【ポジション最適化】ロードバイクのハンドルの選び方とおすすめ5選

ロードバイクにおすすめのハンドルをご紹介します。走行中、常に握っているハンドル。ハンドルの位置や素材で、乗り心地も大きく変わってきます。ポジションを見直したい、ロードバイクのビジュアルを変えてみたい時は、ハンドル交換はいかがでしょうか。

目次

  • とーーっても、重要なパーツのハンドル
  • ハンドルの形状はおもに3種類
  • ハンドルを選ぶ際はここをチェック!
  • ロードバイクの定番ハンドルメーカー
  • おすすめのドロップハンドル5選
  • インパクト抜群のブルホーンハンドル
  • ハンドル交換はショップにお願いしよう
  • 新しいハンドルで、理想のポジションを手に入れよう
アイキャッチ画像撮影:筆者

とーーっても、重要なパーツのハンドル

とーーっても、重要なパーツのハンドル

撮影:筆者

ロードバイクのハンドルは、カーブを曲がる時、ブレーキをかける時、変速する時など、ロードバイクをコントロールするうえで、重要なパーツですよね。

 

また、完成車で購入時のハンドルを、そのまま付けている人も多いと思いますが、カスタムパーツとして、様々な種類のハンドルも販売されています。

 

ハンドル交換で、ポジションを最適化へ

ハンドル交換で、ポジションを最適化へ

出典:Flickr/Jussarian

ハンドルの形状や、使われている素材、取り付け方で、乗り心地やポジショニングを変えることができます。最適な走行ポジションを探したい人は、ハンドル交換も検討してみましょう。

 

ハンドルの形状はおもに3種類

それでは、ドロップハンドルの種類を確認していきましょう。ここでは主な3種類をまとめてみました。

 

ラウンド(丸ハン)

ラウンド(丸ハン)

出典:楽天市場

昔からある形で、縦の曲線部が、丸の形状になっているのが特徴です。デザインはビンテージ感があり、クロモリバイクにもマッチします。また、下ハンを握ったときに安定感があり、スプリンタータイプの方の愛用者の多くいます。

 

同じラウンドでも、ドロップの深い「ディープ」、浅い「シャロー」と、タイプが分かれていて、シャローは前傾を浅くできるので乗りやすいですよ。

 


アナトミック

アナトミック

出典:楽天市場

ロードバイクのベースボジションとも言える「ブラケット」に手を置きやすくデザインされているハンドルです。ショルダーが平行で、ラウンドよりもブラケットの位置を高くセットできるので巡行でのポジションが楽になります。

 

また、下ハンは、直線になっているので、握りやすくなっています。

 


アナトミックシャロー

アナトミックシャロー

出典:楽天市場

アナトミックの進化系で、下ハン部が緩くラウンドしているタイプです。下ハンを握る位置が限定されるアナトミックと違い、下ハン全体が緩くラウンドしているので、自分に合ったポジションを見つけられます。

 

ドロップも浅めなものが多く、ポジションを取りやすいことから人気のタイプです。

 

ハンドルを選ぶ際はここをチェック!

ハンドルを選ぶ際はここをチェック!

撮影:筆者

ロードバイクは、ハンドルで乗り味がガラッと変わります。しっかりとフィットしたハンドルを選ぶために、こんなところをチェックしましょう!

 

リーチやドロップの距離が重要

ドロップハンドルの前後の長さをリーチ、上下の長さをドロップといいます。リーチが大きいと、ブラケットや下ハンが遠くなるので前傾が深く、直進性が高くなります。逆に小さいと前傾は浅く、クイックなハンドリング向きになります。

 

同様にドロップが大きいと、下ハンを握ったときの前傾が深く、小さいと前傾が浅くなります。

 

ロードバイクの乗り方、経験によって前傾の好みも変わりますので、リーチやドロップのサイズもチェックしておきたいですね。

 

ハンドル幅は、肩幅と同じくらいが理想

一般的にハンドル幅は肩幅と同じくらいが良いとされています。完成車についているドロップハンドルの幅は大半が400mmなので、400mmを基準に理想のハンドル幅を検討しましょう。

 

また、ロングライド派の方はやや幅の広いほうが使いやすいですよ。

 

素材はカーボンがおすすめ

ドロップハンドルの素材は、主にアルミ・カーボンがあります。アルミはコスパに優れたモデルが多いですが、カーボンは、軽量、高剛性、形状が豊富、振動吸収性が高いなど、メリットが多いです。

 

ハンドルを交換するなら、値段は少し高くなりますが、カーボン素材がおすすめです。

 

クランプ径の確認も忘れずに

クランプ径の確認も忘れずに

撮影:筆者

現在のクランプ径(中心部の太さ)の主流は31.8mmです。以前は25.4mmが主流で、クロモリなどヴィンテージバイクにはまだ、このサイズのハンドルが採用されています。

 

また、メーカーによっては31.7mm径を採用している場合もあるので、自分のロードバイクのクランプ径を忘れずに確認しましょう。

 

 

ロードバイクの定番ハンドルメーカー

ロードバイクのハンドルにも定番のメーカーがあります。人気の各メーカーをご紹介します。

Deda Elementi(デダ エレメンティ)

Deda Elementi(デダ エレメンティ)

