【快適に走るバッグなら】フレームバッグの選び方とおすすめ10選

ロードバイクやクロスバイクで容量が大きく、走りやすいバッグを車体に取り付けたい時、おすすめなのが「フレームバッグ」です。なぜ「走りやすいのか?」を解説しつつ、選び方やおすすめ商品もあわせて紹介いたします!

目次

  • 大容量の「フレームバッグ」
  • 装着する場所が「低く」「中央」なのが特徴
  • フレームバッグ選びはサイズが重要!
  • サイズ以外の選び方のワンポイント
  • フレームバッグのおすすめモデル10選
  • フレームバッグに入れるもの
  • その他のバッグと使い勝手の違いは?
  • フレームバッグで、サイクリングをもっと充実に
アイキャッチ画像出典:楽天市場

大容量の「フレームバッグ」

自転車のトップチューブ、下側に固定して装着するバッグの「フレームバッグ」は、容量があり収納力が高いバッグです。大きいサイズの製品は、ダウンチューブ・シートチューブなども使って固定します。

装着する場所が「低く」「中央」なのが特徴

フレームバッグの縦幅

出典:Amazon

自転車に取り付けるバッグは、取り付け場所によっては「ふらつく」など、走行に影響が出ます。サドルバッグやハンドル部分に取り付けるフロントバッグなどは、高い位置に取り付けるため、重心が高くなり、バランスを崩しやすくなる為です。

 

その点、フレームバッグは車体中央のフレームに沿って取り付けるので、重心も低めで最も走行に影響が出ないバッグの1つでしょう。その他にも、開け口が手の届く場所にあり、走行中に補給食を取り出すこともできます。

 

まとめると以下のような点が、フレームバッグの特徴です。

 

荷物が多く入る「大容量」

・重心が低く、走行に影響が出づらい

・手の届く場所に開け口がある

 

フレームバッグ選びはサイズが重要!

それでは選び方を確認していきましょう。

サイズ寸法は必須

フレームバッグの寸法

出典:Amazon

フレームの形や長さは、自転車によって変わります。あらかじめ自分の自転車の寸法を測り、取り付けるにあたってサイズが問題ないか、確認しましょう。

ペダリングの邪魔にならない横幅

フレームバッグの横幅

出典:Amazon

また、バッグの横幅も大切です。フレームから大きく左右にはみ出てしまうと、ペダリングの時に太ももが擦れてしまいます。一般的なフレームバッグの横幅は6cm前後なので、参考にしてください。また、荷物を入れ過ぎて膨らむこともあるので、詰め込み過ぎにも気をつけましょう。

ダウンチューブやボトルに当たらない縦幅

ダウンチューブやボトルに当たらない縦幅

出典:Amazon

ダウンチューブにボトルゲージを取り付けている人も多いと思いますが、その際は「フレームバッグの縦幅」も気をつけましょう。大きなサイズのフレームバッグだと、縦が長いのでボトルゲージが使えない事が多くなってきます。ボトルゲージも使う場合、ボトルゲージにボトルをはめて、取り出せるかどうかの確認も必要です。

サイズ以外の選び方のワンポイント

フレームバッグを選ぶときはサイズが最も重要ですが、その他のチェックポイントもあります。

小さいポケットや出し入れのしやすさのチェック

フレームバッグのポケット

出典:Amazon

フレームバッグはトップチューブの下にあるので中を取り出しやすいですが、小さいポケットなどが付いているタイプであれば、小物を入れやすいですし、更に取り出しやすくもなるので、おすすめです。

防水性能があると良い

防水性能

出典:Amazon

サイズが大きいバッグになればなるほど、雨による影響を受けます。突然の雨でも心配ないように、なるべく防水性能がある製品をおすすめします。フレームバッグの中には、完全防水ではないものの小雨程度なら弾く種類は多いので、防水性能も確認しましょう。

フレームバッグのおすすめモデル10選

それでは、おすすめのフレームバッグを紹介していきます!

FAIRWEATHER(フェアウェザー)/half frame bag black

ダウンチューブとの縦幅にギャップがあるので、ボトルゲージのスペースを確保しやすいのが特徴です。軽量で耐久性も高く、フッ素加工をしているので撥水性が高いため汚れも付きにくいフレームバッグです。

ITEM
FAIRWEATHER(フェアウェザー)/half frame bag black
●サイズ:40.5×16.5×6cm
●重量:620g

APIDURA(アピデュラ)/フレームバッグM ロード

軽量で丈夫で、防水性能も高いフレームバッグです。裂傷・擦過傷にも強いため長く使えます。ロードバイクのホリゾンタルフレームに適した製品ですが、使いやすいフレームバッグです。

 

オルタナティブ バイシクルズ公式サイト

 


Rapha(ラファ)/WATERPROOF FRAME PACK

Rapha(ラファ)/WATERPROOF FRAME PACK - LARGE

出典:Rapha
サイクリングの途中でも簡単にものを取り出せるデザインです。耐久性と軽量性を両立していて、防水性能も高く、見た目もクールなバッグです。

 

 


SHIMANO PRO(シマノプロ)/DISCOVERフレームバッグ

シマノのDISCOVERバッグシリーズのフレームバッグで、耐水仕様で丈夫な造りです。ベルトはフレームに合わせて使うことが可能。バッグの両側収納で、中の物が取り出しやすくなっています。

