クイックリリースの基本を解説。使い方やおすすめ製品も

ロードバイクやクロスバイクに装備されているクイックリリースは、ホイールを車体に固定する重要なパーツです。今回はクイックリリースの基本的な使い方や、カスタムを考えている人におすすめのクイックリリースもご紹介します!

目次

  • ホイールを簡単に脱着するための、クイックリリース
  • クイックリリースの特徴と種類
  • クイックリリースを使う時はこんな時!
  • クイックリリースの緩め方、締め方
  • クイックリリース使用の注意点
  • クイックリリースをカスタム!おすすめ8選
  • 【豆知識】最初に開発したのはカンパニョーロ
  • クイックリリースを使いこなそう!

ホイールを簡単に脱着するための、クイックリリース

ロードバイクやクロスバイクなどの、ホイール中心部分に装備されるクイックリリース。クイックリリースは、工具無しで簡単にホイールを脱着するためのパーツで、「クイックレリーズ」と呼ぶこともあります。

 

同様のパーツで「スルーアクスル」と呼ばれるパーツもあり、ディスクブレーキ仕様のロードバイクやマウンテンバイクなどでは、クイックリリースではなく、スルーアクスルが使われたりします。

 

▼▼スルーアクスルの詳しい記事はこちら▼▼

 

クイックリリースの特徴と種類

撮影:筆者

クイックリリースは、レバーを含むシャフト・ナット・スプリングがセットになっていますナットを緩めてホイールから外すと上記画像のようなパーツ群になっています。

 

取り付ける時は、スプリングの向きに注意しましょう。内側が小さく、外側が大きい輪になるようセッティングしてください。

 

クイックリリースのサイズ

ハブの幅

クイックリリースのサイズ(幅)は、ホイールのハブの幅で変わり、前輪と後輪で異なります。今のスポーツバイクだと、前輪は100mm、後輪は130mmと135mmのサイズが主流で、車種毎で異なってきます。

 

 ロードバイク  MTB  クロスバイク
 前輪  100  100  100
 後輪  130  135  130 or 135
単位:mm(ミリメートル)

クイックリリースの形

クイックリリースの密閉カムと開放カム

撮影:筆者

クイックリリースは駆動方式の違いで2種類あります。ひとつは密閉カムと呼ばれる、駆動部がキャップの中にあり汚れがつきにくい形です。

もうひとつは開放カムという駆動部が露出したもので、汚れが付きやすいですが、部品数が少なく、軽量・低価格で作られることが多いモデルです。

 

クイックリリースを使う時はこんな時!

ではクイックリリースを使って、タイヤの脱着をする時は、どんなシーンか確認していきましょう。

チェーン等のメンテナンスで

メンテナンス

チェーンやギアのしつこい汚れは、ホイールを外してクリーニングすると効果的です。後輪をクイックリリースでホイールが外せれば面倒なことはありません。

ホイールやタイヤを洗うのも、ホイールの着脱が楽に行えれば、効率的なメンテナンスができますね。

 

▼▼チェーン洗浄の詳しい記事はこちら▼▼

 

輪行する時

輪行する時

出典:Amazon

自転車を専用の袋などに入れて、電車などで移動する輪行。専用の袋に入れる時は、ホイールを外します。クイックリリースの扱いに慣れて、スムーズにホイールの脱着が出来ると、輪行の旅も快適になるでしょう。

 

▼▼輪行の詳しい記事はこちら▼▼

 

タイヤ交換やパンク修理など

クイックリリース

「タイヤ交換」「チューブ交換」「パンク修理」など、これらの作業はホイールを外して作業します。これらの作業を行う際、ショップなどに作業依頼もできますが、自分で作業が行えれば、費用も時間も抑えることができるでしょう。特にサイクリング中にパンクした時などを考えると、自分で行えるようになるのが、おすすめです。

 

▼▼タイヤ交換、パンク修理の詳しい記事はこちら▼▼

 

それでは次ページでクイックリリースの使い方を確認しましょう!

