走行中も楽々!キャメルバックのボトル「ポディウム」おすすめ4選。快適すぎて手放せない。

ロードバイクに乗る時に使うボトルとして、おすすめのCamlbak(キャメルバッグ)のボトル「ポディウム」シリーズをご紹介します。キャメルバックのボトルの人気の秘密やポディウムのラインナップ、洗浄方法をまとめました。自転車のボトルをお探しなら、ぜひ参考にしてください。

制作者

記助

ロードバイク・クロスバイクに初めて乗ったときの感動を忘れず、休日はのんびり走っています。まだまだ、ロードバイク歴は短いですが、その分初心者に近い目線で情報をお伝えていきたいです。自転車のほかにも陸上など体を動かすこと全般が好きです。

記助のプロフィール

...続きを読む

目次

  • キャメルバック(Camlbak)とは
  • 人気の秘密は「ジェットバルブ」
  • キャメルバックの「ポディウム」シリーズは4種!
  • 別売りでキャップも装着可能
  • ポディウムボトルを、しっかり洗浄しよう!
  • 正規販売店もチェック!
  • キャメルバックのボトルで、快適に水分補給をしよう
出典:facebook/CamelBak

キャメルバック(Camlbak)とは

出典:Amazon

アメリカ・カリフォルニア州のアウトドア用品メーカー「Camelbak(キャメルバッグ)」は、水分補給アイテムのパイオニアメーカーです。特にサイクリング、ランニング・トレッキングなど、水分補給が重要のスポーツ用のボトルやリザーバーが人気です。

 

人気の秘密は「ジェットバルブ」

人気の秘密は「ジェットバルブ」

撮影:編集部

特殊な構造をしている、キャメルバッグのボトル。キャメルバッグのボトルの人気の秘密は中身が出るバルブ部分にあります。キャップを開け閉めすることも、口に咥えて開ける必要もありません。ボトルを軽く押すか、吸うだけで、かんたんに水分補給を行えるのです。

 

握るだけで勢いよく水が出ます!

キャメルバッグのジェットバルブは、逆さまなどにしても水がこぼれませんが、ギュッ!と握ると、勢いよく水がでます。

 

キャメルバックのボトル

ボトルを逆さまにしても、中身はこぼれません。

 

 

キャメルバックのボトル

その状態から、「ギュ!」と握ると、勢いよく水が!

 

 

キャメルバックのボトル

シャー!と良く出ますよ。

 

バルブをロックすれば、こぼれる心配もナシ

撮影:編集部

さらにバルブをロック(レバーを画像の位置)すると完全にロックがされ、握っても中身が出ないようになります。バッグの中に入れる時などは、このレバーをこの位置にしておきましょう。

 

カラーバリエーションも豊富

カラーバリエーションも豊富

出典:楽天市場
カラー展開が、とても豊富なのも人気のポイント。色を自転車に合わせたり、さし色で鮮やかな色を選んだりと、ボトルでも自転車のコーディネートを楽しみましょう。

 

キャメルバックの「ポディウム」シリーズは4種!

ポディウムは保冷機能別に3モデル、オフロード用に1モデル。それぞれの特徴をご紹介していきましょう。

 

4倍の保冷性能!「ポディウム・アイス」

「ポディウム・アイス」はエアロジェルテクノロジーで、「ポディウム」の4倍の保冷性能があります。ボトルの素材は特殊なポリプロピレンとハイドロガードの組み合わせで、カビの繁殖を防いだり、ボトル特有のニオイも抑えてくれますよ。

CAMELBAK(キャメルバック)/ポディウム アイス

●容量:620ml
●カラー:5色

2倍の保冷性でバランスが良い「ポディウム・チル」

「ポディウム・チル」は2重構造のインサレーション機能を備えているので、「ポディウム」の2倍の保冷力を持ちます。620mlだけでなく710mlの大容量ボトルもあるため、コスパのバランスが良いです。断熱素材を使用していますが、ボトル本体はしなやかなので軽く押すだけで水分補給できます。カラーが17色展開なのも◎

CAMELBAK(キャメルバック)/ポディウム チル

●容量:620ml
●カラー:17色

スタンダードなボトルなら「ポディウム」

キャメルバックの中でも最もスタンダードなモデルが「ポディウム」です。キャメルバックの水分補給のしやすさを、手頃な価格で楽しむなら、このモデル。

CAMELBAK(キャメルバック)/ポディウム

●容量:620ml
●カラー:11色

ダートや悪天候でもバルブが汚れない「ポディウム・ダートシリーズ」

ダートシリーズは、泥やホコリからバルブを防ぐためのキャップがついています。今までバルブに砂埃がついて嫌な思いをしたことがある人はダートシリーズを選ぶと良いでしょう。

CAMELBAK(キャメルバック)/ポディウム・ダートシリーズ

●容量:620ml
●カラー:4色

別売りでキャップも装着可能

キャメルバックのボトルには、別売りのキャップを装着することも可能です。ダートシリーズは、標準でキャップがついていますが、欲しい人は後から購入できちゃいますよ。キャップや、ホコリなどからバルブを守るものだけでなく、水浴び用のシャワーモードに切り替えられるキャップもあるのでおすすめです。

CAMELBAK(キャメルバック)/シャワータイプ リプレースメントキャップ

 

ポディウムボトルを、しっかり洗浄しよう!

