自転車用おすすめのセンタースタンドをご紹介。スポーツバイクで気軽に寄り道しよう!

スポーツバイクでコンビニやカフェに立ち寄るとき、愛車を立てかけられず、苦労した経験はありませんか?そんなときには、センタースタンドがあると便利ですよ。

こちらでは、駐輪に便利なセンタースタンドの種類や選び方、おすすめの製品を紹介します。

制作者

二ノ宮 空

自転車が好きで、クロスバイクとロードバイクを2台所有しています。ロングライドや自然の中を走るのが大好きです。自転車の魅力や自転車旅についてなど、楽しくてためになる情報を提供していきたいと思っています。

二ノ宮 空のプロフィール

...続きを読む

目次

  • センタースタンドを使うと、荷物があっても安定します
  • センタースタンドの選び方
  • 定番の2本足センタースタンドなら、コレ!
  • スタイリッシュな1本足のセンタースタンド
  • センタースタンドの取り付け方法
  • 取り付ける時の注意点を、チェックしよう
  • 不安なら、ショップで取り付けてもらおう
  • センタースタンドで、自転車をもっと便利に
アイキャッチ画像出典:Flickr/chinnian

センタースタンドを使うと、荷物があっても安定します

センタースタンドがついた自転車と荷物

出典:Flickr/Umberto Brayj

自転車の中心で車体を支えるセンタースタンドは、後輪付近につけるサイドスタンドより安定します。

 

風がある日や、買い物など荷物を載せている時も倒れにくいでしょう。

 

平らな場所で本領発揮

センタースタンドは、斜面では倒れやすいですが、平面ではしっかり自転車を支えられます。駐輪する時は、平らな場所を選びましょう。

 

センタースタンドの選び方

センタースタンドは、種類も使い方もいろいろあります。選ぶ時のポイントをまとめました。

 

ガタつかない2本足・スタイリッシュな1本足

荷物を載せた自転車
出典:Flickr/Cat Burston

センタースタンドの足は1本、もしくは2本です。オーソドックスな2本足は、安定感があるため、多少荷物があっても安心ですね。一方、1本足タイプは、スッキリとした外観で、軽量な製品が多いですよ。

 

高さや角度を調節できるタイプも

長さ調節ができる自転車スタンド

出典:Amazon

足の長さが調節できるタイプだと、微調整することで、よりしっかり支えられるでしょう。角度が調整できると、クランクと当たらないところで固定できますね。

 

荷物を載せるなら、耐荷重もチェック

3台のスポーツバイク

出典:Flickr/Russ

自転車にたくさんの荷物を積むなら、耐荷重も確認しましょう。2本足の場合、30kgくらいまでOKな製品が主流で、なかには50kg以上載せられるスタンドもあります。

 

買い物や泊まりがけのサイクリングなら、耐荷重に余裕があるスタンドだと、安心ですね。

 

定番の2本足センタースタンドなら、コレ!

センタースタンドの定番は2本足。人気のメーカーを中心に、おすすめの製品を選んでみました。

 

GIZA PRODUCTS(ギザ プロダクツ)/アジャスタブル ダブル レッグ センタースタンド

日本メーカーの「GIZA PRODUCTS」。こちらはスタンドの角度を変えられるため、自転車本体と接触しにくいでしょう。丈夫なアルミ合金製で、30kgまでの荷物を載せられます。20~28インチの自転車に取り付けられますよ。

 

ITEM
GIZA PRODUCTS/アジャスタブル ダブル レッグ センタースタンド
●カラー:ブラック、シルバー
●素材:アルミ合金
●対応可能サイズ:20~28インチ
●地面から取りつけ位置までの高さ:275~330mm
●最大荷重:30kg
●重量:560g

 


MASSLOAD(マスロード)/ CL-KA56

台湾メーカーの「MASSLOAD」。CL-KA56は、スタンドを跳ね上げると、片側のフレームにまとまって格納でき、すっきりした見た目になります。

 

ITEM
MASSLOAD/ CL-KA56
●カラー:ブラック、シルバー
●素材:アルミ合金
●使用可能サイズ:24~28インチ
●重量:540g

 


MASSLOAD(マスロード)/ CL-KA47

足についている赤いボタンを押して、かんたんに長さ調節できるスタンド。耐荷重50kgで、キャンプツーリングや、自転車旅行で荷物を、多く積みたい人にもおすすめです。

 

