【根強い人気】パナレーサーのタイヤ、おすすめ製品をタイプ別にまとめました。

パナレーサーのおすすめのタイヤをご紹介します。Panaracer(パナレーサー)は、国産自転車タイヤブランドとして、高品質・高性能で人気があります。ロードバイク、クロスバイクやMTB、舗装路からグラベル、オフロードまで豊富にラインナップ。そんなパナレーサータイヤの魅力とおすすめをタイプ別にご紹介します。

目次

  • ファンも多い、Panaracer(パナレーサー)のタイヤ
  • パナレーサーのタイヤの魅力に迫る!
  • ロードバイク用のおすすめタイヤ3選
  • MTB用のおすすめタイヤ2選
  • クロスバイクや街乗りならコレ!
  • ミニベロやシクロクロスのタイヤも
  • タイヤを選ぶ際はここをチェック!
  • パナレーサーのタイヤで、快適な走りを!
アイキャッチ画像出典:Facebook/Panaracer

ファンも多い、Panaracer(パナレーサー)のタイヤ

ファンも多い、Panaracer(パナレーサー)のタイヤ

出典:Flickr/American Cyclery Official

Panaracer(パナレーサー)は、1952年創業の日本の自転車用タイヤメーカー。世界初の自転車用ラジアルタイヤの開発に成功するなど、先進的な技術で業界をリードしてきました。生産と開発拠点を日本に置き、純国産の高品質・高性能タイヤで多くのファンがいます。

パナレーサーのタイヤの魅力に迫る!

それではパナレーサーのタイヤの魅力をご紹介していきましょう。

豊富なラインナップ

豊富なラインナップ
出典:Facebook/Panaracer

パナレーサーのタイヤは、ロード、ツーリング、アーバンやMTBなど、カテゴリーごとにラインナップされています。

 

レース用のハイパフォーマンスモデル、ツーリング・グラベル用、街乗り用や、自転車通勤用など、目的や予算に応じて、自分にあったタイヤがきっと、見つかりますよ。

 

プロチームにもタイヤを提供する品質

2020年パナレーサーは、マトリックスパワータグ、宇都宮ブリッツェン、ヴィクトワール広島、那須ブラーゼンなど多くのプロロードレースチームにタイヤを提供しています。レースに応える性能や耐久性で、走りの良さにも期待できますよ。

 

ロードバイク用のおすすめタイヤ3選

まずは多くの種類のあるロードバイク用タイヤから、おすすめのタイヤを3つご紹介!

RACE EVO4(レース・エヴォ4)

RACE EVO4シリーズは、高いグリップ力と低い転がり抵抗、そして耐パンク性能に優れたハイバランスレーシングタイヤ。オールラウンドのRACE A EVO4、高耐久性のRACE D EVO4、クラシカルのRACE C EVO4という3種類のタイプがあります。「A」はクリンチャー、チューブレスコンバーチブル(チューブレスレディ)、チューブラーの3つのタイヤバリエーション。「C」と「D」はクリンチャーのみとなっています。

ITEM
Panaracer(パナレーサー)/RACE A EVO4 クリンチャー
タイヤサイズ:700×23C/700×25C/700×28C

GILLAR(ジラー)

ヒルクライム向きの軽量クリンチャータイヤがGILLAR(ジラー)。パンクに弱い軽量タイヤが多いなか、GILLARは耐パンク性に優れた「Pro Tite Belt」を採用。パナレーサー最軽量を実現した『使える』軽量ロードタイヤ。また従来品に比べて約20%もの転がり抵抗軽減も実現しています。

ITEM
Panaracer(パナレーサー)/GILLAR クリンチャー
タイヤサイズ:700x23C/700x25C
重量:160g(700x23C)

GRAVELKING(グラベルキング)

舗装路から未舗装路まで幅広く対応するタイヤがGRAVELKING(グラベルキング)。タイヤのトレッドパターンにより。スリックの「GRAVELKING」、セミスリックの「GRAVELKING SS」、ブロックパターンの「GRAVELKING SK」の3つのモデルがあり、さらに耐パンク性を強化した「Plus」があります。GRAVELKINGの名前通りグラベルロードにマッチするのはもちろん、ロードバイクに装着してロングライドに出かけるのもアリ。

ITEM
Panaracer(パナレーサー)/GRAVELKING クリンチャー
タイヤサイズ:700×23C/700×26C/700×28C
重量:240g (700×26C)

 

MTB用のおすすめタイヤ2選

パナレーサーのMTB用タイヤの定番を2種類ご紹介します。

DriverPro(ドライバープロ)

走りの軽さと走破性が高い次元でバランスされたオールラウンドタイヤがDriverPro(ドライバープロ)。舗装路でもトレイルでもこなす万能さと、レースでもツーリングでも使える多様さがウリです。しかも軽量で上りもラクラクと、すべてがバランスしたDriverPro。特に軽いドライコンディションでのDHやエンデューロレースに最適ですよ。

ITEM
Panaracer(パナレーサー)/DriverPro チューブレスコンパーチブル
タイヤサイズ:27.5x2.40/27.5x2.60/29x2.40
重量:850g(29x2.40)

Romero(ロメロ)

耐パンク性能を強化したオールコンディション用タイヤがRomero(ロメロ)。ドライからウェットまで、DHやエンデューロレースに最適なブロックパターンで、高い走破性と軽い走りを両立しています。

ITEM
Panaracer(パナレーサー)Romero チューブレスコンパーチブル
タイヤサイズ:27.5×2.40/27.5×2.60/29×2.40/29×2.60
重量:1300g(29×2.60)

クロスバイクや街乗りならコレ!

