【定番で安心】シマノのペダル、選び方とおすすめモデルをご紹介!

日本が誇る自転車パーツブランド「シマノ」のペダルを紹介します。ロードバイクで定番のSPD-SL、MTBやツーリング向けのSPD、初心者向けのビンディングペダルのクリッカーやフラットペダルなど、豊富なラインナップからおすすめのモデルをまとめました。スポーツバイクのペダルなら、信頼のシマノをチェック!

目次

  • 圧倒的シェアの自転車パーツメーカー「SHIMANO(シマノ)」
  • 定番メーカーだからこその、豊富なラインナップ
  • 目的に合ったペダルをみつけよう
  • はじめてのビンディングペダルの選び方
  • ビンディング初心者におすすめのペダル5選
  • ロードバイクで本格的に走る!おすすめのペダル3選
  • 靴につけるクリート、どれにする?
  • ビンディングシューズもお忘れなく
  • はじめてのペダルなら、シマノがおすすめ
アイキャッチ画像出典:Amazon

圧倒的シェアの自転車パーツメーカー「SHIMANO(シマノ)」

圧倒的シェアの自転車パーツメーカー「SHIMANO(シマノ)」

出典:Fliclr/Lordcolus

自転車パーツで世界的にシェアが高い「SHIMANO(シマノ)」。2021年には創業100周年を迎える、日本の老舗メーカーです。

 

スポーツバイクに装備された、シマノのロゴのペダルやコンポーネントを、目にすることもきっと多いでしょう。

 

定番メーカーだからこその、豊富なラインナップ

定番メーカーだからこその、豊富なラインナップ

スポーツバイク用のペダルは「TIME」「LOOK」「クランクブラザーズ」などのブランドもありますが、価格も種類も豊富なのはシマノでしょう。

 

まずはシマノから探すと、自分に合ったペダルが見つかりやすいですよ。

 

目的に合ったペダルをみつけよう

シマノのペダルは大きく4タイプあります。自分に合ったタイプを見つけていきましょう。

ロードバイクの定番!速く走るなら「SPD-SL」

ロードの定番!速く走るなら「SPD-SL」

出典:Amazon

ロードバイクで長い距離を速く走りたいなら、ビンディングペダルの「SPD-SL」がおすすめ。固定力が強く、靴をがっちりホールドしてくれます。足の力が効率よくペダルに伝わるので、速く走りたい人にはもってこいのタイプです。

 


少し弱めの固定力の「SPD」

少し弱めの固定力の「SPD」

出典:Amazon

2本のネジで固定するタイプのビンディングペダル「SPD」。SPD-SLに比べると、靴との固定力は弱めで脱着がしやすいのが特徴です。

 

SPDのシューズは、SPD-SLよりクリート(靴底の金具)が小さく歩きやすいので、歩く場面が多い時にもおすすめですよ-

 

▼▼SPDペダルの詳しい記事はこちら▼▼

 


好きな靴で走れる!フラットペダル

好きな靴で走れる!フラットペダル

出典:Amazon

スニーカーなどで乗りたいなら、フラットペダルを選びましょう。シューズを選ばないフラットペダルは、通勤通学やショッピングにもぴったり。シマノのフラットペダルは、スポーティなデザインも多いので、ロードバイクやクロスバイクにも似合いますよ。

 


片面がビンディングで、片面がフラットのペダル

片面がビンディングで、片面がフラットのペダル

出典:Amazon

初心者向けに、片面がフラットで、片面がSPDになっているペダルもあります。また「シマノ クリッカー」は、SPDよりもさらに着脱しやすいペダル。初めてビンディングの人にもおすすめですよ。

 

はじめてのビンディングペダルの選び方

ビンディングペダルを選ぶ時は、自分の走り方や楽しみ方にあったモデルを探しましょう。

「カジュアルに乗る」、「歩きやすさも重視」なら、SPDやクリッカー

「カジュアルに乗る」、「歩きやすさも重視」なら、SPDやクリッカー

サイクリング中に寄り道したり、“ほどほどに走りたい”という人は、「SPDペダル」や、「クリッカー」がおすすめ。SPD対応のシューズは、スニーカーのようなデザインもあります。通勤通学や“普段の足”として、ロードバイクやクロスバイクに乗っている人も要チェックですね。

 

本格的にロードバイクに乗るなら、SPD-SL

本格的にロードバイクに乗るなら、SPD-SL

スポーツとしてロードバイクに乗る人や、ロードレースに出てみたい人は、SPD-SLをチェック。シューズも速く走ることに特化したデザインが多いですよ。初めてSPD-SLを選ぶなら、着脱の練習をしてから走ると良いですよ。

 

ビンディング初心者におすすめのペダル5選

SPD、クリッカーペダルを中心に、おすすめのペダルを選んでみました。

PD-EH500(SPDペダル)

片面がフラットなSPDペダルです。付属のクリートは、 脱着が簡単な「マルチモード」で、初心者でも安心感があるでしょう。フラット面も滑りにくい設計になっています。

ITEM
SPD/PD-EH500
●重量:383g
●カラー:ダークグレー
●ビンディン面:片面
●ペダルタイプ:Multi-purpose (SPD/Flat)

 


PD-M424(SPDペダル)

靴をクリート装着にしやすい「ポップアップ機構」付きのSPDペダル。ペダルの両面で脱着ができるので、走り出しのペダルの装着が失敗しにくいでしょう。

ITEM
SPD/PD-M424
●重量:472g
●カラー:ブラック
●ビンディン面:両面
●ペダルタイプ:Off-Road/BMX (SPD)

 


PD-T8000(SPDペダル)

