自転車のタイヤの空気圧、測り方と便利なアイテムをご紹介

自転車の適正な空気圧についてを解説!自転車はタイヤの空気圧しだいで、快適にも不便にもなります。空気圧の数値の見方や、適正な空気圧をキープするアイテムなどをまとめました。

目次

  • 自転車のタイヤの空気圧、大事ですよ
  • タイヤの空気圧が適正だと、自転車は楽しい!
  • 適切な空気圧は、タイヤの側面でチェック!
  • どれくらいの頻度で空気を入れるのが理想?
  • タイヤの空気圧を測るための、便利なアイテム
  • 【応用編】空気圧を微調整して乗る
  • 適正な空気圧で、快適に走ろう

自転車のタイヤの空気圧、大事ですよ

自転車のタイヤの空気圧、大事ですよ

自転車を乗るうえで、タイヤの空気圧を保つことは、とても大切です。快適に自転車に乗るためにも、タイヤの空気圧に気を配るようにしましょう。

タイヤの空気圧が適正だと、自転車は楽しい!

適切な空気圧で、自転車に乗ると、様々なメリットがあります。

楽にスムーズに走れる

楽にスムーズに走れる

空気を入れてタイヤが膨らむと、タイヤと地面との接地面が少なくなります。接地面が減ると、地面との摩擦が少なくなるので、スピードが出しやすくなりますよ。

パンクの予防に

パンクの予防に

タイヤの空気が足りないと、パンクがしやすい状態になります。その状態で、段差などを乗り越えようとすると、衝撃でタイヤの中のチューブに穴があいてしまうことも。適正な空気圧にすれば、パンク予防につながりますよ。

 

適切な空気圧は、タイヤの側面でチェック!

適切な空気圧は、タイヤの側面でチェック!

撮影:編集部

適切な空気圧はタイヤによって異なります。タイヤの側面に、適正なタイヤの空気圧の数値が記載されているので、チェックしましょう。

 

例えば、「〇〇~〇〇psi /△△~△△bar」や、「max.〇〇psi /△△bar」と記載があります。空気圧の単位はいくつか種類がありますが、基本のbarとpsiを押さえておきましょう。

 

【空気圧の単位】

●bar(バール)

⇢MTBなどの太いタイヤに使われることが多い単位。ヨーロッパで多く使われる圧力を表しています。

 

●psi(ピーエスアイ)

⇢「Pound per Square Inch」の略。アメリカでよく使われることが多い単位です。

 

●kpa

⇢「キロパスカル」のことで、1Bar=100kpaになります。

 

空気圧計付きのポンプで数値を確認

空気圧計付きのポンプで数値を確認

空気を入れる時に、適正な空気圧で空気が入っているか、空気圧が計れる「空気圧計付きのポンプ」を使うのがおすすめです。

どれくらいの頻度で空気を入れるのが理想?

自転車の種類によってタイヤも変わって来ます。それぞれ、空気を入れる頻度も変わってくるので、タイミングを把握しておきましょう。

 

シティサイクル(ママチャリ)

2週間から1ヶ月に1度は空気を入れると良いでしょう。空気が少ないと感じる前に空気を入れて、適正な空気圧を保つようにしましょう。

 

ロードバイク、クロスバイク

ロードバイクやクロスバイクは、タイヤが細く空気の減りが早いため、1週間から2週間に1回は空気を入れるようにしましょう。特に空気圧が低い状態だとパンクのリスクも高くなるので、こまめに空気を入れるのが大切です。

 

マウンテンバイク

マウンテンバイクの場合、タイヤが太く頑丈なので2週間に1回ほどのタイミングで空気を入れるようにしましょう。

 

タイヤの空気圧を測るための、便利なアイテム

アイテム購入時は、自分の自転車のバルブタイプ(英式・米式・仏式)は必ず確認しましょう。

空気圧付きのフロアポンプ

空気圧計がついたフロアポンプなら、空気を入れながら空気圧を計測できるので、適正な空気圧を保てますね。

ITEM
Panaracer(パナレーサー)/ゲージ付フロアポンプ
●仏式米式オートヘッド採用(英式クリップ付属)

アダプターが要らないのと、空気圧がわかるので適正な数値で入れれます。今まで全然適正な空気圧でなかったみたいで、走りが全然ちがいました。

ITEM
GIYO(ジーヨ)/高圧対応フロアーポンプ
●米・仏バルブ対応クレバーバルブ

18気圧も入れるわけではありませんが、ストロークが長く楽です。圧の調整も簡単です。


自転車用のエアーゲージ

空気圧の計測だけなら「エアゲージ」がおすすめです。バルブにさし込むことだけで、空気圧が測れる便利なアイテムです。

ITEM
GIYO(ジーヨ)/エアゲージTWINVALVE
●MAX:160PSI/11気圧

思った以上に精度は高いうえに、競合品に比べて圧倒的に良好なコスパ
計測範囲が広く自動車,MTB,Roadの圧力範囲をカバーしている。

【応用編】空気圧を微調整して乗る

応用編:空気圧を微調整する

タイヤに記載されている適正空気圧は、数値の幅があったり、最大空気圧だったりします。この数値内で、乗り心地の好みなども調整できますよ。

 

例えば、スピードを出したい時は、高めの空気圧で速く走る。乗り心地を良くしたい場合は、少し空気を抜いて走るなど、自分好みの空気圧を探すのも面白いですよ。

 

適正な空気圧で、快適に走ろう

自転車のタイヤは、空気圧によって走り心地やスピードの出しやすさ、パンクするリスクが変わるので普段から気をつけたいですね。最適な空気圧で快適に自転車を楽しみましょう。

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

あわせて読みたい

ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
記助
記助

ロードバイク・クロスバイクに初めて乗ったときの感動を忘れず、休日はのんびり走っています。まだまだ、ロードバイク歴は短いですが、その分初心者に近い目線で情報をお伝えていきたいです。自転車のほかにも陸上など体を動かすこと全般が好きです。