【どれ使ったら良い?】自転車のバッグの種類と使い方。おすすめも紹介!

ロードバイクやクロスバイクなど、カゴがない自転車で、荷物がある場合のおすすめのバッグをまとめました。自転車で使うバッグは種類が多いので、自分にあった使い方にあわせて、バッグを選びましょう。

目次

  • 自転車に乗る時の「バッグ」どうしてます?
  • 自転車の車体に取り付けるバッグ
  • リュックなど、身につけるバッグ
  • サイクリングにおすすめの自転車バッグ
  • 通勤や通学におすすめの自転車バッグ
  • 長距離ライドやツーリングにおすすめの自転車バッグ
  • 自分に合った自転車バッグを選ぼう

自転車に乗る時の「バッグ」どうしてます?

自転車に乗る時の「バッグ」どうしてます?

出典:Amazon

ロードバイクやクロスバイクには、基本的にはカゴがついていなく、荷物が多い場合や長距離を走るときなどは、バッグが必要になってきますよね。

 

ですが、バッグにも様々あるので、どんなバッグを使えばよいか悩んでしまうもの。。

 

自転車に乗る時のおすすめのバッグには、大きく分けて「自転車に装備するバッグ」と「身につけるバッグ」の2種があります。自分にあったバッグを、見つけていきましょう。

 

けど、スポーツバイクにカゴがないのはなぜ?

けど、スポーツバイクにカゴがないのはなぜ?

スポーツバイクと呼ばれる、ロードバイクやマウンテンバイクなどの自転車は、基本は走るコトを目的とした自転車です。そのため「走る目的」と関係がない「荷物を運ぶカゴ」などは必要がなく、ほとんど装備されていません。

 

自転車の車体に取り付けるバッグ

では、自転車に取り付けて使用するタイプのバッグからご紹介します。自転車のどこに取り付けるかで、それぞれ特徴がありますよ。

サドル下に装着「サドルバッグ」

サドル下に装着「サドルバッグ」

出典:Amazon

サドルの下に取り付けるタイプのサドルバッグ。コンパクトなサイズが多いですが、10L以上の大きなサドルバッグもあり、用途に合わせてサイズを選びましょう。後方にバッグがあるので走行中に荷物の出し入れはできませんが、駐輪時などは、出し入れしやすいバッグでしょう。

 

▼▼サドルバッグの詳しい記事はこちら▼▼

 

ハンドル前の「フロントバッグ」

ハンドル前の「フロントバッグ」

フロントバッグは自転車のハンドルの前に取り付けるタイプのバッグ。サイズ展開や種類も豊富です。重い荷物を入れてしまうと、ハンドル操作がしづらくなることもあり、気をつけましょう。

 

▼▼フロントバッグの詳しい記事はこちら▼▼

 

フレームの中央に取り付ける「フレームバッグ」

フレームの中央に取り付ける「フレームバッグ」

出典:Amazon

フレームバッグは車体の中央、フレームの間に装着するタイプのバッグです。トップチューブ下に取り付けるだけの細長いものから、フレーム全体を覆うほど大きいものまで、種類も様々。フレームのサイズに合ったタイプを選びましょう。

 

▼▼フレームバッグの詳しい記事はこちら▼▼

 

トップチューブの上に取り付ける「トップチューブバッグ」

トップチューブの上に取り付ける「トップチューブバッグ」

出典:Amazon

トップチューブの上側・ハンドルに近い場所に取り付けるバッグのトップチューブバッグ。ハンドルに近い場所に取り付けますが、邪魔にならず、ふらつきにくいでしょう。スマホケースと一体のタイプは、スマフォを手軽に操作できるモデルもあります。

 

▼▼トップチューブバッグの詳しい記事はこちら▼▼

 

キャリアに取り付ける「パニアバッグ」

キャリアに取り付ける「パニアバッグ」

パニアバッグとは、後部のキャリアなどに取り付けるバッグです。容量が大きいため自転車旅やツーリングなどで強い味方になるバッグですよ。

 

▼▼パニアバッグの詳しい記事はこちら▼▼

 

リュックなど、身につけるバッグ

次は、リュックや肩にかけるショルダーバッグなど、「身につけるバッグ」のおすすめをご紹介します。

リュック(バックパック)

リュック(バックパック)

最もなじみがあるのは、リュック(バックパック)ですよね。自転車に乗る時の安定感は抜群です。夏など暑い時期は、ストラップや背中部分が蒸れるので、通気性が良いものを選びましょう。

 

▼▼リュックの詳しい記事はこちら▼▼

 

メッセンジャーバッグ

メッセンジャーバッグ

肩にかけるメッセンジャーバッグは、荷物の取り出しやすさが特徴です。書類やPCなどが入れやすいメッセンジャーバッグなら、通勤・通学で活躍しますよ。

 

▼▼メッセンジャーバッグの詳しい記事はこちら▼▼

 

