キャットアイのサイコン、おすすめ製品まとめ【種類が豊富!】

サイクリング中の速度や距離などを表示するサイコン。キャットアイは心拍数やパワーも計測でき、長持ちで手頃な価格帯のサイコンの品揃えが豊富ですよ。こちらでは通勤通学向け、ツーリング・イベント向けなどシーンにあわせてキャットアイのサイコンの選び方やおすすめ製品を紹介します。

制作者

記助

ロードバイク・クロスバイクに初めて乗ったときの感動を忘れず、休日はのんびり走っています。まだまだ、ロードバイク歴は短いですが、その分初心者に近い目線で情報をお伝えていきたいです。自転車のほかにも陸上など体を動かすこと全般が好きです。

記助のプロフィール

...続きを読む

目次

  • 良コスパが勢揃い!はじめてのサイコンはキャットアイに決まり
  • キャットアイのサイコンはココがいい!
  • サイコンの失敗しない選び方
  • はじめてのサイコンにおすすめの3選
  • 本格ライドやトレーニングにおすすめ2選
  • サイコンが見やすくなるブラケットが便利!
  • キャットアイのサイコンでサイクリングをもっと楽しもう
アイキャッチ画像出典:CATEYE

良コスパが勢揃い!はじめてのサイコンはキャットアイに決まり

キャットアイ(CATEYE)とは

出典:CATEYE

猫のロゴで知られる自転車パーツメーカーのキャットアイ(CATEYE)。ライトやサイコン(サイクルコンピュータ)は海外でも人気です。

 

走った場所をGoogle Mapで確認できる機能やスマホ連携機能など、精密な記録を手軽につけられるキャットアイのサイコンは、サイクリングの楽しみを広げてくれますよ。コストパフォーマンスのいいモデルも多いため、はじめてのサイコンにもぴったり。

キャットアイのサイコンはココがいい!

あると便利な機能など、キャットアイのサイコンのいいところをまとめました。

幅広いラインナップと良心的な価格

幅広いラインナップと良心的な価格

出典:Flickr/chinnian

キャットアイのサイコンは全14種類。スピードと走行距離の表示で2,000円前後のモデルから、心拍数やケイデンス(回転数)、パワーなどたくさんのデータを取得する本格モデルまで、必要なだけ機能が付いたモデルを見つけられます。

 

価格は1万円以内が多く、ほしい機能が付いたモデルにも手が届きやすいかも。

走行中でも操作しやすい「クリックテック」

走行中でも操作しやすい「クリックテック」

出典:楽天市場

走行中でも画面を触ってサイコンを操作できるクリックテック。グローブをした手でも表示を切り替えられます。

バッテリーが長持ちする「電池式」

サイコンの電池は充電式と電池式の2種類。充電式は電池がいらない反面、数回使ったら充電する必要があります。

 

キャットアイのサイコンは主に電池式。バッテリーが長持ちで、毎日1時間使っても約1年もつ製品もありますよ。ちなみにサイコン用の電池は多くのコンビニで買えます。

サイコンの失敗しない選び方

キャットアイのサイコンの種類は豊富。通勤やサイクリング、場面ごとにほしい機能など選び方を紹介します。

通勤通学にはバックライト機能があると便利

通勤通学にはバックライト機能があると便利

出典:楽天市場

通勤通学で使う予定なら、夕方や夜でもサイコンの表示が見やすいバックライト機能付きモデルがおすすめ。

ツーリングやイベントには心拍数などのデータが取れるもの

ツーリングやイベントには心拍数などのデータが取れるもの

ツーリングやサイクリングイベントには、スピードや距離以外のデータも取れるサイコンを選んでみては。
心拍数やケイデンス、パワーなどはペース配分の参考になるため、無理なく走るためにも重宝するはず。

アプリ対応モデルはスマートフォンで設定できて便利

アプリ対応モデルはスマートフォンで設定できて便利

サイコンのデータをスマホに転送できるモデルもあります。過去に走ったルートや距離など、手軽にサイクリングの記録を残せますよ。

はじめてのサイコンにおすすめの3選

まずは、最初の1台におすすめのモデルをご紹介。

CATEYE(キャットアイ)/VELO WIRELESS

5,000円前後のベーシックなワイヤレスサイコン。走行距離、スピード、消費カロリーが計測でき、通勤通学やフィットネスにもおすすめ。画面が大きく見やすいでしょう。

CATEYE(キャットアイ)/VELO WIRELESS

●サイズ:55.5×37×16.5mm
●重量:26.4g

 

