坂に強い!ヒルクライム向けロードバイクの選び方とおすすめ10選

ヒルクライムにおすすめのロードバイクを紹介します!軽さ以外の選び方、人気のブランド、最初のカスタムにぴったりのパーツなど、初めてのヒルクライムで知っておきたい情報もまとめました。フルカーボンで20万円以下のモデルも登場?!

目次

  • ヒルクライムには軽くて高剛性なロードバイクを!
  • ヒルクライム用ロードバイクの選び方
  • 装備充実の完成車の方が、コスパがよくなることも
  • ヒルクライム向けロードバイクのおすすめ10選
  • ヒルクライムの自転車と言えば「TREK」
  • お気に入りのロードバイクでヒルクライムを楽しもう
アイキャッチ画像出典:Flickr/cdamian

ヒルクライムには軽くて高剛性なロードバイクを!

出典:Flickr/Tejvan Pettinger

坂や山をスポーツバイクで走るヒルクライム。軽くて剛性の高いロードバイクがあると、もっと速く楽に進めますよ。まずは、ヒルクライムを楽しむためのロードバイクの選び方を紹介します。

ヒルクライム用ロードバイクの選び方

坂に強いロードバイクはどんな特徴があるのでしょうか。ヒルクライムにふさわしい条件を見ていきましょう。

軽さは正義!フレームはカーボンやアルミがおすすめ

軽さは正義!フレームはカーボンやアルミがおすすめ

出典:Flickr/Dave Haygarth

フレーム素材で特に軽いのはカーボンやアルミ。本格的にヒルクライムを始める人はカーボン、初心者や予算を抑えたい人はアルミがおすすめです。

 

カーボンはボトムブラケット周りの剛性が高く、ペダルを楽に踏み込みやすいでしょう。もっとも軽い素材ですが値段はお高め。アルミはお手ごろな製品が多いですね。

 

軽くて剛性の高いホイールがベスト!

軽くて剛性の高いホイールがあるとベスト!

出典:楽天市場

ホイールも軽くて剛性が高いモデルを選びましょう。ただしホイールまでヒルクライム向けに揃えると、予算では足りなくなるかもしれません。後から交換する手もありますよ。

 

ディスクブレーキなら下り坂も安心

ディスクブレーキなら下り坂も安心

出典:Flickr/Russ

ロードバイクには大きく分けて2種類のブレーキがあります。安くて軽いリムブレーキと、制動力があるディスクブレーキです。

 

ヒルクライムには、ハンドルを握り続ける下りでも、軽いタッチで扱えるディスクブレーキがおすすめ。路面が濡れている時もリムブレーキより制動性が高く安心感があります。

 

コンポーネントは「105」以上のグレードを

コンポーネントは「105」以上のグレードを

出典:Flickr/Rudi Riet

コンポーネント(コンポ)のグレードは、国内メーカーで定番のシマノ製コンポなら、「105」以上から選んでみましょう。グレードが高いほど軽くてパワーのロスが少なくなります。

 

スペックと価格のバランスのいいグレードは「アルテグラ」、「105」ですね。

装備充実の完成車の方が、コスパがよくなることも

装備充実の完成車の方が、コスパがよくなることも

出典:Flickr/Pranavian

ヒルクライムのためにロードバイクを買うなら、予算はしっかり取るのがおすすめ。ヒルクライム用のロードバイクなら、後々、高性能なパーツへ交換することも少なく、結果として出費が抑えられます。

ヒルクライム向けロードバイクのおすすめ10選

ヒルクライム向けロードバイクは各メーカーから豊富にラインナップされています。ここでは特に高スペックなモデルを価格帯もさまざまに紹介します。

COLNAGO/C-RS

イタリアの自転車メーカーCOLNAGOがつくるカーボンフレームのロードバイク。剛性を高めるため、フレームの一部であるダウンチューブの形が角断面になっています。タイヤは28ミリまで履けるため、長く走る人は太めの幅を選んでみるのもおすすめ。

ITEM
COLNAGO/C-RS
●重量:8.2kg
●フレーム素材:カーボン
●コンポーネント:105

BMC/2020 Teammachine ALR Disc Two

人気マンガの主人公が乗るロードバイクとして、日本でも知名度が上がったスイスブランド、BMC。こちらは剛性が上がるスムーズウェルド溶接で組むなど、製造技術でアルミフレームの軽さと丈夫さがより強化されています。断面がD型のシートポストは振動を吸収するため、長く乗っていても快適に感じられるでしょう。

ITEM
BMC/2020 Teammachine ALR Disc Two
●フレーム素材:アルミ
●ブレーキ:ディスクブレーキ
●コンポーネント:105

MERIDA/SCULTURA 400

台湾メーカーMERIDAは、MTBで世界トップクラスの「メリダ・チーム」を抱えています。SCULTURA 400は、ブランド独自開発の高剛性な形をしたアルミフレームScultura liteが使われています。コンポは11速のシマノ新型105。国際自転車競技連盟UCI承認のフレームと、ペダルの重さを細かく調整できるコンポでレースでも活躍するでしょう。

ITEM
MERIDA/SCULTURA 400
●重量:8.9kg
●フレーム素材:アルミ
●コンポーネント:105

TREK/Émonda SL 5 Disc

TREK/Émonda SL 5 Disc

出典:TREK

有名選手の自転車も手掛けるアメリカのTREK。Émonda SL 5 Discはヒルクライムに適した軽いカーボンフレーム、105のコンポ、さらにディスクブレーキのなかでもより制動性の高い油圧式で設計されています。振動を吸収するチューブレスレディーホイールで乗り心地もいいですよ。

