【抜群のフィット感】SIDIのシューズおすすめモデル8選をご紹介

プロのレースでも実績が豊富な、SIDIのおすすめシューズをご紹介します!本格的なロードバイク用モデルから、MTBモデルまで、とても豊富なSIDIのシューズのラインナップ。多くのファンがいるイタリア製メーカー、SIDIのシューズの魅力をまとめました。

目次

  • イタリア製ハンドメイドの「SIDI(シディー)」
  • ズレない!フィット感抜群のSIDIのシューズ
  • SIDIのシューズの選び方
  • ロードバイク向けのおすすめシューズ5選
  • オフロード系のおすすめシューズ3選
  • パーツが消耗したり、壊れても安心
  • 正規取扱店で試着してみよう
アイキャッチ画像撮影:筆者

イタリア製ハンドメイドの「SIDI(シディー)」

ズレない!フィット感抜群のSIDIのシューズ

出典:Flickr/Glory Cycles

SIDIは、1960年にイタリアで創業したメーカーで、登山用シューズからはじまり自転車用シューズ、オフロードバイク用ブーツでも老舗的な存在です。ヨーロッパの自社設備での生産や、職人が1足ずつチェックする品質管理など、こだわりのシューズを作るメーカーです

 

プロの選手からも人気

プロの選手からも人気

出典:Flickr/Glory Cycles

SIDIといえば、1973年の自転車シューズ参入以来、多くのプロレースチームにシューズを供給してきました。その高い性能から多くのプロ選手に選ばれ、近年もツール・ド・フランスに優勝するなど、たくさんの実績を残しています。

 

ズレない!フィット感抜群のSIDIのシューズ

SIDIシューズの特徴である抜群のフィット感を支えるテクノロジーをご紹介します!

 

走行中でも調整可能な「テクノ3プッシュシステム」

走行中でも調整可能な「テクノ3プッシュシステム」

従来の「テクノ3システム」にプッシュボタンが追加され、フラッグシップモデルに採用される「テクノ3プッシュシステム」。直感的にレバー操作を行え、ライディング中の締め付け調整もしやすくなっています。

 


足全体を締め付ける「ソフトインステップ」

足全体を締め付ける「ソフトインステップ」

シューズのフィット感を高める「ソフトインステップ」も、SIDIのシューズの特徴的な機能です。大きくロゴが入った、このパーツは、テクノ3やキャリパーバックルで調整することで、最適な履き心地を実現します。

 


かかとのズレを抑える「アジャスタブル・ヒールリテンション・システム」

かかとのズレを抑える「アジャスタブル・ヒールリテンション・システム」

「アジャスタブル・ヒールリテンション・システム」はかかと部分の補強とフィッティングを行うシステムです。足の甲はフィットしていても、サイズによっては遊んでしまうヒール部分を、2本のネジで調整することで左右へのずれを防ぎます

 

SIDIのシューズの選び方

SIDIのシューズは、ロードバイク用から、マウンテンバイク用まで、とても多くのラインナップがあります。

 

多くのペダルに対応するラインナップ

多くのペダルに対応するラインナップ

出典:Flickr/Glory Cycles

ロードバイク用モデルでは、LOOK・シマノ・TIMEなどの三つ穴クリートをセットするタイプを使用でき、またスピードプレイ専用のシューズも用意されています。

 

マウンテンバイク用では、シマノ・クランクブラザーズ・スピードプレイなどの二つ穴クリートに対応しているので、多くのメーカーのペダルを選ぶことができますよ。

 

ワイドモデルも充実しています

ワイドモデルも充実しています

出典:Amazon

SIDIのシューズは、幅の広い方に向けてワイドサイズの「MEGA」が用意されています。足が幅広の方は、「MEGA」の文字が入ったモデルを見つけましょう。細身な海外製のシューズが合わなかった方にもぴったりフィットしますよ。

 

女性向けモデルもある

女性向けモデルもある

出典:FaceBook/Sidi Sports

SIDIには女性向けモデルも豊富にラインナップされています。SIDIのレディースモデルは、女性特有の足型に合わせて、ステップインがしやすいよう甲の部分を高くとるなどの特徴があります。

 

ロードバイク向けのおすすめシューズ5選

それでは、SIDIのロードバイク向けシューズのおすすめ5モデルをご紹介します!

SIDIの人気モデルがグレードアップ/SHOT 2

SHOT2

SIDIのフラッグシップモデル『SHOT』に新ソールが搭載し、より一層グレードアップ。シューズ中央に配置されたダブルテクノ3プッシュシステムは、旧モデルからマウント部の形状を変更し小型化することで、フィット感をより向上しています。

ITEM
SIDI/SHOT 2
●カラー:ブラック×ブラック、ブラック×グレールシード、ホワイト×ホワイト

ワイヤーで全体を締め付ける/WIRE 2 MATT

ワイヤーで全体を締め付ける/WIRE 2 MATT

ワイヤーで調整をする「WIRE」の進化モデルです。幅広いサイズ展開と、縫い目を減らした包み込むようなフィット感で、多くのライダーに愛されているシューズです。

ITEM
SIDI/WIRE2 MATT
●カラー:マットグレイ/ブラック・マットブラック

コストパフォーマンスの高いミドルモデル/ERGO 5

コストパフォーマンスの高いミドルモデル/ERGO 5

ソールにカーボンコンポジットを採用したハイミドルモデルです。新型の「ソフトインステップ4」と「テクノ3プッシュ」で抜群のフィット感を得ることができる、コストパフォーマンスに優れたモデルです。

