【イケてる1台を探せ】ピストバイクのおすすめモデル7台をご紹介!

ピストバイクのおすすめをモデルご紹介します!シンプルな見た目で、クールなかっこよさがあるピストバイク。今回は、独特の特徴もあるピストバイクの選び方などをまとめました。ピストバイクの購入を考えている人はぜひ、参考にしてください。

目次

  • かっこいい自転車なら「ピストバイク」
  • ピストバイクってどんな自転車?
  • なぜピストバイクは人気なのか
  • ピストバイクの定番ブランド
  • おすすめピストバイク7選
  • 購入前にチェックしておきたいこと
  • おしゃれなピストバイクで自分だけの自転車を

かっこいい自転車なら「ピストバイク」

かっこいい自転車なら「ピストバイク」

出典:FaceBook/Cinelli Japan

日々お洒落に自転車を乗りたいと考えている方、ママチャリやクロスバイクも便利ですが、ピストバイクはいかがでしょうか。

 

「ピスト」とは、イタリア語で競技場を意味する言葉で、競技用のモデルもあります。ですが、やっぱり人気があるのは、街乗りに合うクールなデザインのピストバイクですよね。

 

ピストバイクってどんな自転車?

それでは、そのシンプルさから、ストリートで大人気のピストバイクの特徴を見ていきましょう。

 

変速がないシンプルなギア

変速がないシンプルがギア

出典:FaceBook/FUJI BIKE JPN

今の自転車の多くは、坂道などにも便利な「ギア」がついていますよね。ギア付き自転車は、便利な面もありますが、パーツも多く見た目がスッキリしなかったり、チェーンが外れやすかったりします。

 

その点、ピストバイクはギアがありません。機能を削ぎ落とした、いさぎよいカッコよさがありますよね。

 

固定ギアとフリーギアがあります。

そんなピストバイクのギアは「固定ギア」と「フリーギア」の2種類があります。

 

固定ギアはペダルがタイヤの動きと直結していて、走行中ペダルに力を入れて押さえると減速し、後ろに回すと後ろ向きにタイヤが周ります。ペダルとタイヤの一体感が味わえるのが固定ギアで、ピストバイクならではの特徴です。

 

一方、一般的な自転車と同様なタイプが「フリーギア」です。走行中ペダルを止めても後輪は空転するタイプです。

 

 

なぜピストバイクは人気なのか

街乗りにピストが人気なのはなぜでしょうか?ピストの人気の秘密を見ていきましょう!

 

スタイリッシュな見た目

スタイリッシュな見た目

出典:FaceBook/All-City Cycles

ピストバイクは、クロモリという鉄のフレームを使ったモデルが多くあります。細いクロモリフレームは、スタイリッシュなシルエットになり、街中で、とても映えるでしょう。ストリートシーンに良く似合うのがピストバイクです。

 

ロードバイク並みの速さ

ロードバイク並みの速さ

出典:FaceBook/All-City Cycles

変速機がないピストバイクは、踏み出しこそ重く感じるかもしれませんが、一旦、スピードがでると慣性が働き、ペダルが押されるように踏むことができます。

 

トップスピードでは、ロードバイクのようなスピードが出るでしょう。速度維持の点では、ロードバイクより優れていたりします。

 

チェーントラブルが少なく、メンテしやすい

チェーントラブルが少なく、メンテしやすい

ピストバイクには変速がなく、複雑なギア歯もないので、チェーンまわりのメンテナンスに手間がかかりません。見た目でなく、機能もシンプルなのが魅力的ですね。

 

ピストバイクの定番ブランド

ストリートピストといえばこのメーカー!といわれる2つのメーカーをご紹介します!

 

cinelli(チネリ)

cinelli(チネリ)

出典:FaceBook/Cinelli Japan

プロレーサーだったチーノ・チネリが1948年に立ち上げた歴史のあるメーカーです。レースのために作られた製品は、高い性能とデザイン性を持つメーカーとして有名です。ピストバイクやアパレルのラインナップも多く、スタイリッシュなデザインは、多くのファンがいます。

 


FUJI(フジ)

FUJI(フジ)

出典:FaceBook/FUJI BIKE JPN

フジは、現在はアメリカのメーカーですが、100年以上前に日本で誕生した自転車ブランドです。実用車とスポーツバイクを得意としていましたが、現在は高性能なロードバイクやトラックバイクをプロチームに供給しています。その一方、街乗りでもクロモリを使ったヴィンテージなスポーツバイクやピストバイクに人気があります。

 

おすすめピストバイク7選

それでは、街乗りで映えるおすすめピストバイク7モデルをご紹介します!