 

参考価格:280,000円(税抜)

 

製品公式ページはこちら

 


TREK/Émonda ALR 5

TREK/Émonda ALR 5

出典:TREK

カーボンのようなすっきりとした見た目のアルミフレーム。見た目だけでなく、カーボンの強みであるハンドリングのしやすさまで再現されているんですよ。ディスクブレーキ、105のハイグレードなコンポ付きで、TREKでは手ごろな価格。初めてのヒルクライム用ロードバイクとしてもおすすめです。

 

参考価格:219,000円(税抜)

 

製品公式ページはこちら

 


SCOTT/ADDICT RC

SCOTT/ADDICT RC

出典:SCOTT

スイスの自転車メーカーSCOTTのロードバイク。軽さはもちろん、独自で製造する強靭なHMXカーボンで、ヒルクライムにも挑戦しやすいでしょう。フレームの形はエアロ性を意識しているため、平地でも速く走れますね。

 

参考価格:468,000円(税抜)

 

製品公式ページはこちら

 


GIANT/TCR ADVANCED 2 KOM SE

GIANT/TCR ADVANCED 2 KOM SE

出典:GIANT

GIANTは自転車メーカーが凌ぎを削る台湾でシェアNo.1。高価になりがちなフルカーボンで105のコンポがついていますが、20万円代で買うことができますよ。ローギアでより軽く漕げるワイドレシオ仕様のため、激坂も乗り越えやすく、ヒルクライムをこれから始める人にもやさしい自転車と言えます。

 

参考価格:210,000(税抜)

 

製品公式ページはこちら

 


CANYON/Ultimate CF SL 7.0

CANYON/Ultimate CF SL 7.0

出典:CANYON

ドイツの自転車メーカーCANYONは直販にこだわっているため、高品質な自転車をお手ごろに買えますよ。Ultimateシリーズは平均7.54kgの軽いカーボンフレームに、105のコンポと合わせたシフトレバー、リアディーラーを選んでいるため、ヒルクライムに向いたロードバイク。独自開発の振動に強いカーボンシートポストで、長い下りも快適に走れるはず。

 

参考価格:169,000円(税抜)

 

製品公式ページはこちら

 


SPECIALIZED/ALLEZ ELITE

SPECIALIZED/ALLEZ ELITE

出典:SPECIALIZED

業界でも真新しい考え方で、速くて快適な自転車を開発し続けるアメリカのSPECIALIZED。Allezシリーズはロードバイクのエントリーモデルとしても人気ですが、薄くすっきりとした軽いアルミフレームやハンドリングしやすいカーボン製のフォークで、ヒルクライムにもぴったり。フレームのデザインが豊富で、選ぶ楽しみがあるのもAllezならでは。

 

参考価格:163,900円(税抜)

 

製品公式ページはこちら

 


CANNONDALE/SuperSix EVO

CANNONDALE/SuperSix EVO

出典:CANNONDALE

アメリカの自転車メーカーCANNONDALEは、アルミフレームの質の良さで知られています。SuperSix EVOは丈夫で軽いアルミフレームの技術を活かし、独自開発のカーボンで仕立てたモデル。105のコンポやディスクブレーキなど、ヒルクライムにぴったりのスペックですが、速く走るためのエアロ性が高いフレーム構造で、平地では小さいパワーでより速く走れるようになるでしょう。

 

参考価格:260,000円(税抜)

 

製品公式ページはこちら

 

ヒルクライムの自転車と言えば「TREK」

ヒルクライムの自転車と言えば「TREK」

出典:Flickr/Eric Hossinger

ヒルクライム向けのロードバイクは世界中あまた。選ぶのに悩むなら、ヒルクライムに強いモデルが売りのメーカーから探してみましょう。なかでもTREKはプロチームも御用達のメーカーで、専門ショップで買えばアフターケアまで丁寧にフォローしてくれますよ。

 

カーボンモデルはお高めですが、アルミフレームも十分なスペックのため検討してみてくださいね。

 

TREK公式サイトはこちら

 

お気に入りのロードバイクでヒルクライムを楽しもう

お気に入りのロードバイクでヒルクライムを楽しもう

出典:Flickr/Tejvan Pettinger

軽くて剛性の高いロードバイクは、ヒルクライムでも頼もしい相棒になってくれます。高価でも、素材やパーツにこだわったモデルを選ぶと長く乗れるでしょう。素材やコンポに注目して探してみてくださいね。

あわせて読みたい

エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
自転車の輪行で、用意したいアイテムの一つ「エンド金具」をご紹介します。走るためのアイテムではありませんが、楽しい輪行には、エンド金具の使用をおすすめ…
高橋智宏
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
ORTLIEB(オルトリーブ)の丈夫な防水サドルバッグを紹介します。全ラインナップのほか、最新のオルトリーブ2と、Lの取り付け方法などの違いもまとめ…
二ノ宮 空
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
二ノ宮 空
二ノ宮 空

自転車が好きで、クロスバイクとロードバイクを2台所有しています。ロングライドや自然の中を走るのが大好きです。自転車の魅力や自転車旅についてなど、楽しくてためになる情報を提供していきたいと思っています。