見た目?クッション性?クロスバイクのサドルの選び方とおすすめ9選

クロスバイクの乗り心地を左右する「サドル」。サドルは見た目も性能も千差万別、色々なサドルがあります。クロスバイクのサドルの選び方やおすすめモデルをまとめたので、新しいサドルを探している方は、ぜひ参考にしてください。

目次

  • クロスバイクのサドル、探してます??
  • クロスバイクのサドルを選ぶ時のポイント
  • クロスバイクのサドル、おもなブランドは?
  • サドルをカッコよくしたい!人向けのおすすめ4選
  • お尻が痛い!と悩む方へのおすすめ5選
  • 「テストサドル」知ってますか??
  • お尻の痛みに悩むなら、サドル交換以外で試したいコト
  • サドルを新調して、クロスバイクをもっと快適に!
アイキャッチ画像出典:Glory Cycles

クロスバイクのサドル、探してます??

クロスバイクのサドル、探してます??

クロスバイクのサドルを新しくすれば、クロスバイクが更に快適になるかもしれません。

 

交換する理由は、

 

●カッコよいサドルに変更

●クロスバイクに乗ると、お尻が痛むから

 

が、ありますよね。

 

サドルを変えて、クロスバイクをカッコよく

サドルを変えて、クロスバイクをカッコよく

撮影:編集部

サドルは各メーカーから、多くのモデルが発売されています。見た目をカッコ良く、デザインにこだわってクロスバイクをカスタムしたい方は、サドルを変えみてはどうでしょうか

 

お尻の痛みから、解放されたい!

お尻の痛みから、解放されたい!

長い時間、クロスバイクに乗っていると、お尻が痛くなることがあります。クロスバイクに慣れることで、お尻の痛みが解消することもありますが、痛みが続く時は、サドルの変更を考えても良いかもしれません。

 

クロスバイクのサドルを選ぶ時のポイント

クロスバイクのサドルにもさまざまな種類や特徴があるので、サドルを選ぶ時のポイントをおさえておきましょう。

サドル形状はおもに3種類

クロスバイクに適した、スポーツバイク用のサドルは、大きくわけて3種類の形状があります。

 

●オーソドックスな「溝なし」タイプ

●オーソドックスな「溝なし」タイプ

出典:Amazon

最もオーソドックスなのが、溝なしタイプのサドル。走行中に自由に座るポジションを決めやすいのが特徴です。お尻の位置が固定されないので、長時間でもお尻の一箇所に圧力がかからなくなります。

 


 

●圧迫感を軽減する「溝あり」タイプ

圧迫感を軽減する「溝あり」タイプ

出典:SPECIALIZED

特に、股間の痛みが軽減できるのが、溝があるタイプのサドルです。溝があることで、股間の圧迫感を抑えてくれます。

 


 

●軽量な「穴あき」タイプ
より軽量な「穴あき」タイプ

出典:SPECIALIZED

中央に穴が空いているタイプは、溝ありタイプの強化版のようなイメージで、圧迫感をより減らせるだけでなくサドル自体が軽くなります。クロスバイクに速さ・軽さを求める人におすすめです。

 

快適さ重視なら、クッション性が高いサドルを

快適さ重視なら、クッション性が高いサドルを

クロスバイクのサドルに快適性を求めるのであれば、シートが厚くクッション性が高いサドルがおすすめです。クッション性が高ければ、股間・お尻にかかる圧力が分散されるので、長時間走っても痛みが出にくいでしょう。

 

サドルはサイズ選びも大切!

サドルはサイズ選びも大切!

快適なサドルを選ぶためには、サドルのサイズも大切です。サドルのサイズは、長さのほかに、サドルの厚さ(高さ)と幅もあります。

 

特にサドル幅は狭くなると、お尻にかかる圧力が高くなるので、痛みが気になる人は、幅が広いものを選んだ方が良いかもしれません。

クロスバイクのサドル、おもなブランドは?

クロスバイクのサドル選びに迷ったときは、「定番のブランドを選ぶ」というのも一つの方法。主なブランドには以下のようなものがあります。

 

●fi’zi:k(フィジーク)
●セラサンマルコ
●セライタリア
●セラSMP
●ブルックス
●ボントレガー
●WTB

 

それでは、おすすめのサドルをご紹介していきます!

 

サドルをカッコよくしたい!人向けのおすすめ4選

スタイリッシュなデザインのサドルにはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

CINELLI(チネリ)/C WINGサドル

イタリアの老舗自転車メーカーの「CINELLI(チネリ)」。Cマークが特徴的なロゴが大きくあしらわれています。チネリが好きな人は、このロゴがあるだけで買ってしまうかも!?

ITEM
CINELLI(チネリ)/C WINGサドル
●溝ありタイプ
●重量:308g

WTB/Pure Comp Saddle

WTBはアメリカのMTB向けのメーカーで、頑丈なパーツを扱っているのが特徴です。スタイリッシュなデザインの溝ありタイプのサドルは、ワイルドかつシャープな形がお洒落ですね。

ITEM
WTB/Pure Comp Saddle
●溝ありタイプ
●重量:346g

BROOKS(ブルックス)/カンビウム オールウェザー

革製のサドルで有名なイギリスのブランドの「BROOKS」。グラスファイバー強化防水ナイロンのサドルは、クッション性は少ないですが、薄くてシャープなフォルムが◎

ITEM
BROOKS(ブルックス)/カンビウムオールウェザー
●穴あきタイプ
●重量:432g

防水性と耐久性を発揮するナイロントップカバーを採用。防水ナイロントップ 。自転車が倒れた際にでも傷がつきずらい素材でした。


SPECIALIZED(スペシャライズド)/S-WORKS ROMIN EVO CARBON SADDLE

SPECIALIZED(スペシャライズド)/S-WORKS ROMIN EVO CARBON SADDLE

出典:SPECIALIZED

カーボンを使用したスペシャライズドの超軽量モデルです。穴あきタイプで体への圧力を分散して快適に走れます。本格的なサドルや、レーシングモデル求めている人におすすめです。

