【ワイルドだろぉ】インパクト抜群のファットバイク。選び方やおすすめモデルをご紹介

極太のタイヤをはいた「ファットバイク」の最新モデルをご紹介します!特徴的なスタイルのファットバイクは、お洒落に敏感なユーザーを中心に人気がある自転車です。ファットバイクの特徴や有名ブランド、おすすめ製品も紹介するので、ファットバイクが気になっている人は、ぜひ参考にしてください。

目次

  • 個性あふれる、ファットバイクとは
  • マウンテンバイクとは違う、ファットバイクの魅力
  • 知っておきたい、ファットバイクの選び方
  • ファットバイクの定番ブランド
  • ファットバイクのおすすめモデルをご紹介
  • 空気入れは大容量タイプを用意しよう
  • 知っておきたい、ファットバイクのマイナスなところ
  • ファットバイクで、ワイルドに走ろう!
アイキャッチ画像出典:Flickr/Jeff Moser

個性あふれる、ファットバイクとは

個性あふれる、ファットバイクとは

出典:Flickr/Jeff Moser

MTBの中でも、特にタイヤが太い自転車をファットバイクと呼びます。タイヤが太いので、走りが遅いイメージを持つ人もいますが、とても軽快に走ります。

 

寒い土地での雪深い環境で、走破できるよう開発された自転車と言われていて、土、砂、雪などでも、走りやすいのが特徴です。

 

マウンテンバイクとは違う、ファットバイクの魅力

ファットバイクの見た目はマウンテンバイクと似ていますが、具体的な違いを確認していきましょう。

インパクト抜群の極太タイヤ

インパクト抜群の極太タイヤ

出典:Unsplash/Tim Foster

最大の違いはタイヤの太さ。マウンテンバイクのタイヤ幅は2インチ(約5cm)ですが、ファットバイクは約2倍の約4インチ(約10cm)もあります。その存在感あるスタイルは、個性的でお洒落な自転車として人気があります。

オフロードでも雪道もへっちゃら。圧倒的な走破性!

オフロードでも雪道もへっちゃら。圧倒的な走破性!

出典:Flickr/Jeff Moser

ファットバイクはオフロードのような荒れた道や雪道、泥道、砂道など、マウンテンバイクでも走りにくい道でも走る、圧倒的な走破性が大きな魅力です。

 

山道を走るトレイルライドはもちろん、街中の段差なども、ものともしない迫力がありますよ。

 

サスペンションがなくても、高い衝撃吸収性

サスペンションがなくても、高い衝撃吸収性

出典:Flickr/American Cyclery Official

地面からの振動を吸収する仕組みが、マウンテンバイクと違うのも特徴的です。マウンテンバイクはフレームのサスペンションで衝撃を吸収しますが、ファットバイクは大きなタイヤのエアボリュームで衝撃を吸収します。空気圧を調整することで、乗り心地も変わってきますよ。

 

知っておきたい、ファットバイクの選び方

ここからは、ファットバイクを選ぶときのポイントを、ご紹介。

タイヤの太さはおもに4インチと5インチ

タイヤの太さはおもに4インチと5インチ

出典:Flickr/Hagbard_

ファットバイクのタイヤの太さは4インチか、5インチ。

 

5インチなら、グリップ力や安定感が高くなり、荒れた道でも走りやすくなります。しかし、そのぶんタイヤは大きく重くなるのでスピードを出しにくいのがデメリットです。

 

「走りやすさ」でもスピードを求めるのであれば4インチ安定感を求めるのであれば5インチがおすすめです。

 

フレーム素材で、何が違う?

フレーム素材で、何が違う?

