【武骨でかっこいい】キャノンデールのクロスバイクおすすめ9台をご紹介

キャノンデールのクロスバイクのおすすめモデルを紹介します!すっきりしたアルミフレームにフロントフォークが1本だけのleftyなど、個性的な見た目のラインナップですが、ホイールセンサーなどサイクリングで便利な機能もついていますよ。定番人気のBad Boyシリーズから女性におすすめのシリーズまで、デザインと機能を両立させたクロスバイクを幅広くピックアップしています。

目次

  • アメリカの自転車メーカー「Canoondale(キャノンデール)」
  • 武骨さがカッコイイ!軽量なアルミのクロスバイク
  • 「lefty」が目印の定番クロスバイク/Bad Boy
  • フィットネスにぴったりのバイク/Quick
  • ゆったり乗りたいクロスバイク/Treadwell
  • 正規販売店で試乗してみよう!
  • キャノンデールのクロスバイク、オーナーの1台をご紹介!
  • ユニークなキャノンデールのクロスバイクで走りに行こう!
アイキャッチ画像出典:Canoondale

アメリカの自転車メーカー「Canoondale(キャノンデール)」

アメリカの自転車メーカー「Canoondale(キャノンデール)」

出典:Flickr/Rudi Riet

Canoondale(キャノンデール)は、1971年にアメリカで生まれた自転車ブランド。アルミフレームの自転車製造が得意なブランドとしても知られています。フレームのほかに、自転車用アクセサリやウェアなどのアイテムも充実していますよ。カスタムしやすく、長年の愛用者も少なくありません。

ロードバイクの実績も豊富

ロードバイクの実績も豊富

出典:Flickr/Adam Baker

キャノンデールはプロチームも持っていて、グラン・ツールを制覇するなど実績も豊富。現在もさまざまな自転車レースのサポートをしています。そんな実力派ブランドのクロスバイクには、期待が持てますね。

武骨さがカッコイイ!軽量なアルミのクロスバイク

武骨さがカッコイイ!軽量なアルミのクロスバイク

出典:Canoondale

キャノンデールのクロスバイクといえば、アルミフレームの無骨でカッコイイ見た目。ブランド独自の加工技術で、軽い力でスイスイ進むように設計されています。振動も少なく、カーボンフレームのような滑らかな乗り心地を体感できますよ。

個性的な見た目の「lefty」

個性的な見た目の「lefty」

出典:Canoondale

ラインナップのなかには、フロントフォークが左側にだけついたモデルもあります。これは「lefty」と呼ばれていて、「Bad Boy」シリーズなどで取り入れられています。ユニークなデザインは自転車好きのほか、おしゃれに街乗りを楽しみたい人にも人気です。

 

心もとなく感じるかもしれませんが、剛性(頑丈さ)は2本足のフォークに負けません。見た目だけでなく、性能もバッチリなんです。

 

走った記録を残せる「ホイールセンサー」

走った記録を残せる「ホイールセンサー」

出典:Canoondale

キャノンデールのクロスバイクの多くは、「ホイールセンサー」がついています。専用のアプリと連携すれば、走った距離やスピードなどのデータを見られますよ。センサーといったアクセサリを別で買わなくてもサイクリングの記録ができるのは、嬉しいですよね。

女性向けモデルも充実!

女性向けモデルも充実!

出典:Canoondale

女性向けのラインナップも充実しています。小柄な人でもフィットしやすいサイズまで揃っているため、サイズでお困りのときは「Quick Women’s 4」など、女性向けのシリーズをチェックしてみてくださいね。

「lefty」が目印の定番クロスバイク/Bad Boy

ここからはラインナップを紹介します。まずはレフティーフォークの「Bad boy」シリーズから。ユニークなフォルムやマットな黒が際立つデザインで、ブランドのラインナップでも定番のシリーズになっていますよ。

