自転車のサドルカバーおすすめ10選!防水対策・おしりの痛み軽減にも

自転車のサドルカバーの選び方やおすすめの商品をまとめました。雨の日も安心の防水加工が施されたカバー以外にも、おしりの痛みを軽減してくれるクッションつきや、サドルを長持ちさせるUV対策機能つきなど、1枚で何役もこなすカバーも紹介しています。自転車のアクセントになる、おしゃれなデザインもチェック!

目次

  • 自転車をもっと快適にする、サドルカバー
  • あると便利!サドルカバーの役割って?
  • サドルカバーの選び方
  • 盗難対策もできます
  • 快適に座れるサドルカバーおすすめ4選
  • 雨もへっちゃら!防水のサドルカバーおすすめ3選
  • おしゃれなデザインのサドルカバー3選
  • サドルカバーをつけて、快適に自転車に乗ろう!

自転車をもっと快適にする、サドルカバー

自転車をもっと快適にする、サドルカバー

出典:Amazon

サイクリング中におしりが痛くなったり、天気が悪いときにはサドルを拭く手間がかかったり。サドルカバーは、自転車に乗るときのちょっとしたお悩みを解決してくれるアイテムです。今回は、そんなサドルカバーの種類や選び方、おすすめの商品を紹介します。

あると便利!サドルカバーの役割って?

あると便利!サドルカバーの役割って?

出典:Amazon

まずはサドルカバーの主な役割をまとめました。いくつかの機能をあわせ持った商品も多いですよ。

 

おしりの痛みを軽減してくれる

自転車に乗っていて、おしりが痛くなった経験はありませんか?厚みのあるサドルカバーがあると、そうした痛みや圧迫感などが和らぎますよ。長時間走るときにも助かりますよね。

 

雨・日光などからサドルを守ってくれる

雨・日光などからサドルを守ってくれる

出典:Amazon

雨で自転車が濡れても、水に強いサドルカバーがあれば、軽く拭いたり外したりしてすぐ乗れます。ホコリや直射日光からもサドルを守ってくれるため、サドル自体を長持ちさせることもできるでしょう。

 

見た目のアクセントにも

見た目のアクセントにも

出典:Amazon

サドルカバーで自転車をおしゃれにカスタムすることもできますよ。好きな柄を選ぶのはもちろん、自転車置き場で見分けがつくようなデザインを探してみてもいいかもしれませんね。

 

サドルカバーの選び方

サドルカバーの選び方

出典:楽天市場

サドルカバーにはいろんな役割がある分、どんな商品を選べばいいか悩んでしまうもの。ここからは自分の自転車に合ったサドルカバーの選び方を紹介します。

 

サイズ

シティサイクル(ママチャリ)用、ロードバイクなどのスポーツバイク用など、対応する自転車が表記されていることがあります。まずは自転車に合った商品から探してみましょう。またある程度サイズ調整ができると、装着しやすいですよ。

 

素材

素材

出典:Amazon

おしりの痛み対策には、カバーの中身の材質もチェックしておきましょう。特に多い素材は次の3つです。

 

  • ●低反発…ほどよく硬さがあり、もっとも衝撃を吸収してくれる
  • ●ゲル…ほどよく硬さがあり、長時間乗る人におすすめ
  • ●ウレタン…触感は柔らかめ、クッション性バツグン

 

気になる人は、手にとって、それぞれの質感を確かめてみましょう。自転車屋さん以外にも、ショッピングセンターやホームセンターなどでも取り扱いがあるので、お店で比べてみてはいかがでしょうか。

 

機能

カバーの加工なども見ておきましょう。雨の日にも乗るなら、防水や撥水もできる仕様が安心ですね。また紫外線カット機能があると、サドル本体の劣化を防いでくれます。自転車を外で保管したり、通勤通学で毎日のように乗ったりしても、サドルをきれいなまま使えますよ。

 

固定方式

固定方式

出典:Amazon

サドルカバーをサドルに固定する方法は、大きく2種類あります。

 

  • ●ドローコード…かぶせて、ひもを引っ張って固定する
  • ●面ファスナー(マジックテープ)…かぶせて、マジックテープで固定する

 

どちらでも簡単に脱着ができますが、面ファスナーの方がよりズレにくいでしょう。このほか、着脱部分がゴムになっていて、かぶせるだけでOKのカバーもありますよ。

 

盗難対策もできます

カバーのめくれや盗難対策ができるサドルカバーもありますよ。付属のヒモをサドルのバネなどに通してかぶせることで、すぐには取り外せないようにできます。長時間、外に自転車を置いておくときにも重宝しそうですね。

 

快適に座れるサドルカバーおすすめ4選

ここからは座面にクッションの入ったサドルカバーを紹介します。サイクリング中のおしりの圧迫感や痛みが気になる人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

DOPPELGANGER/サドルカバー

形状記憶の低反発ウレタンをクッション材として入れた、やわらかな座り心地のカバー。おしりへの負荷を分散させるうえに、反発力が小さいため、長時間でも快適に走れるでしょう。カバーの裏には滑り止めが施されていて、カバーがズレる心配もないですね。

 

ITEM
DOPPELGANGER/サドルカバー
素材:低反発ウレタン
固定方式:ドローコート
撥水/防水:-

 


VELO/VLC-053

サドルメーカーとして世界的に有名なVEROのカバーです。緩衝材としてゲルが入っているため、やわらかすぎず、しっかりと座りたい人におすすめ。サドルの大手メーカーということもあり、同じ仕様で3つのサイズを取り扱っていますよ。ママチャリにはこちらのサイズがフィットしやすいかもしれません。

 

ITEM
VELO/VLC-053
素材:ポリエステル、ゲル
固定方式:ドローコート
撥水/防水:-

 


