【ビアンキ】マウンテンバイク2020モデルのラインナップをご紹介!

ビアンキの2020年モデルのマウンテンバイクをご紹介!上位モデルに取り入れられたカウンターヴェイルの解説、チェレステカラーの由来もおさらいします。10万円以下で買えるエントリーモデルから、フルサス・フルカーボンの中上級者向けまで、ビアンキの人気モデルが勢揃い!

目次

  • 世界最古のサイクルブランド「ビアンキ」
  • ビアンキのマウンテンバイクと言えば、これ!
  • マウンテンバイクは全3シリーズ
  • はじめてのマウンテンバイクに「MAGMA」
  • フルカーボンのハードテイル「NITRON」
  • カウンターヴェイルのバイク「METHANOL」
  • パーツやアパレルもビアンキで揃えたい!
  • チェレステが勢揃いのビアンキストアに行ってみよう!
  • ビアンキのマウンテンバイクで駆け抜けよう
アイキャッチ画像:facebook/BIANCHI

世界最古のサイクルブランド「ビアンキ」

世界最古のサイクルブランド「ビアンキ」

出典:Bianchi Japan

ビアンキは1885年創業の世界最古のイタリアのサイクルブランド。ツール・ド・フランスなどで機材を提供したチームは、ステージ優勝も果たしていますよ。

マウンテンバイクも実績がある

ロードレースだけでなく、オフロードレースでも高い実績があるビアンキは、最近では、カウンターヴェイル(振動除去機能)素材のマウンテンバイクが注目を集めています。ここでは、そのカウンターヴェイルのほか、ビアンキのマウンテンバイクならではの、いいところをまとめています。

 

ビアンキのマウンテンバイクと言えば、これ!

ニーズにあわせたラインナップが有名なビアンキ。ブランドの「あの色」の由来と共に、詳しく見ていきましょう。

 

世界初!振動に強い独自の素材でつくられたマウンテンバイク

出典:YouTube/Bianchi Japan

ビアンキのマウンテンバイクの上位モデルには、特許技術のCountervail®(カウンターヴェイル/振動除去機能)が取り入れられています。カーボンの強度はそのまま、最大80%の振動を抑えられる新しいカーボン素材です。カウンターヴェイルが使われているマウンテンバイクなら、より振動や衝撃を吸収してくれるでしょう。

 

レベルにあった予算から選べる

ビアンキのマウンテンバイクは、10万円以内で買えるエントリーモデルと、中上級向けのラインナップ(100万円以上のモデルも!)があります。特に中上級向けモデルは種類が豊富で、細かい条件にあわせやすく、満足度も高いでしょう。

 

世界中で愛されるチェレステカラー

世界中で愛されるチェレステカラー

出典:Flickr/Glory Cycles

ビアンキと言えば、「チェレステカラー」ですよね。チェレステは「空の色」を意味するイタリア語で、ビアンキの自転車のメインカラーです。ビアンキらしい白、黒、チェレステの3色でデザインされた自転車は、日本はもちろん、世界中で愛されていますよ。

 

マウンテンバイクは全3シリーズ

マウンテンバイクは全3シリーズ

出典:楽天市場

ビアンキのマウンテンバイクは、全3シリーズ。それぞれ特徴を簡単に説明します。

 

  • ●はじめてのマウンテンバイクにぴったり

MAGMA(マグマ)

 

  • ●気軽なトレイルからレースまでの万能タイプ

NITRON(ニトロン)

 

  • ●レース用

METHANOL(メタノール)

 

それでは、各モデルについて、詳しくご紹介していきましょう。

 

はじめてのマウンテンバイクに「MAGMA」

MAGMAは人気シリーズKUMAの後継モデルで、10万円以内で購入できるモデルです。フロントにサスペンションがあり(ハードテイル)、上り坂などではワンタッチでロックもかけられます。タイヤサイズは29と27.5インチの2種類。

 

走破性のよい29インチモデル/MAGMA 29.1

29インチの太いタイヤを履いたMAGMAは、はじめてマウンテンバイクに乗る人などにおすすめ。山道の多少の荒れた道も、気持ちよく走れそうですね。

ITEM
ビアンキ/MAGMA 29.1
カラー:2色
サスペンション:ハードテイル

 


小回りが利いて操作性がよい/MAGMA 27.5

27.5インチのタイヤは小回りがしやすく、街乗りにも良いでしょう。通勤や通学にも使いやすいですね。MTBにしては、細めのタイヤで、ほどほどにスピードも出しやすいでしょう。

ITEM
ビアンキ/MAGMA  27.5
カラー:2色
サスペンション:ハードテイル

 


ロングセラーエントリーモデル/KUMA 26

2020年のラインナップにはいませんが、長年人気のモデルと言えばKUMAです。丈夫で軽いアルミフレームに、サスペンションやディスクブレーキなど、オフロードを快適に走るための装備が十分に揃っています。26インチと小さめのタイヤでハンドル操作がしやすいですよ。

出典:BIANCHI

 

 カラー  2色
 タイヤサイズ  26
 サスペンション  ハードテイル
 参考価格(税抜)  74,000円

 

