【荒れた道?舗装路?】グラベルロードのタイヤの選び方と、おすすめ10選!

グラベルロードのおすすめのタイヤをご紹介します。ロングライドやトレイルでも活躍する、人気のグラベルロード。グラベルロードのタイヤには舗装路やオフロード、走行シーンに合った最適なモデルがあります。今回は、グラベルロードのタイヤの選び方とおすすめをまとめました。ベストなタイヤを見つけて、グラベルロードを楽しみましょう!

目次

  • グラベルロードのタイヤも色々ありますよ
  • 使い方にあったタイヤを選ぼう
  • タイヤサイズとクリアランスに注意しよう
  • グラベルロード用タイヤのおすすめ10選
  • 700c?650b?ホイール径で何が違うの?
  • お気に入りのタイヤを見つけよう!
アイキャッチ画像出典:Flickr/Glory Cycles

グラベルロードのタイヤも色々ありますよ

グラベルロードのタイヤも色々あります

出典:FaceBook/Panaracer

舗装路もダートも走れるグラベルロードは、走る道に合わせたタイヤを選ぶことで、楽しみ方が増える自転車です。舗装路などの、オンロード用タイヤ、ダートを走るためのオフロード用タイヤ、そして、両方のメリットを合わせたタイヤもありますよ。

 

使い方にあったタイヤを選ぼう

使い方にあったタイヤを選ぼう

出典:FaceBook/WTB Japan

グラベルロードは、フィールドに合わせたタイヤの選択肢が、とても多くあります。走る場所、走り方に合ったタイヤを選びましょう。

オフロードを快適に走るなら

オフロードを快適に走るなら

出典:楽天市場

オフロードをガンガン走りたい!なら、マウンテンバイクのようなブロックパターンが太いタイヤがおすすめです。ブロックパターンはグリップ力、太いタイヤは荒れた路面でのクッション性に優れています。また、オフロードでのパンクのリスクを減らすためにチューブレスを選ぶのもいいですね

 


舗装路での速さを重視するなら

舗装路での速さを重視するなら

出典:楽天市場

通勤通学や街乗り、ロードバイク的な使い方がメイン、という場合はロードバイクのようなスリックタイヤ、またはセミスリックという溝の浅いタイヤがおすすめです。前述のブロックタイヤは、舗装路ではペダルが重くなったりノイズが出るなど、あまり快適には走れません。少し太めを選べば乗り心地もそこなわず、パンクリスクも格段に低くなりますよ。

 


速さと乗り心地のバランス重視なら

出典:楽天市場

バックパッキングで、オンロードもオフロードも走る!という時は、両方のメリットを持ちあわせたタイヤがあります。ブロックパターンやブロックの高さで、オンロード・オフロード、両方の環境で快適に走れるように作られています。

 

センターはスリックでサイドにブロックがついたモデル、抵抗のないようにブロックの形や配列を考えたモデルなどがあります。

 

タイヤサイズとクリアランスに注意しよう

タイヤサイズとクリアランスに注意しよう

出典:Flickr/Glory Cycles

グラベルロードのタイヤを購入する前の、チェックポイントです!

タイヤサイズの表記に気をつけて!

タイヤサイズは各メーカーによって表記が違う場合があります。多くのものはロードバイクタイヤと同じ「700×〇〇C」ですが、650Bの場合は「650×〇〇B」となったり、マウンテンバイクタイヤと同様に「27.5×〇〇」と表記される場合もあります。

 

クリアランスを確認しよう

自分のグラベルロードが、どれくらいタイヤとフレームのクリアランス(間隔)があり、どのタイヤサイズまでOKか、確認しておきましょう。また、同じモデルでもサイズがたくさんあるので、タイヤを選ぶときは付けられる外径・リム径をあらかじめチェックしましょう。

 

グラベルロード用タイヤのおすすめ10選

それでは、10メーカーのおすすめモデルをご紹介します。

 

Panaracer(パナレーサー)/GRAVEL KING Plus TUBELESS COMPATIBLE

パナソニックのグラベル用タイヤGRAVEL KINGシリーズ、パターンはスリック・ブロックパターンともにラインナップされていて、Plusはロングライドやバックパッキングに最適な、オンロードを快適に走れる32Cのスリックタイヤです。

ITEM
Panaracer/GRAVELKING Plus TUBELESS COMPATIBLE
●サイズ:700C×32C
●カラー:黒×黒・黒×茶
●重量:330g
●対応ホイール:チューブレス・クリンチャー

MICHELIN(ミシュラン)/POWER GRAVEL

転がり抵抗を減らしながら、悪路では、しっかりとグリップするパターンを採用した、ミシュラン初のグラベルロード専用タイヤです。耐パンクプロテクション「プロテック」を採用した、ダートを含むロングライドでも安心できるタイヤです。

ITEM
MICHELIN/POWER GRAVEL
●サイズ:700C×33・35・40C
●カラー:黒
●重量:360~450g
●対応ホイール:チューブレス・クリンチャー


CONTINENTAL(コンチネンタル)/TERRA TRAIL

センターのブロックはオンロードでの転がり抵抗を減らし、サイドのブロックは荒地でも地面をしっかりとつかむ、トレイルライドにも対応したモデルです。オフロードタイヤ特有のブロックのよれを抑え、路面を選ばず安定して走れるでしょう。

