サイクルパンツのおすすめ8選!快適にスポーツバイクを楽しむなら

ロードバイクやクロスバイクで、お尻の痛みに悩んではいませんか?そんなお尻の痛みに悩まされる方におすすめしたいのが「サイクルパンツ」です。この記事では、快適なライドを求める方に、サイクルパンツの選び方やおすすめの製品を紹介していきます。 

目次

  • お尻、痛くないですか??
  • ロードバイクやクロスバイクでお尻が痛くなる原因
  • サイクルパンツの種類を、まとめて紹介
  • 自分に合ったサイクルパンツを選ぼう!
  • 街乗りやカジュアルに乗るなら、インナーパンツがおすすめ
  • 初心者にはショート丈のサイクルパンツがおすすめ
  • 長い距離を走るなら、ビブショーツがおすすめ
  • カジュアルなウェアとしての「サイクルパンツ」もあります。
  • サドルが合っていない場合も。
  • サイクルパンツでお尻の痛みと決別しよう!

お尻、痛くないですか??

お尻、痛くないですか??

ロードバイクやクロスバイクに乗る人であれば、一度は悩むお尻の悩み。その悩みを解決してくれるアイテムが「サイクルパンツ」です。厚みがあるパッドを内蔵していて、クロスバイクやロードバイクの乗った時の痛みを和らげてくれる、優秀なアイテムです。

 

ロードバイクやクロスバイクでお尻が痛くなる原因

スポーツバイクで悩まされるお尻の痛み。まずはお尻の痛みの原因をおさらいしましょう。

スポーツバイクは、地面からの衝撃が大きい

スポーツバイクは、地面からの衝撃が大きい

出典:Flickr/Tony Alter

スポーツバイクのタイヤは細く、高い空気圧で空気が入っている為、地面の振動をダイレクトにうけます。シティサイクルでは体験しない衝撃がお尻に伝わり、痛みの原因になります。

特に、初心者はお尻に痛みを感じやすい

特に、初心者はお尻に痛みを感じやすい

出典:Flickr/Miguel Barroso
スポーツバイク初心者の方は、特に痛みがでやすい傾向にあります。ロードバイクやクロスバイクに、乗り慣れてくると、ハンドル、ペダル、サドルと体重を分散して乗れるようになりますが、始めの頃は、サドルに体重が集中しがちです。

乗りはじめて間もない人は、しばらくの間スポーツバイクに乗って様子をみても良いかもしれません。走行に慣れるにつれて、痛みも少なくなるかもしれません。

 

サイクルパンツの種類を、まとめて紹介

サイクルパンツには様々な種類があります。どんなタイプがあるかご紹介していきましょう。

ショート丈のタイプ

ショート丈のタイプ

出典:Amazon

多くのユーザーに人気がある、ショート丈のタイプ。膝上までの長さで、普通の半ズボンのような感覚で履ける気軽さが魅力です。休憩時のトイレなどもしやすく、はじめてサイクルパンツを使う人でも安心でしょう。

 


肩紐があるビブショーツ

肩紐があるビブショーツ

出典:Amazon

「ビブパンツ」「ビブショーツ」は、肩に紐をかけて履くタイプで、サイクルパンツがズレないようになっています。フィット感が高く、激しく動くレース志向の方やロングライドをする方におすすめです。休憩時のトイレなどで、脱ぐ時にひと手間かかる点は、マイナスなポイントです。

 


長い丈のタイプ

長い丈のタイプ

出典:Amazon

サイクルパンツには、タイツのようなロングタイプもあります。寒い時期におすすめで、裏側の素材が起毛だったり、表面が防風素材になっているタイプもあります。このロングタイプにも肩紐がついたタイプもあります。

 


普段着の下にも使える、インナーパンツ

普段着の下にも使える、インナーパンツ

出典:Amazon

「インナーパンツ」は普段着の下に履けるタイプのサイクルパンツです。通常の下着のような感覚で履けるため、通勤などでスポーツバイクに乗るという方におすすめです。カジュアルなウェアでもお尻をしっかりと守りたい方に最適でしょう。

 

自分に合ったサイクルパンツを選ぼう!

