必須アイテム!?クロスバイクのスタンドの選び方とおすすめ8選

クロスバイクにおすすめのスタンドを紹介します。通勤通学や買い物などにクロスバイクに乗るのであれば、自立するスタンドを使いましょう。今回は、クロスバイクのスタンドの選び方や注意点なども紹介していきます。

目次

  • クロスバイクは、スタンドがついていないらしいです…
  • 日常で使うクロスバイクは、スタンドはあったほうが便利!
  • 街中で使えるタイプのクロスバイクスタンド
  • 保管やメンテナンスに便利なディスプレイ用スタンドもあるよ
  • スタンドを選ぶ時の注意点!
  • リア付近に取り付けタイプのおすすめ
  • センター付近に取り付けるタイプのおすすめ
  • 持ち運びできるタイプのおすすめ
  • あったら便利!クロスバイクのスタンド

クロスバイクは、スタンドがついていないらしいです…

クロスバイクになぜスタンドがついていないのか?

シティサイクルでは当たり前に装備されている「スタンド」ですが、クロスバイクでは装備されていません。元々はスポーツとして勝負する自転車のロードバイクやマウンテンバイクは、スタンドは必要のない装備です。その為、同じスポーツバイクのクロスバイクもスタンドが標準装備されないことが多くなっています。

 

日常で使うクロスバイクは、スタンドはあったほうが便利!

日常で使うクロスバイクは、スタンドがあったほうが便利!

ですが、クロスバイクにはスタンドはあった方が絶対に便利です!見た目やスタイルなどを保つ目的があれば別ですが、普段の通勤・通学など街乗りがメインなら、スタンドがあったほうが使い勝手が良いでしょう。

 

それでは別途購入するために、クロスバイクのスタンドの種類を見ていきましょう。

街中で使えるタイプのクロスバイクスタンド

クロスバイクを自立させるスタンド。取り付け場所によって、大きく2種類あります。

後方のチェーンステー付近に取り付け

後方のチェーンステー付近に取り付け

出典:Amazon

チェーンステーと言う後輪に伸びているフレーム部分に取り付けるタイプのスタンド。本体とスタンドの固定力が優れているのが特徴です。ハブ部分に取り付けるタイプもあります。

中央付近に取り付けるタイプ

中央付近に取り付けるタイプ

出典:Amazon

クロスバイクの中央下部の、ボトムブラケット(BB)と呼ばれるパーツ付近に取り付けるタイプです。自立した時の安定性が高いのが特徴です。また、センタースタンドには1本足で車体を支える「シングルレッグ」と2本足の「ダブルレッグ」があります。

持ち運びできるスタンドという選択肢も

出典:Amazon

装備するスタンドではなく、必要なときにだけ取り付けるタイプもあります。上記の製品はペダル部分に差し込んで使うタイプで、コンパクトに折り畳めるので持ち運びも便利です。

 

保管やメンテナンスに便利なディスプレイ用スタンドもあるよ

スタンドには、自宅での保管などに便利なタイプもあります。家に駐輪場がなかったり、盗難が不安な場合には、このタイプが便利でしょう。保管だけでなくメンテナンスもしやすくなりますよ。

ハブ型

ハブ型のスタンド

撮影:筆者/ハブ型スタンド

リア部分を軽く持ち上げてセットできる手軽なタイプ。盗難が心配で、家の中で保管している筆者も愛用しています。比較的安価なのも特徴で、使わない時は折りたたむことも出来ます。

 

挟み込み型

挟み込み型のスタンド

出典:Amazon

スタンド枠の間にタイヤを入れて固定できます。出し入れがしやすいのが特徴です。

 

壁掛け型

壁掛け型のスタンド

出典:Amazon

壁や柱に穴を開けてネジで固定する方法です。インテリアとしてもおしゃれ。DIYで自分で作るライダーもいますが、柱などに穴を開けることになるので、賃貸の方などは大家さんに確認しましょう。

フックスタンド型

フックスタンド型のスタンド

出典:Amazon

スタンドポールにフックがついているタイプで、フレームやステーなどをフックにかけて使います。スペースが必要なので、広々と自転車をディスプレイしたい場合におすすめです。

 

スタンドを選ぶ時の注意点!

スタンドを取り付ける部分の素材や、タイヤの大きさによって選び方が異なります。自分のクロスバイクに合っているスタンドの選び方を紹介します。

 

クロスバイクのフレームの素材

チェーンステーなど、車体フレームに挟んで固定するタイプは、フレーム素材に気をつけましょう。「アルミ」や「クロモリ」は強度が強いですが、「カーボン」は、傷ついたり破損の恐れがあるので、このタイプはおすすめができません。

長すぎても短すぎてもNG。調整できるものを選ぶ

長すぎても短すぎてもNG。調整できるものを選ぶ

出典:Amazon

スタンドをつけた後に、短すぎたり長すぎたりといった問題が発生したすると、買った意味がなくなってしまいます。長さ調節できるタイプできるアジャスター機能の付いたスタンドだと、その心配も少ないでしょう。

クランクが当たらないものを選ぶ

クランクが当たらないものを選ぶ

取り付け位置がセンター付近に場合、ペダルを回して、クランクがスタンドに当たらないか確認しましょう。もし当たる場合は、取り付け場所を変更するなど、調整してみてください。

 

それでは次ページから、各種おすすめモデルをご紹介します!