出典:FaceBook/Deda Elementi

自転車のフレーム素材では世界トップクラスのデダチャイ社、そのパーツメーカーが「デダ エレメンティ」です。カーボンをはじめアルミ・チタンなど、フレーム製造で培った高いノウハウがパーツにも反映されています。プロチームにも供給する品質の高さと、あらゆるロードバイクにマッチするデザイン性の高さが魅力的です。

 


3T(スリーティー)

出典:FaceBook/3T Bike Japan

1961年にイタリアで創業した3Tは、軽量・高剛性で現在は一般的な素材であるアルミを、いち早く自転車に投入したメーカーとしても知られています。ハンドルやホイール、シートポストの開発をメインに、2016年からはフレーム生産も行っています。

 


THOMSON(トムソン)

THOMSON(トムソン)

CNCと呼ばれるコンピューター制御で金属を削り出す技術が高く、サイクルパーツ以外にも大手航空会社に採用されるほどの精度をもつメーカーです。チタンやアルミのほか、カーボン加工の高い技術もあり、精巧なパーツに多くのファンがいます。

 

おすすめのドロップハンドル5選

それでは、有名メーカーのおすすめドロップハンドルを5モデルご紹介します!

 

3T(スリーティー)/SUPERLEGGERA LTD STEALTH

3Tのハンドルラインナップのセカンドグレードのスーパーレジャラ。握りやすさと太いハンドルトップで剛性も高く、プロ選手のスプリントにも耐える強度があります。

ITEM
3T/SUPERLEGGERA LTD STEALTH
●素材:カーボン
●形状:ラウンド
●サイズ:400・420・440mm
●重量:166g(420mm)

THOMSON(トムソン)/CARBON DROP BAR

金属の削り出し加工が強みのメーカー、トムソンのカーボンのドロップハンドル。カーボンドロップバーは3種類の弾性・強度を持つカーボンを組み合わせ、剛性・柔軟性をバランスよく設計されています。

ITEM
THOMSON/CARBON DROP BAR
●素材:カーボン
●形状:ラウンド・エアロ
●重量:210g(420mm)
●サイズ:400・420・440mm

EASTON(イーストン)/EC70 SL ロードバー

フレーム用チューブではトップクラスのメーカー、EC70シリーズはイーストンカーボンパーツのセカンドグレードですが、上位モデルの設計を踏襲し、より使いやすくされています。

ITEM
EASTON/EC70 SL ロードバー
●素材:カーボン
●形状:アナトミックシャロー
●サイズ:400・420・440mm
●重量:220g(420mm)

DEDA(デダ)/スーパーレジェラ RHM カーボンバー

フレームやサイクルパーツの名門メーカーで、ハンドル、シートポストなどレース会場では多く見かけます。高い剛性も持つ35mmの大径なハンドルトップはトレンタチンクチェシリーズのステムと組み合わせて使用します。

ITEM
DEDA/スーパーレジェラ RHM カーボンバー
●素材:カーボン
●形状:RHM(アナトミックシャロー)
●サイズ:420・440mm
●重量:180g(420mm)

SHIMANO PRO/PLT CARBON HANDLEBAR

デュアルコントロールレバーを始め、シマノパーツと相性が抜群なメーカー。軽量と剛性を両立させているPLTシリーズは、ホビーユーザーから本格的なレーサーまで愛用者の多いシリーズです。

ITEM
PRO/PLT CARBON HANDLEBAR
●素材:カーボン
●形状:アナトミックシャロー
●サイズ:360・400・420mm
●重量:240g(400mm)

 

インパクト抜群のブルホーンハンドル

インパクト抜群のブルホーンハンドル

出典:楽天市場

ブルホーンハンドルは、ドロップハンドルよりポジションが高く、見た目もインパクト抜群です。ブレーキレバー・シフトレバーも交換する場合が多いですが、今まで付いていたデュアルコントロールレバーも取付けることができます。

 

ライディングもしやすいハンドルですが、エアロバーと組み合わせられるので、見た目を変えてみたいという方もいいですね。

 

ハンドル交換はショップにお願いしよう

ハンドル交換はショップにお願いしよう

ハンドル交換は、取り替えだけではなく、ポジション調整やワイヤー調整もあわせて行う必要があります。初めてハンドル交換をするなら、ショップで替えてもらうことをおすすめします。

 

もちろんパーツやバーテープを購入して、一緒に交換作業をお願いしても良いですね。

 

新しいハンドルで、理想のポジションを手に入れよう

新しいハンドルで、理想のポジションを手に入れよう

撮影:筆者

ロードバイクのハンドル交換は、見た目も変わりますが、ポジショニングを始めとして乗り味を大きく変えることができます。ポジションを見直してみたい方はハンドル交換がおすすめですよ!

あわせて読みたい

エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
自転車の輪行で、用意したいアイテムの一つ「エンド金具」をご紹介します。走るためのアイテムではありませんが、楽しい輪行には、エンド金具の使用をおすすめ…
高橋智宏
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
ORTLIEB(オルトリーブ)の丈夫な防水サドルバッグを紹介します。全ラインナップのほか、最新のオルトリーブ2と、Lの取り付け方法などの違いもまとめ…
二ノ宮 空
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
高橋智宏
高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在はスポーツバイクの普及活動をしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。