出典:Flickr/American Cyclery Official

ファットバイクのフレームの素材は大きく分けてクロモリ・アルミ・カーボンがあります。

 

●クロモリ

クロモリは他の素材よりも重いですが、フレームの衝撃吸収力が高くフレームが頑丈です。段差の多い道でも安心して走れます。

 

●アルミ

アルミは耐久性が高く、クロモリよりも軽い素材です。湿気やサビなどに強いことから、雪道・砂浜などの環境に適していると言えるでしょう。

 

●カーボン

カーボンは最も軽い素材で、スポーツバイクのハイエンドモデルに良く使われます。デメリットは素材が高価なので、車体の価格も高くなります。

 

もちろん、デザインや見た目は重要です!

もちろん、デザインや見た目は重要です!

厳しい環境を走るのではなく、普段の生活で使うのであれば、軽さや衝撃吸収力を、そこまで追求する必要は少ないでしょう。性能やスペックを気にしすぎるより、見た目やスタイルで選ぶのは、大事です!

ファットバイクの定番ブランド

ファットバイクメーカーとして有名なブランドをおさえておくのも、選ぶ時に重要なポイント。特にファットバイクは、少しニッチなカテゴリなので、実績があるブランドから選びたいですよね。

 

定番ブランドには以下のようなブランドがあります。

 

●SURLY(サーリー)

●SALSA(サルサ)

●MANGOOSE(マングース)

●Cannondale(キャノンデール)

●CANYON(キャニオン)

●GARNEAU(ガノー)

●BLONX(ブロンクス)

 

ファットバイクのおすすめモデルをご紹介

それでは、ファットバイクのおすすめモデルをご紹介していきます。

SURLY(サーリー)/ICE CREAM TRUCK

本格的なファットバイクを求めている人におすすめ。走破性が高く、まだ知らない道でもどんどん行きたくなってしまうかも。安定感も高くハンドルも操作しやすいでしょう。

 重量  -
 参考価格  316,800円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 


SURLY(サーリー)/WEDNESDAY

サーリーはファットバイクの歴史が長く、信頼性の高いバイクが多いです。このWEDNESDAYはサーリーが10年以上の歳月が費やしてきたモデルです。マウントがたくさんついているのでツーリングや自転車キャンプにも最適です。

wednesday

 重量  -
 参考価格  244,200円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 


SALSA(サルサ)/MUKLUK SX EAGLE

タイヤのサイズはカスタム可能で、目的に応じて変えられます。ファットバイクで色々なところに行ってみたい人におすすめです。

MUKLUK SX EAGLE

 重量  -
 参考価格  291,280円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 


SALSA(サルサ)/MUKLUK ALLOY DEORE 11

MUKLUKは汎用性が高く、タイヤクリアランスが広いのが特徴です。そのためタイヤサイズが29×3.0から27.5×4.0まで対応します。フォークはカーボン製で、振動吸収性が高くなっています。

MUKLUK ALLOY DEORE 11

 重量  -
 参考価格  236,280円(税込み)

GARNEAU(ガノー)/GROS LOUIS 2

しっかりした太さのタイヤを持つファットバイク。雪・砂の上でも快適に走れる走破性を持っています。コンポは安心のSHINANO・DEORE10速です。

GROS LOUIS 2

出典:GARNEAU
 重量  15.7kg
 参考価格  148,500円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 


Specialized(スペシャライズド)/Fatboy

SRAMの最新のコンポ「SX eagle 1×12s」が搭載されたスペシャライズドの「Fatboy」。極太タイヤのサイズは27.5×3.8でどんな悪路でも安定性、操作性が抜群です。

fatboy

出典:Specialized
 重量  -
 参考価格  229,900円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 


KONA(コナ)/WO

搭載されるコンポはワイドなギア比のSHIMANO製「Deore 11s」です。26×4.8の極太タイヤはリムと共にチューブレスレディに対応しています。

kona wo

出典:KONA
 重量  -
 参考価格  165,000円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 


CANYON(キャニオン)/Dude CF 8

トレイルを快適に走れるファットバイク。砂浜や雪道でもしっかり走れる性能を持ち、フレームはカーボンで、軽量なのも魅力的です。

Dude CF 8

出典:CANYON
 重量  13.8kg
 参考価格  239,000円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 

