【削り出しの逸品】トムソンのシートポストはいかがですか?

人気のトムソンのシートポストをご紹介します。削り出しという技術が生かされたトムソンのシートポストは多くのファンがいます。シートポスト交換を考えている方はトムソンはいかがですか?各モデルをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

目次

  • トムソンってどんなメーカー?
  • まさに芸術品!トムソンのこだわりポイント
  • トムソンのシートポストの選び方のポイント!
  • トムソンのシートポストを紹介!
  • 珠玉の逸品を使ってみませんか?
出典:楽天市場

トムソンってどんなメーカー?

トムソンってどんなメーカー?

金属を削り出して精密加工する技術が高いメーカーの「トムソン」。サイクルパーツだけではなく、航空機の部品も受注するほどの信頼性が高いメーカーです。金属の削り出しは成型と違い、時間も手間もかかりますが、精密なデザインと仕上がりの美しさは一級品と言って良いでしょう。

 

まさに芸術品!トムソンのこだわりポイント

まさに芸術品!トムソンのこだわりポイント

出典:楽天市場

芸術品に例えられることもある、トムソン製品ですが、そう言われるだけのこだわりがあります。

 

何と言っても「削り出し」!

何と言っても「削り出し」!

出典:FaceBook/Thomson Bike Products

CNCと呼ばれるコンピュータ制御の金属の削り出し加工は、寸分の狂いもなく、精度の高い製品を作り出すことができます。継ぎ目などがない、削り出しの仕上がりとデザインの美しさが、トムソンのシートポストならではの魅力です。

 

シートポスト以外のパーツも人気

シートポスト以外にも

トムソンではシートポスト以外にも、ハンドルやステム、シートクランプなど削り出しの技術を活かした製品を多くラインナップしています。

 

トムソンのシートポストの選び方のポイント!

シートポストとして一級品とも名高い、トムソンのシートポストの選び方をご紹介します

 

3種のモデルから選ぼう!

3種のモデルから選ぼう!

出典:楽天市場

トムソンのシートポストは、以下の3種。以下、各シリーズのおおまかな特徴です。

 

●エリート

⇢トムソンを代表するアルミシートポストで、サイズ展開も広い。

 

●マスターピース

⇢エリートをさらに削り軽量化したアルミシートポストのトップグレード。

 

●チタニウム

⇢2020年に発表された、チタニウムを使った最新のシートポスト。

 

オフセット量と色で選ぶ

オフセット量と色で選ぶ

出典:楽天市場

トムソンのシートポストには、各シリーズ16mmセットバックしたモデルと、オフセット0mmのモデル、色はブラックとシルバーがあります。

 

トムソンが他メーカーと違うのは、セットバックモデルはヤグラが下がっているのではなく、シートポストの途中が折れ曲がるようにセットバックされている特徴があります。

 

セットバックを選ぶ場合は、シートポストの挿しこみ長さも限られるので注意しましょう。

 

ドロッパーシートポストもあります!

ドロッパーシートポストもあります!

マウンテンバイクでトレイルを走る時など、必需品になりつつあるドロッパーシートポストも、トムソン製品は人気です。エリートをベースに内装・外装ケーブルや、3種類のトラベル量から選ぶことができます。

 

▼▼ドロッパーシートポストの関連記事はこちら▼▼

 

トムソンのシートポストを紹介!

それではトムソンのシートポスト、各モデルをご紹介します!

 

ELITE SEAT POST

トムソンを代表するエリートシリーズは、コストパフォーマンスが高く、その仕上がりと美しさで、人気が高いシートポストです。ポスト径・長さのサイズ展開も広く、多くのフレームに対応しますよ。

ITEM
THOMSON/ELITE SEATPOST
●サイズ:25.0mm~32.4mm
●カラー:ブラック・シルバー
●長さ:250mm~410mm
●オフセット:0mm/セットバック16mm
●重量:223g(31.6mm×367mm)

MASTERPIECE SEATPOST

アルミのシートポストで長く愛用するならこのモデル。マスターピースはさらに時間をかけて余分な部分を徹底的にそぎ落とした、まさに逸品といえるシートポストです。
ITEM
THOMSON/Masterpiece SEAT POST
●サイズ:27.2mm・30.9mm・31.6mm
●カラー:ブラック・シルバー
●長さ:240mm・330mm・350mm
●オフセット:0mm/セットバック16mm
●重量:193g(31.6mm×350mm)

TITANIUM SEATPOST

2020年にトムソンからリリースされた、待望のチタン製のシートポストです。軽量で耐食性に優れたチタンを、トムソンの技術で造られています。チタンフレームやヴィンテージフレームにもマッチするモデルでしょうl

ITEM
THOMSON/TITANIUM SEATPOST
●サイズ:27.2mm
●長さ:350mm・410mm

ELITE DROPPER SEATPOST

トレイルの下りなどで、自由自在にサドルを下げることができるドロッパーシートポスト。ケーブルルートが内装・外装とあり、手元で調節が可能です。

ITEM
THOMSON/ELITE DROPPER SEATPOST
●サイズ:27.2mm・30.9mm・31.6mm
●トラベル量:100mm・125mm・150mm

珠玉の逸品を使ってみませんか?

トムソンのシートポストを手に取ると、その質感に驚くでしょう。削り出された表面は、軽量なのに重厚感があり、シートポストやステムとは思えない仕上がりです。こだわりのあるシートポストを選びたいなら、トムソンはいかがでしょうか。

 

▼▼シートポストの関連記事はこちら▼▼

紹介されたアイテム

THOMSON/ELITE SEATPO…
THOMSON/Masterpiece…
THOMSON/TITANIUM SEA…
THOMSON/ELITE DROPPE…

あわせて読みたい

フロントフォーク 積載
フロントフォークに荷物を積みたい!万能ケージやダボ穴増設アタッチメントのご紹介
フロントフォーク横への積載は、容量UPだけでなく走行感を向上させることもでき、バイクパッキングでは定番となりつつある積載方法です。その一方で、車種や…
s.kataoka
ロードバイク ライト つけ方
ロードバイクのライトの位置はどこがいいの?使いやすいポジションを紹介!
ロードバイクのライトをどこに付けるのがいいのでしょうか?操作のしやすさ、視認性のよさ、路面を明るく照射できるなどの、の切り口からベストポジションを考…
CYCLE HACK編集部
輪行 マナー ルール
【輪行のルール・マナーまとめ】そのやり方、間違ってませんか…?
自転車を手荷物として電車に持ち込む「輪行」。マスターするとサイクリングの幅が広がる便利な手段ですが、大切なルールやマナーが存在します。他の乗客の方と…
s.kataoka
グラベルキング タイヤ
人気タイヤ『グラベルキング』を種類ごとに比較!乗り方別のおススメは?
ロードバイクやグラベルロードに高い人気を誇るタイヤ『グラベルキング』。舗装路が得意なものから未舗装路に強いものまで、用途に応じて選べる沢山のラインナ…
s.kataoka
高い質感と変わらない美しさ。スギノのクランクを解説します。
トラック競技や競輪での使用率も高い「スギノのクランク」。スギノのクランクは、クロモリのロードバイクやグラベルロード、ピストバイクなどを、スタイリッシ…
高橋智宏
高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在はスポーツバイクの普及活動をしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。