初めてのロードバイク、値段はどれくらい?予算別におすすめモデルもまとめました。

ロードバイクの価格帯はとても幅広く、初めてロードバイクを買う時は迷うことも多いでしょう。そこで今回は、ロードバイクの値段の違いはどこに出るのか?の疑問に応えつつ、おすすめモデルもまとめました。ロードバイクの値段で悩んだ時の参考にしてください。

目次

  • ロードバイクの値段はピンキリ
  • 値段の違いはどこに出る?
  • 初めてのロードバイクなら10万円前後が、おすすめ
  • 【予算10万円】ロードバイク入門におすすめの5台
  • 【予算20万円】もっと速く快適に走るならこの5台!
  • ベルやライトの予算も考えておこう
  • ロードバイクはどこで買うのがおすすめ?
  • 自分好みのロードバイクを見つけよう
アイキャッチ画像出典:Flickr/Dave Gingrich

ロードバイクの値段はピンキリ

ロードバイクの値段はピンキリ

出典:Flickr/Tracey Adams

ロードバイクが欲しい!と思っても、いざ買う時は「いくらで買えるのか?」が気になりますよね。

 

ロードバイクは5万円前後から、100万円以上の高価なモデルまで、ピンキリ。特に、初めてのロードバイクとなれば、どれくらいの値段が良いか迷ってしまいますよね。

 

値段の違いはどこに出る?

ロードバイクの値段ですが、大きくは「フレームの素材」や、「パーツのグレード」によって変わってきます。では、詳しく見ていきましょう。

どんなフレームの素材が使われているか

どんなフレームの素材が使われているか

出典:楽天

「フレーム」は、ロードバイクの形や強度など、性能が決まる重要な部分です。そのフレームに使われる素材には、主にクロモリ、アルミ、カーボン、チタンがあります。

 

それぞれの素材の特徴を簡単に表にまとめたので、参考にしてください。

 
 耐久性  重量  衝撃吸収
 クロモリ  高い  重い  高い
 アルミ  高い  軽量  低い
 カーボン  弱い  超軽量  高い
 チタン  高い  軽量  やや高い

 

初めてのロードバイクなら、もっともおすすめな素材はアルミ。販売されているモデル数も豊富で、手頃な値段のロードバイクが多くあります。

 

軽いほど高価に

ロードバイクは、もともとはレース用として作られている自転車。車重が軽ければ、軽いほど速く走れるので、各メーカーは「軽量化」にコストをかけて、ロードバイクを開発しています。

高速な走りを実現する「丈夫さ(剛性)」と「軽さ」を両立しているロードバイクは、それだけ値段も高くなります。

 

ブレーキなどのパーツのグレード

ブレーキなどのパーツのグレード

出典:Flickr/Marufish

装備されている「走る・止まるに必要なパーツ(コンポ)」の種類でも、価格が前後します。グレードが高いパーツだと、軽さが追求されていたり、電動式のパーツなどもあります。

 

ですが、もしロードバイク1台目で、有名メーカーのモデルであれば、コンポの違いは、そこまで気にしなくても、充分に新しい走りの体験ができると思いますよ。

 

▼▼コンポーネントの詳しい記事はこちら▼▼

 

初めてのロードバイクなら10万円前後が、おすすめ

初めてのロードバイクなら10万円前後が、おすすめ

出典:楽天

多くのロードバイクのメーカーでは、10万円前後の「エントリーモデル」がラインナップされています。初めてのロードバイクなら、この価格帯がおすすめで、エントリーモデルと言っても、立派なロードバイク。ママチャリでは体感できない「走り」を味わうことができるでしょう。

20万以上は中級者、30万以上は上級者

20万以上は中級者、30万以上は上級者

出典:Flickr/Ethan Lofton

以下、値段別で、どんな人が適しているかをまとめてみました。

 