ITEM
MASSLOAD/ CL-KA47
●カラー:ブラック、シルバー
●素材:アルミ合金
●対応可能サイズ:24〜27インチ(650〜700c)
●取付可能チェーンステー厚:35mmまで
●耐荷重:50kg
●重量:535g

 


野口商会/Wレッグスタンド

自転車パーツを中心に取り扱う「野口商会」。こちらのスタンドは、足の長さを7段階に調節できます。24~28インチの自転車に対応しています。

 

ITEM
野口商会/Wレッグスタンド
●カラー:ブラック、シルバー
●素材:アルミ
●対応可能サイズ:24~28インチ
●フレーム接置部サイズ:約45 x 約25mm
※フレーム形状によって、取り付けできない場合あり

 


SOMA  FABRICATIONS(ソーマ ファブリケーションズ)/ダブルキックスタンド

サンフランシスコに拠点をおく自転車メーカー「SOMA  FABRICATIONS」。デザイン性の高いフレームの自転車が人気ですが、センタースタンドも作っています。丈夫なアルミ製で、フレームとなじみやすいカラー。足の長さ調節もできます。

 

ITEM
SOMA FABRICATIONS/ダブルキックスタンド
●カラー:シルバー
●素材:アルミ
●重量:860g

 

スタイリッシュな1本足のセンタースタンド

1本足のセンタースタンドは、軽量な製品が多いですよ。スッキリした見た目なのに、タフなおすすめの製品を紹介します。

 

GIZA PRODUCTS(ギザ プロダクツ)/アジャスタブル センタースタンド

地面から取り付け位置までの高さを、230〜280mmで調節できるスタンド。調整ノブで、簡単に伸ばすことができます。フレームやパーツのカラーに合わせやすい、ブラックとシルバーの2色展開です。

 

ITEM
GIZA PRODUCTS/アジャスタブル センタースタンド CL-KA76
●カラー:ブラック、シルバー
●素材:アルミ合金
●対応可能サイズ:24~29インチ
●地面から取付位置までの高さ::230~280mm
●重量:305g

 


ESGE(エスゲ)/オプティマフレックス

スイスのPLETSCHER社が展開する「ESGE」。1本足ですが、耐荷重50kgのタフなスタンドです。小径車はもちろん、最大29インチの自転車にまで対応しています。地面にしっかりとグリップする、滑りにくいレッグキャップ付き。

 

ITEM
ESGE/オプティマフレックス
●カラー:ブラック、シルバー
●地面から取りつけ位置までの高さ:375mm
●対応可能サイズ:29インチにも対応
●耐荷重:50kg
●重量:340g

 


MASSLOAD(マスロード)/ターンアジャスト・シングルレッグセンタースタンド

こちらの1本足スタンドは、誤ってスタンドを解除しないよう、セーフティロックがついています。足の長さの調節は、ひねってスライドさせるだけ。24〜27インチの自転車に対応しています。

 

ITEM
MASSLOAD/ターンアジャスト・シングルレッグセンタースタンド
●カラー:ブラック、シルバー
●素材:アルミ
●対応可能サイズ:24~27インチ、650~700C
●チェーンステー厚:35mmまで
●重量:345g

 


BBB(ビー・ビー・ビー)/シティキック

「BBB」は、オランダの自転車総合パーツメーカー。シティキックは、バイクをしっかり支える特殊な形状と、接地面積が大きいフットレストのおかげで、安定感バツグン。スタイリッシュなデザインの、1本足スタンドです。

 

ITEM
BBB/シティキック BKS-05
●カラー:ブラック
●対応可能サイズ:26〜29インチ

 


NUVO(ヌーボ)/アルミセンタースタンド

長さをカットすることで、様々なサイズの自転車に対応できるセンタースタンド。一度カットすると、自由に調節することはできませんが、合うスタンドが見つからない時は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

ITEM
NUVO/アルミセンタースタンド NH-KC21AA
●カラー:ブラック、シルバー
●素材:アルミ
●対応可能サイズ:20-26インチ、700C

 

センタースタンドの取り付け方法

センタースタンドは主に3つの取り付け方法があります。それぞれの方法をまとめました。

①台座に取り付け。隙間をチェックしよう。

自転車のスタンド取り付け位置

出典:Amazon

もっともメジャーな取り付け方は、台座をつけて装着する方法。チェーンステーとシートチューブの間の、後輪とペダルとの隙間に台座を取り付けます。

 