クイックリリースの緩め方、締め方

それではクイックリリースの使い方を確認しましょう。

【緩め方】ホイールを外す時

●ブレーキをフリーに

クイックリリース

撮影:筆者

ホイールを外すときは、最初にブレーキをフリーにしておきましょう。ホイールが外れにくかったり、無理に外してタイヤやブレーキが破損してしまうこともあります。

 

●クイックリリースのレバーを開く

クイックリリース

撮影:筆者

正しくセットされたクイックリリースは、基本は手の力だけで開くことができます。万がいち、レバー部分が錆びて動かない時など、どうしてもレバーが開かない時は、最寄りのショップに相談するのも良いでしょう。

 

●ナットをまわして緩める

クイックリリース

撮影:筆者

レバーではなく、ナット回して緩めていきましょう。クイックリリースのレバーは、開け閉めをするもので回すためのハンドルではありません。

 

●ホイールを外す

クイックリリース

撮影:筆者

ナットを緩めていくと、ホイールが外れます。車体を少し持ち上げて下に落とすように外しましょう。

 


【締め方】ホイールを取り付ける時

取りつけは、まっすぐにセットできるように、できるだけ作業のしやすい平らな場所で行いましょう。

 

●車体をまっすぐに

クイックリリース

撮影:筆者

車体をまっすぐにしておかないと、ホイールが斜めにセットされてしまうことがあります。可能なかぎりまっすぐにしてからホイールをセットしましょう。

 

●ホイールをセット

クイックリリース

撮影:筆者

そのままフォークにホイールを入れればセットされます。車体がまっすぐになっていれば、押し付けなくても車体の自重で押さえるだけで大丈夫です。

 

この際、クイックリリースのレバーがある側を左右どちらかにするか悩むところですが、基本的にはチェーンなどがある右側ではなく、左側にするのが基本です。メンテナンス等を考慮すると、クイックリリースのレバーが左側になるように、ホイールを取り付けましょう。

 

●ナットをまわして締める

クイックリリース

撮影:筆者

取りつけのときもナットを回して締めていきます。レバーを回転させて締めると締めすぎや開閉の間違いレバーの破損などに繋がりますので注意しましょう。

 

●レバーの位置を決めたら締める

クイックリリース

撮影:筆者
レバーの位置を決めたら締めてホイールを固定します。固くて押し込めないとき・緩くて固定できていない時は、ナットを調整しましょう。レバーを閉めるときは、手のひらを当てて軽く食い込む程度が適正な固さです。

 

また、クイックリリースのレバーは外側に向けてしまうと、障害物などと接触したときに開いてしまうことがあります。フロントは後ろ向き。リアは前向きがおすすめです。フレーム(フォーク)に沿わせ過ぎると、外す時に手をかけられなくなってしまうので、フレームから10〜20度ぐらい開けた位置にレバーを倒しましょう。

 

クイックリリース使用の注意点

便利なクイックリリースですが、こんな注意点もあります。

ホイールの盗難リスク

工具なしで簡単に外せてしまうので、ホイールも簡単に盗難に遭うリスクがあると言えます。駐輪時、自転車から離れる時は、ワイヤーロックで前後のホイール・フレームに通し、固定物にロックしましょう。

取外しにアーレンキーを使うロックスキュアーというパーツもあるので、長い間、駐輪をする場合は、このようなパーツを検討しても良いかもしれません。

ITEM
TNI 盗難防止スキュワー ロード用
●重量: フロント40g・リア44g
●サイズ:フロント100mm・リア130mm

フォークの爪を削るのはNG

クイックリリース

撮影:筆者

フロントフォークには、レバーを開放しただけではホイールが外れないように爪がついています。誤ってレバーが開いてしまったときや、しっかりと固定されていないときの脱輪を防ぐ大切な部分です。

脱着をスピーディーにするために削る人もいますが、競技でも削ることは違反になりますし、何より安全のために削らないようにしましょう。

 

クイックリリースをカスタム!おすすめ8選

クイックリリースは豊富なデザイン・カラー・素材が各メーカーからラインナップされています。クイックリリースを交換して、おしゃれに・スポーティーにカスタムしてはどうでしょうか。

カラー展開豊富なクイックリリース

ITEM
タイオガ/カーブドクイックレリーズ
●素材:スチール
●重量:114g
●形式:開放カム
●サイズ:フロント100mm・リア135mm  

手になじみ使いやすい形状のアルミレバーを装備したモデル。カラーも6色展開されていて、フレームやホイールとのコーディネートに最適なモデルです。

 


ITEM
ウッドマン/Gator Comp TiZ
●素材:チタン・アルミニウム
●重量:103g
●形式:開放カム
●サイズ:フロント100mm・リア135mm  