ITEM
SHIMANO PRO(シマノプロ)/DISCOVERフレームバッグ
●サイズ:45×15×8cm
●容量:5.5L

TOPEAK(トピーク)/ミッドローダー

軽量で耐久性・撥水性・耐退色性の高い素材を使用したフレームバッグです。容量は3Lなのでさまざまなものを収納できるので便利です。

ITEM
TOPEAK(トピーク)/ミッドローダー
●サイズ:37.5×12×6cm
●重量:277g

R250(アールニーゴーマル)/防水フレームインナーバッグ(グレー)

トップチューブ・ダウンチューブ・シートチューブの3箇所を4つのベルクロベルトで固定するタイプのフレームバッグ。ダウンチューブに固定するベルクロベルトは3か所に移動できるため、多くのモデルに対応しています。細長いタイプでボトルゲージに干渉しないため、使いやすいでしょう。

ITEM
R250(アールニーゴーマル)/防水フレームインナーバッグ(グレー)
●サイズ:43×10×5cm
●重量:150g

サイズ54(HTTL=550mm)のロードバイクに取り付けると写真のような感じになります。三角形のフレームバッグの時は諦めていたボトル2本搭載が問題なくできそうです。横幅もペダリングに干渉する事が無いサイズ。また三角形フレームバッグに比べ間口が広く、物の出し入れが格段にしやすくなりました。フレーム固定用のバンドは取り外し可能。フレームバッグ派の人にオススメの一品です。


GORIX(ゴリックス)/トライアングルバッグ

水・汚れに強い高防水仕様のトライアングルバッグです。容量は8Lと大きく、スマートフォンや交換用のチューブ、ペットボトル、鍵、補給食などしっかり収納できます。

ITEM
GORIX(ゴリックス)/トライアングルバッグ
●サイズ:39×23×6cm
●容量:8L

Blackburn(ブラックバーン)/アウトポストフレームバッグラージ

ジッパーを開けることで容量を調節できるフレームバッグ。下部のジッパーを開くと、内部のバッグが伸びて収納エリアが増えます。収納する量によって大きさを変えるので便利に使えるでしょう。

ITEM
Blackburn(ブラックバーン)/アウトポストフレームバッグラージ
●サイズ:48×16×6.5cm
●重量:400g

1度利用しましたがとてもよかったです。ドリンクホルダーにあるドリンクは飲めませんがこれは大きいのでドリンクも入りますし、衣類なども入ります。冬はこれと大きいサドルバッグ付けて遠くに行きマース


ORTLIEB(オルトリーブ)/フレームパック

ボトルケージに干渉しないタイプのフレームバッグ。細長いため容量は4Lと大きく、防水性能もばっちりです。

ITEM
ORTLIEB(オルトリーブ)/フレームパック
●サイズ:13×6×5cm
●重量:170g

Deuter(ドイター)/トライアングルバッグ

コンパクトなサイズのフレームバッグを求めている人におすすめのフレームバッグ。サイズは小さいですが、貴重品を収納するのに便利です。

ITEM
Deuter(ドイター)/トライアングルバッグ
●サイズ:24×20×4.5cm
●重量:130g

フレームバッグに入れるもの

フレームバッグに入れるもの

出典:Amazon

フレームバッグに何を入れるか、アイテムの一例です。ものが多い場合は、無理してフレームバッグに入れず、トップチューブバッグやサドルバッグの併用がおすすめです。

 

●スマートフォン

●財布(お金)

●カメラ

●鍵

●着替え

●補給食

●ライトのバッテリー(乾電池)

●モバイルバッテリーとUSBケーブル

●携帯工具

●パンクしたときの修理道具

●交換用のチューブ

 

その他のバッグと使い勝手の違いは?

サイクルバッグの違い

自転車用のバッグにはフレームバッグの他に、トップチューブバッグやサドルバッグなどがあります。その他のバッグの特徴もおさえて、自分にあったバッグを選びましょう。

 

サドル下に取り付ける「サドルバッグ」

大小のサイズ展開が豊富なサドルバッグは、最もお手軽なサイクリングバッグの1つでしょう。フレームバッグと比べると重心が高いので、重いモノを入れると、自転車がフラツキやすくなります。

 

▼▼サドルバッグの詳しい記事はこちら▼▼

 

取り出しやすさなら「トップチューブバッグ」

トップチューブ上部に取り付ける、トップチューブバッグ。なかのモノの取り出しやすさの点では、フレームバッグより優れているでしょう。容量が大きくない点や、サドルバッグ同様に高い位置に取り付けるので、走行性能に影響が出やすいは、マイナスポイントですね。

 

▼▼トップチューブバッグの詳しい記事はこちら▼▼

 

フレームバッグで、サイクリングをもっと充実に

サイクルバッグ

出典:Amazon

フレームバッグをうまく使えば、荷物が多いサイクリングなど、楽しみ方が広がるでしょう。他のバッグと比べ、大容量で走行性能にも影響が少ないフレームバッグなら「走り」も楽しめること間違いなしです。自分にあったフレームバッグをみつけて、もっと自転車を楽しみましょう。

あわせて読みたい

ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
記助
記助

ロードバイク・クロスバイクに初めて乗ったときの感動を忘れず、休日はのんびり走っています。まだまだ、ロードバイク歴は短いですが、その分初心者に近い目線で情報をお伝えていきたいです。自転車のほかにも陸上など体を動かすこと全般が好きです。