【最新2021】GIOS(ジオス)のクロスバイク、おすすめモデルを紹介!

ジオスのクロスバイクのおすすめをご紹介します!クロモリのクロスバイクとして、初心者からベテランまで、幅広い層に人気がある「GIOS(ジオス)」。各モデルの選び方や特徴をまとめたので、GIOSのクロスバイクの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

  • イタリアの老舗ブランド「GIOS(ジオス)」
  • 美しくクラシカルなGIOSのクロスバイク
  • スポーツタイプか、街乗りタイプか
  • スポーツタイプの各3モデル
  • 街乗りタイプの2モデル
  • 見た目と走行性能を兼ね備えたモデルなら!
  • 最安価格でおすすめなのは、このモデル!
  • ショップ探しは、正規取扱店をチェック
  • GIOSのクロスバイク、映えますよ
  • GIOSのクロスバイクで、自転車を楽しもう。
アイキャッチ画像出典:Amazon

イタリアの老舗ブランド「GIOS(ジオス)」

GIOS クロスバイク

出典:Flickr/Calvin Ge

創業1948年のイタリアの老舗自転車ブランドの「GIOS」。プロチームにも自転車を提供するなど、クロスバイクだけでなく、本格的なロードバイクも展開するメーカーです。

美しくクラシカルなGIOSのクロスバイク

GIOSのクロスバイクの魅力はなんといっても、そのクラシカルな雰囲気でしょう。

GIOSの象徴的な色「ジオスブルー」

ジオスブルー

出典:Flickr/Wei Chang

GIOSのクロスバイクの最も大きな特徴は、「ジオスブルー」と呼ばれる青のカラー。発色が良く、美しい青のGIOSブルーを目当てに購入する人も多くいるようです。

クロモリフレームで美しいシルエット

GIOS クロスバイク

出典:facebook/GIOS

また、GIOSはクロモリ(クロムモリブデン鋼)を使ったフレームを得意としています。強度が高いクロモリ素材は、フレームを細くできる為、見た目がスマートなクロスバイクになります。

 

スポーツタイプか、街乗りタイプか

それでは、最新のGIOSのクロスバイクのラインナップを見ていきましょう。

 

2021のGIOSのクロスバイクは合計5モデルがあり、走行性を重視したラインナップと、街乗りに合う利便性を重視したラインナップがあります。

 

【スポーツタイプ】

・MISTRAL(ミストラル)

・CANTARE(カンターレ)

・AMPIO(アンピーオ)

 

【街乗りタイプ(キャリアや泥除けなどの装備が充実)】

・ESORA(イソラ)

・LIEBE(リーベ)

 

スポーツタイプの各3モデル

最もメジャーな「MISTRAL」と、走行性能が高いフラットバーロードと呼ばれるジャンルの「CANTARE」と「AMPIO」があります。

MISTRAL(ミストラル)

GIOSの代表的なクロスバイクの「MISTRAL」。最も人気が高いモデルではないでしょうか。同じMISTRALでも、ブレーキのタイプ(ディスクブレーキかリムブレーキ)、フレーム(アルミかクロモリ)で、計5種のモデルがあります。個人的には、GIOSらしいクロモリフレームの「MISTRAL CHROMOLY(ミストラル クロモリ)」がおすすめです。

 

[参考価格帯]56,100円〜72,600円(税込み)

ITEM
GIOS/MISTRAL CHROMOLY
●フレーム:クロモリ
●タイヤ:700x28C
●重量:11.6kg

CANTARE(カンターレ)

アルミフレームのフラットバーロード「CANTARE」。「SORA」と「CLARIS」の2種のモデルがありますが、違いはコンポーネントの違いとフロントフォークの違い。「SORA」の方が、変速の段数も多く、より走行性能を重視した方向けと言えるでしょう。

 

[参考価格帯]76,780円〜91,300円(税込み)

ITEM
GIOS/CANTARE SORA
●フレーム:アルミ
●タイヤ:700x25C
●重量:9.5kg

AMPIO(アンピーオ)

クロモリのフラットバーロードのAMPIO。このモデルもコンポーネント違いで、「AMPIO TIAGRA」と「AMPIO」があります。シマノのコンポーネント「TIAGRA」はロードバイクのミドルグレードにも使われるパーツで、高い走行性能が期待できますよ。

 

[参考価格帯]87,780円〜121,000円(税込み)

ITEM
GIOS/AMPIO TIAGRA
●フレーム:クロモリ
●タイヤ:700x25C
●重量:9.6kg

街乗りタイプの2モデル

GIOSのクロスバイクには、泥除けやキャリアなどが標準装備される、街乗りに最適な「ESORA」と「LIEBE」の2モデルがあります。

ESORA(イソラ)

クロスバイクの中では珍しくマッドガード(泥除け)付きで、雨の日なども快適でしょう。変速7段ギアを搭載で、便利かつスピーディな走りができるクロスバイクです。

 

[参考価格]46,200円(税込み)

ITEM
GIOS/ESOLA
●フレーム:アルミ
●タイヤ:700x35C
●重量:13.0kg

LIEBE(リーベ)

LIEBEはESORAと同様にマッドガード付きの7段変速ギアですが、女性でも乗りやすい26インチのスタッガードフレーム。乗り降りしやすいフレームなので、まさに女性におすすめの1台です。

 

[参考価格]46,200円(税込み)

ITEM
GIOS/LIEBE
●フレーム:アルミ
●重量:13.0kg

見た目と走行性能を兼ね備えたモデルなら!