CATEYE(キャットアイ)/VELO WIRELESS+

初心者向きのモデルです。VELO WIRELESSと同じ機能に加えてバックライト付き。通勤通学で帰りが遅くなる人も安心。

CATEYE(キャットアイ)/VELO WIRELESS+

●サイズ:55.5×37×16.5mm
●重量:26.4g

 

CATEYE(キャットアイ)/PADRONE+

画面が大きく操作しやすいPADRONE+は、バックライトや画面操作のできるクリックテック付き。ストップウォッチなど、サイクリングで速く走りたいときにあると便利な機能も揃っていますよ。

CATEYE(キャットアイ)PADRONE+

● 重量: 33.3g

本格ライドやトレーニングにおすすめ2選

ここからは本格ライド・トレーニング向けのモデル。

CATEYE(キャットアイ)/PADRONE SMART

スマートフォンで簡単にセットアップできるモデル。速度・距離・時間・ケイデンス・心拍数・高度を計測できますが、画面には必要な項目だけを表示できて見やすいですよ。大きめの画面ながら30gと軽量。

CATEYE(キャットアイ)/PADRONE SMART

●サイズ:67.5×43.0×15.6mm
●重量:30g

 

CATEYE(キャットアイ)/V3n

速度・距離・時間・ケイデンス・心拍数・高度・コンパス・ラップ・カウントダウン機能など、最も機能が充実しているモデル。たくさんのデータを取っていても表示が見やすくなっています。

CATEYE(キャットアイ)/V3n

●サイズ:56.5 x 38.0 x 16.9 mm(コンピュータ)
●重量:30g(コンピュータ)

サイコンが見やすくなるブラケットが便利!

サイコンを見やすい位置に固定するブラケットも参考にしてみてください。

CATEYE(キャットアイ)/アウトフロントブラケット

ハンドルの中央(ステム前)にコンピュータを取付けられるシンプルなモデルです。

CATEYE(キャットアイ)/アウトフロントブラケット

●対応径:Φ31.8orΦ25.4~Φ26.0(付属ゴムスペーサー使用)

 

CATEYE(キャットアイ)/アウトフロントブラケット2

サイコンとキャットアイのライトを付けられるブラケット。純正のため丈夫で衝撃を受けてもズレにくいです。アクションカメラも取り付けられますよ。

CATEYE(キャットアイ)/アウトフロントブラケット2

●重量:71g

キャットアイのサイコンでサイクリングをもっと楽しもう

自分に合ったキャットアイのサイコンを選ぼう

サイコンがあるとペース配分がわかったり、ツーリングの記録が残せたり、サイクリングの楽しみの幅が広がりますよ。

キャットアイのサイコンはシンプルで扱いやすいモデルから、たくさんのデータを記録できるモデルまで充実しています。
サイクリングする場面にあわせて選んでみてください。

紹介されたアイテム

あわせて読みたい

スペシャライズド CPOストア
国内初!スペシャライズドの認定中古車ストアが2022年8月8日東京・西新宿にオープン!
スペシャライズドが、国内初のスポーツバイク認定中古車の販売を行う店舗をオープンしました。商品毎に指定されたメンテナンス項目の検査整備を経て、規定のク…
CYCLE HACK編集部
ゲレンデライド
「Camp & E-Bike」を体験しよう!テーマは“大人の夏休み” E-MTBで遊ぶ 夏のゲレンデライド!
夏のスキーゲレンデをE-MTBで遊ぶイベントが開催!テーマは“大人の夏休み”。まるで「プライベートゲレンデ」のように大自然を満喫することができますよ…
CYCLE HACK編集部
サイコン 比較
【徹底比較】2022サイクルコンピュータ11機をレビュー!価格・機能ランキング紹介
自転車の走行データを表示・記録するガジェットであるサイコン。今回は6ブランド(GARMIN、wahoo、Lezyne、Xplova、Bryton、C…
CYCLE HACK編集部
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
自転車といえば、サイクリングやポタリングなど、走ることそのものが大きな楽しみです。持ち前の機動力で、キャンプやピクニック、釣りなど、その他のアウトド…
ゆら
アースホッパー
全国のスキー場で使える定額パス「アースホッパー」。グリーンシーズンも拡充し。オールシーズンパスとして販売開始!
株式会社Pioneerworkは、日本全国約30箇所の人気スキー場で使えるリフト券とスキーおよびスノーボード用品レンタルの広域定額スノーパス「アース…
CYCLE HACK編集部