サコッシュ

サコッシュ

出典:楽天市場
メッセンジャーバッグをさらに手軽にしたものがサコッシュ。サイズが小さく、最低限の荷物を運ぶのに便利で、かわいいバッグです。

 

サイクリングにおすすめの自転車バッグ

まずは、休日のサイクリングなどに、おすすめのバッグを見ていきましょう。

ROCKBROS(ロックブロス)/トップチューブバッグ

ポタリングなど荷物が少ないときのサイクリングにピッタリなサイズのトップチューブバッグ。防水性能も高いので、スマホを入れていても安心です。

ITEM
ROCKBROS(ロックブロス)/トップチューブバッグ
●サイズ:約21.5×5.5×8.5cm
●重量:50g

Sサイズでスマホ、バッテリー、補給食など多数詰め込め可能。そのかわり横方向へも大きめ、わずかにトップチューブからはみ出る。


TOPEAK(トピーク)/サイドキック ウェッジ パック Sサイズ

側面が大きく開くため、中に入れた物を簡単に出し入れできるサドルバッグです。財布やスマホ、鍵だけでなくチューブや修理ツールなども収納可能です。

ITEM
TOPEAK(トピーク)/サイドキック ウェッジ パック Sサイズ
●容量:0.5L
●重量:110g

通勤や通学におすすめの自転車バッグ

通勤・通学やポタリングのときはリュックやメッセンジャーバッグがおすすめです。

CHROME(クローム)/URBAN EX ROLLTOP

サイクリング向けのアパレルで人気があるクロームのバックパックです。シンプルなデザインで、通勤や通学だけでなくポタリングなどにもおすすめです。衝撃からアイテムを守れる収納ポケットがあり、PCの持ち運びにも適していますよ。

ITEM
CHROME(クローム)/URBAN EX ROLLTOP
●容量:28L
●重量:1,010g

ずっとこの型が欲しいと思ってましたが、18Lは15インチのパソコンが入らないし、36Lは大きすぎて不恰好だと思っていました。28Lは15インチのパソコンもタブレットもスリーブついてて快適です!


Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)/Vintage Messenger

マンハッタンポーテージの定番のメッセンジャーバッグ。使い勝手が良いサイズとシンプルなデザインで、どんなファッションにも合わせやすいでしょう。開け口は大きく、中のものをスムーズに取り出せます。

ITEM
Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)/Vintage Messenger
●サイズ:タテ26cmxヨコ(上部39cmx底部28cm)xマチ16.5cm
●重量:420g

なんでも入ります。帯も太く、旅行から通勤通学に最適。


Cinelli(チネリ)/COLUMBUS MUSETTE サコッシュ

自転車好きに人気のチネリ。自転車乗りらしいブランドのチネリなら、個性がでますね。

ITEM
Cinelli(チネリ)/COLUMBUS MUSETTE サコッシュ
●サイズ:30×40cm

長距離ライドやツーリングにおすすめの自転車バッグ

荷物が多くなる時は、容量が大きいバッグを自転車に取り付ければ、長い距離も疲れず走れるでしょう。

TOPEAK(トピーク)/ミッドローダー

軽量なトピークのミッドローダーは、耐久性や撥水性、耐退色性を持つ素材のフレームバッグです。4.5Lと十分な容量なので、さまざまなものを入れやすいでしょう。

ITEM
TOPEAK(トピーク)/ミッドローダー
●容量:4.5L
●重量:292g

OSTRICH(オーストリッチ)/フロントバッグ

ツーリングなど自転車を使った小旅行をするときにおすすめのオーストリッチのフロントバッグ。8.9Lと、大容量タイプが欲しい人におすすめです。

ITEM
OSTRICH(オーストリッチ)/フロントバッグ
●容量:8.9L
●重量:360g

自転車旅行で使用。キャンプ旅行となると容量不足かもしれませんが、宿泊施設を利用しての2泊3日の旅行でしたらこのバッグ+サドルバックで十分だと思いました。


ORTLIEB(オルトリーブ)/バックローラーフリー

オルトリーブのバックローラーフリーは、防水性や耐久性が優れたパニアバッグ。ツーリング時など、天候が変わった時も安心ですね。

ITEM
ORTLIEB(オルトリーブ)/バックローラーフリー
●容量:40L
●重量:1,850g

自分に合った自転車バッグを選ぼう

自転車で使うバッグの種類は様々で、それぞれ特徴があります。バッグの選び方は無限にあるので、自転車の楽しみ方に合わせたバッグを選びましょう!

あわせて読みたい

ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
記助
記助

ロードバイク・クロスバイクに初めて乗ったときの感動を忘れず、休日はのんびり走っています。まだまだ、ロードバイク歴は短いですが、その分初心者に近い目線で情報をお伝えていきたいです。自転車のほかにも陸上など体を動かすこと全般が好きです。