【集まれ人気ブランド】自転車に乗る時のリュックおすすめ9選

自転車に乗る時には自転車用のリュックを使うのがおすすめです。背中が蒸れにくく体にフィットしやすい、自転車用のリュックを使えば、快適に自転車が楽しめるでしょう。今回は自転車に乗る時におすすめの、人気ブランドのリュックを集めました。

制作者

記助

ロードバイク・クロスバイクに初めて乗ったときの感動を忘れず、休日はのんびり走っています。まだまだ、ロードバイク歴は短いですが、その分初心者に近い目線で情報をお伝えていきたいです。自転車のほかにも陸上など体を動かすこと全般が好きです。

記助のプロフィール

...続きを読む

目次

  • 自転車に乗る時のリュック、悩みますよね
  • 自転車用リュックの選び方
  • 使うシーンに合った容量やサイズのものを選ぶ
  • 自転車用リュックのおすすめブランド
  • 自転車ブランドのリュックおすすめ4選
  • アウトドアブランドのリュックおすすめ5選
  • 自転車用リュックは1つ持っておくと便利!

自転車に乗る時のリュック、悩みますよね

自転車に乗る時のリュック、悩みますよね

自転車に乗るとき、リュックはどのようなものを使っていますか?

 

シティサイクルなどではリュックはカゴに入れれば良いですが、カゴがないロードバイクなどでリュックを背負う場合は、自転車用のリュックがおすすめです。自転車用のリュックは、以下の特徴や機能があります。

 

●通気性が優れ、背中が蒸れにくい

●前傾姿勢や体の揺れに対応した造り

●軽量や防水性

 

それでは、選び方を見ていきましょう。

 

自転車用リュックの選び方

自転車用のリュックにはさまざまなタイプがあります。どのように選べば良いかポイントをおさえましょう。

通気性が高ければ、蒸れを防ぐ

通気性の高さをおすすめ

リュックを背負いながら自転車を漕ぐと、背中とリュックの間が蒸れることがあります。特に夏などの暑い時期は、大量の汗で不快になることも。背中など、体に触れる部分の通気性が良ければ、快適に自転車を乗れるでしょう。

防水性能やレインカバーの有無をチェック

防水性能やレインカバーの有無をチェック

出典:Amazon

通勤や通学で、書類やPCなどをリュックに入れる場合は防水性能があるものを選びましょう。また、ロードバイクやクロスバイクで長時間走行する場合や、山など天気が変わりやすい場所を走るときは急に雨が降ることもあるので、防水性能はあった方が良いです。また本格的な雨対策ならレインカバー付きのリュックがおすすめです。

肩ベルトやウエストベルトがあると、体にフィット

肩ベルトやウエストベルトがあると、体にフィット

出典:Amazon

自転車用のリュックは肩ベルトやウエストベルトがあり、しっかり固定できるものがおすすめです。各種ベルトがあると、乗車中の体とリュックのブレを防げるので快適さが増します。ロングライドなど長時間走る場合はフィットするものを選びましょう。

ボトルポケット付きのタイプも

出典:Amazon

リュックのサイドにボトルポケットがあると、ボトルの収納が出来て便利です。「ボトルケージがない人」、「ボトルケージを付けたくない人」などは、リュックにボトルを入れても良いでしょう。

 

使うシーンに合った容量やサイズのものを選ぶ

自転車用のリュックを選ぶときは使うーンを考慮することも大切です。

通勤・通学用のリュックなら

通勤・通学用のリュックであれば、PCや本、ファイルなどが入りやすい横幅がしっかりとしたリュックを選ぶのがおすすめです。荷物が少なめであれば、10L前後のリュックが良いでしょう。

サイクリング用のリュックなら

ロングライドなど長距離・長時間走行する場合は、飲み物や食べ物、上着なども入る大型のリュックが必要になります。サイクリング用のリュックを選ぶなら通気性が良く20Lの容量を目安にしましょう。

自転車用リュックのおすすめブランド

サイクリング用のリュックを探している人はブランドに注目して探してみるのもおすすめです。

 

●deuter(ドイター)

●Rapha(ラファ)

●rin project(リンプロジェクト)

●CHROME(クローム)

●SHIMANO(シマノ)

●mont-bell(モンベル)

●THE NORTH FACE(ノースフェイス)

●Patagonia(パタゴニア)

●ARC’TERYX(アークテリクス)

 

これらのブランドはサイクルウェアやアウトドアブの人気ブランドです。機能性に優れていたり、デザインもおしゃれで人気が高いので、これらのブランドを基準に選ぶのも良いでしょう。

 