ポディウムボトルを、しっかり洗浄しよう!

撮影:編集部

モデルによって若干、部品や組立てが変わりますが、ポディウムのボトルは分解することができるので、細かい汚れもしっかりと洗浄ができます。

 

タイトな作りなので、キャップなど硬い場合は、外す前や組立て時にお湯をかけてみましょう。

 

①飲み口を外す

①飲み口を外す

しっかりとはまっているので、指だけでは難しい場合は先端の尖ったもので広げながら外します。

 

②裏側のキャップを外す

②裏側のキャップを外す

裏側のキャップは簡単に外れます。

 

③裏側のリングを外す

③裏側のリングを外す

回転部が落ちないように、ロックするためのリングです。

 

④ロックダイヤル部を裏から押し出して外す

④ロックダイヤル部を裏から押し出して外す

かえしがついているので、真ん中に寄せながら押し出します。

 

④ロックダイヤル部を裏から押し出して外す

 

このモデルは、これだけで分解することがができます、

 

⑤各パーツを洗浄して組立て

洗浄は台所用洗剤などを用いて、パーツをなくさないよう注意しながら洗浄しましょう。

 

⑥つけ置き洗いをする場合は

細部の汚れまでしっかり取りたい場合は「つけ置き洗い」も、おすすめです。キッチン用のつけ置き洗剤などを使いましょう。

 

分解洗浄の注意点

パッキン類など扱いがデリケートなパーツもあるので、分解洗浄をするときは以下の点に注意が必要です。

 

分解洗浄の注意点

中央部にある黒いパッキン「Oリング」は、隙間から水が漏れるのを防ぐパーツですが、繊細なパーツです。頻繁に付け外しをすると傷がつく可能性があり、注意しましょう。

 

分解洗浄の注意点

飲み口奥には十字に切れ込みが入った薄い膜があり、弁の役割をしています。柔らかく裂けやすいパーツなので、洗うときは注意しましょう。

 

分解洗浄の注意点

裏側のリングは裏表があり、面取りをしてある側を入れ込みます。逆にすると入らないので注意しましょう。

 

分解洗浄の注意点

パーツは多いですが分解・洗浄ができるので、ポディウムボトルはいつも清潔に使うことができます。ボトルはむき出しで外を走るので、意外に汚れやすいものです。

 

ポディウムボトルは分解洗浄ができて、キャップ単品での購入もできるので、メンテナンスをすれば長く清潔に使い続けることができますよ。

 

正規販売店もチェック!

正規販売店もチェック!

キャメルバッグのボトルの色や大きさなどを、手にとって確認したい時は、近所に正規販売店があれば、実物をチェックしてみましょう。ボトルの握りやすさや重さ、しなやかさなどは自分の目で確認できると安心ですよね。

 

CAMELBAK ブランドショップリストはこちら

キャメルバックのボトルで、快適に水分補給をしよう

キャメルバックのボトルは、水分補給のしやすさ、価格帯、保冷性能など、オールラウンドに活躍する、サイクリングボトルです。初めてのボトルを選ぶ人にも、とても使いやすいと思いますので、ボトル選びに悩んだら、キャメルバッグのボトルを検討してみてはどうでしょうか。

 

CAMELBAK 製品公式サイトはこちら

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

紹介されたアイテム

あわせて読みたい

スペシャライズド CPOストア
国内初!スペシャライズドの認定中古車ストアが2022年8月8日東京・西新宿にオープン!
スペシャライズドが、国内初のスポーツバイク認定中古車の販売を行う店舗をオープンしました。商品毎に指定されたメンテナンス項目の検査整備を経て、規定のク…
CYCLE HACK編集部
ゲレンデライド
「Camp & E-Bike」を体験しよう!テーマは“大人の夏休み” E-MTBで遊ぶ 夏のゲレンデライド!
夏のスキーゲレンデをE-MTBで遊ぶイベントが開催!テーマは“大人の夏休み”。まるで「プライベートゲレンデ」のように大自然を満喫することができますよ…
CYCLE HACK編集部
サイコン 比較
【徹底比較】2022サイクルコンピュータ11機をレビュー!価格・機能ランキング紹介
自転車の走行データを表示・記録するガジェットであるサイコン。今回は6ブランド(GARMIN、wahoo、Lezyne、Xplova、Bryton、C…
CYCLE HACK編集部
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
自転車といえば、サイクリングやポタリングなど、走ることそのものが大きな楽しみです。持ち前の機動力で、キャンプやピクニック、釣りなど、その他のアウトド…
ゆら
アースホッパー
全国のスキー場で使える定額パス「アースホッパー」。グリーンシーズンも拡充し。オールシーズンパスとして販売開始!
株式会社Pioneerworkは、日本全国約30箇所の人気スキー場で使えるリフト券とスキーおよびスノーボード用品レンタルの広域定額スノーパス「アース…
CYCLE HACK編集部