トップチューブバッグの選び方とおすすめモデル10選を一挙にご紹介!

ロードバイクやクロスバイクで活躍する「トップチューブバッグ」のおすすめモデルを紹介します。トップチューブバッグは、ハンドルに近い場所に設置できるバッグなので、スマートフォンや財布などを入れると便利でしょう。用途によってサイズや機能が変わり、様々な製品があるので、選び方なども合わせてご紹介します。

目次

  • トップチューブバッグのメリット
  • サドルバッグやフレームバッグとの違い
  • トップチューブバッグに入れるもの
  • トップチューブバッグの選び方
  • トップチューブバッグおすすめ10選
  • さらに多くの荷物を載せたいなら
  • トップチューブバッグを使って快適にサイクリングしよう!
アイキャッチ画像出典:Flickr/hiroaki maeda

トップチューブバッグのメリット

トップチューブバッグを買うメリット

出典:Amazon

トップチューブバッグは、名前の通り「トップチューブ(サドルとハンドルを繋ぐフレーム)」に装着するバッグです。ハンドル操作の邪魔にならず、入れた物を取り出しやすい位置にあるため便利に利用できます。

 

このトップチューブバッグにはスマートフォンや財布、カメラなど頻繁に使うものから、メンテナンスで使う工具を入れるときに便利です。特にスマートフォンを触る頻度が高い人(メールをチェックしないといけない、など)や、写真を撮りながら自転車に乗りたい人におすすめですよ。

サドルバッグやフレームバッグとの違い

サドルバッグやフレームバッグとの違い

出典:Amazon

ロードバイクやクロスバイクに装着するバッグはトップチューブバッグだけではありません。フレームに装着する「フレームバッグ」と、サドルの下(シートポスト)に装着するサドルバッグなどもあります。

 

トップチューブバッグはトップチューブの前方、ハンドルに近い場所に装着するタイプがほとんどです。ハンドルに近いことから中身を取り出しやすく、膝などが擦れることも少ないですが、サイズはコンパクト。

 

フレームバッグはトップチューブの下側に装着するタイプで、サイズも大きいです。

 

サドル後方に取り付けるサドルバッグはハンドル操作の影響が少ないですが、取り出しにくい欠点があります。ロングライド用の大きなものまでサイズの展開が豊富なのも特徴です。

トップチューブバッグに入れるもの

トップチューブバッグに入れるもの

出典:Amazon

サドルバッグやフレームバッグなどを併用するかどうかによって変わりますが、基本的にスマートフォンや財布、鍵など、使う頻度が高いものを入れると良いでしょう

おすすめの基本アイテム

●スマートフォン
●財布(お金)
●カメラ
●鍵
●補給食

サドルバッグなどがない場合

●メンテナンス道具
●ライトのバッテリー(乾電池)
●モバイルバッテリーとUSBケーブル
●パンクしたときの修理道具(スペースに余裕があれば)

 

サドルバッグが無い場合、トラブル対応のアイテムなどを入れるのも良いでしょう。

トップチューブバッグの選び方

トップチューブバッグには、さまざまなタイプがあるので、どのように選べば良いか見ていきましょう。

走行の邪魔にならないサイズ

走行の邪魔にならないサイズ

出典:Amazon

横幅が広くフレームからはみ出るサイズのトップチューブバッグであれば、走っているときに膝や太ももが擦れてしまいます。もちろんスリムなバッグにたくさんものを詰め込めば、バッグが膨らんでしまい邪魔になってしまいます。コンパクトで走行の邪魔にならないサイズで、荷物を入れてもバッグの形状が変わらない、しっかりとした構造のバッグを選ぶのがおすすめです。

しっかり固定できるもの

しっかり固定できるもの

出典:Amazon

トップチューブバッグの位置はハンドルに近いので、揺れるとハンドル操作に影響が出る可能性があります。ベルクロベルトなどでしっかり固定でき、固定できる場所の数も確認すると良いでしょう。3点以上で固定すると安定感が増し、ハンドル操作にも影響が少ないでしょう。

防水機能付きなら安心

防水機能付きなら安心

出典:Amazon

トップチューブバッグにはスマートフォンや財布を入れる事を考えると、雨が降っても大丈夫な防水機能の有無も大切です。水を弾きやすい素材や加工であれば、突然の雨からも中身を守れますよ。

その他あったら便利な機能

その他あったら便利な機能

出典:Amazon

最近では、専用のスマホケースが一体になっているものが増えており、透明ケースはタッチパネルに対応しているため、ケースに入れたまま操作もできます。ほかにも反射板が使われている、トップチューブバッグなら、夜でも安全性が増します。

トップチューブバッグおすすめ10選

それでは、おすすめのトップチューブバッグをご紹介していきます!

