【初心者から普段乗り用まで】フラットペダルのシューズおすすめ7選

ロードバイクやマウンテンバイクをフラットペダルで乗る時のおすすめのシューズをご紹介します。自分のロードバイクやマウンテンバイクがフラットペダルで、どんなシューズを選べばよいか悩む人も多いのではないでしょうか。そんな方のために、フラットペダル用のシューズのおすすめ製品と合わせて、選び方などもまとめました!

目次

  • カジュアルに乗りたい、フラットペダル用シューズ
  • シューズ選びのポイントはここ!
  • フラットペダルのおすすめシューズ7選
  • ショップで試し履きしよう
  • お気に入りのシューズで快適に走ろう!

カジュアルに乗りたい、フラットペダル用シューズ

ロードバイクやマウンテンバイクなどのスポーツバイクだと、ペダルが2種類ありますよね。「ビンディングペダル」と「フラットペダル」。

 

普段のファッションで走りたいなら、フラットペダルが良い人も多いですよね。

 

フラットペダルなら、どんなシューズでも良い?

おすすめはサイクリングシューズ

出典:FaceBook/Quoc Pham

フラットペダルなら、基本的にはどんな靴でも漕げてしまいます。ですが、安全で快適に自転車に乗るのなら、シューズもきちんと選びたいですよね。

 

自転車メーカーなどの、フラットペダル用のシューズも多く販売されているので、チェックしてみましょう。

 

シューズ選びのポイントはここ!

フラットペダルには、どんなシューズが良いのか?シューズ選びのポイントをおさらいしていきましょう!

 

ソールの「硬さ」や「厚さ」をチェック

ソールの「硬さ」や「厚さ」をチェック

出典:FaceBook/Northwave

まずは、ソールに注目しましょう。柔らかいソールや厚底のソールだと、踏む力がペダルにしっかりと伝わらず、シューズによっては危ない場合もあります。

 

適度な厚さのシューズが、こぎやすく、歩きやすさもあり、サイクリングで疲れにくくなるので、おすすめですよ。

 

滑りにくいソールで

滑りにくいソールで

出典:FaceBook/Northwave

フラットペダルは、ペダルの上で足が自由に動きます。坂道などでペダルを強く踏めるように、ソールは滑りにくい素材や形状が良いでしょう。

 

ペダルもソールに食いつきの良いペダルがおすすめですよ。

 

汚れにくさなら、マウンテンバイク用シューズで探すのもおすすめ

汚れにくさなら、マウンテンバイク用シューズで探すのもおすすめ

出典:FaceBook/Five Ten

マウンテンバイクのシューズには、フラットペダル向けのシューズが多くあります。オフロードを走る、マウンテンバイク用のシューズなら、防水性能も高く、汚れにくいモデルも多くありますよ。

 

フラットペダルのおすすめシューズ7選

それでは、フラットペダルで乗りやすいおすすめサイクリング向けシューズ7モデルをご紹介します!

 

GIRO(ジロ)/JACKET Ⅱ

シンプルなデザインで人気が高いGIROのシューズ。カジュアルなデザインなので、街乗りや、自転車に乗った後の散策などにもぴったり。ソールはグリップ力があり、アッパーは耐久性・耐水が高い一足です。

 

ITEM
Giro/JACKET II
●カラー:ダークシャドウ/ガム・ミッドナイト
●サイズ:39~46
●重量:415g(サイズ43)

SPCIARAIZED(スペシャライズド)/ Mountain Bike Shoes

SPCIARAIZED(スペシャライズド)/2FO Flat 1.0 Mountain Bike Shoes

出典:SPCIARAIZED

ソスペシャライズド独自のラバーコンパウンドのソールは、ペダルにフィットする形状でグリップ抜群。トレイルでの疲れにくさや、足の保護も考えられたしっかりとしたシューズですよ。

 

 カラー  ブラック・キャストブルー/
ロケットレッド
 サイズ  39~44
 重量  347g(サイズ42)
 参考価格   ¥19.800-(税抜)