 

 サドル重量  134g
 参考価格  28,600円(税込)

 

製品サイトはこちら

 

お尻が痛い!と悩む方へのおすすめ5選

では、お尻の負担を軽減できるサドルのおすすめを紹介していきます。

 

Fizik(フィジーク)/ARIONE R3

Fizikはイタリアの代表的なサドルメーカーです。サドルの後方部の幅が広く、ポジションを変えることで、お尻にかかる圧力を調整できます。クッション性が高いためロングライドに向いています。

ITEM
Fizik(フィジーク)/ARIONE R3
●溝なしタイプ
●重量:200g

ダンシング多用の方におすすめ。サドルがガイドになってくれます。また、シッティングの際も座るポイントがとても広く、勾配に合わせたポジションをとれます。


セラSMP/TRKMED-NE

セラSMPは立体的・曲線の形状が特徴的な老舗サドルブランド。穴あきタイプ+クッション性が高いサドルです。サドルに触れる部位への圧力を少なくする、特徴的な形をしているので、効果とデザインにこだわる人にもおすすめです。

ITEM
セラSMP/TRKMED-NE
●穴あきタイプ
●重量:395g

定番ということでこの商品を購入。私はレーパンははかずにサドルカバーを使っているのですが、SMPとサドルカバーでほとんどといっていいぐらい前立腺の痛みは起こらなくなりました。もちろん乗り方や適度な休憩をとることに注意を払ってはいますが十分な効果がありました。


SPECIALIZED(スペシャライズド)/DOLCE GEL SADDLE

SPECIALIZED(スペシャライズド)/DOLCE GEL SADDLE

出典:SPECIALIZED

本格的なレーサーも愛用することが多いスペシャライズドのサドルです。血流を最適化できるような特殊な構造をしていて、スペシャライズドのサドルの中でもクッション性が高いモデルです。

 

 サドル重量  462g
 参考価格  4,290円(税込)

 

製品サイトはこちら

 


TREK(トレック)/Bontrager Sport Bike Saddle

TREK(トレック)/Bontrager Sport Bike Saddle

出典:TREK

ボントレガーはロードバイクを製造する米国メーカー「TREK」のブランドで、ビギナーからエキスパートまで幅広く人気があります。クッション性が高く、コスパが良いモデルです。

 

 サドル重量  350g
 参考価格  3,400円(税抜)

 

製品サイトはこちら

 


GIANT(ジャイアント)/CONTACT COMFORT UPRIGHT SADDLE

GIANT(ジャイアント)/CONTACT COMFORT UPRIGHT SADDLE

出典:GIANT

台湾の大手自転車ブランドの「GIANT」。上位モデルの技術を使いながら、購入しやすい価格に抑えたコスパが良いモデルで、厚みがあるサドルです。

 

 サドル重量  367g
 参考価格  5,000円(税抜)

 

製品サイトはこちら

 

「テストサドル」知ってますか??

「テストサドル」知ってますか??

出典:Glory Cycles

テストサドルとは、名前の通りテストできるサドルのこと。このテストサドルの準備があるショップもあるので、最適なサドルを選びたいのであれば、テストサドルを試してみましょう。

 

お尻の痛みに悩むなら、サドル交換以外で試したいコト

「クロスバイクに乗ってお尻が痛い」。この悩みは、サドル自体が原因でない可能性もあります。サドルを交換する前に各ポイントを確認しましょう。

 

始めは痛くなる人は多いです。

初めてスポーツバイクに乗る人は、クロスバイクでもロードバイクでもお尻が痛くなりがちです。クロスバイクに乗り慣れてくると、痛くなくなる人も多くいます。初めて乗った後に痛くなったからと言って、すぐ「サドルを交換だ!」とならずに、しばらく乗ってみるのもひとつです。

サドルの高さも意外と重要。

サドルの高さを適切に合わせることで、痛みがなくなることもあります。一般的に適したサドルの高さは、ペダルを一番低い位置にして、またがってペダルにかかとがつく高さ。サドルの高さも確認してみましょう。

サイクルパンツという選択肢も

また、お尻の痛みの解消は、サイクルパンツを履くことも選択肢の1つです。サイクルパンツは股間・お尻部分にパッドが入っていて、クッション性が高くなっています。初心者の方であれば、インナータイプのサイクルパンツがおすすめです。

 

▼▼サイクルパンツの詳しい記事はこちら▼▼

 

サドルを新調して、クロスバイクをもっと快適に!

サドルを新調して、クロスバイクをもっと快適に!

サドルはクロスバイクの乗り心地にも、見た目の印象にも大きく関わるパーツです。こだわりをもって、クロスバイクに乗りたい人は、新しいサドルをみつけてみませんか。

あわせて読みたい

ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
記助
記助

ロードバイク・クロスバイクに初めて乗ったときの感動を忘れず、休日はのんびり走っています。まだまだ、ロードバイク歴は短いですが、その分初心者に近い目線で情報をお伝えていきたいです。自転車のほかにも陸上など体を動かすこと全般が好きです。