【ハンドルをカスタム】クロスバイクの「バーエンドバー」がおすすめです!

クロスバイクのハンドルのカスタムにおすすめのバーエンドバーを紹介します。クロスバイクのハンドルに「バーエンドバー」を取り付けると、長い距離を走る時など、快適さが増します。今回はクロスバイクのバーエンドバーの、種類や選び方、おすすめ製品などをまとめました。

目次

  • クロスバイクのハンドルカスタムと言えば、「バーエンドバー」
  • バーエンドバーの種類
  • 内側と外側、どっちにつける?
  • バーエンドバーの定番ブランド
  • クラシックベンドタイプおすすめ3選
  • エルゴノミックタイプおすすめ3選
  • 不安な人は、お店で取り付けてもらおう
  • バーエンドバーで、快適に走ろう!
アイキャッチ画像出典:Flickr/tomasz przechlewski

クロスバイクのハンドルカスタムと言えば、「バーエンドバー」

クロスバイクのハンドルカスタムと言えば、「バーエンドバー」

出典:Flickr/Lordcolus

クロスバイクをもっと便利に乗りたい時におすすめのパーツ、「バーエンドバー」。名前の通りクロスバイクのハンドル(バー)の端(エンド)に取り付けるパーツです。

なぜ、バーエンドバーをつける?

なぜ、バーエンドバーをつける?

バーエンドバーがあると、ハンドルを握る箇所が増え、手のポジションを変えながら走行ができるようになります。

 

ロードバイクのドロップハンドルも、手のポジションが変えられるハンドルですが、長時間走る場合、同じ姿勢で走り続けるより、楽に走ることができます。

 

もともと、クロスバイクはそこまで、長距離を走る想定の自転車ではないので、長い距離を走るなら、バーエンドバーを使うのがおすすめです。

 

バーエンドバーの種類

それでは、バーエンドバーの種類を見ていきましょう。大きく分けて「クラシックベンドタイプ」「エルゴノミックタイプ」「ブルホーン化」の3種類があります。

主流の「クラシックベンド」タイプ

主流の「クラシックベンド」タイプ

出典:Amazon

最も主流なのが、このクラシックベンドタイプです。真っ直ぐなバーや、少し曲がったバー、短いものから長いものまで種類が豊富にあります。

 


グリップと一体型の「エルゴノミック」タイプ

グリップと一体型の「エルゴノミック」タイプ

出典:Amazon

ハンドルグリップと一体型が多い「エルゴノミックタイプ」は、握りやすさを追求したバーエンドバーです。卵形の形状のものや、膨らみがあるハンドルなど、様々な形状があります。ゴム製のものが多く、地面からの衝撃を吸収し、握り心地が良いでしょう。


インパクトのあるブルホーン化も

インパクトのあるブルホーン化も

出典:Flickr/David Gardiner

ブルホーンとは名前の通り、牛の角のような形をしたハンドルの形状のことで、バーエンドバーを上向きに取り付けているような形のパーツです。

 

バーエンドバーというより、ブルホーンのハンドルに交換しハンドルの両端にブレーキを取り付けるタイプが多いようです。

 

内側と外側、どっちにつける?

バーエンドバーは名前の通り、バーエンド(外側)につけるタイプと、内側につけるタイプがあります。それぞれのメリット、デメリットを確認しましょう。

外側は安定感が増し、ハンドルも引き付けやすい

外側は安定感が増し、ハンドルも引き付けやすい

出典:Flickr/tomasz przechlewski

外側につけると、左右に腕が広がって、自転車の操作が安定するのがメリットです。坂道や走り始めなど、力が入れやすくなるでしょう。ですが、外側のバーエンドバーを中心に握っていると、ブレーキをかけるのが、遅れることがあるので、気をつけましょう

 

長い距離を走る時や、通勤・通学の道に坂が多い場合は外側タイプがおすすめです。外側であれば、疲れにくく坂道でも力を入れやすいでしょう。

 

内側ならブレーキに手が届き、空気抵抗も受けにくい姿勢に

内側ならブレーキに手が届き、空気抵抗も受けにくい姿勢に

出典:Amazon

内側にバーエンドバーをつける場合は、「バーセンターバー」と呼ぶ場合があります。握った際に、ブレーキに手が届きやすく、腕や脇が締まるので、ロードバイクのような感覚で走れたりします。

スピードを出して快適に走って、ブレーキもすぐかけたいなら、内側がおすすめです。

 

バーエンドバーの定番ブランド

バーエンドバーの定番ブランドには次のようなメーカーがあります。どのバーエンドバーにするか決めるときの参考にしてみてくださいね。

 

●BBB
●エルゴン
●TIOGA

 

ここからはクラシックベンドタイプのおすすめ3つ、エルゴノミックタイプのおすすめ3つの合わせて6選を紹介していきます。

クラシックベンドタイプおすすめ3選

まずはバーエンドバーの主流であるクラシックベントタイプのおすすめを紹介します。

BBB/ハンドルバーエンド ロックオン固定式 BBE-07

長さは15cmでしっかり握れるサイズです。走行中の握り方を変更できるバーエンドバーです。耐久性が高いアルミ製なので、長く使い続けられるでしょう。

ITEM
BBB/ハンドルバーエンド ロックオン固定式 BBE-07
●長さ:150mm
●重量:144g

悩んでる人は絶対買った方がいいと思います!迷わず買うべきですこれは!形状も先端らへんは湾曲してることもあってバーエンドバーだけで根元、真ん中、先端、と3箇所も握るところが増えるわけです!初期不良や傷などもなくて綺麗な状態で届きました!