片面がフラットで、側面に反射板付きのSPDペダル。車通りが多い道や夜間に自転車に乗る人におすすめです。フラット面には、靴底をしっかりつかんで滑りにくいピンがあります。

ITEM
SPD/PD-T8000
●重量:392g
●カラー:ブラック
●ビンディン面:片面
●ペダルタイプ:Trekking (SPD/Flat)

 


PD-M520(SPDペダル)

コンパクトなデザインのSPDペダル。踏み込む面積が小さい分、砂や泥がつきにくいので、オフロードなどにも向いています。装着がしやすく、ビンディング初心者にもおすすめ。

ITEM
SPD/PD-M520
●重量:380g
●カラー:シルバー、ブラック
●ビンディン面:両面
●ペダルタイプ:Off-Road (SPD)

 


PD-T400(クリッカーペダル)

SPDより軽い力で着脱できる、クリッカーペダルのモデル。着脱部分が出っ張りつけやすい「ポップアップ機構」になっています。反射板もあり安全面も◎。

ITEM
SHIMANO CLICK'R/PD-T400
●重量:507g
●カラー:ブラック、ホワイト
●ビンディン面:両面
●ペダルタイプ:Trekking (CLICK'R)

 

ロードバイクで本格的に走る!おすすめのペダル3選

ロードバイクでトレーニングや長距離を走るなど、効率よく走りたい人は、SPD-SLを選びましょう。

PD-R9100(SPD-SLペダル)

デュラエースグレードの「PD-R9100」は、シマノのフラッグシップ的モデル。ボディがカーボン素材で、228gと軽量です。最上級のペダルを求める人におすすめです。

ITEM
SPD-SL/PD-R9100
●重量:228g
●カラー:CFRP
●ビンディン面:片面
●ペダルタイプ:Road

 


PD-RS500(SPD-SLペダル)

耐久性のあるステンレス素材のボディプレートを使用したSPD-SLペダル。ワイドな踏み面で、初心者にやさしい、軽めの固定力の設定が可能です。

ITEM
SPD-SL/PD-RS500
●重量:320g
●カラー:ブラック
●ビンディン面:片面
●ペダルタイプ:Road

 


PD-R550(SPD-SLペダル)

「ティアグラ」グレードのSPD-SLペダル。SPD-SLで本格的に走り始めたい人におすすめのグレードです。性能と価格のバランスが良いモデルでしょう。

ITEM
SPD-SL/PD-R550
●重量:310g
●カラー:ブラック、グレー
●ビンディン面:片面
●ペダルタイプ:Road

靴につけるクリート、どれにする?

ビンディングペダルには、シューズの裏につける「クリート」と呼ばれるパーツが付属されています。このクリートには種類があるので、それぞれの特徴をおさえましょう。

SPD-SLのクリートは3種類

SPD-SLのクリートは、固定時の「遊び」の角度(フローティング角度)によって3種類あります。

 

・赤:フローティング角度0(上級者向き)

・赤:フローティング角度0(上級者向き)

出典:Amazon

 


 

・青:フローティング角度2度(中級者~上級者向き)

・青:フローティング角度2度(中級者~上級者向き)

出典:Amazon

 


 

・黄:フローティング角度6度(初心者向き)

・黄:フローティング角度6度(初心者向き)

出典:Amazon

 

フローティング角度が小さいほど、固定力が強くなり、上級者向けになります。一方、あそびの角度が大きいと、着脱もしやすいため、まずは黄色から試してみるのがおすすめです。

 

SPDのクリートは2種類

SPDのクリートは、「シングルモードクリート」と「マルチモードクリート」の2種類があります。

 

・シングル:上部の突起部分が直角(固定力に優れている)

・シングル:上部の突起部分が直角(固定力に優れている)

出典:Amazon

 


 

・マルチ:上部の突起部分が斜め(多方向へ外せる)

・マルチ:上部の突起部分が斜め(多方向へ外せる)

出典:Amazon

SPDのクリートは大きな違いはありません。迷ったときには、ペダルを外すときの方向を気にしないでいい「マルチモードクリート」を選びましょう。

ビンディングシューズもお忘れなく

ビンディングシューズもお忘れなく

出典:Amazon

SPDやSPD-SL、クリッカーペダルを使うなら、専用のシューズも必要ですよ。他ブランドでも、シマノのペダルに対応したシューズが販売されていますが、シマノのビンディングシューズは種類も豊富なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

▼▼シマノのシューズの詳しい記事はこちら▼▼

 

はじめてのペダルなら、シマノがおすすめ

はじめてのペダルなら、シマノがおすすめ

出典:Amazon

世界的にもシェアが高いシマノのペダルは、どんな人にとっても“間違いないペダル”と言えるでしょう。豊富なラインナップから自分に合ったペダルをみつけて、もっと自転車を楽しみましょう。

 

シマノ公式ページはこちら

あわせて読みたい

エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
自転車の輪行で、用意したいアイテムの一つ「エンド金具」をご紹介します。走るためのアイテムではありませんが、楽しい輪行には、エンド金具の使用をおすすめ…
高橋智宏
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
ORTLIEB(オルトリーブ)の丈夫な防水サドルバッグを紹介します。全ラインナップのほか、最新のオルトリーブ2と、Lの取り付け方法などの違いもまとめ…
二ノ宮 空
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
二ノ宮 空
二ノ宮 空

自転車が好きで、クロスバイクとロードバイクを2台所有しています。ロングライドや自然の中を走るのが大好きです。自転車の魅力や自転車旅についてなど、楽しくてためになる情報を提供していきたいと思っています。