【鮮やかな青】ジオスのロードバイク最新おすすめモデルをご紹介

ジオスブルーでもお馴染み、GIOS(ジオス)の最新ロードバイクを紹介します。初心者にもおすすめの定番クロモリフレームから、グラベルロードなどもピックアップ!鮮やかな細身のシルエットで、サイクリングだけでなく、通勤通学、ショッピングと、毎日乗っていたくなる自転車ですよ。

目次

  • イタリアの伝統ブランド「GIOS(ジオス)」
  • 速くて美しい。ジオスのロードバイク
  • 【10万円前後】ジオスの定番ロードバイク3選
  • 性能もワンランクアップ!ミドルグレードの3台
  • 高性能なカーボンロードなら、コレ!
  • おしゃれな街乗りシングルスピードも
  • ジオスらしい、細身のグラベルロードもあるよ
  • ショップで実車に触れてみよう
  • 普段使いなら、クロスバイクやミニベロもおすすめ
  • ジオスで、ロードバイクデビューしよう
アイキャッチ画像出典:Flickr/christopherbalz

イタリアの伝統ブランド「GIOS(ジオス)」

イタリアの伝統ブランド「GIOS(ジオス)」

出典:Flickr/Jun

1948年にイタリアで誕生した「GIOS(ジオス)」。美しいスリムなフレームや、ブランドカラー「ジオスブルー」でも親しまれる、スポーツバイクのメーカーです。

 

ロードレースでの実績も十分

ロードレースでの実績も十分

そんな「美しさ」のイメージが強いジオスですが、ツールドフランスなどのプロレースでも、選手を優勝に導く実績があります。ジオスは、強豪チームに機材供給もするほど、高い技術を持つメーカーでもあります、

 

速くて美しい。ジオスのロードバイク

ジオスは、街乗りに合うモデルのラインナップも豊富です。美しくて高性能なロードバイクについて、見ていきましょう。

鮮やかな「ジオスブルー」

 鮮やかなジオスブルー
出典:Flickr/Carl Paulaner Hefe-weizen

ジオスの代名詞とも言える「ジオスブルー」と呼ばれる、青のカラーリング。多くのジオスブルーのモデルがあります。クラシックな雰囲気で、街に映える色は、ジオスブルーならではでしょう。

 

細く、しなやかなクロモリフレーム

細身でしなやかなクロモリフレーム

出典:楽天

ジオスのロードバイクのフレーム素材は、アルミやカーボンなど、定番のモデルもありますが、クロモリモデルが人気があります。細身のシルエットや、パーツのつなぎ目の美しさなど、ぜひ実車を見て確認しましょう。

 

エントリーモデルも充実

鮮やかなジオスブルー

出典:Flickr/Calvin Ge

また、エントリーモデルも充実しているのがジオスのロードバイクの特徴。定番のシマノのコンポを使ったモデルなど、スペックに対して、価格が抑えられたモデルも充実しています。最初のロードバイクなら、10万円前後がおすすめです。

 

【10万円前後】ジオスの定番ロードバイク3選

ここからは10万円前後で買える、初心者向けのおすすめモデルを3つ紹介します。

AIRONE(アイローネ)

「ジオスらしい」モデルのアイローネ。ジオスブルーが鮮やかな、細身のクロモリフレームです。2021モデルから、濡れた路面でもよく利く「ディスクブレーキ」モデルが追加されていますよ。通勤通学など雨の日にも乗るなら、ディスクブレーキモデルがおすすめ。

ITEM
GIOS(ジオス)/AIRONE(アイローネ)
●サイズ:48、50、52、54
●重量:9.8kg
●フレーム:クロモリ

FENICE(フェニーチェ)

こちらもクロモリフレームが美しいモデル。ジオスブルーのほか、ファッションに合わせやすいブラックもありますよ。16段変速で、ツーリングなど、のんびり楽しむサイクリングにぴったりのスペックです。

ITEM
GIOS(ジオス)/FENICE(フェニーチェ)
●サイズ:45、48、50、52、54
●重量:10.2kg
●フレーム:クロモリ

VINTAGE (ヴィンテージ)

イタリアカラーを全面に押し出したユニークなモデルを含む、3種類のカラーラインナップ。各色とも、ハンドルやフレームにホワイトのアクセントが効いた、まさに「ヴィンテージ」な佇まいのモデルです。ジオスのクラシカルなデザインがより楽しめるでしょう。

ITEM
GIOS(ジオス)/VINTAGE (ヴィンテージ)
●サイズ:48、50、52、54
●重量:10.0kg
●フレーム:クロモリ

 

性能もワンランクアップ!ミドルグレードの3台

レースでも通用するシマノの「105」コンポのモデルなど、より走行性能が高いモデルを3つ紹介します。エントリーモデルからの乗り換えにも参考にしてみてください。

REGINA(レジーナ)

パイプメーカーとして名高いブランド「コロンバス社」のチューブを使ったモデル。ほかのクロモリモデルよりも太めのシルエットは、より速く走るために生まれたデザインですよ。

