【デザインも大事だよね】クロスバイク向けのおすすめヘルメットをご紹介

クロスバイクにおすすめのヘルメットをご紹介。フィットしやすいモデルの探し方や、帽子のように気軽にかぶれる、おしゃれな人気ブランドをまとめています。そもそもヘルメットが必要かどうかや、安全規格など安心して選ぶための情報などをまとめました。

目次

  • クロスバイクに似合うヘルメットありますよ
  • 安全で快適なヘルメットの選び方
  • クロスバイク用ヘルメットのおすすめブランド4選
  • ショップで試着してみよう
  • 安全におしゃれにクロスバイクに乗ろう

クロスバイクに似合うヘルメットありますよ

通勤や通学など、日常の生活の中で乗る人も多いクロスバイク。安全面から、ヘルメットを用意したいと考えているけど、普段のファッションに合わなくなりそう。。って思う人も多いのではないでしょうか。そんなクロスバイクには、レース向けのデザインより、服のトーンにあうカジュアルなヘルメットがおすすめ。

 

今回は、クロスバイクに乗る人のための、おすすめヘルメットを紹介しています。

そもそもクロスバイクにヘルメットは必要?

そもそもクロスバイクにヘルメットは必要?

ヘルメットなしでクロスバイクに乗っても違反になりませんが、かぶることを強くおすすめします。

 

スポーツバイクのクロスバイクは、走行性能も高く、平地でも時速20〜30キロほど出ることも。万が一のときにはヘルメットだけが頭を守れます。

ちなみにヘルメットをかぶっていると、車や歩行者からの印象も良く見られますよ。

安全で快適なヘルメットの選び方

「自分に頭に合うヘルメット」、「安全に快適に使えるヘルメット」の選び方をおさえておきましょう。

日本人の頭の形に合ったモデルや、調整のしやすさ

日本人の頭の形を考えたモデルや調整機能で選ぶ

頭囲がぴったりでも、頭の形に合わないこともあるのがヘルメット。中がブカブカならズレやすく、キツければ頭痛の原因になります。また、ヘルメットのメーカーは欧米ブランドも多く、フォルムが欧米人向けになっていることもしばしば。

 

そんな時は、アジアの人の頭の形にあわせた「アジアンフィットモデル」がおすすめ。フィットしやすいヘルメットを見つけやすくなりますよ。

軽いヘルメットなら快適です

軽いヘルメットなら快適です

ヘルメットは軽いと快適です。もちろん、ただ軽ければ良いわけではないので、安全面も考慮して選ぶのがポイントです。ツーリングや遠出をするなら250g以下が理想ですが、街乗り用でも300g以下から選びましょう。

SGマーク付き・JCF公認ヘルメットが安心

SGマーク付き・JCF公認ヘルメットが安心

出典:楽天市場

安全性あるヘルメットであれば、安全規格のSGマークが付いたヘルメットや、JCF公認のヘルメットを探してみてください。一定基準の品質や信頼ある製品の目安になりますので、選ぶ際の参考になります。

クロスバイク用ヘルメットのおすすめブランド4選

ヘルメットのブランドは様々ありますが、どのブランドが良いの?と思う人に、おすすめのブランドをご紹介します。

 

●GIRO(ジロ)

●OGK Kabuto

●LAZER(レイザー)

●mont-bell(モンベル)

 

ここからは各ブランドのおすすめヘルメットを、紹介していきます!

 

GIRO(ジロ)/シンセ ミップス

GIROはデザインに定評のあるアメリカの自転車用品メーカー。シンセ ミップスは日本人の頭にフィットしやすいアジアンフィット仕様。スポーティーなフォルムながら、マットな質感が上品でカジュアルな服装にも合わせやすいですよ。エアロ構造で走行中の風の影響を受けにくくなっています。

ITEM
GIRO(ジロ)/シンセ ミップス
●重量:250g
●JCF公認ヘルメット
●アジアンフィットモデル

デザインも良いですがアジア人向けで軽くてフィットするので、少し値は張りますが購入して後悔はありません。オススメです。


GIRO(ジロ)/ASPECT URBAN HELMETS

通気性抜群で暑い時期も頭が蒸れにくいヘルメット。日差しや小雨対策にもなるバイザーは取り外しできるため、サイクルウェアを着るときには、バイザーなしのスポーティーなスタイルで出かけてみては。

ITEM
GIRO(ジロ)/ASPECT URBAN HELMETS
●重量:278g
●取り外し可能ソフトバイザー
●CPSC安全規格取得

しばらく使えば慣れてくると思います。被った後で、調整してフィットさせることができます。


OGK KABUTO(オージーケーカブト)/BRERO

日本メーカーのOGK KABUTOは日本人にフィットするヘルメットを製造しています。BREROはつるっとしたフォルムとマットな色のシンプルで落ち着いたデザイン。ハードシェルで重みがありますが、強度も抜群。

