【最新!2021年】ビアンキのクロスバイクのおすすめを紹介。どのモデルか悩む人へ

スピードに乗って街乗りからサイクリングまで楽しめる「クロスバイク」。その中でも、お洒落なデザインで男性にも女性にも人気が高いのが『Bianchi(ビアンキ)』のクロスバイクです。今回はビアンキのクロスバイクの、2021最新モデルの選び方から、おすすめモデルまでご紹介します!

目次

  • お洒落な自転車の代名詞“BIANCHI(ビアンキ)”
  • 2021モデルのクロスバイクは全5種
  • スピードを重視した「ROMA」シリーズ
  • 乗り心地を重視した「C-SPORT」シリーズ
  • 最も走行性能が高いのは
  • 最も価格が安いのは
  • 色を選びたい人は
  • ビアンキの直営店「ビアンキ・ストア」に足を運んでみよう
  • ビアンキのクロスバイク、オーナーの1台をご紹介!
  • 自分に最適なビアンキのクロスバイクを選ぼう!
アイキャッチ画像出典:Flickr/Fabien CAMBI

お洒落な自転車の代名詞“BIANCHI(ビアンキ)”

世界最古の自転車メーカーのBianchi(ビアンキ)

出典:Flickr/Maarten Visser

ビアンキは1885年に創業のイタリアの自転車ブランドで、世界最古のブランドと言われています。クロスバイク以外にも、ロードバイクやミニベロなど、様々な自転車を作っていて、ウェアやリュックなどの取り扱いも充実しています。

 

ロードバイクやクロスバイクに乗っている人にとって、非常にメジャーなブランドの一つですよ。

 

ビアンキの色「チェレステカラー」

出典:Flickr/Glory Cycles

ビアンキのイメージカラーはイタリア語で「空の色」を意味するチェレステカラー。緑がかった爽やかなブルーは、多くのファンがいます。街中でチェレステカラーのクロスバイクやロードバイクを見かけたらビアンキだと思っても良いでしょう。

 

近年ではクロスバイクの女性ユーザーも増えていますが、その中でもビアンキはおしゃれで上品なデザインで、女性でも選びやすいクロスバイクです。

 

かわいいだけじゃないビアンキ

出典:facebook/Bianchi

チェレステカラーの印象が強く、デザイン面に注目が集まりますが、自転車の性能もピカイチなのがビアンキです。スポーツバイクメーカーとして、自転車競技のロードレースの世界大会でも、多くの実績を残しています。

 

ビアンキのクロスバイクは、デザインも走行性能も、魅力がつまった自転車と言えるでしょう。

 

2021モデルのクロスバイクは全5種

それでは最新モデルを見ていきましょう。ビアンキの2021年モデルには「ROMA」シリーズと「C-SPORT」シリーズの2つのシリーズ、合計5種のモデルがあります。それぞれの特徴を抑えて、自分に合ったクロスバイクを選びましょう。

 

【ROMA】…スピード重視のモデル

●ROMA 1 ●ROMA 2 ●ROMA 3

 

【C SPORT】…乗り心地重視のモデル
●C-SPORT 2 ●C-SPORT 1

 

スピードを重視した「ROMA」シリーズ

ビアンキのROMAシリーズは、フレーム素材がアルミ、タイヤの太さが28Cが共通の特徴です。一般的なシティサイクルに比べ細いタイヤで、軽快にスピードを出せるでしょう。走行性能が重視されていて、全モデル、ディスクブレーキ仕様になっています。

ROMA 1

ROMAシリーズの最上位モデル。コンポーネントと呼ばれるパーツがロードバイクにも、搭載されるようなグレードのパーツが使用されています。走行性能はもっとも高いモデルと言え、街乗りから長距離のサイクリングまで十分に楽しめるでしょう。

ITEM
Bianchi/ROMA 1
●サイズ:46/50/54
●カラー:CK16/Black
●タイヤ:700 x 28C

ROMA 2

ROMA 2は、カラーはROMA 1と同じ「黒」と「チェレステカラー」。スペックもほぼ同じですが、大きな違いはコンポーネントで、ロードバイク寄りのROMA 1と比べROMA 2はクロスバイクに適したコンポーネントになっています。

ITEM
Banchi/ROMA 2
●サイズ:46/50/54
●カラー:CK16/Black
●タイヤ:700 x 28C

ROMA 3

ROMA 3の最大の特徴は、43から57まで揃えられたサイズ展開です。ROMA 1・ROMA 2と比べ小さいサイズ、大きいサイズの幅が広いので、より多くの人にマッチするでしょう。

ITEM
Bianchi/ROMA 3
●サイズ:43/46/50/54/57
●カラー:CK16/BLUE FOREST/BLACK
●タイヤ:700 x 28C

 

乗り心地を重視した「C-SPORT」シリーズ

ビアンキのC-SPORTシリーズは、太い38Cのタイヤをはいている為、ROMAシリーズより路面から感じる振動なども少なく、乗り心地が良いでしょう。都市型のスポーツバイクという立ち位置であり、街中をスタイリッシュに自転車で走りたい人に最適です。

C-SPORT 2

C-SPORTシリーズの上位モデルです。タイヤは太く安定感があるので乗り心地は快適です。油圧ディスクブレーキ仕様であるため、雨の日でもしっかりブレーキが効きます。

ITEM
Bianchi/C-SPORT2
●サイズ:43/47/51/55
●カラー:CK16/Black/White
●タイヤ:700 x 38C

C-SPORT 1

C-SPORTシリーズの下位モデルですが、ブレーキや変速機のケーブルはフレームに内蔵されていてスッキリしています。価格も安いので初めてクロスバイクを選ぶ方でも選びやすいです。