男性で指2〜3本、女性で3〜4本分くらいの幅があれば、取り付けられるでしょう。この幅が十分にあるか、事前確認をお忘れなく。

 

②:BBに取り付け。スッキリしたデザインが特徴。

BBに取り付けるタイプ

出典:Amazon

BBとは「Bottom Bracket」の略で、クランクの根元にあるパーツのこと。BBに挟んで、センタースタンドを取り付けます。

 

スタイリッシュなデザインが多く、横から見るとスッキリと収まります。ただしBBのサイズは自転車によって異なるため、注意しましょう。

 

③チェーンステーに取り付け。装着が簡単です。

チェーンステーに取り付けるタイプ

出典:Amazon

ペダル根元と後輪につながる、フレームの「チェーンステー」に取り付けるタイプのスタンドは、装着がかんたん。しっかり固定される製品が多いですよ。

 

一方でフレームが傷つきやすく、フレーム素材によっては使えないこともあるため、仕様を確認しておきましょう。

 

取り付ける時の注意点を、チェックしよう

自転車のサイズ確認以外にも、いくつか注意点があるので、紹介します。

 

ワイヤーやチェーンに干渉しないかチェック

自転車のフレーム

出典:Amazon

スタンドを取り付けられても、ワイヤーやチェーンに接触していたらNG。パーツが壊れたり、事故に繋がることもあります。スタンドをつけたら、一度ペダルを回して、スタンドがワイヤーなどに干渉していないか確認しましょう。

 

カーボンフレームには対応していないスタンドも

台座を取り付けるタイプなど、カーボンフレームには取り付けできないスタンドもあります。フレームの種類を確認して、適正なタイプか確認しておきましょう。

 

純正ならより安全に使える

安心して取り付けたいなら、対応モデルがはっきりしているスタンドや、自転車メーカー純正のスタンドを選ぶ方法もあります。自分の自転車に対応したスタンドがあるか探してみても良いですね。

 

不安なら、ショップで取り付けてもらおう

自転車ショップ

出典:Flickr/Todd Fahrner

メンテナンスが苦手な人など、スタンド装着に不安がある人は、ショップに相談してみましょう。工賃はかかるかもしれませんが、取り付け作業をお願いすれば、手間もかからず安心ですね。

 

センタースタンドで、自転車をもっと便利に

センタースタンドがついた自転車

センタースタンドは、自転車で買い物、一息つくときに便利なアイテム。さっと駐輪できて、より走る楽しみが増えるかもしれませんね。

 

センタースタンドを活用して、サイクリングの楽しみの幅を広げましょう。

あわせて読みたい

ロードバイク ウィンドブレーカー
【ロードバイク用ウィンドブレーカー】おすすめ製品・選び方・使い方を解説
ロードバイクに乗るなら、ぜひ持っておきたいのが「ウィンドブレーカー」。肌寒さや小雨を防いでくれ、重宝するアイテムです。今回は、ロードバイク用ウィンド…
S.K.
トレック 直営店
【自転車にもKeePerコーティング?】自転車業界初!全国25店舗のトレック直営店で販売開始!
全国25店舗のトレック直営店では、自転車業界で初めて、自転車へのコーティングサービスの販売を開始!汚れを防止するだけでなく、長期間のツヤを提供してく…
CYCLE HACK編集部
自転車 反射板
自転車の反射板って必須なの?必要な条件やおすすめアイテムを紹介!
反射板は、自転車の存在を知らせてくれる大切なアイテム。とくに夜間の走行の時、リアライトと同じように後続車に自転車の存在をアピールできます。反射板の装…
小竹 綾子
カステリ ロードバイク 男性
高性能!プロも愛用する『カステリ』のサイクルジャージをご紹介
サイクルウェアブランドとして有名なカステリ(Castelli)。おしゃれなサイクルジャージも展開されていますが、サイズ感や機能性が自分に合うのかが不…
S.K.
ディスクブレーキ メンテナンス ツール
自転車のディスクブレーキのメンテナンスならこれ!便利ツール「NTL-5」をご紹介
ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどのディスクブレーキに最適なメンテナンスアイテム、NOGUCHI (野口商会)の、「NTL-5」をご紹…
高橋智宏