おしゃれでスイスイ進む!ミニベロの電動モデル(e-bike)まとめ

おしゃれな電動式ミニベロのおすすめモデルをまとめました。折りたためて持ち運びも便利なモデルや、デザインも満足の人気自転車ブランドなど、注目のミニベロe-bikeを紹介しています。走り出しから軽いミニベロは、電動アシストがあればさらに快適!

目次

  • 快適でおしゃれ!ミニベロのe-bikeが気になる
  • ミニベロのe-bikeは街乗りとの相性バッチリ
  • e-bikeのトリセツ!これは知っておこう
  • 折りたたみ式は持ち運びやすい
  • 折りたためるミニベロのe-bike!おすすめはこれ
  • オーソドックスな電動式ミニベロのおすすめ
  • スタンドやキャリアがあると、出かける場所が広がる
  • ミニベロのe-bikeで快適に走ろう!

快適でおしゃれ!ミニベロのe-bikeが気になる

快適でおしゃれ!ミニベロのe-bikeが気になる

軽い力でスイスイ走れるe-bike(電動アシスト付きスポーツバイク)がヨーロッパを中心に注目されています。国内でも2018年が「e-bike元年」と呼ばれるほど、販売数が増えているんですよ。

 

特にミニベロのe-bikeはおしゃれなデザインが多く、街乗りや通勤通学にもおすすめ。

 

ミニベロのe-bikeは街乗りとの相性バッチリ

タイヤが小さく漕ぎはじめが軽いミニベロは、電動アシストでより走りやすくなります。

軽く漕いでずっと速く進む

軽く漕いでずっと速く進む

出典:楽天市場

走り出しの軽いミニベロに電動アシストの力が加わると、がんばらなくても一定のスピードで走り続けられます。信号待ちの多い街中でも、軽く漕ぐだけでスイスイ移動できますよ。

スポーティーにもカジュアルにも!ほしいデザインが見つかる

スポーティーにもカジュアルにも!ほしいデザインが見つかる

出典:楽天市場

電動アシスト自転車やe-bikeはデザインも進化しています。特にミニベロをベースにしたe-bikeは、街乗り用のカジュアルな服にも合わせやすいカラー展開、バッテリーがコンパクトに収まったスポーティーなフォルムなど、デザインの方向性も幅が広がっています。

 

個性豊かなラインナップから、目的に合ったモデルを見つけやすいはず。

e-bikeのトリセツ!これは知っておこう

ここからはe-bikeの使い方・知っておきたいことをまとめました。

バッテリーの重さ・充電切れに注意!

バッテリーの重さ・充電切れに注意!

e-bikeはバッテリー分の重さがあります。小さなミニベロでも20kg近くある場合もあるため、持ち運ぶ予定の人は重さを必ず確認しましょう。

 

またバッテリーは充電がマスト。乗る前には十分バッテリーがあるか見ておきましょう。

一定の速度になるとアシストできない

一定の速度になるとアシストできない

e-bikeや電動アシスト自転車は、道路交通法で時速24kmまでしかアシストできないことになっています。それ以上のスピードを出すには自力で漕ぐ必要があるため、速く走りたい人は車体が軽い、アシストなしの自転車がおすすめ。

折りたたみ式は持ち運びやすい

アウトドアなどで持ち運ぶ予定なら、折りたたみ式を検討してみてください。車や電車に積むときもコンパクトになり、輪行袋にも入れやすくなりますよ。

屋内で保管するにもコンパクト

屋内で保管するにもコンパクト

出典:Amazon

折りたためると保管にも便利。充電のために屋内に持ち込んでもスペースを取らないうえに、階段やエレベーターを使って外に出すときも壁に当たりにくく、日常使いもしやすいでしょう。

折りたためるミニベロのe-bike!おすすめはこれ

折りたたみ式ミニベロのe-bikeに絞っておすすめを厳選しました。

BESV(ベスビー)/PSF1

BESVで定番の電動折りたたみ式のミニベロ。軽くて丈夫なアルミフレーム製です。3箇所のロックを外して簡単に折りたためますよ。フル充電で90kmもアシストしてくれるため、寄り道するときも安心。

ITEM
BESV(ベスビー)/PSF1
●重量:18.3kg
●フレーム:アルミ
●36V 10.5Ah リチウムイオンバッテリー

TSINOVA(チノーバ)/ALIAS

クラシカルな配色がおしゃれなアルミフレームのミニベロ。重さ16.8kgと、電動折りたたみ式のミニベロでは軽いモデルのため、持ち運ぶなら特におすすめです。約4時間でフル充電でき、50kmほど走れますよ。

ITEM
TSINOVA(チノーバ)/ALIAS
●重量:16.8kg
●フレーム:アルミ
●36V 5.8Ahリチウムイオンバッテリー

Daytona(デイトナ)/DE01

Daytona(デイトナ)/DE01

出典:Daytona

Daytonaの基本モデルであるDE01。バッテリーがサドル下のケースに収納された珍しいデザインです。グリップやサドルはブラウンレザーでクラシカルな佇まい。タクシーのトランクにも入るコンパクトさで、出先での行動の幅が広がりますね。

 

 フレーム素材  アルミ
 重量  16.8kg
 価格  148,000円

 

公式サイトはこちら

 


benelli(ベネリ)/mini Fold16

benelliのmini Fold16は、ミニベロでも特に小さい16インチのホイールが印象的。締まりのあるブラックで、よりコンパクトに見えるデザインです。キャスター付きで、折りたたんでいるときもサドルを持って引きながら移動できますよ。