TOPEAK(トピーク)/Fuel Tank

トップチューブに簡単に取り付けられるバッグ。ペダリングやハンドリングの邪魔になりにくく、貴重品を収納するのに最適です。側面にはケーブル用の穴があるため、モバイルバッテリーを持っていればサイクルアイテムの充電が可能です。

ITEM
TOPEAK(トピーク)/Fuel Tank
●サイズ:タテ11cm×ヨコ7.5cm×マチ17.5cm
●重量:120g

質感や防水性は◎思ったより入らないが6000mahぐらいのモバイルバッテリーとモバイルルーターがギリギリ入るので個人的には満足
防水性の為だとは思うがケーブルを通す穴がキツすぎるのが難点
一度通すと外しにくいのでケーブルは入れたままにしてます


TOPEAK(トピーク)/トライバッグ オールウェザー

トピークの中でも防水機能を求めている方であれば、レインカバーつきタイプがおすすめです。

ITEM
TOPEAK(トピーク)/トライバッグ オールウェザー
●サイズ:タテ10cm×ヨコ4cm×マチ18cm
●重量:80g

この商品のMサイズを10年以上リピートで使用。今回スマホが大きくなったのでLを買った。
信頼のブランドでブレなく、縫製もしっかりしている。フロントのベルトが伸縮するのも良い。


deuter(ドイター)/エナジーバック

シンプルなトップチューブバッグであり、幅広いデザインの自転車に対応できます。側面にもファスナーがあり、鍵やICカードなどを入れるのに便利です。必要最低限のアイテムを収納したい人におすすめです。

ITEM
deuter(ドイター)/エナジーバック
●サイズ:タテ7cmxヨコ5cmxマチ14cm
●重量:60g

この製品が一番コンパクトで収納スペースも少ないですが、小型のモバイルバッテリー(RAVPOWERの6800mA)を一本入れてもスニッカーズ二本+(例として)入るくらいのスペースはあるので必要十分
本体右側面にもミッシングリンクとかボタン電池やら小物が入れれるスペースが。
横幅がトップチューブの幅と大して変わらない(約4センチ)ので膝当たりも気にならず良いです。


Blackburn(ブラックバーン)/アウトポスト トップチューブバッグ

容量は1Lとスマホや財布以外のものを入れるのに適した大きさです。バッグの上部にはスマホを収納できるポケットがあるので、スマートフォンを簡単に取り出せます。

ITEM
Blackburn(ブラックバーン)/アウトポスト トップチューブバッグ
●サイズ : タテ12cm×ヨコ24cm×マチ7.5cm
●重量 : 240g

ORTLIEB(オルトリーブ) /コックピットパック

トップチューブに簡単に取り付けられ、片手でファスナーを開閉できる構造であるため、スマートフォンや補給食などを素早く取り出せます。

ITEM
ORTLIEB(オルトリーブ) /コックピットパック
●サイズ:タテ8cm×ヨコ18cm×マチ8cm
●重量:82g

GORIX(ゴリックス)/エアロドライトップチューブ

このトップチューブバッグは防水性が高く、雨が降ったとしても水に弱いスマートフォンや財布などを守ります。安全板が入っているので型崩れを防いで長く使えます。

ITEM
GORIX(ゴリックス)/エアロドライトップチューブ
●サイズ:ヨコ6.5cm×タテ10.5cm×マチ23.5cm
●重量:276g

ゴリックスのサドルバッグを付けたので同じメーカーを探していた。防水性は少しはあると思われる。
幅が、当方のビアンキアリアのエアロフレームから少しはみ出るが、気にならない。
中にあまりにも物を入れるとイビツな出っ張りとなるとで、入れるものは控えめが良し。


ROCKBROS(ロックブロス)/トップチューブバッグ

スマートフォンの画面を見ながら走行できるタイプのトップチューブバッグです。容量も大きく、モバイルバッテリー、チューブ、パンク修理用品などを収納できます。

ITEM
ROCKBROS(ロックブロス)/トップチューブバッグ
●サイズ:タテ10.5cm×ヨコ9cm×マチ20cm

ライト、モバイルバッテリー、六角レンチ等を入れて使ってますが、まだ入ります
バッグの上部分にイヤホンを出せる穴があるのですが、少し加工して、スマホの充電器のコードを出して、充電しながら走ってます
ロードバイクを乗るとき、ジャージの背中ポケットに入れているスマホがいつ飛び出るか、いつもハラハラしながら走っていました。これで、スマホを気にせずガンガン走ることができます!! レインカバー付もGood!!