Bad Boy 1

Bad Boy 1

出典:Canoondale

ヘッドチューブとダウンチューブをひとつのアルミニウムの塊から生成した「Bad Boy 1」。3D鍛造という製造方法で、シームレスなフォルムに仕上げられたハイグレードモデルです。チェーン部分は、スポーツバイクとしては珍しいベルトドライブ式。チェーンと異なりサビないため、限りなくメンテナンスフリー。海沿いを走ることが多くても安心ですね。

 

参考価格:229,900円(税込み)

 

 


Bad Boy 2

Bad Boy 2

出典:Canoondale

フォーク部分とシートポストにUSB充電式のLEDライトが内蔵されたモデル。ライトを別で用意する必要がないですね。トップチューブの側面には、ラバーのバンパーがついているため、駐輪するときにもマットな塗装を守ることができますよ。

 

参考価格:131,890円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 


Bad Boy 3

Bad Boy 3

出典:Canoondale

650Bホイールに太めの40Cタイヤが存在感のある「Bad Boy 3」。油圧式ディスクブレーキで、路面が濡れていてもしっかり止まることができます。ロゴやシートステーなどが反射材になっているため、暗い場所でも安心ですね。10万円以内でゲットできる、数少ないレフティーフォークモデルです。

 

参考価格:98,010円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 

フィットネスにぴったりのバイク/Quick

フィットネスとしてのサイクリングに特化した「Quick」シリーズ。キャノンデールのクロスバイクのなかでもスリムなフォルムですね。女性向けのモデルもあり、ダイエットや健康のために自転車を始めたい人にもおすすめですよ。

Quick 3

Quick 3

出典:Canoondale

シリーズのなかでもハイエンドモデルのQuick 3は、軽くて滑らかな走り心地のフルカーボンフォーク。グリップは横長なエルゴミック設計です。握りやすいので、長距離でも快適に走れるでしょう。パッドが厚い圧力緩和サドルは、クロスバイクデビューにもやさしい仕様ですよ。

 

参考価格:94,380円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 


Quick 4

Quick 4

出典:Canoondale

坂道などでも一定のペースを保ちやすい、ギア9段階のQuick 4。街乗りにはもちろん、休日のサイクリングにもおすすめです。前輪のホイールにはオリジナルセンサーを、ステムにはスマホを取り付けるためのSPコネクトがついています。専用アプリと連携すれば、走行距離のほか消費カロリーも教えてくれますよ。メンテナンスのタイミングまで通知される、便利な機能つき。

 

参考価格:79,860円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 


Quick 5

Quick 5

出典:Canoondale

艶やかなブラックと、エメラルドグリーンの2種類のカラーから選べるモデルです。フレームに360度反射素材が使われているため、光沢が美しいだけでなく、暗い場所でも安心して走れるようになっていますよ。リラックスした姿勢で乗れる設計のため、スポーツバイクに初めて乗る人にもおすすめ。

 

参考価格:66,550円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 

ゆったり乗りたいクロスバイク/Treadwell

2020年からラインナップに加わった「Treadwell」は、Quickと同じ「フィットネスバイク」として登場しています。カゴやホイールセンサーがついていたり、限定カラーがあったりと、街乗りがもっと楽しくなるようなデザインになっていますよ。

Treadwell EQ

Treadwell EQ

出典:Canoondale

浅めの艶消しバスケットがおしゃれなモデル。ショッピングなど街乗りメインで乗りたい人におすすめです。泥除けもついているため、服を汚しにくくなっていますよ。ハンドルからサドル下にかけて斜めになったフレーム構造は、またぎやすく、乗り降りしやすいでしょう。スポーツバイクが初めての人や女性にもぴったり。

 

参考価格:107,690円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 


Treadwell 2

Treadwell 2

出典:Canoondale

こちらも乗り降りしやすいフレーム形状をしたTreadwell 2。前傾姿勢になりすぎないため、がっつりスピードを出して走るよりも、ラクな姿勢で快適に走りたい人に向いています。付属のオリジナルセンサーがメンテナンスにおすすめの時期を知らせてくれるため、初めてのスポーツバイクでも安心ですよ。