ITEM
Bianchi/C-SPORT1
●サイズ:43/47/51/55
●カラー:CK16/Black/White
●タイヤ:700 x 38C

最も走行性能が高いのは

最も走行性能が高いのは

出典:Bianchi

ビアンキのクロスバイクの中で最も走行性能が高いのはこの『2021 ROMA 1』です。ROMA 2に似ているモデルですが、走行性能を左右するコンポーネントが、シマノの上位モデルを使っています。スピードを出して「走りを楽しみたい」、「快適にサイクリングをしたい」などの、期待に最も応えてくれるモデルです。

 

最も価格が安いのは

出典:Bianchi

ビアンキに限らず、各メーカーのクロスバイクのエントリーモデルは、50,000円前後が多く、ビアンキでは「C-SPORT 1」がそのモデルに当たります。最も安く65,780円(税込み)です。同シリーズの「C-SPORT 2」と比較しても、ブレーキがリムブレーキであること以外の大きな差はなく、ブレーキにこだわりがなければ、「C-SPORT 1」がおすすめです。

 

色を選びたい人は

出典:Bianchi

ビアンキのクロスバイクといえば、チェレステカラーと黒が定番ですが『2021 ROMA 3』は以下の3色展開なので、色を選びたい方におすすめです。

 

●CK16(チェレステカラー)/ブラック
●ブルーフォレスト/シルバー
●ブラック/シルバー

ビアンキの直営店「ビアンキ・ストア」に足を運んでみよう

ビアンキの直営店に「ビアンキ・ストア」に足を運んでみよう

出典:Bianchi

ビアンキのクロスバイクは街のショップでも販売されていますが、より詳しくビアンキについて知りたい人は、関東近郊なら直営店に行ってみるのもおすすめです。

 

クロスバイクは決して安い買い物ではないので、品揃えも豊富なビアンキ・ストアが良いでしょう。また、サイクルショップの中にビアンキのコーナーがある「ショップインショップ」もあり、関東以外に店舗があります。

 

ビアンキ・ストアのストアリストはこちら

 

直営のアウトレット店舗も

アウトレットの店舗

出典:Bianchi

千葉県の木更津市にある『三井アウトレットパーク木更津』に、ビアンキファクトリーアウトレット「ビアンキ木更津」があります。店頭には常時90台のラインナップがあり、ウェアやアクセサリーなどが充実しています。

 

ビアンキファクトリーアウトレット(木更津)はこちら

 

ビアンキのクロスバイク、オーナーの1台をご紹介!

ここでは、ビアンキのクロスバイクを愛用されている、オーナーの方の素敵なショットをご紹介します。

 

ビアンキ クロスバイク

出典:Instagram/grinonbianchi

 

ビアンキ クロスバイク

出典:Instagram/uchida_08

 

ビアンキ クロスバイク

出典:Instagram/ya.su.92

 

ビアンキ クロスバイク

出典:Instagram/norihisa_katayama

 

ビアンキ クロスバイク

出典:Instagram/kanon031221

 

ビアンキ クロスバイク

出典:Instagram/___cyclingchannel__

 

自分に最適なビアンキのクロスバイクを選ぼう!

人気のビアンキのクロスバイクは、合計5つのモデル。それぞれに特徴があるので、本記事を自分にあったモデル選びの参考にしてください。おしゃれで高性能なビアンキのクロスバイクで、サイクルライフを楽しみましょう。

 

▼▼ビアンキの関連記事はこちら▼▼

紹介されたアイテム

Bianchi/ROMA 1
Banchi/ROMA 2
Bianchi/ROMA 3
Bianchi/C-SPORT2
Bianchi/C-SPORT1

あわせて読みたい

フロントフォーク 積載
フロントフォークに荷物を積みたい!万能ケージやダボ穴増設アタッチメントのご紹介
フロントフォーク横への積載は、容量UPだけでなく走行感を向上させることもでき、バイクパッキングでは定番となりつつある積載方法です。その一方で、車種や…
s.kataoka
ロードバイク ライト つけ方
ロードバイクのライトの位置はどこがいいの?使いやすいポジションを紹介!
ロードバイクのライトをどこに付けるのがいいのでしょうか?操作のしやすさ、視認性のよさ、路面を明るく照射できるなどの、の切り口からベストポジションを考…
CYCLE HACK編集部
輪行 マナー ルール
【輪行のルール・マナーまとめ】そのやり方、間違ってませんか…?
自転車を手荷物として電車に持ち込む「輪行」。マスターするとサイクリングの幅が広がる便利な手段ですが、大切なルールやマナーが存在します。他の乗客の方と…
s.kataoka
グラベルキング タイヤ
人気タイヤ『グラベルキング』を種類ごとに比較!乗り方別のおススメは?
ロードバイクやグラベルロードに高い人気を誇るタイヤ『グラベルキング』。舗装路が得意なものから未舗装路に強いものまで、用途に応じて選べる沢山のラインナ…
s.kataoka
高い質感と変わらない美しさ。スギノのクランクを解説します。
トラック競技や競輪での使用率も高い「スギノのクランク」。スギノのクランクは、クロモリのロードバイクやグラベルロード、ピストバイクなどを、スタイリッシ…
高橋智宏
記助

ロードバイク・クロスバイクに初めて乗ったときの感動を忘れず、休日はのんびり走っています。まだまだ、ロードバイク歴は短いですが、その分初心者に近い目線で情報をお伝えていきたいです。自転車のほかにも陸上など体を動かすこと全般が好きです。