乗り降りしやすい!ミキストフレームの魅力とおすすめモデルをご紹介

カワイらしいスタイルが特徴のミキストフレームの自転車について紹介していきます。乗りやすく漕ぎやすい、クラシカルでお洒落なミキストフレームの自転車。おすすめモデルなども、まとめましたので、ぜひ参考にしてください。

目次

  • ミキストフレームって、どんなフレーム?
  • ミキストフレームの良いところ
  • ただ、選択肢は少なめかも。。
  • ミキストフレームは、どんなタイプの自転車がある?
  • ミキストフレームのおすすめ5選
  • ミキストバイクを組み立ててくれるショップも
アイキャッチ画像出典:Flickr/Alistair Paterson

ミキストフレームって、どんなフレーム?

ミキストフレームって、どんなフレーム?

出典:Flickr/American Cyclery Official

ミキストフレームの自転車は、サドル下の「またがる部分のフレーム」が、前から後ろへ斜め下に、のびているのが特徴です。2本の細いチューブは、レトロな可愛らしさもあり、とっても魅力的ですよ。

ミキストフレームの良いところ

ミキストフレームの魅力をもっと知ってもらうために、良いところをご紹介!

フレームが低く、乗り降りしやすい

フレームが低く、乗り降りしやすい

出典:楽天

自転車をまたぐ部分となるフレーム部分が低く、ロードバイクのような、高い位置にある直線的なフレームに比べ、乗り降りがしやすい自転車です。

クラシカルな見た目

クラシカルな見た目

また、クラシカルな見た目が多いのも特徴的です。普段のファッションや街の雰囲気にも合わせやすいので、街乗りメインで利用する人にも人気があります。

 

ただ、選択肢は少なめかも。。

ミキストフレームの自転車は、あまり多くのモデルは発売されていなく、選択肢は限られてしまう可能性があります。ですが、自分だけの一台として、個性を出しやすいとも言えますね。

スローピングフレームという選択肢も

スローピングフレームという選択肢も

出典:Flickr/Umberto Brayj

「傾斜した」という意味の「スローピングフレーム」も、ハンドルからサドル方向へ、下がったフレームが特徴。ミキストフレームほど、フレームが低くありませんが、各ブランドから数多く販売されているので、こちらも検討してみてはいかがでしょうか。

ミキストフレームは、どんなタイプの自転車がある?

ミキストフレームは、どんなタイプの自転車がある?

出典:Flickr/American Cyclery Official

ミキストフレームの自転車は、シティサイクル、ミニベロ、ロードバイク、クロスバイクなどありますが、特にミニベロとの相性が良く、ファッション性を重視したい女性にもおすすめです。それでは、おすすめモデルをご紹介していきます!

 

ミキストフレームのおすすめ5選

ミキストフレームの自転車のおすすめご紹介します!

KONA

KONA

出典:楽天

マウンテンバイクで有名でKONA。シティサイクルのミキストバイクがとてカワイイです。COCOは、ペダル近くまで、大きく下がったフレームが特徴で、よりまたぎやすく、漕ぎやすいので、女性にもおすすめです。

ITEM
KONA/COCO
●種類:シティバイク
●サイズ:XS、S
●カラー:Gloss Sunset Orange w

ARAYA

ARAYA

出典:楽天

「2台にまさるこの1台」というキャッチコピーのARAYA。とにかく高品質にこだわる日本の自転車ブランドです。ミキストバイクモデルの中で人気なのが、クラシカルな見た目が特徴の「PRM  SWALLOW Promenade(Mixte)」モデル。フレームデザインに合わせたオリジナルパーツを使用した統一感が魅力的です。

ITEM
ARAYA/PRM SWALLOW Promenade(Mixte)
●種類:シティバイク
●重量:13.2kg(13.8lg)
●カラー:デザートカーキ、スチールグレー

Raleigh(ラレー)

Raleigh

出典:楽天

軽さと強度に優れたフレーム技術を持つRaleigh。フレームは、しなやかで美しいクロモリが使われています。「RSM RSW Sport Mixte」は、少し大きめのホイールで、安定感に優れた走りができるシティバイクです。

ITEM
Raleigh/RSM RSW Sport Mixte
●種類:ミニベロ
●重量:11.7kg(12.3kg)
●カラー:モカブラウン、アガトブルー、クラブグリーン、ナチュラルカーキ、アイスホワイト、オールブラック

Bianchi(ビアンキ)

Bianchiのミキストフレーム

出典:楽天

鮮やかな空色のチェレステカラーでお馴染みのBianchi。ロードバイクやクロスバイクなどでも、世界的に有名な自転車ブランドです。カワイイミニベロのLeccoは、軽量で小型の自転車。ビアンキなら、走行性能もバッチリでしょう。

ITEM
Bianchi/Lecco
●種類:シティバイク
●サイズ:43
●カラー:CK16、Black、White、Black/Pink

SOMA

SOMA

サンフランシスコ発祥のバイクブランドであるSOMA。クラシカルなバイクからストリート系まで、ラインナップが幅広いブランドです。Buena Vistaは、SOMAの中でも定番のミキストフレームで、とても人気があります。

 

SOMA本国サイトはこちら

 

ミキストバイクを組み立ててくれるショップも

ミキストバイクを組み立ててくれるショップも

出典:楽天市場

実際、ミキストフレームを使用した自転車を取り扱っているショップは少ないと言えるでしょう。ですが、ミキストフレームを取り寄せて、自転車を組み立ててくれるショップもあるので、近くのショップに、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

紹介されたアイテム

KONA/COCO
サイトを見る
ARAYA/PRM SWALLOW Pr…
サイトを見る
Raleigh/RSM RSW Spor…
Bianchi/Lecco

あわせて読みたい

ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
二ノ宮 空
二ノ宮 空

自転車が好きで、クロスバイクとロードバイクを2台所有しています。ロングライドや自然の中を走るのが大好きです。自転車の魅力や自転車旅についてなど、楽しくてためになる情報を提供していきたいと思っています。