ITEM
SIDI/ERGO 5
●カラー:ホワイト/ブラック・マットブラック・マットレッド/ブラック

SIDIの定番モデル/GENIUS 10

GENIUS 10

ワイヤークロージャーシステムを採用したミドルグレードモデル。伝統でもある2本のベルクロと、ラチェット式で調整するキャリパーバックルは上位モデルにも、劣らないフィット感がありますよ。

ITEM
SIDI/GENIUS 10
●カラー:ホワイト×ホワイト、ブラック×ブラック、ブラック×イエロー、ブラック×マッドレッド、ブラック×グレー

価格を抑えたエントリーモデル/ALBA 2

価格を抑えたエントリーモデル/ALBA 2

エントリーモデルながら、上位モデルと同じテクノ3システムを採用。改良されたベロクロ部分は、従来よりもしなやかな素材で高いフィット感が得られるでしょう。

ITEM
SIDI/ALBA2
●カラー:ホワイト/ブラック/レッド・ブラック/ブラック・ブラック/レッド・ブラック/ホワイト

 

オフロード系のおすすめシューズ3選

続けてマウンテンバイクにぴったりなオフロード系シューズ3モデルをご紹介します!

プロも支持するフィット感/MTB TIGER 2

http://www.fukaya-nagoya.co.jp/product/sidi/mtb-tiger2

 

「ダブルテクノ3プッシュ」を採用した、マウンテンバイク用モデルのフラッグシップモデル。従来のカーボンSRSソールと比べ、剛性を犠牲にすることなく左右ペアで100グラムという軽量さです。

ITEM
SIDI/MTB TIGER 2
●カラー:マットブラック/レッド

ワイヤークロージャーシステム採用/MTB EAGLE 10

ワイヤークロージャ―システム採用/MTB EAGLE 10

ワイヤークロージャーを採用し、上位モデルと同様のフィット感を持つモデルです。シンプルな配色のデザインも、とても魅力的です。

ITEM
SIDI/EAGLE 10
●カラー:ブラック/グレー/レッド/イエロー

高機能なエントリーモデル/MTB TRACE 2

高機能なエントリーモデル/MTB TRACE 2

コストパフォーマンスに優れたエントリーモデルです。上位と同じテクノ3システムと、しなやかな素材のベルクロを採用し、高いフィット感を実現しています。

ITEM
SIDI/TRACE 2
●カラー:ブラック×ブラック、ブラック×レッド、ホワイト×ブラック×レッド、イエロー×ブラック

 

パーツが消耗したり、壊れても安心

SIDIのシューズは、充実したアフターパーツのラインナップがあります。テクノ3システムやアジャスタブルヒールリテンションなどの調整パーツ、ラバーヒール・ソフトインステップといった消耗パーツも個々で注文・交換が可能です。

 

 

正規取扱店で試着してみよう

SIDIは全国に取扱店があります。ネットでの購入に不安がある方など、近くにショップがあれば、ぜひ行って見ましょう。試着や、シューズ選びの相談など、ショップスタッフの方に相談できて安心ですね。

 

 

紹介されたアイテム

SIDI/WIRE2 MATT
SIDI/EAGLE 10
SIDI/TRACE 2

あわせて読みたい

フロントフォーク 積載
フロントフォークに荷物を積みたい!万能ケージやダボ穴増設アタッチメントのご紹介
フロントフォーク横への積載は、容量UPだけでなく走行感を向上させることもでき、バイクパッキングでは定番となりつつある積載方法です。その一方で、車種や…
s.kataoka
ロードバイク ライト つけ方
ロードバイクのライトの位置はどこがいいの?使いやすいポジションを紹介!
ロードバイクのライトをどこに付けるのがいいのでしょうか?操作のしやすさ、視認性のよさ、路面を明るく照射できるなどの、の切り口からベストポジションを考…
CYCLE HACK編集部
輪行 マナー ルール
【輪行のルール・マナーまとめ】そのやり方、間違ってませんか…?
自転車を手荷物として電車に持ち込む「輪行」。マスターするとサイクリングの幅が広がる便利な手段ですが、大切なルールやマナーが存在します。他の乗客の方と…
s.kataoka
グラベルキング タイヤ
人気タイヤ『グラベルキング』を種類ごとに比較!乗り方別のおススメは?
ロードバイクやグラベルロードに高い人気を誇るタイヤ『グラベルキング』。舗装路が得意なものから未舗装路に強いものまで、用途に応じて選べる沢山のラインナ…
s.kataoka
高い質感と変わらない美しさ。スギノのクランクを解説します。
トラック競技や競輪での使用率も高い「スギノのクランク」。スギノのクランクは、クロモリのロードバイクやグラベルロード、ピストバイクなどを、スタイリッシ…
高橋智宏
高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在はスポーツバイクの普及活動をしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。