 

 


FIVE TEN(ファイブテン)/Freerider

ファイブテンのシューズラインナップの中でもオールマイティに使える定番の一足。トレイルやダウンヒルのハードなライドから、街乗りのカジュアルなサイクリングまで、使えますよ。

 


Northwave(ノースウェーブ)/TRIVE

ミシュランと共同開発されたソールは、グリップ力に定評があります。高い通気性と耐久性も◎。落ち着いた色合いのデザインは、アウトドアでも履きたくなってしまいますね。

 

ITEM
NORTHWAVE/TRIBE
●カラー:ブラック・ダークブルー・グレー
●サイズ:39~44(ハーフサイズ無し)
●重量:435g

CHORME(クローム)/KURSK

キャンパスシューズのようなクロームのシューズ。アッパーは、キャンバスの25倍の強度を持つナイロンと強化ナイロンソールを採用。自転車に乗る時だけでなく、普段使いもOKでしょう。

 

ITEM
CHROME/KURSK
●カラー:ブラック・グレー/ブラック
●サイズ:25.0~29.0cm

SHIMANO(シマノ)/ET3

ペダリングの効率と、歩行の快適性を持った、フラットペダル・E-BIKEのために作られたシューズです。ソールのパターンは、グリップ性能が高く、山道やダートも安全にライディングできるでしょう。

 

ITEM
●SHIMANO/ET3
●カラー:カーキ・ネイビー・グレー
●サイズ:34~48
●重量:332g(サイズ42)

montbell(モンベル)/トレールライダー

montbell(モンベル)/トレールライダー

出典:montbell

登山やキャンプなど、アウトドアのノウハウを多く持つモンベルのサイクリングシューズです。ペダルへのグリップ性能に定評があり、トレイルや山道など、ハイキングシューズとしてもおすすめです。

 

 カラー  ブラック・ネイビー
 サイズ  22.0~29.0cm
 重量  413g(サイズ25.5cm)
 税抜価格   ¥12.000(税抜)

 

 


Pearl Izumi(パールイズミ)/X-ALP LAUNCH

サイクリングシューズの名門、パールイズミが開発し、ソールにはグリップ力が高い、ビブラムソールを採用しています。軽量・耐久性をあわせ持つシームレス構造、爪先には強化キャップが採用されていて、快適に自転車を楽しめるでしょう。

 

ITEM
Pearl Izumi/X-ALP LAUNCH
●カラー:ブラック
●サイズ:40~44

 

ショップで試し履きしよう

自転車用シューズは、フィット感がとても大切。靴の中で足が動いてしまうと、うまく自転車に乗れませんし、小さいサイズではウォーキング以上に爪先に負担がかかってしまうでしょう。

 

サイズや履き心地を確かめるため、ショップで試着をしてから購入するのを、おすすめします。

 

お気に入りのシューズで快適に走ろう!

お気に入りのシューズで快適に走ろう!

出典:FaceBook/Northwave

ロードバイクやマウンテンバイクは、フラットペダルでも楽しめるスポーツバイクです。フラットペダルとシューズなら、自転車以外の行動も広げることができるので、楽しみ方も広がるでしょう。お気に入りのシューズを見つけて、自転車で遊び尽くしましょう!

紹介されたアイテム

Giro/JACKET II
FIVE TEN/Free Rider
サイトを見る
NORTHWAVE/TRIBE
CHROME/KURSK
●SHIMANO/ET3
Pearl Izumi/X-ALP LA…

あわせて読みたい

エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
自転車の輪行で、用意したいアイテムの一つ「エンド金具」をご紹介します。走るためのアイテムではありませんが、楽しい輪行には、エンド金具の使用をおすすめ…
高橋智宏
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
ORTLIEB(オルトリーブ)の丈夫な防水サドルバッグを紹介します。全ラインナップのほか、最新のオルトリーブ2と、Lの取り付け方法などの違いもまとめ…
二ノ宮 空
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
高橋智宏
高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在はスポーツバイクの普及活動をしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。