セライタリア/Comfort Booster

イタリアの老舗サドルメーカーがつくるカバー。ガバッとかぶせるだけで使えるComfort Boosterは、たっぷり肉厚のウレタン製クッションが入っています。よごれが気になったときには洗ってお手入れもできる耐水機能つき。

 

ITEM
セライタリア/Comfort Booster
素材:ポリエステル、ウレタン
固定方式:-
撥水/防水:△(生活防水)

 


SanDoll/自転車サドルカバー

シリコンと記憶フォームスポンジをクッションにした、長時間座っていてもおしりが痛くなりにくいカバーです。さらに表面は通気性がいい素材で、ムレの対策にもなりますよ。後方は反射板つきで、夜に走るときも安心ですね。

 

ITEM
SanDoll/自転車サドルカバー
素材:ポリエステル、低反発ウレタン
固定方式:ゴム
撥水/防水:-

 

雨もへっちゃら!防水のサドルカバーおすすめ3選

サドルに水がしみ込んだり、服を濡らしてしまうのを防いでくれるサドルカバーを紹介します。通勤通学など、雨の日にも乗ることがある人もチェックしてみてください!

 

BRIDGESTONE/スタイリッシュサドルカバー

国内の大手自転車メーカー「ブリヂストン」もカバーをつくっています。こちらは生地が二重になっていて、濡れたら上の一枚をめくるだけで乾いた面を出すことができますよ。有名なブランドですが、お手ごろ価格でゲットできるのも嬉しいですね。

 

ITEM
BRIDGESTONE/スタイリッシュサドルカバー
素材:PVC、ポリエステル
固定方式:ドローコート
撥水/防水:○

 


SERFAS/ウォータープルーフクルーザー

タイヤなど、自転車のパーツをつくるカリフォルニアのブランドです。ウォータープルーフクルーザーは伸縮性があり、雨がサドルに入り込むのをガードしてくれます。スポーツバイクのサドルにも対応することもあり、耐久性の心配も少ないでしょう。

 

ITEM
SERFAS/ウォータープルーフクルーザー
素材:ポリエステル、ナイロン
固定方式:ドローコート
撥水/防水:○

 


マルト/メチャノビ サドルカバー

2方向に伸縮するオリジナルの生地で仕立てられたカバー。表には縫い目がなく、ツルッとした形になりますよ。サドルにきれいにフィットするうえに、ブラックとブラウンの定番カラーがラインナップされているため、自転車のデザインにしっくり馴染むでしょう。

 

ITEM
マルト/メチャノビ サドルカバー
素材:ポリエステル、ナイロン
固定方式:ゴム
撥水/防水:○

 

おしゃれなデザインのサドルカバー3選

色や柄のラインナップが豊富なサドルカバーを紹介します。見た目はもちろん、ちょっとした機能がついたカバーもあるため、一石二鳥で活用してみましょう。

 

Basil/サドルカバー

カラフルなデザインから、落ち着いたデザインまで、いろいろなパターンのラインナップがあるサドルカバー。撥水素材が使われているため、少々雨が降ってもサドルを守ってくれます。

 

ITEM
Basil/サドルカバー
素材:ポリエステル、アクリル
固定方式:ドローコート
撥水/防水:○

 


Gravity/バイクシートカバー

ユニセックスなデザインがおしゃれなカバーです。厚さ5mmのウレタンクッションが入っていて、おしりの痛み対策にもなりますよ。持ち運びに便利な専用のポーチ付き。こまめに取り外して保管しておきたい人にもおすすめです。

 

ITEM
Gravity/バイクシートカバー
素材:ポリエステル
固定方式:ドローコート
撥水/防水:○

 


Bike Cap/シティサイクル用サドルカバー

オランダの自転車グッズブランド「Bike Cap」。こちらはヨーロッパのブランドらしい、遊び心いっぱいなデザインのカバーです。撥水加工が施されているため、多少の雨が降っても安心。後方には盗難対策になるリーシュ付きです。

 

ITEM
Bike Cap/シティサイクル用サドルカバー
素材:ポリエステル
固定方式:ドローコート
撥水/防水:○

 

サドルカバーをつけて、快適に自転車に乗ろう!

雨の日の移動やおしりの痛みなど、自転車に乗るときの小さなお悩みがあるときに便利なサドルカバー。機能はもちろん、おしゃれなデザインのカバーがあると、日々のサイクリングがもっと楽しくなりそうですね。使い勝手のいいカバーをつけて、快適に自転車に乗りましょう。

紹介されたアイテム

DOPPELGANGER/サドルカバー
VELO/VLC-053
サイトを見る
セライタリア/Comfort Boost…
SanDoll/自転車サドルカバー
BRIDGESTONE/スタイリッシュサ…
SERFAS/ウォータープルーフクルーザ…
サイトを見る
マルト/メチャノビ サドルカバー
Basil/サドルカバー
サイトを見る
Gravity/バイクシートカバー
サイトを見る
Bike Cap/シティサイクル用サドル…

あわせて読みたい

エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
自転車の輪行で、用意したいアイテムの一つ「エンド金具」をご紹介します。走るためのアイテムではありませんが、楽しい輪行には、エンド金具の使用をおすすめ…
高橋智宏
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
ORTLIEB(オルトリーブ)の丈夫な防水サドルバッグを紹介します。全ラインナップのほか、最新のオルトリーブ2と、Lの取り付け方法などの違いもまとめ…
二ノ宮 空
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
小竹 綾子
小竹 綾子

自転車好きな旦那の影響で、MTBやロードバイクに乗り始めて数年。まだまだ若輩者ですが、その分初心者にもわかりやすく、自転車の楽しさを知っていただけるような記事を書いていきたいです。またイタリア在住ということを活かしたイタリアの自転車事情なども発信していきます!