自転車ブランドのリュックおすすめ4選

CHROME(クローム) URBAN EX ROLLTOP

CHROMEは都市で生活している人向けのバイク・自転車用のバッグブランドです。大容量&軽量で、シティサイクル向けのカジュアルなデザインのリュックです。幅広いシーンで利用したい方におすすめです。

容量 28L
重量 940g

 

ORTLIEB(オルトリーブ) ヴェロシティ

オルトリーブはサドルバッグなど、防水性・耐久性が高い自転車用のバッグを造るブランドです。このリュックは24Lと大容量なのでロングライド向きで。空気の流れを考えた設計なので軽快な走りを求めている方におすすめです。

容量 23L
重量 880g

 

SHIMANO(シマノ) デイパック BD-021T

自転車業界の大手メーカー「シマノ」。内側インナーは防水仕様になっており、持ち運びやすいデイパックです。サイドにはドリンクホルダーもついています。

容量 20L

 

ERGON(エルゴン) BA3 エヴォ エンデューロ

ERGONはドイツのバイク用品ブランドであり、サイクル用品も扱っています。15Lほどの大容量なリュックであり、フィット感・サイドポケットなど機能性も充実しているため、本格的なリュックを求めている方におすすめです。

容量 15~17L
重量 1050g

アウトドアブランドのリュックおすすめ5選

deuter(ドイター) レースX

ドイターは登山などのアウトドアに強みがあるブランドです。このリュックは容量・重量のバランスが良いだけでなく、レインカバーがあるので便利です。サイクリングに最適なリュックといえるでしょう。

容量 12L
重量 549g

 

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) ホットショット クラシック

カジュアルなウェアなどでも人気が高い、ノース・フェイス。このリュックは24Lの大容量で複数ポケットがあります。パソコンを収納できるので通勤などにもおすすめです。

容量 26L
重量 1070g

 

Patagonia(パタゴニア) Arbor Grande Pack

パタゴニアは登山・サーフィンなどのスポーツやアウトドアブランドです。このリュックは28Lと非常に大容量なので、普段から荷物が多い人や自転車で小旅行するときにも使えます。

容量 28L
重量 690g

 

ARC'TERYX(アークテリクス) マンティス26

アークテリクスはカナダのアウトドア用品ブランドです。軽量かつ大容量なリュックであり、自転車以外にも登山などのアウトドアシーンで使えます。

容量 26L
重量 820g

 

SALOMON(サロモン) TRAILBLAZER 20

サロモンはトレイルランなどに使えるバッグを取り扱っているブランドです。20Lで380gと軽量でランニングなどにも利用できます。

容量 20L
重量 380g

自転車用リュックは1つ持っておくと便利!

自転車に多く乗る人は、自転車用のリュックの使用がおすすめです。アウトドア系ブランドのリュックであれば、自転車以外のアウトドアシーンで活躍することも。自分に合ったリュックを見つけて、快適に自転車を楽しみましょう!

紹介されたアイテム

あわせて読みたい

Amazon自転車アイテム
Amazon星4つ以上!本当にイイ【自転車アイテム】価格別にまとめました
Amazonは、頼れる自転車用品の宝庫?!高評価とされる星4つ以上の製品から、編集部が本当におすすめしたいアイテムを、価格別に紹介します。定番メーカ…
CYCLE HACK編集部
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
クロスバイクとロードバイク、それぞれの違いを解説します!初めてのスポーツバイクだと、どちらにしようか迷う人も多いでしょう。具合的にどんな違いがあるの…
Mikio
TOKYOBIKE FES
トーキョーバイクが20周年感謝イベント「TOKYOBIKE FES」を10月10日に隅田公園で開催!
今年で発売から20年を迎えたトーキョーバイク。感謝の気持ちを伝えるためのブランド初となる大型野外イベント「TOKYOBIKE FES」を2022年1…
CYCLE HACK編集部
ビッケ ブリヂストン
【走行距離アップでさらに使いやすく!】 『ビッケ モブdd』『ビッケ グリdd』2023年モデルが新発売!
ブリヂストンの人気電動アシスト自転車「ビッケシリーズ」の2023年モデルが、パワーアップして新登場!従来のものより、さらに走行距離がアップしたことで…
CYCLE HACK編集部
ロードバイク縦置き
ロードバイクを縦置きで保管しよう。縦置きスタンドと、DIY壁掛け設置方法を紹介!
ロードバイクを室内で縦置して保管する方法を紹介します。縦置きスタンドのおすすめ製品の紹介や、DIYで壁掛けをする方法や手順なども、まとめています。…
CYCLE HACK編集部