●10~20万円

この価格帯の多くがアルミフレームのロードバイク。軽量でコスパが良いアルミフレームは、各メーカーのエントリーモデルでも多く使用されています。ロードバイクの中では、手頃に購入しやすい価格帯で、耐久性も兼ね備えているので初心者ライダーに適していると言えるでしょう。

 

●20~30万円

レースモデルなどに使用されている技術などを導入しつつ、コストを抑えて作られているモデルが多い価格帯。軽量で、乗り心地が良いカーボンフレームモデルも購入することができるでしょう。長距離を自転車で旅をするライダーや、中級者に向いています。

 

●30万円~

プロのレースでも使用されているモデルが手に入る価格帯。軽さと耐久性、衝撃吸収性も兼ね備えている上位モデルがラインナップされます。ロードレースに出場するなどの上級者や、予算が豊富にある方に、おすすめの価格帯です。

 

上記はあくまで参考の一例ですが、初めての人は「必ず安いモデルを買うべき」というコトもありませんので、予算が豊富であれば上級者モデルでも、もちろん良いと思います!

 

【予算10万円】ロードバイク入門におすすめの5台

では、初めてのロードバイクにおすすめの、10万円前後のロードバイクからご紹介していきます。

GIANT/TCR SL 2

GIANT/TCR SL 2

出典:GIANT

剛性と軽量を兼ね備えたGIANTのエントリーモデル。フレームにはアルミ、タイヤを支えるフォーク部分にはカーボンを使用しています。エントリーモデルでも速く走りたいライダーや、長距離を走ってみたい人に最適でしょう。

 

参考価格:135,000円(税抜)

 

製品公式ページはこちら

 


TREK/Domane AL 3 Women’s

TREK/Domane AL 3 Women's

出典:TREK

TREKの女性専用エントリーモデル。サドルやハンドルバーが女性によりフィットするデザインになっていて、初心者でも快適に走ることができるでしょう。

 

参考価格:105,000円(税抜)

 

製品公式ページはこちら

 


MERIDA/RIDE 80

振動吸収性を高めたアルミフレームを採用している、MERIDAのエントリーモデル。タイヤを支えるフォーク部分にはカーボンを使用し、衝撃吸収性を高めています。シマノ製のコンポで、走行性能も安心。ロングライドやヒルクライムなどでも活躍するでしょう。

ITEM
MERIDA(メリダ)/RIDE 80
●重量:9.6kg
●フレーム素材:アルミ
●カラー:ホワイト、ブルー、ブラック

FUJI/JARI 2.3

アルミ仕様とクロモリ仕様、全4モデルをラインナップしているFUJIのロードバイク。衝撃吸収性と軽さ、耐久性に優れている1台です。長距離やツーリングを始めたい人にも、もってこいのモデルでしょう。

ITEM
FUJI(フジ)/JARI 2.3
●重量:12.9kg
●フレーム素材:アルミ仕様3モデル、クロモリ仕様1モデル
●カラー:スレート、スカイブルー

FELT/VR 60

うっすらブルーがかかったホワイトのカラーリングが印象的な、FELTのエントリーモデル。ワイヤーがフレームに内蔵され、見た目もスッキリしています。タイヤは、35Cまで装着できるので、初心者でも安心。乗車姿勢が前傾になりすぎないポジションで乗れるのも特徴です。

ITEM
FELT(フェルト)/VR 60
●重量:10.57kg
●フレーム素材:アルミ
●カラー:ピューター/グロウグリーン

【予算20万円】もっと速く快適に走るならこの5台!