ITEM
benelli(ベネリ)/mini Fold16
●重量:16.8kg
●フレーム:アルミ
●36V 5.2Ah リチウムイオンバッテリー

benelli(ベネリ)/ZERO N2.0FAT

ファットバイクのような太いタイヤが珍しいモデル。クッション性と走破性が高く、少々荒れた道もへっちゃら。2つのレバーを外せば簡単に折りたためるため、アウトドアに連れて行きたくなりますね。

ITEM
benelli(ベネリ)/ZERO N2.0FAT
●重量:19.0kg
●フレーム:アルミ
●36V 7.8Ah リチウムイオンバッテリー

オーソドックスな電動式ミニベロのおすすめ

ここからはオーソドックスな電動式ミニベロ。折りたたみできない分、強度があってすっきりとしたデザインが見つかります。あの有名なスポーツバイクブランドも!

Bianchi(ビアンキ)/Lecco-E

ロードバイクやクロスバイクの人気ブランドBianchi。ブランドカラーのチェレステが差し色になったかわいらしいデザインです。ギアは8段階。ペダルの重さを調整しやすく、坂道も楽らく。

ITEM
Bianchi(ビアンキ)/Lecco-E
●重量:19.0kg
●フレーム:アルミ

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)/LGS ASCENT e-sports

カジュアルでおしゃれな自転車ブランドとして有名なLOUIS GARNEAU。LGS ASCENT e-sportsはスポーティーなスペックです。ドライブユニットはシマノ製STEPS。走り出しが軽やかで、ストップ&ゴーの多い街中でも快適。最大115km走れるため、うっかり充電を忘れても安心です。

ITEM
LOUIS GARNEAU(ルイガノ)/LGS ASCENT e-sports
●重量:18.0kg
●フレーム:アルミ
●36V 10.9Ah リチウムイオンバッテリー

BESV(ベスビー)/PS1

流れるようなシルエットに仕立てたミニベロ。カーボンフレームなので重さも17.4kgと比較的軽いですよ。最大100km走れるため、ちょっと遠出をしたいときにも心配なく連れて行けますね。

ITEM
BESV(ベスビー)/PS1
●重量:17.4kg
●フレーム:カーボンモノコック/アルミチェーンステー
●36V 10.5Ah リチウムイオンバッテリー

BESV(ベスビー)/PSA1

2017年にグッドデザイン賞を受賞したモデルです。線がシンプルでカラーラインナップも豊富。見た目の満足度も高いミニベロですが、アルミフレームで軽く、アシストのモード切り替えも簡単なエントリーモデルでもありますよ。

ITEM
BESV(ベスビー)/PSA1
●重量:19.6kg
●フレーム:アルミ
●36V 10.5Ah リチウムイオンバッテリー

PANASONIC(パナソニック)/EZ

PANASONIC(パナソニック)/EZ

出典:Panasonic

20インチの太いタイヤを履いたミニベロ。3時間の充電で最長52kmほど走れる、小型の大容量バッテリーが入っています。前と後ろにキャリアがついているため、荷物が増えても置き場に困りません。

 

 フレーム素材  アルミ
 重量  22.5kg
 価格  129,580円(税込)

 

公式サイトはこちら

スタンドやキャリアがあると、出かける場所が広がる

スタンドやキャリアがあると出かけたい場所が広がる

ミニベロのe-bikeは、スタンドやキャリアがついていると便利。駐輪や荷物の置き場に困らず、出かけたくなる場所が広がりますよ。メーカーによってはオプションでつけることもできるため確認しておきましょう。

ミニベロのe-bikeで快適に走ろう!

ミニベロのe-bikeで快適に走ろう!

出典:Flickr/Marco Verch

ミニベロのe-bikeは走り出しが軽く、がんばって漕がなくてもスイスイ進み続けられます。坂が多い道でも少ない力で走れるため、頼れる相棒になってくれるでしょう。

 

折りたたむことができると持ち運びも楽ですよ。気軽にサイクリングができる小さな自転車を探している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

紹介されたアイテム

BESV(ベスビー)/PSF1
サイトを見る
TSINOVA(チノーバ)/ALIAS
サイトを見る
benelli(ベネリ)/mini Fo…
サイトを見る
benelli(ベネリ)/ZERO N2…
サイトを見る
Bianchi(ビアンキ)/Lecco-…
LOUIS GARNEAU(ルイガノ)/…
サイトを見る
BESV(ベスビー)/PS1
サイトを見る
BESV(ベスビー)/PSA1
サイトを見る

あわせて読みたい

エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
自転車の輪行で、用意したいアイテムの一つ「エンド金具」をご紹介します。走るためのアイテムではありませんが、楽しい輪行には、エンド金具の使用をおすすめ…
高橋智宏
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
ORTLIEB(オルトリーブ)の丈夫な防水サドルバッグを紹介します。全ラインナップのほか、最新のオルトリーブ2と、Lの取り付け方法などの違いもまとめ…
二ノ宮 空
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
記助
記助

ロードバイク・クロスバイクに初めて乗ったときの感動を忘れず、休日はのんびり走っています。まだまだ、ロードバイク歴は短いですが、その分初心者に近い目線で情報をお伝えていきたいです。自転車のほかにも陸上など体を動かすこと全般が好きです。