【しっかり自立】自転車につけるセンタースタンドのおすすめ製品をご紹介!

ロードバイクなどスポーツバイクにあると便利なセンタースタンドの選び方とおすすめを紹介します!1本足、2本足それぞれの人気製品をまとめたほか、種類別の取り付け方法や気を付けることもピックアップしています。駐輪しやすく、荷物も置けるようになるセンタースタンドで、自転車を使いやすくカスタムしてみましょう。

目次

  • スポーツバイクでも、フラッと寄り道しませんか?
  • センタースタンドの選び方
  • 定番の2本足センタースタンドなら、コレ!
  • スタイリッシュな1本足のセンタースタンド
  • センタースタンドの取り付け方法
  • 取り付ける時の注意点もあるので、チェックしよう
  • 不安な人はショップで取り付けてもらおう
  • センタースタンドで自転車をもっと便利に
アイキャッチ画像出典:Amazon

スポーツバイクでも、フラッと寄り道しませんか?

スポーツバイクでも、フラッと寄り道しませんか?

出典:Flickr/American Cyclery Official

スポーツバイクは、持ち運びも軽く、街乗りも遠出もスピーディーに快適に走れますよね。ところでスポーツバイクで出かけたとき、自転車を立てかける場所を探すのに苦労したことはありませんか?そんなときには、自転車にセンタースタンドをつけておくと便利ですよ。

 

今回は、駐輪に便利なセンタースタンドの種類や選び方、おすすめの製品を紹介します。

 

センタースタンドなら、荷物があっても安定しますよ

センタースタンドなら、荷物があっても安定しますよ

出典:Flickr/Umberto Brayj

自転車の中心で車体を支えるセンタースタンドは、後輪近くにつけるサイドスタンドより安定するため、風がある時や荷物が多めでも安心です。買い物はもちろん、ツーリングでも使い勝手がいいですね。

 

平らな場所で本領発揮

平らな場所で本領発揮しますよ

出典:Flickr/Michael Coghlan

センタースタンドは平らな場所でこそ、しっかりと自転車を支えられます。斜面だと倒れてしまうので、駐輪場所は平らな場所を選びましょう。

 

センタースタンドの選び方

センタースタンドは種類も使い方もいろいろあります。事前にチェックしておきたい仕様などを確認していきましょう。

ガタつかない2本足・スタイリッシュな1本足

ガタつかない2本足・スタイリッシュな1本足
出典:Flickr/Cat Burston

センタースタンドの、足は1本、もしくは2本です。オーソドックスな2本足は、安定感があるため、多少、荷物があっても安心ですね。一方、1本足は、スッキリとした外観で、軽いスタンドが多いですよ。

高さや角度を調節できるタイプも

高さや角度を調節できるタイプも

出典:Amazon

足の長さが調節できるタイプだと、微調整することで、よりしっかり支えられるでしょう。角度が調整できると、クランクと当たらないところで固定できますね。

荷物を載せるなら、耐荷重もチェック

荷物を載せるなら、耐荷重もチェック

出典:Flickr/Russ

荷物が多い人は、耐荷重も確認しましょう。2本足のセンタースタンドは30kgくらいまでOKな製品が主流で、なかには50kg以上載せられるスタンドもあります。買い物や泊まりがけのサイクリングなら、耐荷重に余裕があるスタンドだと安心ですね。

定番の2本足センタースタンドなら、コレ!

センタースタンドの定番は2本足。人気のブランドを中心に、おすすめの製品を選んでみました。

GIZA PRODUCTS(ギザ プロダクツ)/アジャスタブル ダブル レッグ センタースタンド

国産ブランドの「GIZA PRODUCTS」。スタンドの角度か変えられるため、自転車の部品との接触もなく安心。丈夫なアルミ合金製で、30kgまでの荷物を載せられますよ。

ITEM
GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) /アジャスタブル ダブル レッグ センタースタンド CL-KA56
●素材:アルミ合金
●地面から取りつけ位置までの高さ:275~330mm
●最大荷重:30kg
●重量:560g

MASSLOAD(マスロード)/ CL-KA56

台湾メーカーのMASSLOADは、世界的に有名な自転車ブランド用にOEMでパーツをつくる実力派。CL-KA56は耐荷重50kgで、キャンプツーリングや自転車旅行で荷物をたくさん積みたい人にもおすすめです。長さを調節すれば、24〜27インチの自転車につけられますよ。

ITEM
MASSLOAD(マスロード)/ CL-KA56
●素材:アルミ合金
●使用可能サイズ:24~27インチ、650~700C
●最大荷重:50kg
●重量:525g

SOMA  FABRICATIONS(ソーマ ファブリケーションズ)/ダブルキックスタンド

サンフランシスコに拠点をおく自転車ブランド「SOMA  FABRICATIONS」。デザイン性の高いフレームの自転車が人気のブランドですが、センタースタンドもつくっています。丈夫なアルミ製で、フレームとなじみやすいシルバーカラー。脚の長さ調節もできます。

ITEM
SOMA FABRICATIONS(ソーマ ファブリケーションズ)/ダブルキックスタンド
●素材:アルミ
●カラー:シルバー
●高さ:830mm
●重量:860g

スタイリッシュな1本足のセンタースタンド

1本足のセンタースタンドは、車体の重さに響きにくい、軽い製品が多いですよ。スッキリした見た目なのにタフな1本足を紹介します。

GIZA PRODUCTS(ギザ プロダクツ)/アジャスタブル センタースタンド

地面から取り付け位置までの高さを230〜280mmで調節できるスタンド。出先でも、調整ノブで簡単に伸ばせて使えますよ。フレーム色に合わせやすい、ブラックとシルバーの2色展開です。

