【全40種類以上!?】トピークのサドルバッグ、おすすめモデルをまとめてみた

サドルバッグのなかでも、多くのユーザーから支持を集める「TOPEAK(トピーク)」のサドルバッグ。そのラインナップは、なんと40種以上!数多いトピークのサドルバッグなかから、おすすめモデルや、特徴、選び方をご紹介します。

目次

  • トピークはサドルバッグも良いぞ…!!
  • トピークのサドルバッグ、どうやって選ぶ?
  • オールラウンドに使えるおすすめ4選
  • バイクパッキング向けの大容量タイプのおすすめ3選
  • 防水性能が高いタイプのおすすめ5選
  • ひと味違う?エアロウェッジシリーズ2選
  • 機能性重視なら、トピークのサドルバッグ!
アイキャッチ画像出典:Flickr/Kenming Wang

トピークはサドルバッグも良いぞ…!!

トピークはサドルバッグも良いぞ…!!

出典:Amazon

TOPEAK(トピーク)は自転車のアクセサリーを幅広く扱う台湾のメーカーで、なかでもサドルバッグは種類が多く、様々な特徴をもったモデルがラインナップされています。

ラインナップは、全40種類以上!?

ラインナップは、全40種類以上!?

出典:Amazon

そのサドルバッグは、シリーズで10種類以上あり、その中でもサイズや固定方法によってバリエーションが分かれるので、全部あわせると40種類以上!

 

オールマイティに使いやすい、2L(リットル)前後のサドルバッグから、ツーリングやバイクパッキングで活躍する、10L~20Lの大容量モデルまで、サドルバッグ選びで迷ったときの強い味方です。

「質実剛健」はサドルバッグでも健在

トピークのサドルバッグは、機能性重視のサドルバッグと言えるかもしれません。デザインに大きな特徴はありませんが、細かいサイズ展開や、素材のバリエーションなど、使い勝手が良く考えられた製品が多くあります。使い方に合った、サドルバッグがきっと見つかるでしょう。

トピークのサドルバッグ、どうやって選ぶ?

そんな数多くあるトピークのサドルバッグは、多いがゆえに、選ぶときに悩んでしまうことも。どのように選べば良いかポイントを押さえましょう。

サイズの目安を確認!

サイズの目安を確認!

出典:Amazon

トピークのサドルバッグのサイズは「リットル表記」の製品と、S・M・Lなどの表記の製品があります。リットル表記の製品はサイズが大きいタイプが多く、6L~15Lなどの大容量は、自転車旅や、自転車キャンプなどに適したサイズです。

 

S・M・Lのサイズ表記のものは、だいたい次のような容量が目安です。

 

●Sサイズ:0.3L~0.5L

●Mサイズ:0.6L~1.3L

●Lサイズ:1.4L~2.0L

 

サイズを決めるときは、サドルバッグに何を入れるのか事前に想定しておきましょう

 

例えば、スマホや財布、小型の空気入れだけであればSサイズでも十分です。さらに、パンクした時のための、チューブなどを入れるときはMサイズがおすすめです。他にも雨具などのジャケットなどかさばるものを入れる場合があるときは、Lサイズを選びましょう。

 

ショップなどの店頭に実際の製品があれば、手にとって確認できると、より良いですね。

固定方法は、2種類

トピークのサドルバッグは種類によって、固定方法や固定する位置の違いがあり、大きく分けて「クイッククリック」方式と「ストラップマウント」方式があります。

 

●クイッククリック

クイッククリック

出典:TOPEAK

クイッククリック方式は、サドルの裏側のサドルレールにアタッチメント(台座)を取り付け、そこにサドルバッグを固定します。アタッチメントとサドルバッグをワンタッチで着脱できるので、取り外しが簡単です。

 


 

●ストラップマウント

ストラップマウント

出典:TOPEAK

ストラップマウント方式はサドルレールにストラップをつけて固定する方式です。コンパクトなサドルバッグであれば、1つのストラップをサイドレールに通してバックルで固定するだけで済みます。

