【自分だけの1台】ロードバイクをフレームから組んでみよう!完成車と悩む人へ。

ロードバイクをフレームから組む時の疑問や、おすすめのフレームブランドをご紹介します!「バラ完」とも呼ばれる、パーツを全て自分で選んで1台を組むメリットや、完成車と比べ、どう違うか?なども、まとめました。ロードバイクのフレームを探している方も、これからフレームから組みたいと考えているけど疑問がある方も、ぜひ参考にしてください。

目次

  • ロードバイクをフレームから組むと楽しいですよ
  • 完成車にはない「フレーム買い」の魅力とは
  • こんな人は完成車のほうがおすすめ
  • 憧れのおすすめフレームメーカー
  • フレーム購入は海外通販サイトもあるよ
  • 組み立ては、慣れていなければショップにお願いしよう
  • 自分だけのロードバイクを手に入れよう
アイキャッチ画像出典:Flickr/Glory Cycles

ロードバイクをフレームから組むと楽しいですよ

ロードバイクをフレームから組むと楽しいですよ

ロードバイクは、同じメーカーで同じモデルでも、まったく同じ自転車になることはありません。フレームが同じでも、ホイールやコンポーネントが違ったり、好きなパーツに交換もできます。

 

カスタムで、理想のロードバイクを作り上げていくのも楽しいですが、最初から自分の選んだパーツでフレームから組み上げるのもおすすめですよ!

 

完成車にはない「フレーム買い」の魅力とは

完成車にはない「フレーム買い」の魅力とは

出典:Flickr/Glory Cycles

フレーム買いをしてロードバイクを組む場合、自分の好きなパーツで組みたい場合と、フレーム単体でしか販売されていないモデルに乗る場合が、あると思います。お気に入りのフレームに、自分で選んだパーツでこだわりを出せるのは、とても魅力的ですね。

 

パーツを性能、価格、デザインなど、自由に選ぶことで、ロードバイクのカスタムの可能性は、限りなく広がります。

 

世界に一つの「自分だけのロードバイク」

世界に一つの「自分だけのロードバイク」

出典:Flickr/Glory Cycles

完成車のロードバイクには、メーカーが選ぶパーツで組まれていて、多くのユーザーの要望にあった、一般的なパーツが選ばることが多いでしょう。

 

ですが、フレームから組めば「ハンドル幅を広くしたい」「こんなサドルをつけたい」など、最初から乗り心地やサイズ感、デザインやカラーなど、自分らしさで選ぶことができますよ。

 

余っているパーツも有効活用できる

余っているパーツも有効活用できる

出典:Flickr/Glory Cycles

フレームから組むメリットとしては、既に持っているパーツを流用できる点もあります。変速機やホイールなどのコンポーネントを再利用し、新しいフレームに組み替えれば低コストで、新しい1台が手に入りますよ。

 

フレームセットでの販売しかない車体も

フレームセットでの販売しかない車体も

出典:Flickr/Glory Cycles

メーカーのWebサイトを見ると、完成車の他にフレームのみで販売しているモデルもあります。レースに機材を供給するトップメーカーや、カーボンのハイエンドモデルのフレーム販売もショップやWebサイトでよく見かけますね。

 

完成車では予算オーバーなモデルも、フレーム単体で購入し、前述のパーツ流用などすれば、予算内で手に入れることもできるでしょう。

 

こんな人は完成車のほうがおすすめ

こんな人は完成車のほうがおすすめ

出典:Flickr/Todd Van Hoosear

ロードバイクをフレームから組むか、完成車で購入するか、悩んでいる時の注意点も、まとめました。

 

こだわりが少ないなら、完成車が良いです

フレームから組む場合は、全てのパーツを選ぶことになります。パーツ選びには、完成したロードバイクのイメージも必要なので、「こんなロードバイクにしたい」というイメージが少ない場合は、まずは完成車から選んでみましょう。

 

普通にフレームとパーツを、ばらばらで購入し、ショップで組み立てると、完成車の方が割安になることが、ほとんどです。

 

できるだけ早く手元に欲しい

完成車を購入すれば、整備をして、その日のうちに乗ることができたりしますが、フレームから組むと時間がかかります。購入を決めてパーツを選び、ショップで組み立てるのは1日ではできません。

 

「すぐロードバイクに乗りたい!」という場合は、完成車のほうが早く乗ることができるかもしれません。

 

憧れのおすすめフレームメーカー

憧れのおすすめフレームメーカー

出典:FaceBook/LOOK Cycle

ロードバイクには、誰もが憧れるトップメーカーがあります。フレームセット販売のみでのモデルも多く、こだわりのロードバイクを組むことができますよ。

 

TIME(タイム)

TIME(タイム)

1987年に創業し、フランス国内での開発・生産にこだわったメーカー。ビンディングペダルでも有名ですが、自転車フレームのためのカーボン技術もトップクラスです。

 

TIMEの公式サイトはこちら

 


LOOK(ルック)

出典:eurosports

ウインタースポーツでも名の知れたLOOKは、初めてビンディングペダル・カーボンフレームをツール・ド・フランスに投入し、実績を残したメーカーです。LOOKの活躍で、どちらもプロ・アマ問わず定着した、カーボンフレームではパイオニア的な存在です。

 

LOOKの公式サイトはこちら

 


Cinelle(チネリ)

イタリアのロードレーサー、「チーノ・チネリ」が引退後に創業したスポーツバイクメーカーです。金属チューブメーカーのCOLUMBUSと縁が深く、同社のチューブを使用したフレームは、あらゆるレースで結果を残してきました。

 

Cinelliの公式サイトはこちら

 

フレーム購入は海外通販サイトもあるよ

「国内では手に入らないモデル」がほしい、「格安のフレーム」を狙いたいという方は、海外通販サイトを利用する方法もあります。WiggleやChain Reaction Cyclesは、日本向けのWebサイトもあり、英語や為替が得意ではなくても購入ができます。

 

常にチェックしていれば、フレーム以外にもパーツなど、意外な掘り出し物が見つかるかもしれませんよ。

 

中古フレームという選択肢も

中古ショップで売られているフレームも、古くてコンディションの悪いものばかりじゃありません。新古品と言われる未使用品や、ていどの良いフレームが、売られていたりもします。

 

タイミングが良ければハイエンドモデルを格安で手に入れることもできるかもしれませんね。

 

組み立ては、慣れていなければショップにお願いしよう

組み立ては、慣れていなければショップにお願いしよう

出典:Flickr/Glory Cycles

ロードバイクに乗っていれば、メンテナンスを行うこともあるので、自力で車体を組む方もいます。

 

でも、実際に組むとなると特殊な工具が必要だったり、様々な規格に対応したパーツを用意する必要もあります。組むのも楽しいですが、初めて組む場合や、特殊な規格のフレームを組む場合は、経験と信頼あるショップにお願いするのが良いでしょう。

 

自分だけのロードバイクを手に入れよう

自分だけのロードバイクを手に入れよう

出典:FaceBook/TIME Sports

ロードバイクに乗り慣れてくると、自分の好みがわかってきたり、デザインをこんな感じにしてみたいと、どんどん意欲が湧いてきますよね。フレームを決めて、コンポーネントを考え、パーツを新たに購入するのか、流用するのか考えるのも、とても楽しい時間です。

 

そうやって出来上がったオリジナルのロードバイクは、ロードバイクの楽しみを、さらに引き上げてくれますよ。

あわせて読みたい

ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
高橋智宏
高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在はスポーツバイクの普及活動をしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。