あさひのCreamに新モデル!オンラインショップ限定のシンプルで低価格な自転車

サイクルベースあさひのオンラインショップ限定ブランドCream(クリーム)から2機種の新モデルが登場。「シンプルでお手頃価格、これが良いと思える自転車」をコンセプトにしたシリーズのフラグシップモデル「CS」、お買い物や子どもの送迎におすすめの「Cargo」の特徴をチェック!

目次

  • あさひのCreamシリーズに新モデル追加!
  • フラグシップモデル「CS」
  • 買い物や子どもの送迎にぴったりの「Cargo」
記事内画像提供:株式会社あさひ

あさひのCreamシリーズに新モデル追加!

サイクルベースあさひから、オンラインショップ限定ブランド「Cream(クリーム)」シリーズの新モデル「CS」と「Cargo」の2機種が追加販売されます。

 

Creamは「シンプルでお手頃価格、これが良いと思える自転車」をコンセプトに、ライフスタイルに合わせたカスタマイズができるシリーズ。
低価格ながら、スポーツバイク部品最大手シマノのパーツを採用するなど細部にまで品質と安全性にこだわっています。

 

スポーツバイク初心者や、移動手段として快適な自転車を探している人におすすめ。

 

オンライン限定モデルもお店で受け取りOK

「ネットで注文、お店で受取り」
あさひではネット上で注文した商品を全国のサイクルベースあさひの店頭で受け取ることができる「ネットで注文、お店で受取り」サービスを展開中。

 

オンラインショップ限定のCreamシリーズも、指定された住所受け取りのほか、送料無料で組み立てや部品取り付けまでしてくれる「店頭受け取り」ができますよ。

 

フラグシップモデル「CS」

フラグシップモデル「CS」
スポーツサイクルが持つ快適な走行性やデザインと、シティサイクルが持つ高い実用性やメンテナンスフリーな機構など、良いところだけを合わせたハイブリッドな自転車。
どんな服装にもあうシンプルなデザインと、各ラインナップの中で最も高いコストパフォーマンスを誇るフラグシップモデルです。

 

「前のめり」にもなりにくく楽な乗車姿勢で走行できます。

ハンドルの形がアーチ(弓)型でハンドルグリップが手元に近いため「前のめり」になりにくく、楽な姿勢で走行できます。
軽量で錆にも強いアルミ製。

 

乗車時に握りやすいよう手の形状に合わせて作られたコンフォートグリップ

乗車時に握りやすいよう手の形状に合わせて作られたコンフォートグリップ。
通常の丸いグリップに比べてホールド感も高く、手の負担を軽減します。

 

スポーティーでルックスの良いデザインのクランクセット

スポーティーでルックスの良いデザインのクランクセット。
ガード付チェーンリングで裾の巻き込みを防ぎ、普段着でも足元を気にせずに乗車できます。

 

機構部分を耐水構造のカバーで覆うことで、長期間メンテナンス不要な後ブレーキ

機構部分を耐水構造のカバーで覆うことで、長期間メンテナンス不要な後ブレーキ。嫌な音鳴りがほとんどしません。
雨やホコリの影響も受けにくく、安定した制動力を発揮します。

 

安全性向上のために常時点灯タイプのLEDライトを採用

安全性向上のため、常時点灯タイプのLEDライトを採用。
スポーティーなデザインでハンドル部分に固定するタイプです。(LEDライト仕様のみ2020年夏頃発売予定)

 

外装7段変速を搭載、変速機、グリップシフトレバー、スプロケット(ギヤ)に至るまで、全て安心のシマノ製。

外装7段変速を搭載。
変速機、グリップシフトレバー、スプロケット(ギヤ)まですべて安心のシマノ製。

 

クッション自体をサドル型に成型して作っているので破れて水が染み込むといった問題がなく、クッション性も高いのが特徴

通常はウレタンなどのクッション材の上に表皮を貼り付けて製造されるサドル。
Cream CSはクッション自体をサドル型に成型しているため、破れて水が染み込むなどの問題がなく、クッション性も高いのが特徴です。

