ロードバイク用フラットペダルで街に出たい!選び方やおすすめをご紹介

ロードバイク用フラットペダルは使いやすい!ビンディングペダルとの違いや選び方、シマノなどおすすめのメーカーを紹介します。安くて軽いフラットペダルは、おしゃれな靴で出かけたいときやロードバイクデビューしたてのときにも頼れるアイテムですよ。

目次

  • フラットペダルにする?ビンディングペダルにする?
  • フラットペダルでよかった!ここがいい!
  • ここは気をつけて!フラットペダルにも苦手がある?
  • フラットペダルの種類や選び方
  • 街乗りロードバイクに!おすすめのフラットペダル5選
  • 片面がビンディングペダルならいいトコどり
  • フラットペダルでおしゃれに楽しく出かけよう
アイキャッチ画像出典:flickr/Glory Cycles

フラットペダルにする?ビンディングペダルにする?

フラットペダルにする?ビンディングペダルにする?

ロードバイクのペダルを選ぶのに迷った経験はありませんか?ペダルには大きく分けて「フラットペダル」「ビンディングペダル」の2種類ありますが、ロードバイク初心者や街乗りメインの人はフラットペダルが使いやすいですよ。

こちらではフラットペダルの特徴や失敗しない選び方、おすすめの製品を紹介していきます。

フラットペダルでよかった!ここがいい!

まずはフラットペダルの特徴。街乗りにぴったりな「いいところ」はこちら。

履きたい靴で乗れる

履きたい靴で乗れる

ビンディングペダルの靴はビンディングシューズが基本ですが、フラットペダルは靴の種類を選びません。スニーカーなど好きな靴を履けますよ。

またペダル自体も高価なビンディングペダルはシューズにつける金具のクリート(消耗品です)を定期的に買い換える必要も。その点フラットペダルは経済的。

街乗りらしいカジュアルなデザイン

街乗りらしいカジュアルなデザイン

出典:楽天市場

ゴリッとしたレース仕様のビンディングペダルに対し、フラットペダルはシンプルな形など街乗りに選びたいデザインが豊富。

充実したカラーラインナップで「色遊び」しやすいのもフラットペダルならでは。

停止時にすぐ足を離せる安心感がある

停止時にすぐ足を離せる安心感がある

ビンディングペダルはペダルと靴を固定して効率よく走れる反面、止まるときに固定を外せず転倒することも。

一方フラットペダルはビンディングペダルのような「立ちゴケ」の心配はなし。ストップ&ゴーの多い街乗りには、感覚的に靴を離せるフラットペダルで安心感があるかもしれません。

ここは気をつけて!フラットペダルにも苦手がある?

フラットペダルは使いにくいときもあります。ビンディングペダルと比べておきたい条件はこちら。

坂道はビンディングペダルのほうが楽

坂道はビンディングペダルのほうが楽

普段のルートに坂が多いなら、ビンディングペダルの方が楽に走れるかも。靴と固定されるビンディングペダルは、脚に負担のかかる上り坂でも力が逃げにくく前に進みやすいんです。

短い坂ならフラットペダルでもさほど気にならないでしょう。

雨の日は滑って、踏みはずしてしまうかも

雨の日は滑って、踏みはずしてしまうかも

雨の日も乗る人は「滑り」に注意。フラットペダルは靴が固定されていないため、雨で靴が滑って踏み外すことも。

ビンディングペダルなら滑る心配がありませんが、フラットペダルも滑り止めやピン付きで対策できます。

フラットペダルの種類や選び方

長距離や雨天など、乗ることの多い場面で素材を選びましょう。またある選び方をおさえると、もっと快適に乗れますよ。

軽さ?耐久性?目的にあわせて素材を選ぼう

フラットペダルの素材はアルミ、ナイロン、カーボン、クロモリなどがメジャー。

 

●アルミ
通勤通学など雨でも乗ることがあるなら滑り止め付きのアルミ製を。強度があってサビにくく安い製品が多いですよ。

 

●ナイロン
安価な樹脂製でも特に安くて耐久性のあるナイロン。すっきりした薄いものが見つかるかも。カラーラインナップも豊富。

 

●カーボン
もっとも軽いのはカーボン製。耐久面でアルミに劣るものの速く走るにはうってつけ。少々高価な素材なので余裕がある人はチェック。

 

●クロモリ
耐久性のある合金でサビに気をつければもっとも長く使える素材と言えます。ほかの素材より重量がありますが値段はお手頃。

 

踏み面が広いと安定して走れる

踏み面が広いと安定して走れる

踏み面の広いペダルは踏み込みやすいうえに踏み外しにくくなります。

街乗りロードバイクに!おすすめのフラットペダル5選

ここからはおすすめのフラットペダルをご紹介。

SHIMANO(シマノ)/PD-GR500

世界最大手の自転車パーツメーカーSHIMANOのペダル。重さがあるものの、丈夫なクロモリ素材で製造されています。ピンの高さを靴にあわせて調整できるうえに凹型形状で、足の力を伝えやすくなっています。長距離でも効率よく走れますよ。

