【どっちにする?】ロードバイクのブレーキの選び方や特徴をまとめました

ロードバイクには、大きく分けると2種類のブレーキがあります。それは、「リムブレーキ」と「ディスクブレーキ」。この2つのブレーキ、どちらが良いか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そこで、2つのブレーキの違いや、メリット・デメリットなどを、まとめましたので、ロードバイクのブレーキの選び方の参考にしてください。

目次

  • ロードバイクは、ブレーキにも種類があるんです。
  • 「リムブレーキ」と「ディスクブレーキ」の2種類を覚えよう。
  • 今までの王道ブレーキ、リムブレーキ
  • 安定して高い制動力のディスクブレーキ
  • その他のポイントもチェック!
  • リムブレーキとディスクブレーキ、買うならどっち?

ロードバイクは、ブレーキにも種類があるんです。

ロードバイクは、ブレーキにも種類があるんです。

シティサイクルなどでは、あまり気にする人も少ないブレーキですが、ロードバイクには大きく分けて2種類のブレーキがあります。

 

ロードバイクを買う時に、ショップの人に、ブレーキの種類をどうしますか?と聞かれて、わからないと、「??」となってしまいますよね。

 

2つのブレーキにはそれぞれ、違いがありますので、特徴の大枠を理解して、自分に合ったブレーキを選びましょう。

 

「リムブレーキ」と「ディスクブレーキ」の2種類を覚えよう。

ロードバイクのブレーキは大きく分けて、リムブレーキ(キャリパーブレーキ)と、ディスクブレーキの2種類があります。

 

タイヤのリムを抑える「リムブレーキ」

タイヤのリムを抑える「リムブレーキ」

ブレーキをかけると、ブレーキパッド(ブレーキシュー)が、ホイールのリム部分(銀色の部分)を、挟みこむのが「リムブレーキ」です。

 

リムブレーキにも更に種類があり、クロスバイクなどで多い「Vブレーキ」や、「カンチブレーキ」もありますが、多くのロードバイクで使われているのは「キャリパーブレーキ」(上記画像のタイプ)と呼ばれるブレーキです。

【リムブレーキの種類】

キャリパーブレーキ:ロードバイクに多い

 

Vブレーキ:クロスバイクに多い

 

カンチブレーキ:一般的なクロスバイクやロードバイクには少ない。

 

ホイール中心部のディスクを挟む「ディスクブレーキ」

タイヤ中心のディスクを挟む「ディスクブレーキ」

ブレーキをかけた時に、ホイールの中央部分の「円いディスク」を挟むのが、「ディスクブレーキ」です。近年、ディスクブレーキのロードバイクが多くなりました。

 

また、ディスクブレーキにも種類があり「機械式」と「油圧式」の2種類があります。機械式は、ワイヤーの力でディスクを挟み込み、油圧式は名前の通り、油圧の力でディスクを挟みます。油圧式のディスクブレーキは、自動車やオートバイと同じ仕組みのブレーキです。

 

【ディスクブレーキの種類】

機械式:引っ張ったワイヤーの力でディスクを挟む。

 

油圧式:油圧の力でディスクを挟む。

 

それでは、それぞれのブレーキの特徴の詳細を見ていきましょう。

 

今までの王道ブレーキ、リムブレーキ

今までの王道ブレーキのリムブレーキ

出典:Amazon

これまでロードバイクのブレーキの主流だった、リムブレーキは、ディスクブレーキと比べ、

 

【メリット】

●軽い

●良い意味で効きすぎない制動力。

●安い

 

【デメリット】

●雨や泥などの、影響を受けやすい。

 

という特徴があります。

 

ディスクブレーキよりも軽く、値段も安い

リムブレーキはシンプルな造りでパーツが少ないので、ディスクブレーキよりも重さが軽くなります。また、ロードバイクで同一モデル内に、リムブレーキとディスクブレーキの2種類ある場合、リムブレーキのモデルの方が、安い価格になることが、ほとんどです。

 

雨天や悪路では制動力が落ちる

リムブレーキで使う「リム」は、地面と接するタイヤの接地面に近い場所にあります。そのため、リム部分には泥や雨水が付きやすく、ブレーキの制動力に影響が出やすいと言えます。