空気入れは大容量タイプを用意しよう

ファットバイクはタイヤが大きいので、空気の量も多く入れる必要があります。ロードバイク用の空気入れだと、1回のポンプで入る空気量が少ないので、ファットバイクだと、空気を入れるのがとても大変です。ファットバイクなら、大容量の空気が入る、MTB専用の空気入れなどが、おすすめです。

ITEM
TOPEAK(トピーク)/JoeBlow Fat(ジョーブローファット)
●サイズ:L170 x W230 x H690mm
●重量1.74kg

▼▼関連記事はこちら▼▼

 

知っておきたい、ファットバイクのマイナスなところ

魅力がいっぱいのファットバイクですが、デメリットもあるのでおさえておきましょう。

車体重量が重い

車体重量が重い

出典:Flickr/Jereme Rauckman

タイヤが非常に大きいので、その分車体の重量は重くなります。同じスポーツバイクでも、クロスバイク・ロードバイクのような軽量な自転車とは、違うので注意しましょう。

 

駐輪する場所が限られることも。。

駐輪する場所が限られることも。。

タイヤが太いファットバイクは、上記の場所のような、ラックにタイヤを入れる駐輪場だと、タイヤが太く入らないことも。

 

駐輪する場所の確保は、他の自転車より少し気を使うかもしれません。

 

ファットバイクで、ワイルドに走ろう!

ファットバイクで、ワイルドに走ろう!

ファットバイクは走破性が高く、荒れた道でも走れる楽しみがあります。また、圧倒的な存在感、特徴的なスタイルで、周りと違った1台をもちたい方にもおすすめです。

 

おしゃれなファットバイクで、自分ならではの自転車の楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか。

紹介されたアイテム

TOPEAK(トピーク)/JoeBlow…
サイトを見る

あわせて読みたい

革製品で自転車をイメチェン!レザー×バイク用品コレクション【2021年版】
自転車のカスタマイズは無限大で楽しいもの。今回は「革(レザー)」という軸で自転車用品を集めてみました。使い込めば使い込むほど味の出るレザー製品。サド…
大城 実結
ブラックバーンでバイクパッキング!バッグ選びに終止符を。
ブラックバーンでバイクパッキング!バッグ選びに終止符を。
自転車に荷物を載せる専用のバッグ類。様々なメーカーやブランドがあって、迷ってしまうこともありますよね。その中でも、自転車キャンプなどにも使えるバッグ…
Takugo
【大人顔負けの走り】子供用マウンテンバイクのおすすめ7台!パパ・ママ必見。
【大人顔負けの走り】子供用マウンテンバイクのおすすめ7台!パパ・ママ必見。
子供向けのおすすめのマウンテンバイクを紹介します!子供用自転車にも、様々な自転車がありますよね、今回は子供用自転車の中でも人気のマウンテンバイクの選…
Takugo
自転車キャンプの味方!トピークのヴァーサケージが、いい感じです。
自転車キャンプの味方!トピークのヴァーサケージが、いい感じです。
トピーク製のヴァーサケージは自転車キャンプでの積載を増やしてくれる、そんなアイテムです。ダボ穴が空いていない自転車にも使用ができるので、多種多様な自…
Takugo
ママチャリからグラベル、レースまでOKのPep cyclesって?開発者にインタビューしてみたよ。
時にツーリングバイクに、時にレースバイク、さらにはママチャリに。「永く乗る、永く使う」をコンセプトにしたPep cycles(ペップサイクルズ)は、…
大城 実結
記助
記助

ロードバイク・クロスバイクに初めて乗ったときの感動を忘れず、休日はのんびり走っています。まだまだ、ロードバイク歴は短いですが、その分初心者に近い目線で情報をお伝えていきたいです。自転車のほかにも陸上など体を動かすこと全般が好きです。