GIOS クロスバイク

出典/GIOS

クロモリの細いフレームと、シマノのコンポーネント「TIAGRA」を装備した、「AMPIO TIAGRA」がおすすめです。GIOSのクロスバイクのモデルの中では最も高価なモデルだけあり、文句なしの1台でしょう。美しく速いモデルならこの1台です。

 

参考価格:121,000円(税込み)

 

公式Webサイト・AMPIO TIAGRAのページはこちら

 

最安価格でおすすめなのは、このモデル!

GIOS クロスバイク

出典:GIOS

色も4色展開と街乗りが楽しめるESOLA。LIEBEも同一価格ですが、走りと利便性なら、ESOLAがおすすめです。買い物や通勤・通学、サイクリングまで幅広く活躍してくれるでしょう。コストパフォーマンスが高いクロスバイクです。

 

参考価格:46,200円(税込み)

 

公式Webサイト・ESOLAのページはこちら

 

ショップ探しは、正規取扱店をチェック

GIOS

出典:facebook/GIOS

ショップを探す時は、GIOSの正規取扱店もチェックしましょう。GIOSのクロスバイクを実際に店頭で見て、各モデルの違いなど、比べたいですよね。

 

GIOS正規取扱店舗はこちら

 

試乗してからの、購入がおすすめ

また、ショップによっては試乗ができるので、ぜひ乗ってみましょう。欲しいモデルが決まっていても、フレームサイズが気になったりしますよね。乗り心地を試してみるのを、おすすめします。

 

GIOSのクロスバイク、映えますよ

最後にGIOSのクロスバイクに乗っている、オーナーの方の素敵なショットをご紹介!

 

GIOSのクロスバイク

出典:Instagram/kazuhiko5675

 

GIOSのクロスバイク

出典:Instagram/charigo_japan

GIOSのクロスバイク

出典:Instagram/sor.08

 

どうですか?

GIOSのクロスバイク、魅力的ですよね。

 

GIOSのクロスバイクで、自転車を楽しもう。

GIOSのクロスバイクは、普段のファッションでも合わせやすいデザインなので、通勤・通学などにもぴったりのクロスバイクです。初めてのクロスバイクにGIOSはいかがですか?

 

GIOS・公式Webサイトはこちら

紹介されたアイテム

GIOS/MISTRAL CHROMOL…
サイトを見る
GIOS/CANTARE SORA
サイトを見る
GIOS/AMPIO TIAGRA
サイトを見る
GIOS/ESOLA
サイトを見る
GIOS/LIEBE
サイトを見る

あわせて読みたい

革製品で自転車をイメチェン!レザー×バイク用品コレクション【2021年版】
自転車のカスタマイズは無限大で楽しいもの。今回は「革(レザー)」という軸で自転車用品を集めてみました。使い込めば使い込むほど味の出るレザー製品。サド…
大城 実結
ブラックバーンでバイクパッキング!バッグ選びに終止符を。
ブラックバーンでバイクパッキング!バッグ選びに終止符を。
自転車に荷物を載せる専用のバッグ類。様々なメーカーやブランドがあって、迷ってしまうこともありますよね。その中でも、自転車キャンプなどにも使えるバッグ…
Takugo
【大人顔負けの走り】子供用マウンテンバイクのおすすめ7台!パパ・ママ必見。
【大人顔負けの走り】子供用マウンテンバイクのおすすめ7台!パパ・ママ必見。
子供向けのおすすめのマウンテンバイクを紹介します!子供用自転車にも、様々な自転車がありますよね、今回は子供用自転車の中でも人気のマウンテンバイクの選…
Takugo
自転車キャンプの味方!トピークのヴァーサケージが、いい感じです。
自転車キャンプの味方!トピークのヴァーサケージが、いい感じです。
トピーク製のヴァーサケージは自転車キャンプでの積載を増やしてくれる、そんなアイテムです。ダボ穴が空いていない自転車にも使用ができるので、多種多様な自…
Takugo
ママチャリからグラベル、レースまでOKのPep cyclesって?開発者にインタビューしてみたよ。
時にツーリングバイクに、時にレースバイク、さらにはママチャリに。「永く乗る、永く使う」をコンセプトにしたPep cycles(ペップサイクルズ)は、…
大城 実結
記助
記助

ロードバイク・クロスバイクに初めて乗ったときの感動を忘れず、休日はのんびり走っています。まだまだ、ロードバイク歴は短いですが、その分初心者に近い目線で情報をお伝えていきたいです。自転車のほかにも陸上など体を動かすこと全般が好きです。