サンワサプライから簡単収納の輪行袋「800-BYBAG003」が発売!

ロードバイクなどを入れる際のサドル位置が分かりやすい工夫や、使わない時はサドル下に取り付けができる輪行袋「800-BYBAG003」が、サンワサプライ株式会社から発売!さっそくどんな製品か見ていきましょう。

目次

  • 「自転車×旅」のパートナー、輪行袋
  • 横向きに収納するタイプの輪行袋
  • ホイールを入れるポケットも便利
  • 撥水加工のPVC素材を使用
  • 使わない時はコンンパクトにサドル下に収納
  • 製品仕様
記事内画像提供:サンワサプライ株式会社

 

「自転車×旅」のパートナー、輪行袋

サンワサプライから発売された本製品は、自転車を収納して公共交通機関に乗車することができる輪行袋。クロスバイク、ロードバイク、スル ーアクスル方式 ディスクロードマウンテンバイクなど、各種のスポーツバイクに対応した輪行袋です。

ITEM
サンワダイレクト/輪行袋
●カラー:ブラック
●サイズ: W1100×D2×H800mm

横向きに収納するタイプの輪行袋

自転車を横向きに入れるタイプで、 底面には当て布が2ヶ所あります。あて布の片方にはサドル位置が分かるよう印字されていて、輪行袋に自転車を入れやすい設計になっています。

 

ホイールを入れるポケットも便利

輪行袋は、前後輪を外して自転車を逆さまにして入れる仕様。エンド金具が不要なのもポイントです。内側のポケットには、両輪を片輪ずつ簡単に収納できるので、わざわざ前後のホイールを縛る手間もなし。外した両輪は他のパーツとぶつかる心配もなく、フレームなどへ傷が付かないかも安心ですね。

撥水加工のPVC素材を使用

素材は撥水加工があり、丈夫で軽量なPVC素材を使用。肩掛け紐の肩パットも大きく、持ちやすい仕様です。肩掛け紐の根元部分にはセキュリティワイヤーを通すことができ、盗難防止対策も可能です。

使わない時はコンンパクトにサドル下に収納

使わない時はコンパクトに

輪行時以外は小さく折りたたみ、付属の袋に収納すれば、ベルトでサドル下に取り付けできます。本製品のサイズは、W1100×D2×H800mm(本体のみ)で、重量は約460g(本体のみ)です。

製品仕様

■製品カラー:ブラック

■販売価格:4,982 円(税抜)

■製品サイズ: 本体/W1100×D2×H800mm

肩掛けベルト長/約 W630~1020×D25×H2mm

肩掛け部分パット幅/約 W200×D50×H18mm

収納袋/約 W170×D110×H250mm(収納時)

収納袋ベルト長:最大約55cm

■重量:約472g(本体/約460g、袋/約12g)

■当て布サイズ:エンド金具部分/約 W250×H185mm 、サドル部分/約 W300×H185mm

■タイヤ収納内ポケットサイズ:約 W720×H750mm

■材質:本体/PVC(撥水加工 PU コーティング) 各種ベルト/ポリエステル

■生産地:中国

■取扱説明書:日本語取扱説明書あり

■保証期間:初期不良のみ

 

商品公式ページはこちら

 

あわせて読みたい

【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
バイクパッキングの基本を解説。バイク・装備・ギア・遊び方など「基本のキ」
ロードバイクでキャンプを行う時に出てくる言葉、「バイクパッキング」。そもそもバイクパッキングとは? 必要なアイテムは? 自転車は何がいいの? ……と…
大城 実結
失敗したくない!飛行機の輪行。百戦錬磨の筆者が攻略法を教えます。
愛車と遠くへ行きたいときに、避けて通れないのが飛行機の輪行です。何かと不安の多い飛行機の輪行ですが、慣れてしまえば大丈夫! 飛行機輪行を考えるときに…
大城 実結
CYCLE HACK編集部
CYCLE HACK編集部

CYCLE HACK運営&記事編集担当。自転車を通して体験できる魅力を発信!日本中、世界中を走りたい!