 

フロントフォークは振動吸収性と耐久性を考慮してスチール製フロントフォークを採用しています。

フロントフォークは振動吸収性と耐久性を考慮したスチール製フロントフォークを採用。
ダボ穴を設置しているため、専用のフロントバスケットの取付けなどお好みに合わせて活用できます。

Cream CS概要

【販売日】2020年6月6日 ※LEDライト仕様モデルは2020年夏頃発売予定
【販売価格】23,980円(税込)(ライト無しモデル)、25,980円(税込)(LEDライト仕様モデル)
【フレーム】アルミ製
【フォーク】スチール製
【カラー】クリーム
【変速】シマノ社製 外装7段変速
【タイヤ径】26型
【重量】12.5kg(サイズ530mm)
【適応身長(サイズ)】155cm~(470mm)、170cm~(530mm)
【購入方法】あさひネットワーキング店、あさひ楽天市場店、あさひYahoo!店のみで取扱い

ITEM
Cream CS(クリーム シティクロス)
●適正身長155cm〜(サイズ470mm)、170cm〜(サイズ530mm)
●参考重量12.5kg(サイズ530mm、オートライト付属仕様)

Cream CS公式サイト

 

買い物や子どもの送迎にぴったりの「Cargo」

Cream Cargo
Cream Cargoは「運ぶこと」を重点におき、積載性と走行安定性に特化したモデル。
お買い物や子どもの送迎で自転車を使う人におすすめです。

 

積載安定性を重視し、荷物を載せて運ぶ際に安定した走行ができるように配慮したオリジナルのハンドル

積載安定性を重視し、荷物を載せて運ぶ際に安定して走行できるように配慮したオリジナルのハンドル。
積載量のある大型フロントバスケットは一般的なカゴに比べて容量が大きいため、荷物の多いときも便利です。

 

暗くなったら自動で点灯する砲弾型パナソニック製LEDオートライト

暗くなったら自動で点灯する砲弾型のパナソニック製LEDオートライト。

 

機構部分を耐水構造のカバーで覆うことで、長期間メンテナンス不要なブレーキ

機構部分を耐水構造のカバーで覆っているため、長期間メンテナンス不要なブレーキ。
嫌な音鳴りがほとんどせず、雨やホコリの影響を受けにくく安定した制動力を発揮します。

 

後の子供同乗器や後カゴが取り付け可能

うしろの子供同乗器や後カゴが取り付けできます。
※写真はオプション装着例

後の子供同乗器を取り付けた際に、子供の足が車輪に巻き込まないよう、車輪巻き込み防止カバーを装着

うしろの子供同乗器を取り付けた際、子どもの足が車輪に巻き込まれないよう、車輪巻き込み防止カバーを装着。

 

デザインと積載量のどちらも考慮してパイプキャリアを標準で装備

デザインと積載量のどちらも考慮した、パイプキャリアを標準で装備。(最大積載量27kg)

 

重たい荷物を積載していてもてこの原理でスタンドが立てやすく、安定するL型のスタンドを装備

重たい荷物を積載していても、てこの原理でスタンドが立てやすく安定するL型のスタンドを装備。

 

Cream Cargo概要

【販売日】2020年6月6日
【販売価格】19,980円(税込)(変速無しモデル)、25,980円(税込)(内装3段変速仕様モデル)
【フレーム】スチール製
【フォーク】スチール製
【カラー】クリーム
【変速】シマノ社製 内装3段変速(内装3段変速仕様モデルのみ)
【タイヤ径】20型
【適応身長(サイズ)】145m~
【購入方法】あさひネットワーキング店、あさひ楽天市場店、あさひYahoo!店のみで取扱い

ITEM
Cream Cargo(クリーム カーゴ)
●適正身長145cm〜(3人乗り時は150cm〜)
Cream Cargo公式サイト

 

あわせて読みたい

ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
CYCLE HACK編集部
CYCLE HACK編集部

CYCLE HACK運営&記事編集担当。自転車を通して体験できる魅力を発信!日本中、世界中を走りたい!