ITEM
GIZA PRODUCTS(ギザ プロダクツ)/アジャスタブル センタースタンド
●素材:アルミ合金
●地面から取付位置までの高さ::230~280mm
●重量:305g

ESGE(エスゲ)/オプティマフレックス

スイスのPLETSCHER社が展開するスタンドのブランド「ESGE」。オプティマフレックスは、1本足ながら耐荷重50kgのタフなスタンドです。シンプルなデザインで、どんなバイクにも合いそうですね。

ITEM
ESGE(エスゲ)/オプティマフレックス
●地面から取りつけ位置までの高さ:375mm
●耐荷重:50kg
●重量:340g

MASSLOAD(マスロード)/ターンアジャスト・シングルレッグセンタースタンド

こちらの1本足スタンドは、誤ってスタンドを解除しないようにセーフティロックがついています。脚の長さの調節は、ひねってスライドさせるだけ。24〜27インチの自転車に対応しているため、クロスバイクにもおすすめ。

ITEM
MASSLOAD(マスロード)/ターンアジャスト・シングルレッグセンタースタンド
●素材:アルミ
●サイズ:(約)370×50×50mm
●重量:345g

センタースタンドの取り付け方法

センタースタンドは主に3つの取り付け方法があります。それぞれの方法をまとめました。

台座につけるなら、隙間をチェック!

台座につけるなら、隙間をチェック!

出典:Amazon

もっともメジャーな取り付け方は、台座をつけて装着する方法。チェーンステーとシートチューブの間の、後輪とペダルとの隙間に台座を取り付けます。男性で指2〜3本、女性で3〜4本分くらいの幅があれば取り付けられるでしょう。この幅が十分にあるか、事前に確認しておくことをお忘れなく。

BBにつけるタイプはスッキリしたデザイン

BBカップにつけるタイプはスッキリしたデザイン

出典:楽天市場

BBとは「Bottom Bracket」の略で、クランクの根元にあるパーツのこと。BBに挟んで、センタースタンドを取り付けます。スタイリッシュなデザインが多く、横から見るとスッキリと収まります。ただしBBのサイズは自転車によって異なるため、注意しましょう。

簡単に装着するなら、チェーンステーにとりつけるタイプ

簡単に装着するなら、チェーンステーにとりつけるタイプ

出典:楽天市場

ペダル根元と後輪につながるフレームの「チェーンステー」に取り付けるタイプのスタンドは、装着が簡単で、しっかり固定される製品が多いですよ。一方でフレームが傷つきやすく、フレーム素材によっては使えないこともあるため、仕様を確認しておきましょう。

取り付ける時の注意点もあるので、チェックしよう

自転車のサイズ確認以外にも、いくつか注意点もあるので、見ていきましょう。

ワイヤーやチェーンに干渉しないかチェック

ワイヤーやチェーンに干渉しないかチェック

出典:Amazon

スタンドを取り付けられても、ワイヤーやチェーンに接触していたらNG。パーツが壊れたり、事故に繋がることもあります。スタンドをつけたら、一度ペダルを回して、スタンドがワイヤーなどに干渉していないか確認しましょう。

カーボンフレームには対応していないスタンドも

台座を取り付けるタイプなど、カーボンフレームには取り付けできないスタンドもあります。フレームの種類を確認して、適正なタイプか確認しておきましょう。

純正ならより安全に使える

安心して取り付けたいなら、対応モデルがはっきりしているスタンドや、純正のスタンドを選ぶ方法もあります。自分の自転車に対応したスタンドがあるか探してみても良いですね。

不安な人はショップで取り付けてもらおう

不安な人はショップで取り付けてもらおう

出典:Flickr/Todd Fahrner

メンテナンスが苦手な人など、スタンド装着に不安がある人は、ショップに相談してみましょう。工賃はかかるかもしれませんが、取り付け作業をお願いすれば、手間もかからず安心ですね。

センタースタンドで自転車をもっと便利に

センタースタンドで自転車をもっと便利に

センタースタンドは、自転車でお買い物に行くときや一息つくときに使い勝手のいいアイテム。自転車を立てかける場所を探す手間がなくなって、より走る楽しみが増えるかもしれませんね。センタースタンドを活用して、自転車をより楽しみましょう。

紹介されたアイテム

GIZA PRODUCTS(ギザプロダク…
MASSLOAD(マスロード)/ CL-…
SOMA FABRICATIONS(ソー…
GIZA PRODUCTS(ギザ プロダ…
ESGE(エスゲ)/オプティマフレックス
MASSLOAD(マスロード)/ターンア…

あわせて読みたい

エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
自転車の輪行で、用意したいアイテムの一つ「エンド金具」をご紹介します。走るためのアイテムではありませんが、楽しい輪行には、エンド金具の使用をおすすめ…
高橋智宏
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
ORTLIEB(オルトリーブ)の丈夫な防水サドルバッグを紹介します。全ラインナップのほか、最新のオルトリーブ2と、Lの取り付け方法などの違いもまとめ…
二ノ宮 空
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
二ノ宮 空
二ノ宮 空

自転車が好きで、クロスバイクとロードバイクを2台所有しています。ロングライドや自然の中を走るのが大好きです。自転車の魅力や自転車旅についてなど、楽しくてためになる情報を提供していきたいと思っています。