ITEM
OGK KABUTO(オージーケーカブト)/BRERO
●重量:480g
●ハードシェル
●SG規格

OGK KABUTO(オージーケーカブト)/CS-1

ころんとしたフォルムにしなやかなバイザー。帽子のようなデザインのCS-1はカラーラインナップも充実していて、気軽にかぶりやすいヘルメット。後ろにアジャスターがついているためフィット感を調整できます。

ITEM
OGK KABUTO(オージーケーカブト)/CS-1
●重量:235g
●軽量アジャスター採用
●JCF(公財)日本自転車競技連盟推奨

トゲトゲしい本気っぽい物が嫌で、他人と被らない物を探していたところ、ツバ付きに惹かれて購入。使用した感は、軽くて使いやすいいです。アジャスターもあるのでサイズは問題なし。


LAZER(レーザー)/バレット2.0

ベルギーの老舗ヘルメットメーカーLAZER。アジアンフィットのバレット2.0は一見シンプルなフォルムですが、便利な機能が標準装備されています。ひとつはマグネット式のレンズ。眩しいときにすぐヘルメットの縁へ装着できますよ。2つ目はLEDのテールライト。夕方や夜に走るときも安心です。もうひとつ、通気性を調整するベンチレーションは夏場の強い味方。

ITEM
LAZER(レーザー)/バレット2.0
●重量:240g
●アジアンフィット
●JCF(公財)日本自転車競技連盟公認

LAZER(レーザー)/ジェネシス

ハイエンドモデルのアジアンフィットタイプ。頭の上にフィット感を調整できるダイヤル「アドバンスドロールシス」がついています。22個の通気孔(ベンチレーション)で通気性が良く、すっきりまとまったデザイン。

ITEM
LAZER(レーザー)/ジェネシス
●重量:190g(S)
●ダイアル調整可能
●JCF 公認

mont-bell(モンベル)/サイクルヘルメット

サイクルヘルメット

出典:mont-bell

登山を中心に幅広いアウトドア用品を取り扱う国産メーカーのmont-bell。サイクルヘルメットは日本人にフィットしやすいフォルムで、細かい調整ができるアジャスターもついています。220gで軽く、ツーリングでも疲れにくいでしょう。
製品公式ページはこちら

ショップで試着してみよう

ショップで試着してみよう

身につけて使用するヘルメットなので、購入前にかぶり心地などチェックしたいですよね。ショップで試着することで、サイズ違いのフィット感や、デザイン、重さなどを、比較しながら選べますよ。正しいかぶり方など、ショップの人にも聞いてみましょう。

安全におしゃれにクロスバイクに乗ろう

安全におしゃれにクロスバイクに乗ろう

シティサイクルやママチャリより速く走れるクロスバイクは、ヘルメットの装着がおすすめです。安全のためにも、おしゃれを楽しむためにも、ぜひ自分にあったヘルメットを探してみてくださいね。

紹介されたアイテム

GIRO(ジロ)/シンセ ミップス
GIRO(ジロ)/ASPECT URBA…
OGK KABUTO(オージーケーカブト…
OGK KABUTO(オージーケーカブト…
LAZER(レーザー)/バレット2.0
LAZER(レーザー)/ジェネシス

あわせて読みたい

コンチネンタル
『コンチネンタル』のロードバイク用タイヤを紹介!人気のGP5000インプレも!
ロードバイク用のタイヤで有名な「コンチネンタル」。タイヤはロードバイクの中でも重要なパーツの1つです。タイヤメーカーのコンチネンタルは、その性能や品…
S.K.
もう手放せないギア!自転車キャンプで活躍する4つの小物
もう手放せないギア!自転車キャンプで活躍する4つの小物
自転車でキャンプをするなら、どんなキャンプギアを使うかが大切です。持ち物の量に制限があるからこそ、便利で使い勝手の良い道具を揃えていくと、キャンプが…
S.K.
革命的なライト付きヘルメット!「LUMOS Ultra」をガチレビューします
革命的なライト付きヘルメット!「LUMOS Ultra」をガチレビューします
ヘルメットとライトが一体化した「LUMOSヘルメット」。360°どこからでも見えるライト、直感的で分かりやすい操作、ユーザーが使いやすいように細かい…
CYCLE HACK編集部
シクロクロス グラベルロード 違い
【どっちを選ぶべき?】シクロクロスとグラベルロードの違いや選び方をまとめました
見た目がそっくりな、シクロクロスとグラベルロード。どちらもオフロードも走れるロードバイクのように思われていますが、どこが違うのでしょう?それぞれの特…
おかちん
シュラフ 選び方
自転車キャンプのシュラフは何がいい?選び方とおすすめ製品まとめ
自転車キャンプの装備の中で、シュラフ(寝袋)は、ひと際大きく嵩張るものです。そして同時に、快適な睡眠を確保するためには、欠かせない道具の1つでもあり…
S.K.

ロードバイク・クロスバイクに初めて乗ったときの感動を忘れず、休日はのんびり走っています。まだまだ、ロードバイク歴は短いですが、その分初心者に近い目線で情報をお伝えていきたいです。自転車のほかにも陸上など体を動かすこと全般が好きです。