それでは、シーン別のサイクルパンツの選び方について見ていきましょう。

速く走りたい人は、ぴたっとしたサイクルパンツ

速く走りたい人は、ぴたっとしたサイクルパンツ

速く走りたいのであれば、フィット感や空気抵抗を重視したサイクルパンツや、ビブショーツがおすすめです。できるだけぴっちりと体にフィットするタイプが良いでしょう。深い前傾姿勢で、長い距離を走るのであれば、ズレにくいビブショーツのほうが満足度は高くなるはずです。

 

カジュアルに着たいなら、インナータイプがおすすめ

カジュアルに着たいなら、インナータイプがおすすめ

出典:Amazon

レーサーのようなピチピチしたウェアが苦手な人は、パッド付きのインナーパンツを使いましょう。今持っているウェアを活用できるのも魅力です。

また、上記画像のような、一般的なジャージのようなビジュアルの、サイクリングに適したパンツもあるので、合わせて使うのも良いでしょう。

 

それでは、おすすめのサイクルパンツをご紹介していきます!

 

街乗りやカジュアルに乗るなら、インナーパンツがおすすめ

街乗りでカジュアルなウェアや普段着を着たい方は、インナーパンツが最適。普段着の下に履くタイプです。

ルコックスポルティフ/インナーパンツ QCMMGM40

インナーパンツですが、アンダーウエア感が少ないデザインが特徴です。インナーもカジュアルに着こなしたい方にも、おすすめです。

ITEM
ルコックスポルティフ/インナーパンツ QCMMGM40/ブラック
サイズ:S~L
カラー:ブラック、ネイビー

167cm 60kg ウエスト76cm ちょっときつかったけど大丈夫そうです。


パールイズミ/156MEGA メガ メッシュ インナーパンツ

ひときわ大きなパッドが特徴的。カジュアルウェアでロングライドを楽しみたいという方には最適な1つでしょう。

ITEM
パールイズミ/156MEGA メガ メッシュ インナーパンツ/ブラック
サイズ:S~XXXL
カラー:ブラック

今年の4月に2019モデルとなった様子でタイミングよく新型の通気性が増した物が到着しました
Mサイズでウエスト74-82cmとありましたが、当方160cmの73kgとメタボ腹でウエスト90cm以上
あります。開封するか躊躇しました。(サイズ交換したほうが良いかと)
試着すると、素材がよく伸びるので履けました。使用できます。
パットの具合も良い様です。これで1000kmブルべでも心配無用です。

 

初心者にはショート丈のサイクルパンツがおすすめ

スポーツバイク初心者の方には、脱ぎ履きしやすいショート丈のサイクルパンツがおすすめです。

パールイズミ/220-3DR コールド シェイド パンツ メンズ

吸湿速乾性に優れ、縫い目が気にならないフラットシームが採用されているサイクルパンツ。UVカット機能もバッチリなので、夏のサイクルパンツにおすすめです。

ITEM
パールイズミ/220-3DR コールド シェイド パンツ メンズ/ブラック
サイズ:S~XL
カラー:ブラック

これは良いですね。本日初めて使用して80kmほど走りましたが、全くお尻が痛くならなかったです。


シマノ/メンズショーツ ECWPAGSRS12ML4

シンプルで耐久性が高く、コストパフォーマンスに優れているサイクルパンツです。シマノの製品で、品質も安心できるでしょう。

ITEM
シマノ/ショーツ ECWPAGSRS12ML4/ブラック
サイズ:M~XXL
カラー:ブラック

174CM/64kgでMサイズを購入しました。
サイズチャート通り丁度良かったです。

今まで安価なものばかり探してウエストが
きつくて苦しかったのですが、これはいいですね。
ゴムは両サイドのみで楽です。
裾もシリコンできつくないです。
ずり上がりもほぼないです。
パッドは薄めですが50kmほど走り問題なし。
(ですがロングライドはちょっと厳しいかも)

見た目も光沢を抑られ、フィット感も良い商品です。
いい買い物ができました。満足です。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています

 