 

参考価格:90,750円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 


Treadwell 3

Treadwell 3

出典:Canoondale

シリーズではもっともお手ごろ価格なモデルです。ギアは7段変速で、比較的シンプルな操作で走れますよ。中央が少しボコっとしたハンドルは、握りやすく長時間でも快適にサイクリングできるでしょう。スマホを簡単に取り付けられれるSPコネクトマウントがステム部分についているため、ナビや時計などをすぐにチェックできますね。

 

参考価格:75,020円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 

正規販売店で試乗してみよう!

気になるモデルがあったら、ショップで実物を確認してみましょう。試乗ができれば、キャノンデールの強みでもあるアルミフレームやレフティーフォークの乗り心地を体感できますし、ショップの人と相談しながらフィッティングができて安心ですよね。購入後のメンテナンス方法なども教えてもらえるので、ぜひお近くのショップを探してみてください。

 

キャノンデール正規販売店一覧

 

 

キャノンデールのクロスバイク、オーナーの1台をご紹介!

ここでは、キャノンデールのクロスバイクを愛用されているオーナーの方の、素敵なショットをご紹介します。

 

キャノンデール クロスバイク

出典:instagram/v8wood_take

 

キャノンデール クロスバイク

出典:instagram/madone0909

 

キャノンデール クロスバイク

出典:instagram/masashikosugi

 

キャノンデール クロスバイク

出典:instagram/masakumo

 

ユニークなキャノンデールのクロスバイクで走りに行こう!

ユニークなキャノンデールのクロスバイクで走りに行こう!

出典:Flickr/kcxd

マットな黒、シームレスなフレーム、1本足のフロントフォークなど、ユニークなスペックが目を引くキャノンデールのクロスバイク。ちょっと変わったクロスバイクに乗ってみたい人はもちろんですが、ライトやホイールセンサーなどサイクリングで便利なアクセサリが最初からついているため、初心者にもおすすめですよ。

 

キャノンデール公式ページはこちら

 

あわせて読みたい

フロントフォーク 積載
フロントフォークに荷物を積みたい!万能ケージやダボ穴増設アタッチメントのご紹介
フロントフォーク横への積載は、容量UPだけでなく走行感を向上させることもでき、バイクパッキングでは定番となりつつある積載方法です。その一方で、車種や…
s.kataoka
ロードバイク ライト つけ方
ロードバイクのライトの位置はどこがいいの?使いやすいポジションを紹介!
ロードバイクのライトをどこに付けるのがいいのでしょうか?操作のしやすさ、視認性のよさ、路面を明るく照射できるなどの、の切り口からベストポジションを考…
CYCLE HACK編集部
輪行 マナー ルール
【輪行のルール・マナーまとめ】そのやり方、間違ってませんか…?
自転車を手荷物として電車に持ち込む「輪行」。マスターするとサイクリングの幅が広がる便利な手段ですが、大切なルールやマナーが存在します。他の乗客の方と…
s.kataoka
グラベルキング タイヤ
人気タイヤ『グラベルキング』を種類ごとに比較!乗り方別のおススメは?
ロードバイクやグラベルロードに高い人気を誇るタイヤ『グラベルキング』。舗装路が得意なものから未舗装路に強いものまで、用途に応じて選べる沢山のラインナ…
s.kataoka
高い質感と変わらない美しさ。スギノのクランクを解説します。
トラック競技や競輪での使用率も高い「スギノのクランク」。スギノのクランクは、クロモリのロードバイクやグラベルロード、ピストバイクなどを、スタイリッシ…
高橋智宏
二ノ宮 空

自転車が好きで、クロスバイクとロードバイクを2台所有しています。ロングライドや自然の中を走るのが大好きです。自転車の魅力や自転車旅についてなど、楽しくてためになる情報を提供していきたいと思っています。