 

cinelli(チネリ)/Tipo Pista

cinelli(チネリ)/Tipo Pista

出典:Cinelli

チネリのシンプルなアルミフレームピストです。軽量で耐久性があるアルミ素材は、街乗りでもトラックでも高いパフォーマンスを発揮しますよ。

 

 


FUJI(フジ)/FEATHER

FUJI(フジ)/FEATHER

出典:FUJI BIKE JPN

ピストバイクのスタンダードといえるモデルがこの「フェザー」です。街乗りシングルスピードではパイオニア的なモデルで、ピストバイク購入を考えるなら、まず候補にあがる1台でしょう。

ITEM
FUJI/FEATHER
●フレーム素材:クロモリ
●サイズ: 42・49・52・54・56・58cm
●カラー:マットブラック・マットホワイト・マットインディゴ・マットメタル
●重量:9.2kg

LEADER BIKES(リーダーバイクス)/712TR

LEADER BIKES(リーダーバイクス)/712TR

出典:BROTURES

カリフォルニアで生まれたバイクメーカー、リーダーバイクス。ストリートでの性能にこだわった、ピストバイクを展開しています。オリジナルトラックジオメトリーを採用した712TRは、シングルスピードでも街中のストップ&ゴーでもたつくことなく、クイックな走行ができるでしょう。

 

 


MASI(マジィ)/FIXED UNO DROP

MASI(マージ)/FIXED UNO DROP

出典:東商会

イタリアの老舗「MASI」のピストバイクです。スタイリッシュなクロモリフレームに大胆なディープリムホイールを採用。MASIならではのクールなデザインに仕上がっています。

ITEM
MASI/FIXED UNO DROP
●フレーム素材:クロモリ
●サイズ: 49・51・53・56cm
●カラー:グロスブラック

GIOS(ジオス)/VINTAGE PISTA

GIOS(ジオス)/VINTAGE PISTA

ジオスブルーで有名なイタリアのスポーツバイクメーカーGIOS、クラシカルなデザインのクロモリピストに、鮮やかなジオスブルーは街でも映えますね。

ITEM
GIOS/VINTAGE PISTA
●フレーム素材:クロモリ
●サイズ: 48・50・52・54cm
●カラー:ジオスブルー・イタリアン・ブラック
●重量:8.9kg

ALL-CITY(オールシティ)/THUNDERDOME

ALL-CITY(オールシティ)/THUNDERDOME

2009年創業の新しいメーカーであるオールシティ。トラックバイクを中心に展開しているストリートでの注目メーカーです。サンダードームはUCIに認可されたトラックバイクでもあり、そのスペックはストリートでも颯爽と走れるでしょう。

 

 


CARTELBIKES (カーテルバイク)/AVENUE

CARTELBIKES (カーテルバイク)/AVENUE

出典:FAVUS

ピストバイクショップDinerのオリジナルプロダクトであるカーテルバイク。クロモリのスタイリッシュなデザインと、走行性能の高さで人気があるピストバイクです。

ITEM
CARTEL BIKES/AVENUE
●フレーム素材:クロモリ
●サイズ: 46・49・53・56・59cm
●カラー:マットブラック・クローム・ティール
●重量:9.8kg

 

購入前にチェックしておきたいこと

一般的な自転車と少し違う特徴があるピストバイク。購入前のチェックポイントを確認しましょう!

 

ブレーキのないピストバイクはNG

ブレーキのないピストバイクはNG

競技用のピストバイクには、ブレーキがついていないモデルもあります。もしそのようなモデルを購入するのであれば、別途ブレーキを装備しましょう。

 

固定ギアの場合、ペダルだけで、車体を停めることもできますが、ブレーキがついていない自転車は整備不良で道交法違反の対象になります。

 

固定ギアとフリーギアどっちにする??

固定ギアとフリーギアどっちにする??

固定ギアは、走っていれば常に回していなければならないので、慣れも必要になります。フリーギアの完成車もありますし、フリーギアのピストバイクで、後から固定ギアに替えることもできたりします。不安な時はショップの人に詳しく聞いてみましょう。

 

トゥークリップを準備しよう

トゥークリップを準備しよう

撮影:筆者

固定ギアのピストバイクは、走行中は勝手にペダルが回っている状態です。スピードがのった状態でペダルから足が外れた後に、回転するペダルに足を乗せ直すのは危険です。

 

ペダルから足が離れないように、トゥークリップの付いたモデル、またはトゥークリップの購入をおすすめします。

 

▼▼トゥークリップの関連記事はこちら▼▼

 

おしゃれなピストバイクで自分だけの自転車を

ピストバイクは、ビジュアルのスタイリッシュさもありますが、颯爽とスポーティーに乗れる自転車なので、走る姿も目を引きます。街を軽快に走りたいなら、ピストバイクを検討してみてはいかがでしょうか。

紹介されたアイテム

FUJI/FEATHER
サイトを見る
MASI/FIXED UNO DROP
サイトを見る
GIOS/VINTAGE PISTA
サイトを見る
CARTEL BIKES/AVENUE
サイトを見る

あわせて読みたい

エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
自転車の輪行で、用意したいアイテムの一つ「エンド金具」をご紹介します。走るためのアイテムではありませんが、楽しい輪行には、エンド金具の使用をおすすめ…
高橋智宏
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
ORTLIEB(オルトリーブ)の丈夫な防水サドルバッグを紹介します。全ラインナップのほか、最新のオルトリーブ2と、Lの取り付け方法などの違いもまとめ…
二ノ宮 空
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
高橋智宏
高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在はスポーツバイクの普及活動をしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。