長い距離を走るなら、ビブショーツがおすすめ

長距離ライドには、フィット感に優れたビブショーツタイプがおすすめです。

シマノ/ビブショーツ ECWPAGSRS11ML4

こちらのビブショーツは、6枚のパネルを組み合わせた立体的なデザインによりフィット感がより快適になっています。コストパフォーマンスにも優れていいて、ロングライド用におすすめです。

ITEM
シマノ/ビブショーツ ECWPAGSRS11ML4/ブラック
サイズ:S~XXXL
カラー:ブラック

Naliniを使っていましたが、シマノを追加購入です。いずれもBASEレベルの商品ですが、縫製などもシマノの方がしっかりしています。他の方のレビューで生地が薄い とありましたが、普通のビブショーツの生地です、どちらかというと光沢がある生地です。私は気に入ってます。
太もも部分のずり上がり止めが、シリコンとかではない感じで、今までかぶれたりしていましたが、それもなくなり非常に満足しています。


パールイズミ/コールド シェイド ビブ パンツ T220-3DR メンズ

強力なUVカット機能で、夏の強い日差しから、体を守ってくれます。3次元形状のパッドにで、ロングライドでも快適に走れるでしょう。暑い日も快適にライドを楽しみたい方におすすめです。

ITEM
パールイズミ/コールド シェイド ビブ パンツ T220-3DR メンズ/ブラック
サイズ:S~XXL
カラー:ブラック

使いやすく、丈夫です。黒だから上着が何でも合わせやすいです。

 

カジュアルなウェアとしての「サイクルパンツ」もあります。

上記で紹介した、タイツのようなサイクルパンツではなく、ジャージのようなサイクルパンツもおすすめです。普段着に近い機能のパンツですので、お尻の痛み予防として、インナーパンツも合わせて着用するのが、おすすめです。

NARIFURI(ナリフリ)/撥水スパンライクカーゴジョガーズ

こちらは撥水性に優れた素材のジョガーパンツタイプのウェア。雨の日も走る通勤ライダーの方におすすめ。裾はゴムになっていて、ペダリング時にチェーンに絡まることもありません。

NARIFURI(ナリフリ)/撥水スパンライクカーゴジョガーズ

出典:NARIFURI

 


mont-bell(モンベル)/フリーライドニッカ

三次元的な立体裁断で、ペダリングも窮屈にならない、モンベルのサイクリングウェア。サイクリングに最適な7分丈になっているので、冬以外のシーズンをこなせるアイテムです。
サイクルパンツ画像15
出典:mont-bell

サドルが合っていない場合も。

出典:Flickr/Glory Cycles
ロードバイクやクロスバイクをしばらく乗っても、まだお尻が痛い場合は、サドルが自分に合っていないこともあります。
お尻の形や大きさ、乗車姿勢は人それぞれなので、自分にあったサドルの形も変わってきます。尿道付近に痛みがある人は、サドルの真ん中に穴があいたタイプで解決する人もいるようです。

 

▼▼サドルの詳しい記事はこちら▼▼

 

サイクルパンツでお尻の痛みと決別しよう!

サイクルパンツを使えば、お尻の痛みも減って、もっと快適にサイクリングを楽しめるはず。

お気に入りのサイクルパンツを手に入れて、楽しくクロスバイクや、ロードバイクに乗りましょう。

あわせて読みたい

【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
バイクパッキングの基本を解説。バイク・装備・ギア・遊び方など「基本のキ」
ロードバイクでキャンプを行う時に出てくる言葉、「バイクパッキング」。そもそもバイクパッキングとは? 必要なアイテムは? 自転車は何がいいの? ……と…
大城 実結
失敗したくない!飛行機の輪行。百戦錬磨の筆者が攻略法を教えます。
愛車と遠くへ行きたいときに、避けて通れないのが飛行機の輪行です。何かと不安の多い飛行機の輪行ですが、慣れてしまえば大丈夫! 飛行機輪行を考えるときに…
大城 実結
中田 北斗
中田 北斗

元アマチュアロードレーサー。レースはクリテリウムが好き。現在はポタリングメインで、田舎道を走っています。自身の経験を活かした自転車の情報をお届けいたします。