より速さと快適さを求めるのであれば、20万円前後のモデルがおすすめ。予算に余裕があるライダーさんは、ぜひ参考にしてみてください。

cannondale/CAAD13 Disc 105

cannondale/CAAD13 Disc 105

出典:cannondale

高性能なアルミフレームのcannondaleのモデル。空気抵抗を減らしつつ、太めのタイヤも装着できるスペースを確保しています。Cannondaleのアルミフレームのバイクは、カーボンフレームに劣らないほど、満足度が高い走りが期待できますよ。

 

参考価格:210,000円(税抜)

 

製品公式ページはこちら

 


Bianchi/2021 SPRINT

鮮やかなチェレステカラーが印象的なBianchiのロードバイク。Bianchiのシリーズの中でも、各性能のバランスが良いレーシングモデルです。Bianchiの定番モデルでもあるので、初心者だけでなく中級者から上級者まで、幅広い人気があります。

ITEM
Bianchi(ビアンキ)/2021 SPRINT
●重量:8.6kg
●フレーム素材:カーボン
●カラー:CK16/Black Full Glossy、Black/CK16 Full Glossy

cinelli/ZYDECO SORA

cinelli/ZYDECO SORA

出典:cinelli

オレンジジュースブルーという珍しいカラーのchinelliのロードバイク。ハンドルからサドルまでのフレームが、長めに設計されているのが特徴です。なんとも楽し気なカラーモデルで、長距離ライドをのんびり楽しむのも良いですね。

 

参考価格:200,000円(税抜)

 

製品公式ページはこちら

 


SPECIALIZED/ROUBAIX

SPECIALIZED/ROUBAIX

出典:SPECIALIZED

衝撃吸収性能と走行性能を、高いレベルで実現した、SPECIALIZEDのロードバイク。世界的なロードレースでも数々の勝利をおさめています。レースへの出場を考えている方や、快適さとスピードを求めるライダーにおすすめです。

 

参考価格:228,800円(税込)

 

製品公式ページはこちら

 


Raleigh(ラレー)/CRF Carlton-F

スチールフレーム素材として開発された、レイノルズ631チューブを採用したRaleighのロードバイク。強度と衝撃吸収性に優れているだけでなく、美しいフォルムの車体です。カラバリは4色と豊富で、クラシックな雰囲気もあるので、街乗りにもおすすめです。

ITEM
Raleigh(ラレー)/CRF Carlton-F
●重量:9.5kg
●フレーム素材:スチール
●カラー:サモアブルー、パールホワイト、マルーンレッド、クラブグリーン

 

ベルやライトの予算も考えておこう

ベルやライトの予算も考えておこう

ベルやライトなどの装備アイテムがないことがほとんどのロードバイク。ロードバイクは一般のライダーでも、時速20~30kmぐらいであれば、すぐ出てしまいます。爽快感を味わえる分、一歩間違えれば大きな怪我や事故につながりますので、より安全に走るためにも、ベルとライトなどを用意しましょう。

 

▼▼ベルやライトの関連する記事はこちら▼▼

ロードバイクはどこで買うのがおすすめ?

ロードバイクはどこで買うのがおすすめ?

出典:Flickr/Gene Bisbee

インターネットでも、ロードバイクの購入は可能ですが、「自分に合うサイズがどのサイズか」など、不安なことも多いですよね。もし、近くに専門ショップがあれば、ぜひ行ってみましょう。車体の色を実際に見たり、触れたりすることで、あらたな発見もあるはずです。

 

ショップによっては、試乗ができたりするので、お気に入りの1台をみつけに、ぜひショップに行ってみましょう。

 

自分好みのロードバイクを見つけよう

自分好みのロードバイクを見つけよう

出典:楽天

値段もデザインも、とても幅が広いロードバイク。どれを選べば良いのか迷った時には、今回ご紹介した値段別の違いや、おすすめモデルを参考にして、お気に入りの1台をみつけてくださいね。

あわせて読みたい

【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
ORTLIEB(オルトリーブ)の丈夫な防水サドルバッグを紹介します。全ラインナップのほか、最新のオルトリーブ2と、Lの取り付け方法などの違いもまとめ…
二ノ宮 空
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
二ノ宮 空
二ノ宮 空

自転車が好きで、クロスバイクとロードバイクを2台所有しています。ロングライドや自然の中を走るのが大好きです。自転車の魅力や自転車旅についてなど、楽しくてためになる情報を提供していきたいと思っています。