リア付近に取り付けタイプのおすすめ

Outtag/キックスタンド

クロスバイク以外にも、BMX、ロードバイクなどの自転車にもつけることができるスタンド。脚の長さが伸縮式アジャルタブル機能で長さ調節が可能です。

ITEM
Outtag/キックスタンド
●適応:24~27インチ
●機能:長さ調節

cycledesign/アジャスタブルキックスタンド

29インチにも対応しているキックスタンド。クランプは長めなので、ほとんどのフレームにつけることができます。接地面には、安定感のある樹脂を採用しています。

ITEM
cycledesign/アジャスタブルキックスタンド
●適応:26~29インチ
●クランプの長さ:140mm

HuktDer/クロスバイクスタンド

高品質で強度も強い、アルミニウム合金を使用。足キャップには、滑り止め加工が施されているため、安定性も抜群です。

ITEM
HuktDer/クロスバイクスタンド
●重さ:約440g
●適応:24~29インチ
●素材:アルミニウム合金
●機能:長さ調節

Bazooka/ ニューアジャストスタンド

リアサスペンションがついているタイプのスタンド。角度調節が可能なので、ディスク台座つきフレームにも取り付けることができます。

ITEM
Bazooka/ ニューアジャストスタンド
●重さ:約299g
●適応:26~29インチ
●機能:リアサスペンション付き

センター付近に取り付けるタイプのおすすめ

BV/キックスタンド

シンプルなデザインのキックスタンド。道具を使用せず、簡単に長さ調節できるのが特徴です。

ITEM
BV/キックスタンド
●重さ:約255g
●適応:24~29インチ
●素材:アルミニウム合金
●機能:長さ調節

GORIX/センタースタンド

ダブルレッグタイプのセンタースタンド。チェーンステー部分に挟むだけで、簡単に取り付けることが可能です。

ITEM
GORIX/センタースタンド
●重さ:約660g
●適応:24~29インチ
●機能:長さ調節(33~38cm)

持ち運びできるタイプのおすすめ

TOPEAK/フラッシュスタンド スリム

とにかくコンパクトになるTOPEAKの携帯スタンド。重さも138gと軽量です。使用方法も、広げてクロスバイクを上に置くだけと、簡単です。

ITEM
TOPEAK/フラッシュスタンド スリム
●重さ:約138g
●最大荷重:15kg
●適応:クランクアーム先端から80mmまでが幅35mm×厚さ15mm以下
●素材:アルミニウム合金/ポリマーボディ
●使用時サイズ:L145×W150×H110mm
●折り畳みサイズ:L145×W40×H22mm

MINOURA/ペダルスタンド付き携帯工具

ペダルの下に置くことでスタンドになる珍しいタイプ。組み立てる前は、見た目は普通の携帯工具です。車体のスタンドだけでなく、携帯スタンドにもトランスフォームできるアイテムです。

ITEM
MINOURA/ペダルスタンド付き携帯工具
●重さ:約162g
●素材:スチール、樹脂
●機能:携帯工具付き

メーカーの純正スタンドも要チェック!

メーカーの純正スタンドも要チェック!

出典:GIANT

GIANTのクロスバイクなどでは、メーカーから純正のスタンドが販売されています。純正パーツだと、取り付け方なども最適化されているので、購入時は確認してみましょう。

 

あったら便利!クロスバイクのスタンド

あったら便利!クロスバイクのスタンド

クロスバイクのスタンドは、立て掛けておけば良いじゃん!と思う人もいますが、しかし、ちょっとの時間だけ置いておきたい時など、スタンドを装備しておくと、とても便利です。自分のスタイルに合ったスタンドを選んで、クロスバイクを楽しみましょう!

紹介されたアイテム

Outtag/キックスタンド
cycledesign/アジャスタブルキ…
HuktDer/クロスバイクスタンド
Bazooka/ ニューアジャストスタン…
BV/キックスタンド
GORIX/センタースタンド
TOPEAK/フラッシュスタンド スリム
MINOURA/ペダルスタンド付き携帯工…

あわせて読みたい

コンチネンタル
『コンチネンタル』のロードバイク用タイヤを紹介!人気のGP5000インプレも!
ロードバイク用のタイヤで有名な「コンチネンタル」。タイヤはロードバイクの中でも重要なパーツの1つです。タイヤメーカーのコンチネンタルは、その性能や品…
S.K.
もう手放せないギア!自転車キャンプで活躍する4つの小物
もう手放せないギア!自転車キャンプで活躍する4つの小物
自転車でキャンプをするなら、どんなキャンプギアを使うかが大切です。持ち物の量に制限があるからこそ、便利で使い勝手の良い道具を揃えていくと、キャンプが…
S.K.
革命的なライト付きヘルメット!「LUMOS Ultra」をガチレビューします
革命的なライト付きヘルメット!「LUMOS Ultra」をガチレビューします
ヘルメットとライトが一体化した「LUMOSヘルメット」。360°どこからでも見えるライト、直感的で分かりやすい操作、ユーザーが使いやすいように細かい…
CYCLE HACK編集部
シクロクロス グラベルロード 違い
【どっちを選ぶべき?】シクロクロスとグラベルロードの違いや選び方をまとめました
見た目がそっくりな、シクロクロスとグラベルロード。どちらもオフロードも走れるロードバイクのように思われていますが、どこが違うのでしょう?それぞれの特…
おかちん
シュラフ 選び方
自転車キャンプのシュラフは何がいい?選び方とおすすめ製品まとめ
自転車キャンプの装備の中で、シュラフ(寝袋)は、ひと際大きく嵩張るものです。そして同時に、快適な睡眠を確保するためには、欠かせない道具の1つでもあり…
S.K.

自転車が好きで、クロスバイクとロードバイクを2台所有しています。ロングライドや自然の中を走るのが大好きです。自転車の魅力や自転車旅についてなど、楽しくてためになる情報を提供していきたいと思っています。