製品公式ページはこちら

 

 

フルカーボンのハードテイル「NITRON」

ハードテイルの「NITRON」は、ミドルグレードにあたりますが、リッチなフルカーボンのMTBです。

クロスカントリーを気軽に楽しめる/NITRON 9.3

カンターヴェイルではありませんが、山道を楽しむためにデザインされたNITRON。上位モデルをベースにした、軽くて丈夫な設計です。はじめてのレースにもぴったり。

出典:BIANCHI
 カラー  3色
 タイヤサイズ  29
 サスペンション  ハードテイル
 参考価格(税抜)  350,000円

 

製品公式ページはこちら

カウンターヴェイルのバイク「METHANOL」

全モデルにカウンターヴェイルが取り入れられた、レース用クロスカントリーマウンテンバイク。フロントサスペンションのハードテイルと、前後にサスペンションがついたフルサスのモデルが、各2モデルずつあります。

 

ハイエンドモデル/METHANOL 9.2CV RS

レースで勝つために生まれたハイエンドモデルです。コンポにはシマノの最高峰の「XTR」を装備。前傾姿勢をキープしやすいデザインでレースを意識しつつ、衝撃を吸収するカウンターヴェイルが走り心地のよさも叶えてくれますよ。

出典:BIANCHI
 カラー  2色
 タイヤサイズ  29
 サスペンション  ハードテイル
 参考価格(税抜)  1,080,000円

 

製品公式ページはこちら

 


コントロールしやすい/METHANOL 9.2 CV S

最上位の9.2 CV RSと同時に発表されたモデル。ハンドル操作のしやすいヘッドチューブを立てた仕様で、特にシングルトラックで活躍するでしょう。タイヤのクリアランスが広めで、泥がつまらないような設計になっています。

出典:BIANCHI

 

 カラー  1色
 タイヤサイズ  29
 サスペンション  ハードテイル
 参考価格(税抜)  580,000円

 

製品公式ページはこちら

 


上りも下りも頼れるフルサス/METHANOL 9.3 CV FS

ハイエンドモデルの9.2 CV RSに次ぐセカンドグレードのフルサスモデル。2020年のモデルチェンジで、チェーンステーが短く、ヘッドチューブの角度がゆるくなりました。このため上りでも下りでもより速く走れて、XCレースにもおすすめです。

出典:BIANCHI

 

 カラー  3色
 タイヤサイズ  29
 サスペンション  フルサスペンション
 参考価格(税抜)  700,000円

 

 


タフなシマノXTが備わった/METHANOL 9.2 CV FST

こちらの9.2CV FSTと最上位モデルの大きな違いは、コンポがシマノのXTを選んでいるところ。フロントのトラベル量が120mmのフルサス、ワイドハンドルバー、ドロッパーポストなど、トレイルにぴったりのスペックです。

出典:BIANCHI
 カラー  3色
 タイヤサイズ  29
 サスペンション  フルサスペンション
 参考価格(税抜)  900,000円

 

製品公式ページはこちら

 

 

パーツやアパレルもビアンキで揃えたい!

パーツやアパレルもビアンキで揃えたい!

出典:Flickr/Glory Cycles

ビアンキはパーツやアパレルも豊富にあります。チェレステカラーがおしゃれなマウンテンバイクを買ったら、パーツやウェアも揃えたくなっちゃいますね。

ビアンキオンラインストアもチェックしよう!

ビアンキオンラインストアもチェックしよう!

ビアンキグッズを探すなら、公式のオンラインストアがおすすめ。ボトルケージやライトなどの必需品から、キャップやサイクルジャージ、バッグ、さらに自転車に乗っていないときもチェレステを身近に感じられるカップまで、幅広く扱っています。

 

筆者のおすすめは、滑り止め加工したクッションつきで、丈夫なグローブ。使いやすい黒地にチェレステのロゴで、通年用、夏用など、種類も多いですよ。

 

ビアンキオンラインストアはこちら

 

チェレステが勢揃いのビアンキストアに行ってみよう!

チェレステが勢揃いのビアンキストアに行ってみよう!

出典:Bianchi Japan

サイズはメーカーによって微妙に異なるもの。気になるバイクを見つけたら、まずは試乗に行ってみましょう。ビアンキストアなら、お店の人にフィッティングや選び方のアドバイスを直接もらうことができますよ。

 

ビアンキストアはこちら

 

ビアンキのマウンテンバイクで駆け抜けよう

ビアンキのマウンテンバイクは、10万円以下のエントリーモデルからカウンターヴェイルの上位モデルまで、初心者でも上級者でも満足できる豊富なラインナップがあります。爽やかなチェレステカラーのマウンテンバイクで、山を気持ちよく駆け抜けてみてくださいね。

あわせて読みたい

ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
小竹 綾子
小竹 綾子

自転車好きな旦那の影響で、MTBやロードバイクに乗り始めて数年。まだまだ若輩者ですが、その分初心者にもわかりやすく、自転車の楽しさを知っていただけるような記事を書いていきたいです。またイタリア在住ということを活かしたイタリアの自転車事情なども発信していきます!