Rhinowalk(ライノワーク)/トップチューブバッグ

4点固定のデザインなので、トップチューブにしっかり固定できます。ケーブル用の穴が開いているので、USBで充電するタイプのアイテムを使用している人におすすめです。

ITEM
Rhinowalk(ライノワーク)/トップチューブバッグ
●サイズ:タテ10cm×ヨコ6cm×マチ20cm
●重量:118g

中華ブランドなので、あまり期待していなかった。(私が利用する比較的安価なスポーツ自転車用品は、どこのブランドでもほぼ中華製)ORTLIEBのシートバック(2種3個を使用)を使用していたのですが、フレームバックが欲しくなり、こちらを購入。使い易かったので、シートバックもRhinowalkにしてしまいました。


R250(アールニーゴーマル)/トップチューブケース

バッグは反発性が高いクッション素材を使っており、型崩れしにくくスマートフォンなどを衝撃から守ります。サイドには反射板が付いているため夜間でも視認性は高いです。

ITEM
R250(アールニーゴーマル)/トップチューブケース
●サイズ:タテ11cm×ヨコ6cm×マチ22cm
●重量:90g

主にスマホ(iPhone6)、モバイルバッテリー、テッシュ、携帯食、小さめのワイヤー錠などを入れてます。それでほぼ一杯ですが、膝に当たらないよう狭めの幅ですので仕方ないところです。ダンシング時など膝に当たらないことは無いですが、滑る素材ですのでそれほど気にはなりません。また、他の製品にあるようなマジックテープに引っかかることもありません。生地もしっかりしていていますので、中身が空でも形が崩れることもありません。


R250(アールニーゴーマル)/防水トップチューブケース

シンプルなデザインを求めている方におすすめです。走行中に中身を簡単に取り出せるので、便利なポケットとして使えます。

ITEM
R250(アールニーゴーマル)/防水トップチューブケース
●サイズ:タテ11cm×ヨコ4.5cm×マチ21cm
●重量:105g

 

さらに多くの荷物を載せたいなら

さらに多くの荷物を載せたいなら

トップチューブバッグは自転車に装着するバッグの中ではコンパクトな部類です。長時間自転車で走行する場合、リュックを背負うと負担になるので自転車用バッグを利用するのがおすすめですが、トップチューブバッグだけでは物足りなく感じるでしょう。

 

このような場合は、フレームバッグ・サイドバッグ・サドルバッグなど、他の場所に取り付けられるバッグを利用し容量を増やすのがおすすめです。特にサドルバッグであればリュックとして使えるような大容量に対応したモデルもあるので、多くの荷物を載せるのに適しています。

 

▼▼サドルバッグの詳しい記事はこちら▼▼

 

トップチューブバッグを使って快適にサイクリングしよう!

トップチューブバッグを使って快適にサイクリングしよう!

出典:Amazon

トップチューブバッグは自転車に装着するコンパクトなバッグであり、スマートフォンや財布などを収納して簡単に取り出せます。特にスマートフォンの地図を利用したり、カメラで風景を撮影しながらサイクリングを楽しみたい方は、ぜひ使ってみてください。

 

ただし、ハンドルに近い位置にあるため、大きなものだとハンドル操作に影響が出たり、膝や太ももが擦れたりするので気をつけましょう。目的や荷物の量に合わせて最適なトップチューブバッグを選んで、快適にサイクリングを楽しんでくださいね。

あわせて読みたい

重い荷物を安全に!新しい自転車用カーゴトレーラー 「トラボーイV2」が販売開始
安全性と耐久性で人気の高い自転車用ベビーカーを作る「バーレー」から、新しい自転車用カーゴ「トラボーイV2」が販売開始!買い物やキャンプでも使えそうな…
CYCLE HACK編集部
リザードスキンズのバーテープ
【トカゲの革??】人気のバーテープ「リザードスキンズ」。人気の秘密や選び方も
今回はロードバイクユーザーに人気の「リザードスキンズ」のバーテープをご紹介します。高品質なロードバイクのバーテープを探している方におすすめのリザード…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
クロモリのマウンテンバイクおすすめ5選。細い!渋い!美しい!
クロモリのおすすめマウンテンバイクをご紹介!頑丈なクロモリフレームならではの魅力と、おすすめの使い方、おすすめモデルなどを紹介します。…
小西純矢
ロードバイクとは
ロードバイクの楽しみ方を徹底紹介!スピードが魅力のスポーツバイク
「クロスバイクと何が違うの?ロードバイクの楽しみ方は?」など、ロードバイクに興味が出てきた時は、多くの疑問が出てくるもの。ショップの店員さんに聞くと…
CYCLE HACK編集部
記助
記助

ロードバイク・クロスバイクに初めて乗ったときの感動を忘れず、休日はのんびり走っています。まだまだ、ロードバイク歴は短いですが、その分初心者に近い目線で情報をお伝えていきたいです。自転車のほかにも陸上など体を動かすこと全般が好きです。