SERFAS(サーファス)/ハンドルバーエンド

コンパクトなタイプのバーエンド。手の平に収まる大きさなので、見た目もシンプル。カラーバリエーションも豊富なので、自分の好みの色を見つけられるでしょう。

ITEM
SERFAS(サーファス)/ハンドルバーエンド
●サイズ:幅34mm、厚み20mm
●重量:110g

掌の付け根をフラットバーの端と当品の全体で支えることができ、かなり楽な姿勢を作ることが出来ます。製品の卵型の形は逆付けの方がしっくりくる感じです。ブレーキもしやすく気に入っています。


TIOGA(タイオガ)/Power Studs

長さが6.5cmと短いタイプのバーエンドバーです。外側につけてもあまり目立たないだけでなく、内側につけてもハンドルの雰囲気を大きく壊すこともありません。指を引っ掛けたり、軽く握ったりなど、使い方のバリエーションは豊富です。

ITEM
TIOGA(タイオガ)/Power Studs 6 mini
●重量:120g
●長さ:65mm

折畳みの小径車に使用していますが、折畳み時にも邪魔にならず重宝しています。

エルゴノミックタイプおすすめ3選

グリップとバーエンドが一体の、エルゴノミックタイプのおすすめです!

ERGON(エルゴン)/GP3 グリップ ロング

耐久性・耐候性に優れたラバー素材で、握り心地が良いでしょう。バーエンド部分は、滑り止め加工や、角度調節機能など、使いやすい機能も良いですね。

ITEM
ERGON(エルゴン)/GP3 グリップ ロング
●重量:235g
●長さ:グリップ135mm/バーエンド85mm

ロードからクロスに換え今迄とは大きく変わりましたが、このグリップを知っているのと知らないのでは満足度も大きく違っていたと思われます。今回の改良は結果大正解で満足しています。


GORIX(ゴリックス)/GX-849AD3-L1-G2

手の平が接する面積が広く、グリップに手を乗せてリラックスして走れます。長時間の同じ姿勢に疲れた時や、上り坂で力を入れたいときにおすすめです。

ITEM
GORIX(ゴリックス)/GX-849AD3-L1-G2
●重量:約140g(片側)
●長さ:149mm

おもっていたよりも良い商品。取り付けて走行しましたが問題なし。注意事項としてはしっかりと奥まで差し込んでからネジを留めること。


DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)/エルゴノミックバーエンドグリップ

手に吸い付くようなフィット感と、柔らかな握り心地のエルゴグリップです。ソフトラバーを使っているので、力を入れて握りやすいでしょう。ブラック×オレンジの配色もおしゃれで◎

ITEM
DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)/エルゴノミックバーエンドグリップ
●重量:約350g
●サイズ:H30×L200×W150mm

色良いですし、握りやすくなっていいですバーエンドのキャップの代わりにミラーをつけました。

不安な人は、お店で取り付けてもらおう

不安な人は、お店で取り付けてもらおう

バーエンドバーは自分で取り付けることができますが、取り付け方が甘いと走行中に外れてしまい危険になってしまうことも。もし自分で取り付けるのが不安な場合は、最寄りのショップに相談してみましょう。

バーエンドバーで、快適に走ろう!

バーエンドバーで、快適に走ろう!

クロスバイクで長い距離を走る時などは、特にバーエンドバーのメリットを感じられるでしょう。好みに応じたバーエンドバーで、クロスバイクをカスタムしてみてくださいね。

あわせて読みたい

【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
バイクパッキングの基本を解説。バイク・装備・ギア・遊び方など「基本のキ」
ロードバイクでキャンプを行う時に出てくる言葉、「バイクパッキング」。そもそもバイクパッキングとは? 必要なアイテムは? 自転車は何がいいの? ……と…
大城 実結
失敗したくない!飛行機の輪行。百戦錬磨の筆者が攻略法を教えます。
愛車と遠くへ行きたいときに、避けて通れないのが飛行機の輪行です。何かと不安の多い飛行機の輪行ですが、慣れてしまえば大丈夫! 飛行機輪行を考えるときに…
大城 実結
記助
記助

ロードバイク・クロスバイクに初めて乗ったときの感動を忘れず、休日はのんびり走っています。まだまだ、ロードバイク歴は短いですが、その分初心者に近い目線で情報をお伝えていきたいです。自転車のほかにも陸上など体を動かすこと全般が好きです。