 

また、大きなサイズの製品の場合、揺れを抑えるために、シートポストなどにベルクロベルトを巻いて固定するタイプもあります。

 

では、使いかたに応じたおすすめ製品をご紹介していきます。

 

オールラウンドに使えるおすすめ4選

初めてサドルバッグを買う方など、「使いやすさ」を重視するのであれば、ウェッジパックとモンドパックがおすすめです。

中のものを取り出しやすい「ウェッジパック」

ウェッジパックはバッグの側面が大きく開くので、中に入れたものを取り出しやすいのが特徴です。クイッククリック式なのでワンタッチで簡単に取り付けができます。

 

ITEM
TOPEAK(トピーク)/サイドキック ウェッジ パック Sサイズ
●容量:0.5L
●重量:110g

ITEM
TOPEAK(トピーク)/ サイドキック ウェッジ パック Mサイズ
●容量:0.7L
●重量:190g

安定感が高い「モンドパック」

モンドパックはサドルとシートポストの2箇所で固定するタイプです。たくさん収納しても安定感が高いので、サドルバッグの揺れが気になる人におすすめです。このモンドパックもサイドから開くので使いやすいでしょう。内側のメッシュポケットには補給食などの小物を入れるのに適しています。

 

バッグのサイズによってはボトルを入れるポケットがあるタイプもあります。

 

ITEM
TOPEAK(トピーク)/ モンドパック (クイッククリック)
●容量:1.2L
●重量:565g

ITEM
TOPEAK(トピーク)/モンドパック XL (クイッククリック)
●容量:2.0L
●重量:282g

細かい所でシートポストへとめるマジックテープが余分な所も最後まで巻き付ける事が出来る様になっており大変良かった

 

バイクパッキング向けの大容量タイプのおすすめ3選

バイクパッキングやロングライド、気温の変化が激しい場所や時期の場合は、ジャケットなども入れておきたいですよね。

大容量「バックローダー」シリーズ

トピークのバックローダーシリーズは6L・10L・15Lと大容量であり、目的に応じたサイズを選べます。軽量でありながら耐久性が高いので長く便利に使えます。さらに撥水性も高いので、雨や泥などにも汚れにくいでしょう。

 

ITEM
TOPEAK(トピーク)/バックローダー 6リットル
●ストラップマウント式
●重量:335g

流石にバイクを大きく振ってのダンシングは難しいですが、軽く振る程度なら問題なく峠越えもできました。他の有名ブランドの大容量サドルバッグって2万とか平気でするので、この商品はコスパ最強かなと思ってます


ITEM
TOPEAK(トピーク)/バックローダー 10リットル
●ストラップマウント式
●重量:425g

容量は、十分過ぎる位余裕がありました。心配だったバック本体の振れも気になりませんでしたが、ダンシング時は注意した方が良いと思います。これは、大容量サドルバック共通点の気がします。価格、使い勝手の良さからおすすめ商品です。ザックを背負った同行者は肩こりで大変だった様です。


ITEM
TOPEAK(トピーク)/バックローダー 15リットル
●ストラップマウント式
●重量:565g

ブルべなどに出る方や、自転車で相当の距離を走る方が使用するのはもちろんですが40~50キロくらいの短距離でも、空気入れ、替えチューブ、タイヤレバー、ウインドブレーカー、替えTシャツ、おやつ、タオルなんかをいれています。

 

防水性能が高いタイプのおすすめ5選

天気が変わりやすい山道や天候が怪しいときは、防水性能が高い「ウェザープルーフ」と「ウェッジドライパック」がおすすめです。

縫い目がない防水性能抜群な「ウェザープルーフ」

ウェザープルーフは軽量防水素材を使用しており、縫い目が無い、耐水性が高いサドルバッグです。

ITEM
TOPEAK(トピーク)/ウェザープルーフ ダイナウェッジ
●容量:0.8L
●重量:278g

防水素材を使った「ウェッジドライパック」

ウェッジドライパックは防水素材を採用したサドルバッグで、クイッククリックとストラップマウントの2種類あります。被視認性が高まる反射プリントがあり、夜間走行に役立ちます。