ITEM
Continental/TERRA TRAIL
●サイズ:700×40C・650×40B
●カラー:ブラック
●重量:700C/460g・650B/440g
●対応ホイール:チューブレス・クリンチャー

PIRRELI(ピレリ)/CINTURATO GRAVEL CLASSIC MIXED

チントゥラートグラベルにはHARDとMIXEDの2モデルがあり、MIXEDはより荒れた路面を走りやすいオールテレーンタイヤになります。サイドにブラウンカラーを採用したクラシックは、ヴィンテージ感が出て、おすすめですよ。

ITEM
PIRELLI/CINTURATO GRAVEL CLASSIC MIXED
●サイズ:700×35/40C・650×45B
●カラー:クラシック
●重量:430~520g
●対応ホイール:チューブレス・クリンチャー

Vittoria(ビットリア)/ TRAIL TECH

セミスリックのセンターパターンはオンロードを快適に走り、ダートのようなラフな路面ではサイドのブロックで安定した走りができる、オールマイティなタイヤです。高い耐パンク性能と、サイドリフレクトウォールを採用しロングライドでも安心でしょう。

ITEM
Vittoria/TRAIL TECH
●サイズ:700×35/38C・26×1.75
●カラー:ブラック
●重量:870~1040g

IRC(アイアールシー)/MARBELLA チューブレス X-Guard

強度の高いナイロン繊維の層で、耐パンク性能が高いクロスガードを採用したチューブレスタイヤです。荒れた路面もスムーズに走れるパターンで、安心感のあるグラベルライドを可能にします。

ITEM
IRC/MARBELLA TUBELESS X-Guard
●サイズ:700×26・28C
●カラー:ブラック
●重量:295・340g
●対応ホイール:チューブレス・クリンチャー

HUTCHINSON(ハッチンソン) /オーバーライド

オンロードからグラベルまで多用途に使えるパターンを持つタイヤです。35Cはオンロードで走りやすいセミスリック、38Cはオフロードで安定するブロックパターンが、あらゆるシーンに対応します。

ITEM
Hutchinson/オーバーライド
●サイズ:700×35/38/45C・650×47B
●カラー:ブラック・ブラック/タン
●重量:350~490g
●対応ホイール:チューブレス・クリンチャー

SCHWALBE(シュワルベ)/G-ONE ALLROUND

オフロード50、オンロード50のバランスで作られた、舗装路からダートまでを快適に走ることができるタイヤです。細かいブロックは舗装路での抵抗を減らし、オフロードでは路面を捉えるようにグリップ力を発揮します。

ITEM
SCHWALBE/G-ONE ALLROUND
●サイズ:700×35/38C・27.5×1.5
●カラー:ブラック・クラシックスキン
●重量:400~460g
●対応ホイール:チューブレス・クリンチャー

WTB(ダブリューティービー)/Raddler TCS

WTBのベストセラーであるマウンテンバイクタイヤNANOのグラベルロードモデルです。オフロードタイヤのようなブロックを持ちながら、センターブロックを繋げることでオンロードではスリック感覚で快適に走ることができるオールマイティなタイヤです。

ITEM
WTB/Nano 700 RACE
●サイズ:700×40C
●カラー:ブラック
●重量:470~550g
●対応ホイール:チューブレス・クリンチャー

MAXXIS(マキシス)/SPEED TERRANE

セミスリック状のセンターが舗装路では快適に走り、サイドのブロックがオフロードでのコントロール性を確保する、シクロクロスでもフラットなステージで使われるタイヤです。オフロードも走るツーリングで走行性能の高さを実感できるでしょう。

ITEM
MAXXI/SPEED TERRANE
●サイズ:700×33
●カラー:ブラック
●重量:395g
●対応ホイール:チューブレス・クリンチャー

 

700c?650b?ホイール径で何が違うの?

700c?650b?ホイール径で何が違うの?

出典:Flickr/Glory Cycles

グラベルロードには700Cというロードバイクと同じ大きさのホイールのモデルと、650Bというマウンテンバイクと同じ大きさのホイールのモデルがありますが、違いをまとめてみました。

 

●700C

⇢ロードバイクと同じ径なので大きく、ロングライドや、平坦なダートに最適、スピードも出やすく安定感があります。

 

●650B

⇢ホイール径が小さいので、そのぶん太いタイヤがはけます。トレイルでも操作性がよく、マウンテンバイクのように走ることもできます。

 

このように、ダートも走れるロードバイク的な使い方なら700Cを、マウンテンバイクのように使いながらロングライドも、という使い方なら、650Bをおすすめします。

 

お気に入りのタイヤを見つけよう!

お気に入りのタイヤを見つけよう!

出典:FaceBook/Panaracer

スポーツバイク、特にオフロードも走るグラベルに乗っていると、タイヤ選びの楽しみも増えますね。ルートやコンディションを考え、ロングライドに行くならセミスリック、ちょっと寄り道してトレイルに入るならブロックパターンなど、どんなタイヤにしようか迷いながら、楽しみましょう!

紹介されたアイテム

Panaracer/GRAVELKING…
MICHELIN/POWER GRAVE…
Continental/TERRA TR…
PIRELLI/CINTURATO GR…
Vittoria/TRAIL TECH
IRC/MARBELLA TUBELES…
Hutchinson/オーバーライド
SCHWALBE/G-ONE ALLRO…
WTB/Nano 700 RACE
MAXXI/SPEED TERRANE

あわせて読みたい

ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
高橋智宏
高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在はスポーツバイクの普及活動をしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。