アルミニウムのレバーと、スムーズな動きのために駆動部に真鍮を採用した、使いやすさを考えたモデル。レバーの開閉にも独自の機構を採用し、安全性を高めています。

 


通勤・通学に!耐久性重視のクイックリリース

ITEM
BBB/BQR-01
●重量:87g
●形式:開放カム

レバーの肉抜きで軽量化をしたコストパフォーマンスに優れるモデル。カーブしたレバーは、走行中に障害物に当たりにくくなるよう考えられています。

 


ITEM
タイオガ/オフセットクイックレリーズ
●素材:スチール
●重量:110g
●形式:密閉カム
●サイズ:フロント100mm・リア130mm   

レバーの表面積が大きく、手のひらで押し込みやすいデザインの密閉カム式クイックレバーです。ロード用130mmとマウンテンバイク用135mmが用意されています。

 


ロードバイクのカスタムに!軽量なおすすめクイックリリース

ITEM
アデプト/CNCクイックレバー
●素材:アルミニウム・クロモリ
●重量:65g
●形式:開放カム
●サイズ:フロント100mm・リア130mm  

シャフトには柔軟性のあるクロモリ、レバーにはアルミ削り出しを使用した高品質なモデル。ロード用130mmとマウンテンバイク用135mmが用意されています。

 


ITEM
グランジ/バルブオフクイックリリーズ
●素材:カーボン・アルミニウム・チタン
●重量:フロント33g・リア34g
●形式:開放カム
●サイズ:フロント100mm・リア135mm  

レバーにカーボン・アルミニウム、シャフトにチタンを使用した軽量ハイブリッドモデル。マウンテンバイクに使用したときは、バルブに干渉しないよう設計されています。

 


ITEM
トーケン/TK220 HEROロード用クイックレバー
●素材:アルミニウム
●重量:68g
●形式:開放カム
●サイズ:フロント100mm・リア130mm  

レバーにアルミニウム、シャフトにステンレスを採用したコストパフォーマンスの高い軽量モデルです。

 


ITEM
CarbonTi/X-Lock ROAD Ti
●素材:チタン
●重量:54g
●形式:開放カム
●サイズ:フロント100mm・リア130mm    

素材・デザインともに軽量に特化したモデル。競技を前提に作られているので取扱いには注意が必要です。

 

【豆知識】最初に開発したのはカンパニョーロ

カンパニョーロ

タイヤを簡単に付けたり外したりできるクイックリリースですが、最初に開発したのはコンポーネントで有名な「カンパニョーロ」。カンパニョーロがレース中のパンクでホイール交換が必要な場面に、素早く脱着するために考えられたものでした。

そのため、カンパニョーロのロゴにはクイックリリースレバーがあしらわれています。

 

クイックリリースを使いこなそう!

クイックリリースは、ホイールの脱着の要になる部品です。クイックリリースの扱いに慣れると自転車の楽しみ方の幅が、きっと広がるでしょう。また、様々なカスタムもできるので、お気に入りのクイックリリースを見つけるのも、自転車の楽しみ方の1つですね。

あわせて読みたい

【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
ロードバイクの鍵の選び方と使い方ガイド【おすすめモデルも紹介】
高価で軽量なロードバイクは、盗難に遭いやすい自転車です。今回は、安全に保管・駐輪するための、ロードバイクの鍵のおすすめを紹介します。シーン別の選び方…
記助
【その自転車、体に合っていますか?】スペシャライズドのフィッティング「RETUL FIT」を受けてみたよ
スペシャライズドが提供する「RETUL FIT(リトゥール・フィット)」は、最新の測定器とプロのフィッターが理想のポジションへ導いてくれるフィッティ…
大城 実結
バイクパッキングの基本を解説。バイク・装備・ギア・遊び方など「基本のキ」
ロードバイクでキャンプを行う時に出てくる言葉、「バイクパッキング」。そもそもバイクパッキングとは? 必要なアイテムは? 自転車は何がいいの? ……と…
大城 実結
失敗したくない!飛行機の輪行。百戦錬磨の筆者が攻略法を教えます。
愛車と遠くへ行きたいときに、避けて通れないのが飛行機の輪行です。何かと不安の多い飛行機の輪行ですが、慣れてしまえば大丈夫! 飛行機輪行を考えるときに…
大城 実結
高橋智宏
高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在はスポーツバイクの普及活動をしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。