自転車のベル、おすすめ9選。コンパクトでシンプルなベルを集めました。

自転車用のベルのおすすめを紹介します。シティサイクルには、当たり前に装備されている自転車のベルですが、ロードバイクやクロスバイクでは装備されていない事がほとんど。今回は、自転車用のベルの選び方、おすすめ商品などをまとめましたので、参考にしてください。

目次

  • 自転車にベルは必要なんです。
  • ベルをつけるとダサくなる?
  • 自転車用ベルの選び方
  • 自転車用ベルのおすすめ9選
  • ベルを使う時に気をつけたい点
  • ベルは自転車と一緒に購入しておこう!

自転車にベルは必要なんです。

自転車にベルは必要なんです。

クロスバイクやロードバイクを買うと、ほとんどは、ベルは取り付けられていません。ですが、自転車のジャンルを問わず、公道を走る自転車は、ベルの装着が道路交通法で決められています。これはロードバイクやクロスバイクも同様なので、ベルを購入して取り付けましょう。

ベルをつけるとダサくなる?

ベルをつけるとダサくなる?

出典:Amazon

走行性能が重視のロードバイクやクロスバイクは、無駄な装備がないスタイリッシュな外観の自転車です。なので、ユーザーの中には「ベルをつけるとダサくなりそう…」と考える人も、きっといますよね。

 

ですが、最近の自転車用ベルはコンパクトで、見た目を損ねない製品も多くあるので、心配はご無用です!

自転車用ベルの選び方

それでは、自転車のベルを選ぶポイントを見ていきましょう。まずは、自転車のベルは、主にハンドル周りに取り付けるので、取り付け場所、取り付け方法などをチェックします。

ハンドルの太さをチェック

ハンドルの太さをチェック

出典:Amazon

ロードバイク・クロスバイク・シティサイクルなど、それぞれハンドルの太さは異なります。装着するベルは、ハンドルの太さに対応していなければ使えません。自転車のハンドル径を把握して、対応のハンドル径をチェックするようにしましょう。

 

また、自転車のベルの中にはバンド式のタイプもあり、簡単に調整できたりします。このタイプは様々なハンドル径に取り付けができますが、ゆとりがあり過ぎるとバンドが余って邪魔になるケースもあるので気をつけましょう。

取付方法も確認しておこう

取付方法も確認しておこう

出典:Amazon

自転車用ベルを購入するときは、取り付け方法も確認しましょう。基本的にはネジなどで固定するタイプが多いのでドライバーなどの工具が必要です。しかし、最近では工具を使わず手で回して固定できるタイプのものも増えているので、取り付け方法も確認しておきましょう。

 

スポーツバイクにはコンパクトなもの

スポーツバイクにはコンパクトなもの

出典:Amazon

ロードバイクやクロスバイクなどスポーツバイクにベルをつけるときは、コンパクトなものをつけるのがおすすめです。コンパクトなベルであれば、ハンドル周りのスペースが確保でき、ライトやスマホホルダーなど、他のアイテムも取り付けられますね。

音質や音量は好みでOK

音質や音量は好みでOK

ベルは金属の素材や、造りによって、音の鳴り方や大きさが変わります。音質にこだわった製品もあるので、ショップの店頭などで試せる場合は、どんな音が鳴るのか試すのも良いですね。音量は、説明書等のスペックで確認ができる製品もあります。

 

自転車用ベルのおすすめ9選

クロスバイクやロードバイクにも合う、コンパクトでスタイリッシュなベルを集めました。購入の参考にしてください!

Knog(ノグ)/リング型自転車ベル Oi

コンパクトで目立たなく、シルエットも美しい「Kong」のベル。スポーツタイプの自転車にも適しています。音にもこだわりがある製品で、聞き取りやすく響きも良いです。

ITEM
Knog(ノグ)/リング型自転車ベル Oi
●対応径:22.2mm(スモール)、31.8mm(ラージ)
●取り付け:工具必要
●重量:18g(スモール)、25g(ラージ)

デザイン、コンパクトさ優先で選んだのですが、その点では期待通りのものでした。カラーの選択によって、目立たせることも隠すこともできそうです。この商品のコンセプト通り、ベルのデザインの改革に成功していると思います。ベル部分の高級感もあります。


CAT EYE(キャットアイ)/ベル OH-1200

サイクル用品の人気メーカーである「キャットアイ」のベル。真鍮製でさわやかな音色が特徴です。ブランドロゴが入ったシンプルなデザインで、人気があるモデルです。

ITEM
CAT EYE(キャットアイ)/ベル OH-1200
●対応径:25.4mm
●取り付け:工具必要
●重量:40g

・日本メーカーのキャットアイということ。信頼がおける・音が良い。カーンと鳴らしてみると、音が小さくなるまでしばらく余韻が響き渡る・鳴らす仕組みが単純であり故障しにくい。商品によっては、ベル内部にゼンマイのような物があり、それが動いてベルの中から叩く物もあるが、それだと中のゼンマイが錆でうごかなくなると鳴らなくなる。本商品は、ベルを外から叩く構造のため、そうした心配がない・ハンドルへの取り付けによって、親指でも人差し指でもどちらでも鳴らすことができる


GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ)/ベル HOB06200

コンパクトで、ハンドルのスペースを使わずに装着できます。軽量なので、自転車の重量を少しでも軽くしたい人におすすめです。

ITEM
GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ)/ベル HOB06200
●対応径:23mm
●重量:41g