 

安定して高い制動力のディスクブレーキ

安定して高い制動力のディスクブレーキ

ロードバイクのディスクブレーキのモデルが、多くなってきたのは、ここ数年。もし、中古でロードバイクを選ぼうとすると、あまりディスクブレーキのロードバイクは見つからないかもしれません。

 

そんなディスクブレーキの特徴は、

 

【メリット】

●安定した制動力

 

【デメリット】

●重い

●高い

 

などが、あります。

安定した制動力なら、ディスクブレーキ

ディスクブレーキは、ホイールの中心付近にあるディスクを挟むので、悪路などでの路面からの影響が少なく、安定してブレーキが効きます。また、特に油圧式のディスクブレーキは、軽いブレーキタッチで、しっかり制動するのも魅力的です。

リムブレーキより重量が重く、価格が高くなる

ディスクブレーキはリムブレーキよりも、パーツ数が多いので、重量が重くなります。また、キャリパーブレーキより、価格が高くなりがちです。

 

その他のポイントもチェック!

リムブレーキとディスクブレーキは、ブレーキ性能以外の面でも違いが出てくるので、確認していきましょう。

それぞれの規格に合った、ホイールの種類

それぞれの規格に合った、ホイールの種類

出典:Flickr/hiroaki maeda

それぞれ対応するホイールの種類が違うのも、リムブレーキとディスクブレーキの大きな違いです。新しくホイールを交換する時、「かっこいいホイールがあった!」と、思っても、自分のロードバイクと同じ仕様のブレーキに対応していないと、装着ができません。

 

▼▼ロードバイクのホイール関連記事はこちら▼▼

 

ホイールの取り外し方も変わってきます

ホイールの取り外し方も変わってきます

ホイールの取り外し方にも違いが出てきます。それぞれ、ホイールをフレームに取り付けるパーツが、

 

【リムブレーキ】

◎クイックリリース方式

 

【ディスクブレーキ】

◎スルーアクスル方式

 

と、方式が変わります。基本的にはクイックリリースはリムブレーキ、スルーアクスルはディスクブレーキに採用されていることが多くなります。それぞれの詳細は、以下の記事も参考にしてください。

 

▼▼関連する記事はこちら▼▼

 

メンテナンスにも違いが

メンテナンスにも違いが

リムブレーキとディスクブレーキでは、メンテナンスも変わってきます。

 

リムブレーキと機械式のディスクブレーキは、メンテナンスも容易ですが、油圧式のディスクブレーキの場合、工程も多く、エア抜き作業も必要になったりしますので、慣れない人はショップに依頼した方が良いでしょう。

 

▼▼ブレーキメンテナンス関連記事はこちら▼▼

 

リムブレーキとディスクブレーキ、買うならどっち?

リムブレーキとディスクブレーキ、買うならどっち?

出典:FELT

リムブレーキは、ディスクブレーキと比べて安定した制動が発揮しづらいブレーキと言われますが、筆者はそこまで心配することはないと思います。街乗りやサイクリングでも、リムブレーキのロードバイクでも、十分に楽しめるでしょう。

 

たしかに、ディスクブレーキなら、より軽い力でブレーキをかけられ、雨の中でもしっかりブレーキが効くメリットはあると言えます。

特にディスクブレーキの1番のメリットがあるとすれば、長い下り坂を走る時。長い下り坂は、ブレーキをかけ続けて走る事になるので、ディスクブレーキ(特に油圧式)であれば、軽いタッチで安定してブレーキがかけらるでしょう。

 

以上の様に、リムブレーキとディスクブレーキには、それぞれに特徴があります。予算や、ロードバイクの使い方、楽しみ方を考えて、自分に合っているブレーキを選びましょう。

あわせて読みたい

ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
【けんちゃん】
【けんちゃん】

ずっとマウンテンバイクに乗っていましたが、通勤用にロードバイクを購入。それ以来、ロードバイクにはまっています。カスタムして、自分好みのロードバイクにしていきます!まずは、バーテープとサドルをカスタムする予定!