大会前日(9月7日)の前夜祭を盛り上げてくれるのはもちろん、当日も参加者と一緒にコースを走りながら声援を送ってくれます。

また、東京から120kmという伊豆大島へ渡る船旅も、伊豆大島御神火ライドの楽しみの一つになっています。

伊豆大島御神火ライド2019

 

【開催概要】

●場所:東京都・伊豆大島全域

●スタート/ゴール会場:東京都大島町元町字仲の原「仲の原園地」

●日程:2019年9月8日(日)6時30分または8時スタート、15時最終ゴール
※前夜祭:2019年9月7日(土)15時~17時30分

●コース/募集定員:

『御神火チャレンジコース 73km、獲得標高1434m』/400人

『大島ぐるっと一周コース 46.8km、獲得標高826m』/200人

●参加費:8,000円(中学生以上)※各種割引あり

●締め切り:2019年7月31日(水)

 

エントリーはこちら 

 

●公式Webサイト:

 https://cyclist.sanspo.com/special/gojinkaride/

 

あわせて読みたい

フロントフォーク 積載
フロントフォークに荷物を積みたい!万能ケージやダボ穴増設アタッチメントのご紹介
フロントフォーク横への積載は、容量UPだけでなく走行感を向上させることもでき、バイクパッキングでは定番となりつつある積載方法です。その一方で、車種や…
s.kataoka
ロードバイク ライト つけ方
ロードバイクのライトの位置はどこがいいの?使いやすいポジションを紹介!
ロードバイクのライトをどこに付けるのがいいのでしょうか?操作のしやすさ、視認性のよさ、路面を明るく照射できるなどの、の切り口からベストポジションを考…
CYCLE HACK編集部
輪行 マナー ルール
【輪行のルール・マナーまとめ】そのやり方、間違ってませんか…?
自転車を手荷物として電車に持ち込む「輪行」。マスターするとサイクリングの幅が広がる便利な手段ですが、大切なルールやマナーが存在します。他の乗客の方と…
s.kataoka
グラベルキング タイヤ
人気タイヤ『グラベルキング』を種類ごとに比較!乗り方別のおススメは?
ロードバイクやグラベルロードに高い人気を誇るタイヤ『グラベルキング』。舗装路が得意なものから未舗装路に強いものまで、用途に応じて選べる沢山のラインナ…
s.kataoka
高い質感と変わらない美しさ。スギノのクランクを解説します。
トラック競技や競輪での使用率も高い「スギノのクランク」。スギノのクランクは、クロモリのロードバイクやグラベルロード、ピストバイクなどを、スタイリッシ…
高橋智宏