何かとごちゃごちゃするハンドル周りのロードバイクなので小さめのものを探していました。少しのスペースに取り付け可能なのが良い。音は小さめながらキチンと出ますし、響きます。


VIVA(ビバ)/真鍮サウンドベル

クラシカルな見た目の真鍮製のベル。聞き心地が良い音色が響きます。クロモリのクロスバイクやミニベロ、ランドナーなど、クラシカルな自転車に合うでしょう。

ITEM
VIVA(ビバ)/真鍮サウンドベル
●対応径:22.2mm
●取り付け:工具必要
●重量:60g

ランドナータイプのミニベロにつけるため、購入しました。少し古風な雰囲気がランドナーによくマッチします。さすが真鍮製、音色のよい、大きな音が出ます。


扇工業/SOUND RUNNER

ドライバーなどの工具を使わずに取り付けられる自転車用ベル。高級感がある見た目がおすすめです。

ITEM
扇工業/SOUND RUNNER
●対応径:32mm
●取り付け:工具不要
●重量:30g

経が太いバイクでも適応でき、安っぽくない外見、合う色という条件でこの商品を選択。フリーバンドでもギリギリでしたがなんとか装着できました。購入前に自分の自転車の装着場所の経を確認しておく事をお勧めします。


東京ベル(TOKYO BELL)/TB-552T TECNO

アルミ製でスタイリッシュ・コンパクトなデザインのベル。小さいスナップ操作でもしっかり音を出せる設計が特徴です。場所を取らないので、ハンドル周りのスペースも確保できます。

ITEM
東京ベル(TOKYO BELL)/TB-552T TECNO
●対応径:22mm、25.4mm
●重量:24.7g

クロスバイクを新調したので、ベルも変えてみました。装着の仕方にもよると思いますが、中国製のものよりは信頼性もあるし、安全性を左右するものなので良いと思います。


CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)/ちびベル

キャンプ用品の有名ブランドである「キャプテンスタッグ」。名前の通り、とてもコンパクトなベルですが、しっかりと響きます。価格も安くて◎

ITEM
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)/ちびベル
●重量:23g
●取り付け:工具必要

自転車の鈴が壊れたので何かいいものはないかと探してこれにしました。何より小さくて,かわいいのがいいです。構造もシンプルで,レバー式じゃなく,ばね式なので簡単な構造ですが,その分,壊れにくいでしょう。リン,と1回しか鳴りませんけど,十分です。


OnKJ/コンパス付きサイクルベル

コンパクトなサイクルベルにコンパスが付いているため、自転車に乗りながら方角を確認することも可能です。

ITEM
OnKJ/コンパス付きサイクルベル
●対応径:22.2mm
●取り付け:工具必要

CYCLE PRO(サイクルプロ)/自転車ベル

コンパクトでカラー展開も豊富、コストパフォーマンスが高いモデルです。フリーバンドで工具を使うことなく取り付けられれ、おすすめです。

ITEM
CYCLE PRO(サイクルプロ)/自転車ベル
●対応径:19.2~31.8mm
●取り付け:工具不要
●重量:40g

ロードバイクに小さい真鍮製のベルを付けてましたが音が小さくて危険回避の意味がなくてこれに買い換えました。音量が普通で安心感が違います。ベルトもなかなか良くてしっかり固定してくれます。オススメです。

ベルを使う時に気をつけたい点

ベルを使う時に気をつけたい点

自転車のベルは危険を回避するために使うものです。歩道を走行し、自転車に乗る人の都合で、前方の歩行者にベルを鳴らして道をあけてもらうのは、やめましょう。基本的に歩道は歩行者優先です。ベルを鳴らすときには注意してくださいね。

 

ベルは自転車と一緒に購入しておこう!

ベルは自転車と一緒に購入しておこう!

出典:Amazon

装着義務がある自転車のベル。しかし、ロードバイクやクロスバイクに大きなベルを付けると不格好になってしまうことも。スポーツタイプのバイクであればコンパクトなベルを選ぶのがおすすめです。ロードバイクやクロスバイクを買うと時は、ベルも一緒に購入するようにしましょう。

紹介されたアイテム

Knog(ノグ)/リング型自転車ベル O…
CAT EYE(キャットアイ)/ベル O…
GIZA PRODUCTS(ギザプロダク…
VIVA(ビバ)/真鍮サウンドベル
扇工業/SOUND RUNNER
東京ベル(TOKYO BELL)/TB-…
CAPTAIN STAG(キャプテンスタ…
OnKJ/コンパス付きサイクルベル
サイトを見る
CYCLE PRO(サイクルプロ)/自転…

あわせて読みたい

エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
自転車の輪行で、用意したいアイテムの一つ「エンド金具」をご紹介します。走るためのアイテムではありませんが、楽しい輪行には、エンド金具の使用をおすすめ…
高橋智宏
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
ORTLIEB(オルトリーブ)の丈夫な防水サドルバッグを紹介します。全ラインナップのほか、最新のオルトリーブ2と、Lの取り付け方法などの違いもまとめ…
二ノ宮 空
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
記助
記助

ロードバイク・クロスバイクに初めて乗ったときの感動を忘れず、休日はのんびり走っています。まだまだ、ロードバイク歴は短いですが、その分初心者に近い目線で情報をお伝えていきたいです。自転車のほかにも陸上など体を動かすこと全般が好きです。