街乗りや自転車通勤にも!クロスバイクやロードバイクにも使えるタイヤをご紹介します。

RiBmo(リブモ)

耐パンク、耐摩耗性が強化されたアーバン最強モデルがRiBmo(リブモ)。耐パンク性を強化した「ProTiteシールド」と耐摩耗性にすぐれた「マイルクランチャーコンパウンド」の採用で、街乗りにピッタリ。クロスバイクはもちろん、ロードバイクにもおすすめです。

ITEM
パナレーサー(Panaracer)/RiBMo
タイヤサイズ:26×1.25/26×1.50/26×1.75/26×2.0/700×23C/700×25C/700×28C/700×32C/700×35C
重量:340g(700x25C)

Tourkinist(ツーキニスト)

名前の通り自転車通勤・通学に最適なTourkinist(ツーキニスト)。自転車通学で最も避けたいのが、パンクによる遅刻。タイヤ内面をフラット加工する「ハイパーテックスケーシング」で耐パンク性能を向上させたツーキニストなら安心ですね。抑えめ価格でジテ通を応援!

ITEM
Panaracer (パナレーサー)/Tourkinist
タイヤサイズ:26×1.50/26×1.75/700×25C/700×28C/700×35C
重量:35g(700x25C)

ミニベロやシクロクロスのタイヤも

パナレーサーには、ロードレース用タイヤのテクノロジーを採用したミニベロ用タイヤや、チューブレスコンバーチブル(チューブレスレディ)のシクロクロスタイヤもあります。さらには車イス競技用のタイヤもラインナップ。自転車用総合タイヤメーカーとして様々なニーズに対応しています。

タイヤを選ぶ際はここをチェック!

最後に、タイヤを選ぶ時の注意点をおさらいましょう。

自転車のタイヤのタイプを確認

自転車のタイヤのタイプを確認

出典:Amazon

タイヤには、クリンチャー・チューブレス(レディ)・チューブラーの3種類のタイプがあり、それぞれ対応するホイールがあります。

 

ロードバイクのエントリーモデルやクロスバイクは、クリンチャータイヤ&ホイールがほとんど。チューブレス(レディ)や、チューブラータイヤはホイールに適合しないので注意しましょう。チューブレス(レディ)や、チューブラータイヤが使いたい場合はホイールの交換が必要です。

 

トレッドパターンも確認

トレッドパターンも確認

出典:Flickr/American Cyclery Official

トレッドパターンは、タイヤの表面の凹凸のこと。整備された舗装路を高速で走るなら、凹凸の無い「スリック」パターンが転がり抵抗が少なく快適です。

少し砂がある路面なら、細かい溝の入った「ミックス」パターン。砂利道やオフロードも走るなら、しっかりグリップする「ブロック」パターンと、走る路面に応じてトレッドパターンも確認しよう。

 

カラータイヤで好みにカスタム

カラータイヤで好みにカスタム

出典:楽天市場

パナレーサーはカラーが入ったタイヤのラインナップも豊富です。好みのカラーでタイヤを選ぶのも良いですよ。タイヤ交換カスタムでイメチェンしてみるのはいかがですか?

パナレーサーのタイヤで、快適な走りを!

国産の自転車タイヤブランドのパナレーサーは、豊富なラインナップと高品質・高性能で人気があります。また多くの自転車ショップで取り扱いがあるのも魅力。自分に合ったパナレーサーのタイヤを見つけて、快適な走りを楽しもう!

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

 

紹介されたアイテム

Panaracer(パナレーサー)/RA…
Panaracer(パナレーサー)/GI…
Panaracer(パナレーサー)/GR…
Panaracer(パナレーサー)/Dr…
Panaracer(パナレーサー)Rom…
パナレーサー(Panaracer)/Ri…
Panaracer (パナレーサー)/T…

あわせて読みたい

エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
自転車の輪行で、用意したいアイテムの一つ「エンド金具」をご紹介します。走るためのアイテムではありませんが、楽しい輪行には、エンド金具の使用をおすすめ…
高橋智宏
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
ORTLIEB(オルトリーブ)の丈夫な防水サドルバッグを紹介します。全ラインナップのほか、最新のオルトリーブ2と、Lの取り付け方法などの違いもまとめ…
二ノ宮 空
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
おかちん
おかちん

自転車に乗り始めるまでは全くのインドア派。クロスバイクから始めてロードバイクにハマってます。上り坂を愛し、ヒルクライムレースにも出場。現在海外在住で、現地レースにも参戦中です。