ITEM
SHIMANO(シマノ)/PD-GR500
●ピン9本
●重量:533g

重い!って言ってる人もいるけど、このペダルに関してはこの重さが魅力です。作りも凄くしっかりしてるしピンの食い込みもいいですので安心して使うことができます。


 

TIOGA(タイオガ)/シュアーフット8

アルミ製の軽いペダル。回転効率を上げるピンは8本。両面についているため移動中にペダルの面を直す必要がありません。靴をストラップで固定するトークリップをつけることもでき、坂もビンディングペダルのように楽に走れますよ。

ITEM
TIOGA(タイオガ)/シュアーフット8
●ピン8本
●重量:255g

ピンを自分で取り付けるのはとっても手間です。 でも機能的には秀逸で、ペダルからズレて足を乗せても、滑ることが無いので載せ替えるせずに発進出来ます。


 

Wellgo(ウェルゴ)/CNCアルミペダル

見た目でも選ばれる、アルミ製の軽いペダル。取り外しのできる先の丸いピンが8本付きで靴底を傷つけずに踏み込みやすくなっています。ブラックのほか4色のカラー展開。

ITEM
Wellgo(ウェルゴ)/CNCアルミペダル
●ピン8本
●重量:243g

ペダル一つでこんなに違うものかと、感動しました。同じコースを走っても、5%程速度が違う感じでとても具合が良かったです


 

MKS(ミカシマ)/ALLWAYS

MTB(マウンテンバイク)での走行も想定した、丈夫で軽いアルミ製。トリプルシールドベアリングで滑らかにペダルを回すことができます。アルミ製としては少々お高めですが、固定力と回しやすさでコスパは抜群。

ITEM
MKS(ミカシマ)/ALLWAYS
●ピン6本
●重量:381g

絶妙なスパイクピン、踏面のアーチ形状もとにかく素晴らしい。フラットペダル派で、何にしようか迷ってる方、このペダルは本当におすすめです。


 

DIXNA(ディズナ)/リブラペダル

自転車の個性を引き立てるすっきりとしたフォルム。ピンは片面のみ。踏み面が上に来やすい構造になっています。重さのあるクロモリ素材ですが、薄くムダのない設計で軽やかな踏み心地。

ITEM
DIXNA(ディズナ)/リブラペダル
●ピン5本
●重量:380g

フットプリントタイプの足裏形状の広い踏み面形状のたまものなのだろうと思います。片面フラットペダルながら、底にウエイトがついているため一般的なフラットペダルよりも数十グラム程度重いですが、その重りがあるせいで踏み面が常に上に向くようになっていて便利です

 

片面がビンディングペダルならいいトコどり

片面SPDペダルという選択肢も

出典:Amazon

街乗りが多いものの遠出もする人は、片面がビンディングペダルのものもおすすめ。
踏み込む面さえ気をつければ「いいトコどり」。ビンディングペダルの練習としても、いざというときに面を変えられて安心感があります。

SHIMANO(シマノ)/SPDペダル PD-EH500

ピンを付けられてフラット面も踏み込みやすいペダル。ビンディング面は靴の固定力を調整できるため、初心者や立ちゴケが心配な人は弱い力で外せるよう調整して走りましょう。

ITEM
SHIMANO(シマノ)/SPDペダル PD-EH500
●重量:383g

片面フラット、片面ビンディングのペダルです。ビンディング面の固定力には不安がありませんし、フラット面もピンのおかげで滑りません。普通の靴とSPDシューズ、両方使うようなユースケースに最適でしょう。付属するクリートも付けやすく外しやすいマルチモードなので、気軽に使えます。

 

フラットペダルでおしゃれに楽しく出かけよう

フラットペダルでおしゃれに楽しく出かけよう

レースにはビンディングペダルが欠かせませんが、街乗りはフラットペダルで足元のおしゃれを楽しむことができます。好きな靴で乗れるのもフラットペダルならでは。

ストップ&ゴーの多い街中では、立ちゴケしない個性豊かなフラットペダルで、思い切り自転車を楽しめるはず。

紹介されたアイテム

SHIMANO(シマノ)/PD-GR50…
TIOGA(タイオガ)/シュアーフット8
Wellgo(ウェルゴ)/CNCアルミペ…
MKS(ミカシマ)/ALLWAYS
DIXNA(ディズナ)/リブラペダル
SHIMANO(シマノ)/SPDペダル…

あわせて読みたい

ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
記助
記助

ロードバイク・クロスバイクに初めて乗ったときの感動を忘れず、休日はのんびり走っています。まだまだ、ロードバイク歴は短いですが、その分初心者に近い目線で情報をお伝えていきたいです。自転車のほかにも陸上など体を動かすこと全般が好きです。