ITEM
GIOS(ジオス)/REGINA(レジーナ)
●サイズ:48、50、52、54
●重量:フレーム 1850g、フォーク 380g
●フレーム:コロンバス社製の大口径ダブルバテッドチューブ

LESTA(レスタ)

アルミフレームのレスタは、ラインナップでも比較的軽い、重さ8.2kg。坂の多いルートにチャレンジするにも、うってつけですね。フロントに径の大きいパーツを使うなど、フラつきにくい設計になっています。

ITEM
GIOS(ジオス)/LESTA(レスタ)
●サイズ:48、50、52、54
●重量:8.2kg
●フレーム:アルミ

FELLEO(フェレオ)

コロンバス社製のクロモリフレームで細身のフェレオ。コンポはシマノの「105 R7000」。いつかレースに挑戦してみたい人にもおすすめのモデルです。

ITEM
GIOS(ジオス)/FELLEO(フェレオ)
●サイズ:48、50、52、54
●重量:8.7kg
●フレーム:クロモリ

高性能なカーボンロードなら、コレ!

ジオスは、軽量なカーボンフレームのモデルもあります。中でも「TORNADO(トルナード)」は、長距離ライドも快適に乗れるモデル。地面からの振動を吸収する工夫もされています。

ITEM
GIOS(ジオス)/TORNADO(トルナード)
●サイズ:48、51、54
●重量:7.6kg
●フレーム:カーボン

おしゃれな街乗りシングルスピードも

クールに街をカッコよく走るなら、変速機がない「シングルスピード」もおすすめですよ。変速パーツがないので、見た目も、とてもすっきり。「VINTAGE PISTA」はVINTAGEがベースモデル。レトロな配色がしっくりとくる、カジュアルコーデで乗りたい1台です。

ITEM
GIOS(ジオス)/VINTAGE PISTA(ヴィンテージ ピスタ)
●サイズ:48、50、52、54
●重量:8.9kg
●フレーム:クロモリ

ジオスらしい、細身のグラベルロードもあるよ

砂利道やデコボコ道も走れるタフなロード、「グラベルロードバイク」。がっしりした見た目のモデルも多いジャンルですが、ジオスのグラベル「MITO(ミト)」は、細身のシルエットです。太めのタイヤなど、オフロード仕様ながら、ジオスらしいシンプルな佇まいが良いですね。

ITEM
GIOS(ジオス)/MITO(ミト)
●サイズ:46、49、52
●重量:1.9kg
●フレーム:クロモリ
●コンポーネント:シマノ・ソラ

ショップで実車に触れてみよう

ショップで実車に触れてみよう

出典:楽天

気になるモデルを見つけたら、ショップに行ってみましょう。乗り方、メンテナンス方法なども、ショップ店員さんに教えてもらえますよ。正規販売店なら、試乗できることも。その際はフレームの散りばめられた、ジオスロゴなどの細工も探してみてくださいね。

 

GIOS店舗一覧はこちら

 

普段使いなら、クロスバイクやミニベロもおすすめ

普段使いなら、クロスバイクやミニベロもおすすめ

出典:楽天

細身のクロモリフレーム製造の技術を活かし、クロスバイクやミニベロのラインナップもあるジオス。ショッピングや通勤通学などでも、美しいシルエットのジオスの自転車を楽しめますよ。

 

GIOS製品一覧ページはこちら

 

▼▼ジオスのクロスバイクの記事はこちら▼▼

 

▼▼ジオスのミニベロの記事はこちら▼▼

 

ジオスで、ロードバイクデビューしよう

ジオスで、ロードバイクデビューしよう

出典:Flickr/k.steudel

ファッションアイテムとしても人気があるジオス。初めてのロードバイクにぴったりのモデルも揃っているので、「かっこいいスポーツバイク」を探しているなら、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

GIOS公式ページはこちら

紹介されたアイテム

GIOS(ジオス)/AIRONE(アイロ…
サイトを見る
GIOS(ジオス)/FENICE(フェニ…
サイトを見る
GIOS(ジオス)/VINTAGE (ヴ…
サイトを見る
GIOS(ジオス)/REGINA(レジー…
サイトを見る
GIOS(ジオス)/LESTA(レスタ)
サイトを見る
GIOS(ジオス)/FELLEO(フェレ…
サイトを見る
GIOS(ジオス)/TORNADO(トル…
サイトを見る
GIOS(ジオス)/VINTAGE PI…
サイトを見る
GIOS(ジオス)/MITO(ミト)
サイトを見る

あわせて読みたい

エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
自転車の輪行で、用意したいアイテムの一つ「エンド金具」をご紹介します。走るためのアイテムではありませんが、楽しい輪行には、エンド金具の使用をおすすめ…
高橋智宏
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
ORTLIEB(オルトリーブ)の丈夫な防水サドルバッグを紹介します。全ラインナップのほか、最新のオルトリーブ2と、Lの取り付け方法などの違いもまとめ…
二ノ宮 空
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
二ノ宮 空
二ノ宮 空

自転車が好きで、クロスバイクとロードバイクを2台所有しています。ロングライドや自然の中を走るのが大好きです。自転車の魅力や自転車旅についてなど、楽しくてためになる情報を提供していきたいと思っています。