 

ITEM
TOPEAK(トピーク)/ウェッジ ドライバッグ (ストラップ マウント) Sサイズ
●容量:0.6L
●重量:140g

チューブだけなら2本入ります。チューブ1本、CO2ボンベ、軍手、タイヤレバー、携帯工具を入れてます。サドルポストに付ける部分がしっかりしていてグラつくこともない。落ち着いたツヤがあるハードケースはスタイリッシュ。パンク対策品だけ入れるサドルバッグを探しているならベストチョイスです。


ITEM
TOPEAK(トピーク)/ウェッジ ドライバッグ (ストラップ マウント) Mサイズ
●容量:1.0L
●重量:170g

このサドルバッグにしたのは、サドルシートの幅より小さい、バッグ内部にはネットの工具ポケットが左右に付いて、外装は防水性とハードプラスチックでタイヤの泥飛びもOKぽいので購入。バッグ内部のポケットには調整工具を入れ、(ドッペルギャンガー)ポンチョを丸めて入れて走ってます。最高です。


ITEM
TOPEAK(トピーク)/ウェッジ ドライバッグ (クイッククリック) Sサイズ
●容量:0.6L
●重量:140g

ITEM
TOPEAK(トピーク)/ウェッジ ドライバッグ (クイッククリック) Mサイズ
●容量:1.0L
●重量:170g

タイヤチューブ1つにアーレンキー入れてまだ少しスペースがあります。ただし、自転車こぐと、たまに腿に当たるのが気になる。

 

ひと味違う?エアロウェッジシリーズ2選

より機能性が高いものを求めているのであれば、「エアロウェッジシリーズ」もチェックしてみるのもおすすめです。

サイズ調整可能な定番モデル「エアロ ウェッジ パック」

エアロウェッジパックは中央のファスナーで、サイズを調整できるサドルバッグです。縦開き型なので荷物が落ちにくいのも特徴です。

ITEM
TOPEAK(トピーク)/エアロ ウェッジ パック (クイッククリック) Mサイズ
●容量:0.98~1.31L
●重量:135g

視認性バツグン!光るサドルバッグ

バッグの縁にはライン状にライトが配置された光るサドルバッグです。トンネルの中や夜間の走行でも、目立ちますね。

ITEM
TOPEAK(トピーク)/エアロ ウェッジ iグロウ (ストラップ マウント Mサイズ)
●容量:1.2L
●重量:145g

 

機能性重視なら、トピークのサドルバッグ!

機能性重視なら、トピークのサドルバッグ!

撮影:編集部

豊富な機能を持った「TOPEAK(トピーク)」のサドルバッグなら、自分に合うモデルがきっとみつかるでしょう。トピークのサドルバッグで、サイクリングをもっと楽しんでくださいね。

 

トピークのサドルバッグ公式ページはこちら

あわせて読みたい

【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
バイクパッキングの基本を解説。バイク・装備・ギア・遊び方など「基本のキ」
ロードバイクでキャンプを行う時に出てくる言葉、「バイクパッキング」。そもそもバイクパッキングとは? 必要なアイテムは? 自転車は何がいいの? ……と…
大城 実結
失敗したくない!飛行機の輪行。百戦錬磨の筆者が攻略法を教えます。
愛車と遠くへ行きたいときに、避けて通れないのが飛行機の輪行です。何かと不安の多い飛行機の輪行ですが、慣れてしまえば大丈夫! 飛行機輪行を考えるときに…
大城 実結
記助
記助

ロードバイク・クロスバイクに初めて乗ったときの感動を忘れず、休日はのんびり走っています。まだまだ、ロードバイク歴は短いですが、その分初心者に近い目線で情報をお伝えていきたいです。自転車のほかにも陸上など体を動かすこと全般が好きです。